2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« Somewhere / Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette | トップページ | La notte / Ketil Bjornstad »

2013年6月19日 (水)

雨と、雨と、、「アルゼンチン音楽手帖」。。

Tabi

雨だ。。。
用事を先送りしてデッキの屋根をちょこっとだけだして、、全開に開け放す。
雨音がするほどでもなく、しっとり降り続く雨。。
目の前で揺れる緑。静かな雨は甘雨かな。いやいや、夏だから、喜雨かな。

先日、届いた「アルゼンチン音楽手帖/栗本 斉」を眺めはじめる。
特典のサンプラーは全20曲。もちろん、それをかけながら。。
写真の影響もあると思うけど、土の臭いのする見知らぬ、だけど何処か懐かしい風景が浮かんでくる。
行ったことなくても、なんとなく、心の奥に眠っていたような、、そんな風景。

本を眺めていると、知ってるジャケットがないわけじゃない。
でも、見知らぬ国の景色を眺めるように、気持ちを遠く遠くにに誘う。
そう、やっぱり、未知への扉を開いてもらった気がする。
ありがとうございました。m(_ _)m

Andre Mehmariを知って、Carlos Aguirreを知って。。
そうしたら、Quique Sinesiと一緒に来日ライブって、なんだか、知らぬうちにアルゼンチン。(笑)
わたしより先にはまっていたkenさまにCD貸していただいたり、それでも抑えきれずに(笑)ポチっとしたアルバムも何枚かあって、この本が出るのを楽しみにしてたね。

何時だって、旅(たび)にでたい。旅行でも、移動でもなくて旅。
いつもと違う世界を求めて。
でも、平穏の日々も大切だから、、せめて、心の旅に。
羅針盤は「アルゼンチン音楽手帖」。。
時々、少しづつ、扉をあけて、アルゼンチンの音楽とともに、、旅にでよう。。
いつもと、、少しだけ違う世界をさ迷う旅にね。

★今日のちいさな旅の友★

Dialogues / 藤本一馬

藤本一馬?日本人じゃン!って、言わないの。
ななんと、あのアギーレさまの参加曲2曲をはじめ、ヘナパト、北村聡さまといったゲストと創り上げた澄み切った世界。繊細なガットギターの音色。
こんな透明な清らかな世界を創ってしまうなんて。。
きっと、わたしが思っているより、日本って、ずっとずっといい国なんだろうな。。。
美しい心を大事に思う気持ちをずっと持ち続けていたい。。
と、心から思うのでした…。

1. The Pledge Of Friendship feat.Carlos Aguirre
2. Festivo feat.Satoshi Kitamura
3. Mundo Adentro feat.Renato Motha & Patricia Lobato
4. まだ見ぬ風景 -the unseen landscape- feat.Carlos Aguirre
5. 空のように -like a sky- feat.Satoshi Kitamura
6. My Native Land

ちいさな旅が終わったら、普通の時間に戻ります。(笑)
すずっく、今日は、パエジャをつくろうかな。

んじゃ、退散♪

« Somewhere / Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette | トップページ | La notte / Ketil Bjornstad »

超〜私的戯言、じゃれ事(なんでもあり♪)」カテゴリの記事

コメント

コバワ!
Aca Seca Trio(アカセカトリオ)いいですよ。
ご存知かもしれませんが・・・・・

あくせく働き
 
    アカセカトリオ聴く・・・・・・

                           お粗末さまでした

Izu-Ochoさま、、
やっぱり、そっちも当然聴いてますよねぇ。

>コバワ!

はいはい。

>Aca Seca Trio(アカセカトリオ)いいですよ。
>ご存知かもしれませんが・・・・・

下の1行はいらないって。(笑)
本当に、何も知らないんだって。
でも、このトリオのデビュー作はトップにでてたです。
文中に「アルゼンチン音楽の中で金字塔」って、ありましたよ。
さすが、抑えてますねぇ。

「あくせく働き
 
    アカセカトリオ聴く・・・・・・

                           お粗末さまでした」

って、ことで、、朝一にYouTube探しちゃって、、
労働意欲が失せてるわたしです。(爆)
「旅に恋する、、ン十何歳」、、、玉砕でっす。。ホ、、欲しい。。。
ギターの音色に恋する人間には、アルゼンチンやブラジルって、まさにジャンル越えてやばい魔境の地ですわ。。
って、この日常の慌ただしさからの開放感。。
でもね、もう少し、、ゆっくり旅する楽しみをくださいませ。(笑)

わたしは、Izu-Ochoさまのお薦めのアルバムを先日、、ポチって、、したばかりなのですよ。。

おはようございます♪
雨ですね〜

アルゼンチン いいですね。
イラスト!? 絵かな!? とっても可愛いですね♪
音楽は どこか南米の民族風の笛の音色を思い浮かべてしまいますが ギターなんですね。
音楽を聴きながら絵とか写真とか見ると ちょっとした旅に出掛けたような気分になれるからいいですよね(^-^)

ゆ〜くり あまり人がいないところを見て歩きたいなぁ。

Marlinさま、、

>おはようございます♪

はいはい。

>雨ですね~

朝は、降ってなかったよ。

>アルゼンチン いいですね。

うん。アルゼンチンもいいですね!

>イラスト!? 絵かな!? とっても可愛いですね♪

あ、イラストは、、
藤本一馬さまのDialoguesです。
このジャケットのような静かな会話の連続です。

>音楽は どこか南米の民族風の笛の音色を思い浮かべてしまいますが ギターなんですね。

え?
「南米の民族風の笛の音色を思い浮かべてしまいますが」
そういう音の世界も沢山あるようですよ。


>音楽を聴きながら絵とか写真とか見ると ちょっとした旅に出掛けたような気分になれるからいいですよね(^-^)

はい。。
本当の旅にでるのが1番だろうけどね。
でも、この生活を置き去りにする気もないので。。
今は、心の旅とちいさな旅で、、いいかな。

>ゆ~くり あまり人がいないところを見て歩きたいなぁ。

うん。
でも、Facebookとか、blogとかにアップしちゃったりしてね。(爆)
いつものらない列車にのるだけでも、、旅心をかき立てられますよねぇ。

いつもと違う街を歩くだけでもね!

1年くらい忘れていましたが、この本を見ると再燃の予感。
とても好きな音楽なのだけど、一気に聴くと煮詰まりますね。
どれも同じに聞こえてくる。(ジャズもそうでしょうが)
だから、少し気持ちを抜いて、ゆっくり聴かないとね、って思います。
じゃないと影に隠れている良さとか、違いが分からないような気がしています。
ちょっと走りすぎの日々なので、自戒自戒!

kenさま、、

>1年くらい忘れていましたが、この本を見ると再燃の予感。

あれぇ。。m(_ _)m
って、メッセを送りますね。

>とても好きな音楽なのだけど、一気に聴くと煮詰まりますね。

そうですね。
やっぱり、これに関しては、われわれは、、まだまだって、ことでしょうか。。

>どれも同じに聞こえてくる。(ジャズもそうでしょうが)

そうですね。
おなじような風土をもってるんだから、、そうなんだろうけど。。
でも、微妙な違いが掴みきれてないっす。(^_^;)

>だから、少し気持ちを抜いて、ゆっくり聴かないとね、って思います。

わたしもです。
未知への扉はいろいろあるけど、折角みつけた扉なので、ゆっくりたのしまなくては。。
ジャズはね、新譜の追っかけになってますから、時間との勝負も多少あったりして、
でも、マイペースでないと、、なんか、へんだし。。

>じゃないと影に隠れている良さとか、違いが分からないような気がしています。

そうなんだよねぇ。。同じような感じだとおもいます。
って、ジャズつうか、何でも、そうですよねぇ。。

>ちょっと走りすぎの日々なので、自戒自戒!

わたしもそうなんですけどね。
まぁ。。やめられないことも多いですよね。
今日は、とっても興味深いライブが新潟であるのですが、、納涼会の下見なんです。
一応、カンジ、って、感じ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/52102329

この記事へのトラックバック一覧です: 雨と、雨と、、「アルゼンチン音楽手帖」。。:

» 栗本斉:アルゼンチン音楽手帳(2013、DU BOOKS)ココロを跳ばすという意味において [Kanazawa Jazz days]
 ココロを跳ばすという意味において、知らない場所に出かけてみる、あるいは知らない音楽を聴いてみる、は同じようなことのような気がする。毎日同じようなことが繰り返されることに飽いてきたとき、遠くに行きたいと思う気持ちで何かしら音を聴いている。  普通のジャ...... [続きを読む]

« Somewhere / Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette | トップページ | La notte / Ketil Bjornstad »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ