2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Sweet Rainは、、甘雨かな。。 | トップページ | Quercus / June Tabor Iain Ballamy Huw Warren »

2013年6月 5日 (水)

BLACK BOXとは、なんぞや?

BLACK BOXとは、なんぞや?

Bb_2Bb_1


★BLACK BOX @ ジャズ喫茶スワン★

八木義之(vtb)、細木久美(p)、赤堀嘉美(b) 本間克範(ds)

6月9日(日) 15:00~17:30 ¥2,500(1Dつき)

025-223-4349

ご本人たちのキャッチコピー↓

冬のジャズストリートでの予期せぬ出会いから5ヶ月。新潟ジャズの聖地SWANにあの4人が帰ってくる!!
どジャズからファンク・フュージョンまで、幅広いジャンルを演奏予定。
お近くの方はぜひお越しください。


と、ありマスタ。うむ、、、、。。。。
ええとね、冬のジャズストリートの時のハプニング(増嶋さんが参加できななくなった)から急遽編成されたバンドでしたね。

その時は、「細木久美4」となっておりマスタ。

テなわけで、、回想。。。。

2、3日前に急遽決まった、臨時編成だったのですが。。
そんなことを感じさせないのが「ベテラン」の演奏のはずです。(汗)
四人一緒は初めてだそうですが、そこは狭い新潟ジャズ界ですから、重なり合いはあるわけです。バンドって、やはり、知り合い繋がりですし、続けてナンボですし、なかなか、新ユニットってできないのが、普通ですわ。こういう機会で、演奏する方も聴く方も思わぬサウンドが楽しめるわけですね。
考えたら「ワンホーンカルテット」だったわけで、選曲は八木トロンボーン(が吹けるもの)にあったようで、基本、わたしは知ってる曲つうか、好きな曲が多かったと思うのですが、あんまり同じ曲を演奏してくれないので嬉しかったかも。

ジャズの世界において、ドラムレス、ベースレス、コードレスって、「レス」は緊張感を生む空間ですが、な、なんと、ぜんぶ揃ってるぅ。。(って、当たり前か。。)

で、ご自身がバンマスする時には、「策に溺れる」ことが多い某トロンボーンですが、前回はその辺の時間もあまりなかったようで、、別な意味での緊張感があって面白かった。(笑)
そのせいか、「わたしが好きなもたもたなMC」にも、、いつも以上に拍車がかっかていたような。。トゥーツのBluesetteとかねぇ。。
忘却の彼方に思いだすは、ジョンヒクスのNaima's Love Songとか大変よかった気がします。最後だったかなぁ、、最後のファンク曲でノッリノリの女性がいらしたのを覚えてます。

今回は、BLACK BOXという、バンド名がつきましたので、きっと、その名にふさわしい?世界をお披露目してくれるに違いありません。。

「そう、皆さん 、すで にベテランですものねぇ。(自覚はなさそうですが。。)」

どなたさまも、素敵な初夏の日曜日の昼下がり。。
ジャズ喫茶スワンでBLACK BOXをご賞味くださいませ。

今日、こんなアルバム聴いていましたぁ。


Seven / Dino & Franco Piana Septet

Dino Piana(vtb) Franco Piana(flh)
Fabrizio Bosso(tp,flh) Enrico Rava(tp) Max Ionata(ts)
Enrico Pieranunzi(p) Luca Mannutza(p) 
Giuseppe Bassi(b) Roberto Gatto(ds)

去年でた時からのお気に入り盤。
イタリアのフランコ&ディーノ・ピアーナ親子と伊達男七人衆って、感じです。
イタリアンハードバップって、言葉がありますが、決めるとこは陽気にガッツでビシバシと決めながらも、どことなく哀愁、郷愁も漂う演奏の数々。
これって、なんだろうねぇ。。国民性の違いだろうか?
って、そうなんですねぇ。やっぱ、ダンディ、って、感じなんですよねぇ。
そう、Dino Pianaは世にも珍しいバルブトロンボーン吹きでした♪
やっぱ、独特の低音ビブラートで渋々、早さももちろんだけど、情感がたっぷり。
で、全曲みんなでカッコイイー♪
半年もたっちゃったけど、何処かでお見かけした際には、是非聴いてみてください!

んじゃ、退散♪

« Sweet Rainは、、甘雨かな。。 | トップページ | Quercus / June Tabor Iain Ballamy Huw Warren »

超〜私的戯言、じゃれ事(それでも、JAZZ)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
最初の写真は 冬のジャズストの時かな!?
なんか 小さいこやぎさま お兄さまに似てきたね(^-^)
『BLACK BOX』かっこいい名前ですね♪
ちょっと 大人な感じかな。
たくさんの方が聴きに来られるといいですね♪

Marlinsさま、、

>こんばんは〜

はいはい。

>最初の写真は 冬のジャズストの時かな!?

そうなんよ。
冬のジャズストのスワンでの写真です。
全員がおさまる写真が撮れなかったのでした。

>なんか 小さいこやぎさま お兄さまに似てきたね(^-^)

つうか、以前から、わたしは似てると思ってるんだけど。。

>『BLACK BOX』かっこいい名前ですね♪

えぇ。。。。

>ちょっと 大人な感じかな。

充分、、大人だからねぇ。。。

>たくさんの方が聴きに来られるといいですね♪

そうだよねぇ。
これは、ミュージシャンの為、ライブハウスの為、そして、観客の為にもね!(笑)

お、今頃ライブの最中かな?

気になっていた間違い修正。ワンホーンクインテット→カルテット

ボントロの正統派カルテットというのがどういう音楽をやるのか興味深いが、きっと極めてボントロっぽくない音楽をやるのであろう。そこは、正統派テナーカルテットを目指す私との違いであるな。

>「策に溺れる」ことが多い

には笑いました。

※ところで、このバンド冬のジャズストの時に私にも声が掛ったような気がする。しかも弟から(笑)。飛行機の時間の関係でNGだったけど。私がやったら何の工夫もなくて、あまり面白くなかったんっだろうなという気もします。

でっかいこやぎさま、、

コメント、ありがと。m(_ _)m

>お、今頃ライブの最中かな?

うん。
仏壇屋さんにご用事あって、ギリギリかなぁ?って、思いましたが、余裕で着いてラッキーな席だった!

>気になっていた間違い修正。ワンホーンクインテット→カルテット

おぉ。。全然、気にもならないのが、脳みその無い証拠♪
あとで、直しておくよ。。


>ボントロの正統派カルテットというのがどういう音楽をやるのか興味深いが、きっと極めてボントロっぽくない音楽をやるのであろう。

つうか、基本、、似てて否なるもの(ド素人のわたしがそこまで言っていいものだか。。)だからねぇ。
普通のトロンボ ーンの良い方の特色を放棄してる代わり、ご兄弟ご一緒のきっちりしたタイムで速いパッセージ可能だからねぇ。
やっぱ、本人の嗜好とか趣味とか無視して、、ラテン系ファンク系のイケイケ感は下から煽る感じがええですわ。

>そこは、正統派テナーカルテットを目指す私との違いであるな。

『目が点。。。』

ともあれ、わたしのフェヴァリットなサックスであることは認める。(笑)

>>「策に溺れる」ことが多い

>には笑いました。

日曜日もねぇ。。、ちょいと、、溺れかけてた、、、。。

あのね、やっぱ、皆さん上手いんで、前回はこぎれいにまとまった感が強かったけど、観客の意向とか結構無視して(笑)皆さんがやりたいことやりました感強くなって良かったですよ。
そもそも、ドラムセットに『目が点』・・・

>※ところで、このバンド冬のジャズストの時に私にも声が掛ったような気がする。しかも弟から(笑)。飛行機の時間の関係でNGだったけど。私がやったら何の工夫もなくて、あまり面白くなかったんっだろうなという気もします。

うーん。。そうは思わないけど。。
でも、、それは、あなたが中丸さんのトリオで吹き倒すのと、、ちょっと近いものがあって、
これねぇ。。工夫というよりか、、「人の組み合わせと年代(年齢)」とかかもねぇ。
あなたね、いい人なんだけど、、いろんな意味で威圧感あるからねぇ。。

って、本間さまって、おいくつなんだろう。。。
ともあれ、、ご本人は大変楽しそうに吹いてましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/51921028

この記事へのトラックバック一覧です: BLACK BOXとは、なんぞや?:

« Sweet Rainは、、甘雨かな。。 | トップページ | Quercus / June Tabor Iain Ballamy Huw Warren »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ