2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« Viva V.E.R.D.I / Giovanni Mirabassi Trio & Strings | トップページ | One / Jonathan Kreisberg »

2013年7月27日 (土)

Mar Do Meu Mundo / Paula Santoro

Mar_do_meu_mundo

まだまだ、、夏はこれからですね。
だからね、暑中見舞いだわ。
いくつになっても、何年聴いていても、、アルゼンチンも、ブラジルも、、なんだか、良くわかってないわたしです。
でもさ、暑中見舞いに皆さまに送るこの1枚は良いよ、素敵だよ。
去年のリリースのようですが、ミナスフリークのIzui Ochoswiyerさまのオススメでoza。さまのお墨付きです。
しかも、わたしも絶賛です。安心してくださいな。(爆)

水中から微笑む、、ちょっと眉毛の濃い女性の笑顔が印象的。
この女性、しっとり落ち着いた声で「わたしの世界の海」ということで、1曲ずつメンバーや雰囲気を変えながら寄せる波のように次々と進行していきます。
イメージは南の国の海なのですが、そこにいろいろな想いが重なって、わたしの想い出も重なって、、情景が浮かび上がるような曲ばかり。
ブラジルの音楽がよくわかってなくても、本当に、どの曲もまったく捨てなしなのですが、わたしがここまで気にいってルのは、たぶん、ピアノがかなりジャジーな感覚だからだと思います。

オープナーのGuanabaraの物憂いな感じからもうメロメロ。光と感謝を感じるAlegria。
耳に優しいギターのしらべの美しさにほっとするHome Ao Mar。
もう、アオーディオン?明るく、バックのコーラスでステップ踏んで踊り出したくなるSambura De Peixe Miudo。
そんなわけで、少し寂しげなピアノとのデュオFlorにぐっときたりするのですが、
すごく、ミステリアスな雰囲気で始まるMar Desebtoの不思議な音やマリンバやフルートやらの空間に男性ボーカルとのデュオで浮かぶメロディが頭を離れません。。
Arabescoのバラードも格好良すぎる!まさかのLuz Da Terraはフェンダーローズが涼しげでたまりません。Joana Dos Babcosも歌とローズの絡みが魅惑的。
終演のAgua Salobraまで、沢山の美しい情景が溢れ出ている。

難しいことや、不安から、、すぅーーっと、自分をすくい上げてくれる1枚。
彼女の描く海の情景を、次々と波乗りしちゃいましょうね♪


1.Guanabara (Fred Martins)
2.Alegria (Leo Minax/Chico Amaral)
3.Home Ao Mar (Ze Paulo Becker/Mauro Aguiar)
4.Sambura De Peixe Miudo (Sivuca/Gloria Gadelha)
5.Flor (Frederico Demarca/Mercelo Fedra)
6.Mar Desebto (Kristof Silva/Makely Ka)
7.Arabesco (Danilo Caymmi/Alice Caymmi)
8.Luz Da Terra (Antonio Loureiro)
9.Joana Dos Babcos (Ivan Lins/Victor Martins)
10.Agua Salobra (Edardo Neves/Mauro Aguiar)

Paula Santoro (vo)

Rafael Vernet (p)
Kiko Freitas (ds)
Rafael Barata (ds)
Guto Wirtti (b)
Marco Lobo (perc.)
Daniel Santiago (g)

etc.....m(_ _)m

新潟もさすがに暑くなってきました。
ジャズストリート以来、Infinite Loveで暑気払いしてたわたしですが、、、枝豆も、ずっと、甘さが増して美味しくなってきたゾっ!
でも、我が家ではFacebookでお友だちがレシピをのせてた「とうもろこし団子」が人気です。
堅めにゆでたとうもろこしをバラバラにして、小麦粉混ぜてからっと揚げるだけ。
塩をふって、ビールのおつまみにね。
実は、これは子どもの頃に父が作ってくれた「とうもろこしの天ぷら」に限りなく近い。
でも、小麦粉が少ない分、とうもろこしの甘みがダイレクトに伝わってきて、美味しいのね。

皆さまは暑さにめげず、お身体お大事に。。
楽しい休日を!

んじゃ、退散♪

« Viva V.E.R.D.I / Giovanni Mirabassi Trio & Strings | トップページ | One / Jonathan Kreisberg »

The Brasil Project」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
なんか聴きたい今の感じにベストマッチングな一枚かも…という予感が読んでいてひしひしといたします。買おうっと(=^_^=)
イバンリンスの名曲も楽しみなのです。

拙ブログ紹介ありがとうございます。
このPaulaさん、結構ミナスの他のアルバムのバックボーカルで名前を見かけます。
何といっても声がいいです。
猛暑の最中で見る涼しげなジャケット写真も印象に残ります。

せきぐちさま、、

>お久しぶりです!

なんだかご無沙汰で、、すみません。
でも、ご活躍も外山トリオのレコーディングも楽しく拝見しております。

>なんか聴きたい今の感じにベストマッチングな一枚かも…という予感が読んでいてひしひしといたします。買おうっと(=^_^=)

毎年、季節になると思いだしたようにいろいろ手を出すのですが、、
なんか、わたし的にはかなりのヒット作です。
全てに違った趣向が施されてるのですが、どれも中途半端な感じはないと思います。

>イバンリンスの名曲も楽しみなのです。

この作品ね、何つうか、カヴァーって感じがあまりしないのですよね。。
いろいろな曲が彼女の海色に染まっています。
そう、お詳しいせきぐちさまのご感想もお聞きしたいところです。
気に入ると思うんだけどな。。
どうも、ありがとうございました。m(_ _)m

Izu-Ochoさま、、

すみません。コメントも入れずにリンクしちゃって。

>拙ブログ紹介ありがとうございます。

なんだか、自分の中で消化しきれないCDがたまってきてて、、
きちんと、紹介できてなくてすみません。
でも、これって、絶対に夏に間に合った方がいいと思って思い切っちゃいました。
って、今は大雨です。。が。。。

>このPaulaさん、結構ミナスの他のアルバムのバックボーカルで名前を見かけます。
>何といっても声がいいです。

なるほど。。実力者なのですね。
甘過ぎズ、強すぎず、落ち着く声ですね。
ところで、6曲目のあの水琴窟みたいなポコポコとした涼しげな楽器はなんなんですか・・。

>猛暑の最中で見る涼しげなジャケット写真も印象に残ります。

新潟は、、時々、暑苦しい日もあるのですが、、夜など、風が冷たくて目が覚めることもあります。。
今日は、蒸し暑かったけど、、海を眺めてきました。道中このCDかけてました。ぴったりでしたよ。。

また、いろいろ教えてくださいませ。m(_ _)m

こんばんは、暑いですね・・・・・
>>ところで、6曲目のあの水琴窟みたいなポコポコとした涼しげな楽器はなんなんですか・・。
ミナス・ジェライスの4人組パーカッション&インストグループUakti(ウアクチ)の演奏ですね。
パーカッションは塩ビパイプを使ったりと、手作りの楽器を駆使して演奏しているグループです。
かつてはポール・サイモンのアルバムにも共演してました。

えっ。枝豆ってアレより美味くなるんですか(唖然)。
すみません関係ない話で。

あっ。あしたもあさっても会社サボって放し飼いなんですよ。
しほこさまの伴奏できると思うだけでシアワセであります。

Izu-Ochoさま、、

すみません。こちらから行かねばならないのに。

>こんばんは、暑いですね・・・・・

はい。真っ当に、暑くなってきました。。。

>>>ところで、6曲目のあの水琴窟みたいなポコポコとした涼しげな楽器はなんなんですか・・。
>ミナス・ジェライスの4人組パーカッション&インストグループUakti(ウアクチ)の演奏ですね。

うんうん。

>パーカッションは塩ビパイプを使ったりと、手作りの楽器を駆使して演奏しているグループです。

おぉ。。やっと、納得。
この楽器なんだろう、,って、不思議だったのです。そうだねぇ、 ブラジルの音楽にでてくるパーカッションって、もともと、ほとんど手作りですものね。
どうも、わたくしの頭が固くて、なりませぬ。

>かつてはポール・サイモンのアルバムにも共演してました。

あれれ。。って、ネット検索して、棚を探し回りました。。
The Rythm of The Saintsですねぇ。。って、ミルトンの肝いりだったですねぇ・・。。
うーーん。。いろんなものがこぼれ落ちているわたし。。。oz....

にしをさま、、

>えっ。枝豆ってアレより美味くなるんですか(唖然)。

にしをさまたちが食べてたのって、たぶんね、、早生の品種の一つですよね。
でもねぇ。。これも、充分充分美味しいと思いますよ。
でも、茶豆って、7月の後半から8月中旬くらいまでが本番じゃないかなぁ。
わたしは、先日、スーパーで茶豆と書かれてる朝どりゲットしました。
まぁ、その後も、、品種が違って、9月のおしまいにも買えますが。。
その頃になると、違うものが美味しくなってくるしね。。

>すみません関係ない話で。

いえいえ 。
そうそう、、新潟と言えば、、茄子も忘れちゃなりませんよねぇ。
そして、お米とお酒だね。って、どこの県でも旬は美味しいですよね。


>あっ。あしたもあさっても会社サボって放し飼いなんですよ。

知ってますって。
でも、会社サボるのは、、知らなかった。。(^-^;
昼間なんですか。なんだ、いけたかもしれないね。って、あれって、やっぱり、、それじゃん。(^-^)

>しほこさまの伴奏できると思うだけでシアワセであります。

まったく、まったく。
マイケルジャクソン三昧でしょうか。。
と、ツジキョンって、騒いでたばかりなのになぁ。まったくなぁ。

追伸 包丁をやっと一新しました。


> でも、会社サボるのは、、知らなかった。。(^-^;

2時にドラムをクルマに積んで会場に行かなければならないので、
会社はハナから無理なのでありますよ。演奏が始まるのは
たしか6時とか7時とかです。ドラマーってのは
なかなかたいへんな稼業でありますよ。会場にドラム並べたら
仕事7割終わり、ってな気分になります。

ということで、もう少しで出かけるんですがそれまではヒマで
このようにりじちょうブログに茶々入れしておる次第です(笑)。

にしをさま、、

>> でも、会社サボるのは、、知らなかった。。(^-^;

>2時にドラムをクルマに積んで会場に行かなければならないので、
>会社はハナから無理なのでありますよ。演奏が始まるのは
>たしか6時とか7時とかです。ドラマーってのは
>なかなかたいへんな稼業でありますよ。

そうですかぁ。
ともあれ、二日間、「至福の時」をすごされたようで、良かったですね。
姫さま、、ますます、素敵なヴォーカリストになられたようで。。
聴きたかったなぁ。。

>会場にドラム並べたら
>仕事7割終わり、ってな気分になります。

後の3割は、片付け、、って、ことですね。(冗談)
実際、ドラマーの方って、大変そうですね。

>ということで、もう少しで出かけるんですがそれまではヒマで
>このようにりじちょうブログに茶々入れしておる次第です(笑)。

まぁ。。ありがとうございます。(笑)
その間にも、どんどん茶豆が美味しくなってまーーす。。

璃事長!

昨夜はおぐろさんにお会いしたんですよ。お酒たくさん持ってきてくれました。

> ともあれ、二日間、「至福の時」をすごされたようで

まことにまことに至福の時でありました。至福すぎて、次の日会社に行ったけど
ぜんぜん仕事できずに、4時に会社を抜け出してひろゆき君と
酒のんじゃいました。
それでもって昨日は小黒さんが持ってきてくれた鶴の友でしょ。
けさになっても姫様がうたうI'll be thereがアタマでなり続けておるのです。

> その間にも、どんどん茶豆が美味しくなって

うーむ。未知の世界だ。。。食べたい!

そうそう、写真のアドレス入りメールしました。見てくださいね。

ではでは。


にしをさま、、

>璃事長!

はいはい。
お返事遅くなってすみませんでした。


>昨夜はおぐろさんにお会いしたんですよ。お酒たくさん持ってきてくれました。

おぉ。。流石、、新潟の伝道師。
わたしは、暫くお会いしたことないんですけど。(笑)

>> ともあれ、二日間、「至福の時」をすごされたようで

>まことにまことに至福の時でありました。至福すぎて、次の日会社に行ったけど
>ぜんぜん仕事できずに、4時に会社を抜け出してひろゆき君と酒のんじゃいました。

わぁ。それって、すごすぎます。
でかいこやぎさまもタフですよねぇ。。


>それでもって昨日は小黒さんが持ってきてくれた鶴の友でしょ。
>けさになっても姫様がうたうI'll be thereがアタマでなり続けておるのです。

鶴友でしたか。
なんか、みんなそれで、だめになるんだよね。(笑)
彼女の歌うI'll be thereは絶品だよねぇ。。
つうか、また、クリスマスライブしてくれないかしら。。。

>> その間にも、どんどん茶豆が美味しくなって

>うーむ。未知の世界だ。。。食べたい!

まぁ、未知の世界は残しておいた方が。。

>そうそう、写真のアドレス入りメールしました。見てくださいね。
>ではでは。

ありがとうございました。
これね、チャントみたんですよ。
感想を送ろうとオモッテ、、今に至る。m(_ _)m
緑のトップを着てる姫が好き。。。

Suzuckさん,こんばんは。秋も深まろうとするこんな時期になって,このアルバムを聞いたというのも,ちょいと間抜けな感じがしますが,そんなことをものともしない傑作でした。

今年は私は全くブラジル系のアルバムをブログで取り上げていなかったのですが,今年はこれ1枚で決まりでいいと思いました。このアルバムは全てのジャンルを含めても,トップ・レベルに置きたいと思わせるほど,私は気に入っています。

やはり,皆さんの審美眼,大したものです。

ということで,TBさせて頂きます。

ミナスの奥は深いです。
まだまだ掘りたい意識はたっぷりとあるんですが。。。、ジャズだって興味津々盤目白押しで財布が宙に浮いてる状況では、厳選に厳選を重ねて購入を決めていると言う。。

それにつけても、この盤の良さは飛びぬけていると思います。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

閣下、、

>Suzuckさん,こんばんは。秋も深まろうとするこんな時期になって,このアルバムを聞いたというのも,ちょいと間抜けな感じがしますが,そんなことをものともしない傑作でした。

こういうアルバムってきっと季節は関係ないのでしょうねぇ。。
クリスマス聴き続けてると、季節感はなくなってるかもしれませんが。(笑)

>今年は私は全くブラジル系のアルバムをブログで取り上げていなかったのですが,今年はこれ1枚で決まりでいいと思いました。このアルバムは全てのジャンルを含めても,トップ・レベルに置きたいと思わせるほど,私は 気に入っています。

ですよねぇ。。と、言いたいのですが。。
でも、ブラジルはすげぇ、、深いですよぉ。
だから、わたしは、とりあえず、、退散♪ って、ことにいたします。

>やはり,皆さんの審美眼,大したものです。

臭いを嗅ぎ分ける閣下もすごいっ。(笑)

>ということで,TBさせて頂きます。

ありがとうございました。

oza。さま、、

>ミナスの奥は深いです。

ですです。どうにも、ならんですよねぇ。。うぉ。。って、思って、何枚か購入しても、なかなか、続かないのですよ。

>まだまだ掘りたい意識はたっぷりとあるんですが。。。、ジャズだって興味津々盤目白押しで財布が宙に浮いてる状況では、厳選に厳選を重ねて購入を決めていると言う。。

自分の中では、厳選してるんですけど、、人から見たら、乱射して
るように思えるかもしれませんね。(笑)少し前から、ボーカルの海にもはまりつつあって、、やぁ、どうすりゃ良いのだ。と、自問自答。

>それにつけても、この盤の良さは飛びぬけていると思います。

はいはい。何がどうって、ジャズ以上に説明できないけど、、しかも、名前が覚えられないけど。。

>TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

いいえ。ことらこそ、ありがとうございました。
みんなで推薦しちゃったけど、、少しは売れたかしらねぇ。。(疑問)

Suzuckさん、おはようございます。寒くなってきましたね・・狂から12月ですから普通かな。
夏的なジャケではありますが、中味はあったかくて心地よさがたまらないですね。熟聴というよりもどこかでいつも流れてると幸せだなって感じるアルバムでした。

でも東京武蔵野側のショップには見あたらず、ネットでも在庫無し、もっと話題になってすぐに手に入るような状況になるといいんですが・・。

それでは、TBさせていただきます。

とっつぁんさま、、

「狂から12月」

あ、閣下だ!って、一瞬おもっちゃいましたあ!

一瞬にして、心の凝りを解きほぐすようなアルバムでしたね。
いろんな不安があっという間になくなってしまうような心地よさ。この屈託のない笑顔そのものだとおもいます。
でっも、、何度観てもインパクトありすぎなジャケットですね♪

トラバありがとうございます。
そして、いつも、のろまな対応ですいません。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/52616133

この記事へのトラックバック一覧です: Mar Do Meu Mundo / Paula Santoro:

» Paula Santoro:これは素晴らしい! [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Mar Do Meu Mundo Paula Santoro(Boranda) 私はブラジル音楽が結構好きだと言いながら,なかなか自分で情報を収集できるところまでいっていないのが実情である。だから,ブ [続きを読む]

» Paula Santoro Mar Do Meu Mundo [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
この盤は、Izui Ochoswiyerさんのblog 灼熱怒風 シーズン4 の紹介文(http://ameblo.jp/otremazul/entry-11483907780.html)を見て、気になって買った盤です。 blogの文章を読んで具体的にどこに引っかかったかと問われても実は自分でもよく判らないのですが、これはよいアルバムの予感がしたとしか言いようがなく。第六感が働いたと言うことにしておいてください。 ジャケもなかなかに印象的ですが、ジャケ買いって感じだったわけではないと思..... [続きを読む]

» Paura Santoro / Mar Do Meu Mundo [とっつぁんのblog]
Paula Santoro (vo) Rafael Vernet (p) Kiko Freitas (ds) Rafael Barata (ds) Guto Wirtti (b) Marco Lobo (perc) Daniel Santiago (g) Recorded at Estudios Visom Digital, Estudios Mega, Rockit!, Studio 94 e Rel:2012 BORANDA BA0016 鮮やかなコバルトブルーと濃い..... [続きを読む]

« Viva V.E.R.D.I / Giovanni Mirabassi Trio & Strings | トップページ | One / Jonathan Kreisberg »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ