2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« Lento / Youn Sun Nah | トップページ | 別れの曲 »

2013年5月 3日 (金)

外山さんに小曽根さん、、

連休は続くよ??どこまでも。。な、わけないか。。

連休の後半だぁ!って、ことですが、連休前の発熱は治まったけど、、一緒に始まった蕁麻疹がキチンとなおらない。。
連休だけど、毎日古町の向こうへおでかけですので、遠出の予定は組めないのですが、
生音を聴けそうな一瞬を探して、連休初日の4月27日(土)外山さんのローサでの無料ライブにちょこっと。

階段おりて、、走る!!方向音痴なもので。(~_~;)
おぉ、スキヤキソング♪(上を向いて歩こう、、とも、言う。。。。)
って、滑り込んだけど、1セット目の終わりでした。。あれま。

初の新潟ライブ以来、、地元三条のジャズシンガー吉川ナオミさんとの演奏などで、新潟での演奏も多く、この日のメンバー五十嵐誠さん(b)、若林修一(ds)ともちょうフレンドリーな雰囲気でっす。
って、後半は、好きなアマポーレやリクエストのAs Time Goes Byなどで和み、オリジナルで新潟ゆかりの爽やかなメイジャーニー、最後は前向きで明るい彼女らしいバッシサンバ♪
オリジナルも既存曲も、メロディの美しさ、特質を大事にしながら、彼女の感性でまとめあげていきます。ライブハウスよりフレンドリーな味付けの45分?かわいい楽しいMCもあって、憂さを忘れる。やっぱ、素敵だなぁ。綺麗だなぁ、、って、正直、、彼女のピアノの演奏を聴きたくなりましたが、キーボードでもかなりワクワク躍動感ありました。

そうそう、、連休明けからご出身の北海道で演奏だそうです。
お近くの方は、すでにご存じですよねぇ。(笑)

★外山安樹子トリオ 春の道央ツアー 5月9−11日★

外山安樹子 (p) 関口宗之(b) 秋葉正樹(dr)


札幌「紙ひこうき」 5月9日(木)20時~

小樽「グルービー」 5月10日(金)19時半~

札幌「渡辺淳一文学館」 5月11日(土)14時~
渡辺淳一文学館企画ドラマティックライブ!

北海道と言うか、、札幌の市内観光ってしたことないので、ドラマチックライブにいきたかったな。

そして、ちょっとぼやいていた、、ラ・フォル・ジュルネ 新潟のこれ↓
あの坂の上から一気に下って駆けつけました!

小曽根真(P)
オーヴェルニュ室内管弦楽団
ロベルト・フォレス・ヴェセス(指揮)
曲 目
ディヴェルティメント ヘ長調 K.138
ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調 K.271「ジュノム」

クラシックを語る耳も口もなくて、、申しわけないのですが、、、
前半比較的ゆったりと弦楽器の響きを堪能したあと、ジャズピアニスト小曽根真がピアノとともに登場。(笑)楽しみにしていた、、「ジュノム」へ。オーヴェルニュ室内管弦楽団の弾むような魅力的な演奏、小曽根のピアノ、、ここはジャズとクラシックの融合って感じから、カデンツァ部分に入ると一気に小曽根ワールドモーツアルトヴァージョンって、感じになり、そのスリリングな演奏は、世間知らずのわたしの予想を遙かに超えて素晴らしい世界だった。ジャンルわけはあり得ないと思いますが、それはわたしにとっては、モーツアルトの「ジュノム」にインスパイアされた演奏という感じで、食い入るように聴いてしまった。みてしまった。クラシックファンのモーツアルトファンの耳にはどのように届いていたのでしょう。。
拍手が続き、アンコールに小曽根さんのオリジナルで「My Witch is Blue」を。独奏って、言うのでしょうが、やっぱ、ジャズファンのわたし的にはソロって、言い回しで。(爆)
満席の聴衆のエネルギーを1箇所に集めたような、気合いの入ったジャズのエッセンスがつまった演奏で、クラッシクファンも魅了してました。2000円ぽっきり。。

ロビーで女性が言ってた一言、、

「ジャズって凄いんだね」

後ろから肩を抱きたくなったとさ。(笑)
テなわけで、ななんと、5月の連休後半は、、、

★第3回新潟クラシックストリート 5月5日(日)★

ラ・フォル・ジュルネ新潟2013 関連イベント

2013年5月5日(祝) 12:00~20:00

全会場フリーパスチケット1,000円(中学生以下無料) 1ドリンク500円

新潟クラシックストリート HP


と、途中まで書いて、、事態がいろいろ急変で時間がなくなったのでございました。
まぁ、わたしは、、これで連休の生音はお終いだと思うのですが、ありがたい瞬間でした。m(_ _)m

皆さまは、続いての楽しい連休をお楽しみくださいね。

んじゃ、退散♪

« Lento / Youn Sun Nah | トップページ | 別れの曲 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
ちょっと寒い日もあったけど わりといいお天気の連休でしたね。

外山さまと小曽根さま、いいですね♪
外山さまは もうすぐ北海道ですね。みなさん、楽しみにされているんだろうな(^-^)

と、蕁麻疹 大丈夫ですか? 免疫力が低下しているのかもです…
お大事にね。

お久しぶりです。
外山安樹子トリオライブから戻ってきて落ち着いたところです。
時計台でのライブ以来ですが、相変わらず進化し続けている演奏を楽しませて
いただきました。

小樽では桜はまだですが、2~3日中には咲きそうな陽気になってきました。
それにしても、夜のライブでも爽やかな皆さんですよね、

お久しぶりです。体調いかがですか?

こちらでも外山さんの宣伝いただいてたんですね。ありがとうございます。
道央ツアー無事終了しました。
初めての小樽でも沢山のお客様に来ていただき満足いただけたものと思います。
札幌の渡辺淳一文学館でのステージでは満員御礼となっております。

レギュラーメンバーによる演奏を聞いたのは、金沢以来ですが、トリオとして円熟味が進化を続けている驚に包まれました。多くの昔ながらの外山安樹子ファンからの率直な感想です。従って、小樽・札幌での演奏は今までの中で最高水準での公演となりした。素晴らしかった!

次に向けた展開が近いうちに期待できそうな感じです。

Marlinさま、、
このお返事も遅くなってしまい申しわけありません。m(_ _)m

>こんばんは〜
>ちょっと寒い日もあったけど わりといいお天気の連休でしたね。

うん。。正直に言うと、、なんだか覚えてないのです。
でも、寒い日が多かった気がいたします。
連休前から、天気や曜日が混乱しまくっておりました。

>外山さまと小曽根さま、いいですね♪

はい。
本当に、ラッキーな瞬間でした。
我が家からはどちらも距離がありますが、丘の上に毎日通ってましたので。。って、感じでした。
外山さまには、いつも、前向きな心構えを教えられるなぁ。。
小曽根さまは、音楽にはジャンルはないと言うけれど、でも、好きな音楽はジャズなんだなぁ、、って、改めて教えてもらった気がいたします。

>外山さまは もうすぐ北海道ですね。みなさん、楽しみにされているんだろうな(^-^)

盛況だったようですね。
札幌の市内観光って、したことがないので、、
時計台や渡辺淳一文学館でのライブにいきたかったなぁ。

>と、蕁麻疹 大丈夫ですか? 免疫力が低下しているのかもです…
>お大事にね。

大変、ありがとうございます。
蕁麻疹はなおりました。
ちょっとだけ、疲れていたのかもしれませんね。
Marlinさまも、お身体お大事にね。
Marlinさまのブログへもちゃんとコメント入れなくてごめんなさい。m(_ _)m

小樽の外山フアンさま、、

>お久しぶりです。

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

>外山安樹子トリオライブから戻ってきて落ち着いたところです。

ご本人も、いろいろあった後での、、故郷の北海道でご自身のトリオでの演奏ツアーは感慨深いものがあるでしょうね。
我が家は、ミニライラックの蕾が濃くなってきました。少しだけ、開花。

>時計台でのライブ以来ですが、 相変わらず進化し続けている演奏を楽しませて
いただきました。

そうですか。。
わたしね、「東京のライブに行くね!」と、言いつつ、、
うむ。。今年は、本当にどうにかしたいと思ってます。

>小樽では桜はまだですが、2~3日中には咲きそうな陽気になってきました。

え!そうなんですか。。
今年は、新潟では、、お花見は車窓から、、って、感じだったのですが、、
東京で、ショーターライブの時にぎりぎりお花見?できたのが想い出です。。
そっか、今でも小樽に行けばお花見できるんですね!
ええと、、新潟からフェリーでてます。。
昔、これを使って行ったことがあるんですよ。
その時に記念にライラック色の小さなワイングラスを買いました。
大事にしてますが、現役は引退してます。

>それにしても、夜のライブでも爽やかな皆さんですよね、

はい。
でも、爽や かで、メロディアスな演奏に騙されちゃいけませんよね。(笑)
熱さも、躍動感もある素晴らしいテクニックもお持ちです。
ライブ堪能できて良かったですね!
ずっと、応援しましょうね♪

Bossoートラヤマさま、、
ライブ三連だったのですね。
素晴らしい内容だったようでおめでとうございます!

>お久しぶりです。体調いかがですか?

今年は、本当に春深くまで寒い日が続きましたね。

>こちらでも外山さんの宣伝いただいてたんですね。ありがとうございます。

宣伝と言うような大それたものではないのですが、
小さな応援も集まれば、、って、精神ですねっ!(笑)

>道央ツアー無事終了しました。

今年も北海道はもとより、各地で「外山旋風」を巻き起こすと思いますよ。
ちょっと、頼りない応援団ですが、どんどんと羽ばたいて いくのを楽しみにしてます。

>初めての小樽でも沢山のお客様に来ていただき満足いただけたものと思います。
>札幌の渡辺淳一文学館でのステージでは満員御礼となっております。

セットリストをみせていただきましたが、、
本当に素敵な曲ばかりですよね。
そう、ダッタン人の踊りはここの母のiPadにもあって、家で二晩過ごしたので、何度かぼんやり聴きました。外山さまのダッタン人も素敵です。

>レギュラーメンバーによる演奏を聞いたのは、金沢以来ですが、トリオとして円熟味が進化を続けている驚に包まれました。多くの昔ながらの外山安樹子ファンからの率直な感想です。従って、小樽・札幌での演奏は今までの中 で最高水準での公演となりした。素晴らしかった!

それは良かったですね。
どんどん、楽しみが増えていきますね。
わたしも、、はやく、、次の、このトリオの演奏を聴けることを楽しみにしています。

>次に向けた展開が近いうちに期待できそうな感じです。

はいはい。
ちょっと、、わかるような。。(笑)
気が早いかも知れませんが、「あれ」だと思うので、、こっちも楽しみにしております。
楽しい三日間でしたね!
改めて、おめでとう。。♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/51460118

この記事へのトラックバック一覧です: 外山さんに小曽根さん、、:

« Lento / Youn Sun Nah | トップページ | 別れの曲 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ