2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 別れの曲 | トップページ | 願望。。。 »

2013年5月17日 (金)

Walking Shadows / Joshua Redman


寒暖の差が激しい今日この頃。。春は、、何処に。。?

新譜がたまりすぎて、しかも、行動が遅すぎるので、、棚上げしていたCDを順番に。。
って、難しい。何処かでリセットかけなくては、、と、思っていたら、、やって来たのね。
閣下風に言うならば「ジョシュアの新譜はあのメルドーがプロデュース!ストリングス入りの極上のバラード集」。。

リリースのアナウンスの時(聴く前)から、、わたし的ポイントが高すぎるアルバムです。(笑)
まず、メンバーが凄すぎる。Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Brian Blade (ds) 。。
バラード集で、、しかも、ストリングスが入っているらしい。。
メルドー参加でストリング入りのバラード集って、そりゃ、買わずにいられないでしょう。
選曲は幅は広いバッハからジョンメイヤーまで。さほどマニアックな曲と言うわけでもないと思いますが、同じ線上にならんでいて、違和感なく聴けちゃうのが凄いと言えば凄いのかもしれないです。しかも、ジャズファンだったらジョシュアの吹「Infant Eyes」を聴いてみたいと思うのが正直なところじゃない?そういうツボもしっかり押さえています。はい。たとえ、田舎者丸出し!って、言われたって、、わたしはそんなところでかっこはつけないぞ。(爆)

まずはストリングオーケストラと美しく絡みながら幕あけるThe Folks Who Live on The Hillでふんわりと気持ちがほぐれる。30秒でやったね♪って、感じですわ。ドラマチックに弦楽器が響き合う中タンタンと吹き上げるLush Life。バンドの演奏になってからも丁寧な演奏で、オケとのレスポンスもバッチリな感じで彼のソロもアグレッシブだけどあまり余分なこともせずきちんとおさまっている。ゆったりといい音。。
軽やかな青春ソングに仕上がったジョンメイヤーのStop This Train。ギターのカッティングが聞こえてきそうな青空ソングに。ジョンメイヤーより上手に歌ってるかもネ。(笑)
一転、グレナディアのベースとデュオのバッハのAdagio。とても魅惑的な音色で一緒に歩む。グレナディアのベースと静謐な空間を作っている。
そして、再びオケが絡んで Easy Living。心の奥の想い出の風景を映し出すように。
ソロになると思わず指が動くのですが、そこはストーリーを重視。
ブライアンブレイドが無機的にリズムを叩き出すブロンドレッドヘッドのDoll is Mineはフォーキーで切なく幻想的に。グレナディアのピチカートのソロも良い。クールでダーク、、流暢だけどシングルノート主体のメルドーの硬質のピアノも冴えてます。
うーん。。この、、「落ちていく感」は、、なんだ。。。。素晴らしい!

幽玄な世界を求めるようなInfant Eyes。ジョシュアのサックスに厚みをつけるオケの美しさ。ソロでは高速フレージングも入るのですが、情感を置き去りにしない程度に。
カントリーソングやフォークのように木訥に始まるレノン・マッカートニーのLet it Be。やがて彼のソロとバンドのサウンドはヒートアップしていき、まさに彼らの「Let it Be」。
ジョシュアとメルドーが深海に漂うようなダークなFinal Hourはジョシュアのオリジナル。
ストリングスの濃厚な香りに圧倒されるLast Glimpse of Gothamはメルドーオリジナル。ジョシュアも濃厚な香りに負けないエモーショナルな演奏。

夜空から、、そこにふと降り立ったようにカデェンツアで始まるStardust。。
バンドメンバーがインしてラグジュアリーでジェントルな演奏に。「ここはどこ?あなたたちは誰?」って、我を忘れる。(微笑)
終演はジョシュアのオリジナルLet Me Down Easy。もの悲しさをざっくりと管に送り込む。メルドーとの阿吽も間合いもとても良い。映画のラストシーンのような完結性を感じる演奏。気がつけば、ブライアンブレイドの程よい煽り。硬質でダークなメルドーが甘さを緩和して良い塩梅。

どうなん?
たぶん、、1曲目30秒で自分の中での黒白つけられますわ。(好き嫌いとも言いますね)
バンドメンバーはジョシュアの情をしっかりくみ取ってますので、あまりヒートアップした熱い演奏ではないのですが、さすが長いつきあいだけあって、過剰になりすぎずに隙なくサポート。ストリングオーケストラとの絡みも、バランス良く、人生の雨の日晴れの日を観ているような気持ち。
陰影あるジュシュアのサックス情緒を堪能しませう。。
きっと、、穏やかに過ごせます。(きっぱり)

1. The Folks Who Live on The Hill
2. Lush Life
3. Stop This Train
4. Adagio
5. Easy Living
6. Doll is Mine
7. Infant Eyes
8. Let it Be
9. Final Hour
10. Last Glimpse of Gotham
11. Stardust
12. Let Me Down Easy

Joshua Redman (ts,ss)
Brad Mehldau (p)
Larry Grenadier (b)
Brian Blade (ds)

注)日本版には「Ugly Beauty」をボーナストラックとして収録してるそうです。
  11と12の間に挟み込む感じで。

随分前に、サックスの藤井政美さんのライブでソプラノサックスで吹くクラプトンのChange The Worldを聞いたことがあるのですが、その時もポップな曲調にのってドンドン藤井ワールドが展開され楽しかったのですが、今回のジョンメイヤーのStop This Trainもジョシュアの晴れ間がドンドン拡がって行く感じが気持ちよい。これでジャズファンにもメロディーメーカーでもあるジョンメイヤーの名前も一緒に刻印されることでしょうね。(わっはっは)

来週はいよいよUnity Band@Blue Note Tokyo、、、、。(大汗)

んじゃ、退散♪

Walking_shadows


« 別れの曲 | トップページ | 願望。。。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です~

この前の日曜日に新宿Disk Unionで買いましたよ。その日に入荷したらしい。ラッキー。
で、昨日ようやく聴いてみたんだけど。これはいいかな。ジュシアレッドマンの音が非常に木管的で、オーケストラに合ってる。いつものへなへなビブラートもこのセットではあまり気にならないし、わざとらしいフラジオも抑えめ。Infant Eyesはソプラノでやってて「また意表ついちゃって~」とか思ってたのだが、2回目に聴いたらやっぱり良かった。とはいえ、ジュシアレッドマンが物凄くいいというわけでもないので、あまりサックスのアルバムというのを意識しないでBGM的に聴くといいのかもしれません。

来週のUnity Bandは楽しみですな。ふんだ。

でかいこやぎさま、、

おはようございます。

>ご無沙汰です~

ご無沙汰デース。
って、今日は閣下とお会いになるんでしょ?

>この前の日曜日に新宿Disk Unionで買いましたよ。その日に入荷したらしい。ラッキー。
で、昨日ようやく聴いてみたんだけど。これはいいかな。ジュシアレッドマンの音が非常に木管的で、オーケストラに合ってる。

そう、そう、そこそこ。
「私は木管楽器吹いてます」
って、感じの音で全体に調和しております。

>いつものへなへなビブラートもこのセットではあまり気にならないし、わざとらしいフラジオも抑えめ。

自分ができないから、って、そういうこと言うんじゃないの。

>Infant Eyesはソプラノでやってて「また意表ついちゃって~」とか思ってたのだが、2回目に聴いたらやっぱり良かった。

意表って程でもないでしょうよ。
まぁ、これも曲の魅力ってありますよね。

>とはいえ、ジュシアレッドマンが物凄くいいというわけでもないので、あまりサックスのアルバムというのを意識しないでBGM的に聴くといいのかもしれません。

そっかな、ジョシュア悪くはないと思いますけど。
昔の同じメンツのアルバム聴いたりしてみたんだけど、大人の演奏になってるよね。
聴く人が音楽に何を求めてるかで、、評価は分かれると思うけど、これを聴いて蕁麻疹はでないでしょう。

でも、、、ついでにクリポタのECM盤もUnityBand聴き直したけど、やっぱ、わたし的にはクリポタ萌え、、だな。(余裕)

わたし的に、入手済みでサックス入りでこやぎさまにお勧めなのは、

Equilibrium / Morten Haxholm Quartet
Overlooking Moments / Alex Sipiagin

特にサーシャさまのアルバムは、コード楽器なしの2管勝負で、、双方、、相変わらずストイックな感じで好きです。丁々発止ではなくて、挑発しあってる感じですかねぇ。。(わっはっは)

>来週のUnity Bandは楽しみですな。ふんだ。

うむ。。席は取ったのだが。。いろいろあるんじゃ。。ちょっと、やばいんじゃ。

って、一週間ずれたら、、聴けたんじゃない?
で、願望として、、個人的には、タボーン入りでクリポタのセーレンバンドが聴きたい。。
アメリカとかでは、このバンドでツアーしてるのだろうか。。。。。。

こんにちは〜
おぉ♪ メルドーさまに バラードに ストリングスに、、、
聴きたいかも o(^o^)o

なかなか ゆっくり聴く時間がないけど 購入しておいて 聴ける時に聴こうかな♪


ユニティバンド 楽しんでね☆

KLは快晴。でも閣下のお相手は、若者に任せてしまった(笑)。

Alex Sipiaginは先日買ってありました。いいんだけど、やっぱり長く聴いてると疲れる。歳か。それはそれとして、何やら今度この手のことを誰かさんにやらされそうな気がしてます(謎)。

Unity Bandは行けるといいねえ。っていか行かなきゃだめだよね。頑張れ。

こんばんは。
ほんとはじめの30秒で決まりました。それにJohn MayerのStop This Trainもこんないい曲だっけ?と思わせられたりしましたが、さらっとした演奏ですが心に刺さってきました。歌いっぷりはこのメンバーの方がJohn Mayerに勝った感じですね。
あとLet It Beも僕的には感動しました。歌心と熱さをこの4人にストレートに聞かされては・・。たまりませんでした。

バラードアルバムではありましたが、飽きずに楽しめた1枚でした。
こんどはあまり間をあけずにTBさせていただきました。

このメンバーの来日、決まりませんかねー

クリポタさま楽しんできてください。わたくしはティグラン優先しちゃいました。が、ハシゴできることに昨日気づきました。。

Marlinさま、、

>こんにちは〜

はいはい。

>おぉ♪ メルドーさまに バラードに ストリングスに、、、
>聴きたいかも o(^o^)o

きっと、お好きだと思いますよ。

>なかなか ゆっくり聴く時間がないけど 購入しておいて 聴ける時に聴こうかな♪

Marlinさま、、Marlinさまのダーリン、、お大事に!
メジャーの?輸入盤なので、少しするともうちょっと安くなると思うんですが。。


>ユニティバンド 楽しんでね☆

うん。
まずは、行けるように祈ってね♪
ダーリンによろしく!

でかいこやぎさま、、

>KLは快晴。でも閣下のお相手は、若者に任せてしまった(笑)。

最近は、お二人で行ったり来たりなのね。

>Alex Sipiaginは先日買ってありました。いいんだけど、やっぱり長く聴いてると疲れる。歳か。

そうなん?
それをあなたに言われるとは思ってなんだ。

>それはそれとして、何やら今度この手のことを誰かさんにやらされそうな気がしてます(謎)。

へっ??
誰かさんって、ジャズストに来るってこと?
むむ。。となると、、あそこか、あそこにしか入れてもらえないでしょう。。
って、2管って、ことね。わっはっは。

>Unity Bandは行けるといいねえ。っていか行かなきゃだめだよね。頑張れ。

ありがと。。
がんばってるよ。。すげぇがんばってるんです。
でも、だめなときはだめなんだけど。。。最後までがんばります。

とっつぁんさま、、

>こんばんは。

はいはい。

>ほんとはじめの30秒で決まりました。

そうだよねぇ。
この30秒で、???と思った人は、何曲聴いてもだめだと思うのですわ。。

>それにJohn MayerのStop This Trainもこんないい曲だっけ?と思わせられたりしましたが、さらっとした演奏ですが心に刺さってきました。歌いっぷりはこのメンバーの方がJohn Mayerに勝った感じですね。

そうそう。って、ジョンメイヤーは個性的な歌い方だしねぇ。。
この曲の持つ魅力は、ジョシュアの方が引き出せてると思いました。

>あとLet It Beも僕的には感動しました。歌心と熱さをこの4人にストレートに聞かされては・・。たまりませんでした。

うんうん。って、アンだけの有名曲が、、あまりビートルズビートルズしてないのはさすがです。

>バラードアルバムではありましたが、飽きずに楽しめた1枚でした。

わたしは思った以上に明るい仕上がりだったのです。
もっと、暗く静謐な感じだと思ってました。
いや、わたし的には大変シックリでしたわ。

>こんどはあまり間をあけずにTBさせていただきました。

とっつぁんさま、、それなのに、、トラバに時間がかかってすみません・・m(_ _)m

カノンさま、、

いいなぁ。。(笑)

>このメンバーの来日、決まりませんかねー

カノンさまのご威光でよろしくお願いいたしますよ!

>クリポタさま楽しんできてください。わたくしはティグラン優先しちゃいました。が、ハシゴできることに昨日気づきました。。

ティグランは今日からですね?
めちゃ技巧派のバンドサウンドとなるんでしょうか。。
UnityBand。。。。行けますように。。(祈)
そして、、クリポタさまは、また、ご自身のバンドで来てくださらないでしょうか。。

すずっくさんのレヴュー読んで迷ってたけど購入決定www
Highway Rider の続き、延長あるいは階段登ったみたいな感じかな?好き嫌いはともかくHighway~は音響的に優れてたし今度も楽しみです♪
Jレッドマンは確かに超絶テクニックあるけど95年?のヴィレッジヴァンガードの2枚組ライヴ以外はピンと来なかったんですよね~
ピアノがメルドーでなくて残念でしたが18年前にブルーノート大阪で観た時はすごく良かったです

パットのカルテット観に行かれるんですね!裏山・・・
大好きな人ですもんね、サクソフォンの人、クリス・ポッター?
ユーチューブでいろいろ観ましたけどPMGの曲とか涙ちょちょきれです

楽しんで来て下さい!


おはよ〜ございます〜
わたしも 買っちゃった♪

お気遣い ありがとうございます(^-^)

こんにちは〜
何度もごめんなさい(^^;)

これ、すごく良かったです〜
気に入ってしまいました♪

TBがわりに URLを貼っていきますね♪

BAR HAYAFUNEさま、、

コメントありがとうございます。
なのに、返事が遅くなってすみません。

>すずっくさんのレヴュー読んで迷ってたけど購入決定www

あれま、、って、音楽は人それぞれですが、尖りのない音の空間もいいものだと思います。どうか、きき飛ばされませんように。。(笑)

>Highway Rider の続き、延長あるいは階段登ったみたいな感じかな?好き嫌いはともかくHighway~は音響的に優れてたし今度も楽しみです♪

リーダーは違っても、コンセプトは近いかもしれませんね。。

>Jレッドマンは確かに超絶テクニックあるけど95年?のヴィレッジヴァンガードの2枚組ライヴ以外はピンと来なかったんですよね~

根本的なところって、この方変わって無いんじゃないでしょうか。(小さな声で)

>ピアノがメルドーでなくて残念でしたが18年前にブルーノート大阪で観た時はすごく良かったです

ジョシュアは舞台でもスタイリッシュな感じですよねぇ。
キメのポーズも、観客のツボを抑えてる気がいたしま した。。

>パットのカルテット観に行かれるんですね!裏山・・・
>大好きな人ですもんね 、サクソフォンの人、クリス・ポッター?

うん。好き☆彡
もう、舞い上がってしまって。。
パットメセニーがリーダーだって事に、着席しテから気がつきました。(爆)
偶然、、席がクリポタの真正面で、、これまた、心拍数があがりました。
すでに、、一週間。。異次元じゃった。

>ユーチューブでいろいろ観ましたけどPMGの曲とか涙ちょちょきれです

そうだ、サンチェスさまとも握手したですよ。

>楽しんで来て下さい!

BAR HAYAFUNEさまも、、CD楽しめるといいのですけど。。

Marlinさまと、ダーリンさま、、

ごめんね。

>おはよ〜ございます〜
>わたしも 買っちゃった♪

おぉ。。良かったねぇ。

>お気遣い ありがとうございます(^-^)

いいえ。。
いつも、お気遣いくださって、、本当にありがとうございます。
わたし、本当に金沢にも行きたいです。
ジャズと和菓子三昧をして九谷焼買って帰るんだわ。みたいなぁ。。。。

Marlinさま、、

>こんにちは〜
>何度もごめんなさい(^^;)

こちらこそ、いつも、すみません。

>これ、すごく良かったです〜
>気に入ってしまいました♪

わぁ。良かったぁ。
って、メルドー好きなんでよね。
メルドーを地元のライブハウスで聴けるといいよね♪

>TBがわりに URLを貼っていきますね♪

ここです。↓
http://blog.goo.ne.jp/tm-0117/e/028829f3cc8e6b2c362cfb0dd243b796?guid=ON
後で、トラバいたしますね。

今日は、意外と空気はひんやり。。でも、綺麗な空でしたね。。
<マーリン>ブルー♪ですよ。

こんにちは。ようやく国内盤がデリバリーされて本作を聞くことができました。これはいいですねぇ。

何よりもオーケストレーションが素晴らしい。そして,それを半分しか使わないところでちゃんとバランスを取っている。更に何とも言えぬ選曲の妙。かつ,Joshuaの独奏から入って,Mehldauのピアノがかぶさる時のワクワク感。音楽としては非常に落ち着いているのに,「やられた」感が強い私です。とにかく一筋縄ではいきません。何度も繰り返し聞きたくなる仕掛けに溢れたアルバムだと思います。一曲,一曲が適切な長さで冗長に流れないところも好感度が高いです。

本作を作り上げる上で偉かったのはJoshuaかMehldauかは別にして,とてもナイスなアルバムでした。

ということで,TBさせて頂きます。

閣下、、

トラバありがとうございました。

>こんにちは。ようやく国内盤がデリバリーされて本作を聞くことができました。これはいいですねぇ。

いいですわぁ。
沁みますわぁ。
って、事で、夕暮れ音楽に決定。(笑)

>何よりもオーケストレーションが素晴らしい。そして,それを半分しか使わないところでちゃんとバランスを取っている。

おぉ。。ケチ、って、怒らないのね。って、冗談。


>更に何とも言えぬ選曲の妙。

そう、別にマニアックではないと思いますけどね。

>かつ,Joshuaの独奏から入って,Mehldauのピアノがかぶさる時のワクワク感。音楽としては非常に落ち着いているのに,「やられた」感が強い私です。

これは、メルドーのお手柄だと思うんだけど。

>とにかく一筋縄ではいきません。何度も繰り返し聞きたくなる仕掛けに溢れたアルバムだと思います。一曲,一曲が適切な長さで冗長に流れないところも好感度が高いです。

幅広くうけいられると思います。
それは、怒濤の攻めが薄いから 。でも、そういう音楽もあっていいと思います。
って、いつも、言ってるじゃん。

>本作を作り上げる上で偉かったのはJoshuaかMehldauかは別にして,とてもナイスな アルバムでした。

うーん。。
メルドーに一票。
本田にも一票!

>ということで,TBさせて頂きます。

あとで、トラバさせていただきますね。
ありがとうございました。

なかなかいいですねえ。オーケストラ(ストリングスメイン)もゴージャスな感じがしますし。アドリブも、売れセン狙いではなくて、全体との調和をこわさないようにある程度自由に吹きまくっていて、なかなかやるなあ、と思いましたです。じっくり聴いても、ながら聴きをしても、いい感じになりそうです。

TBさせていただきます。

910さま、、

ナリーさまのところは、、浦島太郎気分。。。

>なかなかいいですねえ。オーケストラ(ストリングスメイン)もゴージャスな感じがしますし。

これは、わたしは最中さまでないけど、、ジャズメンがバラード集をつくるって、心意気と思いに一票です。人の心の機微をとらえてそれを音に表すって、内省的な方では難しいよねぇ。。

>アドリブも、売れセン狙いではなくて、全体との調和をこわさないようにある程度自由に吹きまくっていて、なかなかやるなあ、と思いましたです。じっくり聴いても、ながら聴きをしても、いい感じになりそうです。

そうなんですよねぇ。
BGMもまったくオッケーなんですが、侮れません。。

>TBさせていただきます。

ありがとうございます。
まずは、トラバだけ、、かえしました。m(_ _)m

こんばんは。
来ようと思いつつ・・・、いつものトラバに促されてやって参りました。
こんなのつまらないって言っている人もいたのですが、私はなかなか良いと思います。
ジョシュアのサックスが丁寧に歌っているのがまず良いです。
曲が色々あって、編成が色々あって、飽きさせない工夫もあります。
メルドー、グレナディア、ブレイドはもちろん手抜きなし。
たまにはこんなのに浸るのも悪くはないと思います。
トラバありがとうございました。
私もトラバさせていただきます。

いっきさま、、

>こんばんは。

はいはい。

>来ようと思いつつ・・・、いつものトラバに促されてやって参りました。

いえいえ、ご来訪ありがとうございます。

>こんなのつまらないって言っている人もいたのですが、私はなかなか良いと思います。

そうですかぁ。。
人の感じ方も、ジャズの聴き方もいろいろありますものね。

>ジョシュアのサックスが丁寧に歌っているのがまず良いです。

はい。
この方々丁寧にメロディを吹いただけでも、そこに物語り感じさせることができますよね。

>曲が色々あっ て、編成が色々あって、飽きさせない工夫もあります。

そうそう、随分、雑多な感じもありますが、統一感はあると思います。メルドーの手腕かなぁ。

>メルドー、グレナディア、ブレイドはもちろん手抜きなし。

押さえの美学ですかねぇ。

>たまにはこんなのに浸るのも悪くはないと思います。

そうなんですよねぇ。
こういうアルバムはからだにすっと入ってきますよね。

>トラバありがとうございました。
>私もトラバさせていただきます。

ありがとうございました。

オーケストラ入りのバラード集ってのに、正直なところあまり食指は動かないんですが..(汗)
いろいろと、しっかりバランスのとれた作品に仕上がっていて、期待以上に良い作品でありました。
さすがに、Joshua Redman、Brad Mehldau ・・ 侮れません。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さま、、

すみません、これも、みえちゃったんで、トラバしちゃいました。

>オーケストラ入りのバラード集ってのに、正直なところあまり食指は動かないんですが..(汗)

そうですか?
わたしは、メンバーにもよるのですが、やっぱ、聴いてみたいなぁ。。って、思いますです。

>いろいろと、しっかりバランスのとれた作品に仕上がっていて、期待以上に良い作品でありました。

そうですよねぇ。
キチンとおさまるところはおさまって、壊れない程度にはじけて。。

>さすがに、Joshua Redman、Brad Mehldau ・・ 侮れません。

ジョシュアって、やっぱり、計算できる感じですよねぇ。
最近は、メルドーも恐くなくってきたので、今回はメルドーに一票です。はい。
でも、ジョンメイヤーの曲みたいな青春してるジョシュアは巧いと思いました。

>TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

はい。
これまた、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/51666821

この記事へのトラックバック一覧です: Walking Shadows / Joshua Redman:

» Joshua Redman / Walking Shadows [とっつぁんの日記帳]
Joshua Redman (p)  Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Brian Blade (ds) Dan Coleman (Orchestra Conducted) Recorded September 27-29, 2012, at Avater Studios Rel:2013 Nonesuch 7559-79609-3 ここのところ気候故かジャズには穏やか〜な気分にさせてくれるものを求めることが多く、このJoshua Re..... [続きを読む]

» ようやく到着:Joshua Redmanの"Walking Shadows" [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Walking Shadows Joshua Redman(Nonesuch) 輸入盤は既に入ってきているにもかかわらず,国内盤のボーナス・トラックのために,そのリリースをずっと待っていたJoshua [続きを読む]

» 蓮の花 WALKING SHADOWS / Josua Redman [JAZZ最中]
昨年JAEMS FARMをブルーノートでみて、ライブでの演奏はさすがに凄いと思ったので、新しいアルバムをたのしみにしていたら、なんとバラッド集、それもウィズ・ストリングスだとは驚いた。 いろいろなアルバムがたまってしまっていて、記事にはすぐしないので...... [続きを読む]

» Walking Shadows/Joshua Redman [ジャズCDの個人ページBlog]
ジョシュア・レッドマンの新譜は、半分の曲にオーケストラ(主にストリングス)を加え [続きを読む]

» ムード・サックスっぽくもあるが。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
新譜紹介をこなしていきましょう。 ジョシュア・レッドマンの『ウォーキング・シャド [続きを読む]

» Joshua Redman Walking Shadows [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Joshua Redmanの新作です。Joshua Redmanも出たら買うしているので、当初予約時はどんな内容になるか全然チェックしていなかったのですが、カルテットの4人はひれ伏すしかない面々を揃えています。 ただ、そこにオーケストラ(弦楽器)が入ってくるわけでありまして。。 えーと、内容としてはバラード集ということのようで、プロデュースもBrad Mehldauが担当しているようです。 オーケストラ入りとはなりますが、入ってくるのは全体の半分程度となります。 Joshua Redma..... [続きを読む]

« 別れの曲 | トップページ | 願望。。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ