2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« Alone at the Vanguard / Fred Hersch | トップページ | Lento / Youn Sun Nah »

2013年4月20日 (土)

理性と情念の狭間を行き交うFred Hersch...

Fred Hersch Piano Solo @ コットンクラブ(4月18日 1st)

三日間の丸の内コットンクラブのフレッドハーシュのライブの最終セットが終わりましたね。
わたし的に、、解禁って、感じ。。m(_ _)m


お写真は×なので、ネット上にあった写真から近い雰囲気のものを拝借です。

着席が1st開演のぎりぎり。ドリンクの注文とほぼ同時に?開演。。
息切れしたけど、嬉しくてテンションあがりはじめる。

まずは、どんどんと広がり溢れ出るガレスピーのCon Alma。(基本的に演奏前にキチント曲名をMC)
まぁ、世間知らずのわたし的おきまりなのだが、、あまりの素晴らしさにテンションが上がって心拍数も上がるわたし。。At the close of the day(#)での抒情的で熱い演奏にすでに身も心も投げ出してしまうのでありました。はい。最後の最後まで美しい音が響くのですわ。。
憧れのモンクに捧げてDream Of Monk(#)は左右で大きく広がって力強く低音から押し上げるような厚い演奏。熱く激しく切なく目眩くDuet(#)。シューマンへの賛歌Pastorale(#)は優しく響き繰り返し繰り返し天使を誘うよう、彼の大好きなブラジルからは高速で躍動感あふれるDoce de Cocoは一度聴いたら忘れられない愉しさ。
CDで聴いたときにもあまりのはまり役に心を奪われたBlack Is The Color。。やがてまるで自然の摂理とでも言うような自然さで繋がって行くLove Theme From 'Spartacus'深く、深く、深く。。もっと、深く。。。

いやぁ、、もう、、このあたりは、、失神寸前。
「ありがとうございます。」
って、気分です。はい。

しっとりと、甘く始まったのはL-O-V-E?(バラードだと思ったんですが。。m(_ _)m)

「i'll be seeing you」でした。すみません。。

1stセットの最期はゴルソンのWhisper Not。右と左でぶつかり合うような激しいWhisper Not。もう、最期まで強力に惹きつけます。

なわけで、、ヤンヤ♪
そこで、アンコールはハーシュのValentine(#)。
万華鏡の世界のように煌めき広がる音、、音、音。。。とどめを刺された感じですわ。
息絶え絶え。(笑)

ええと、、右も左もそれぞれに長尺なフレーズを次々とつなげていく、小さな音で紡がれていたはずなのに、気がつくと、時に執拗に力強くうねる音の海に呑み込まれている。
彼の中で溢れ出る思いの丈の深さ、情の深さ。。どの曲も完結している。
繊細で静謐な音楽性とともに、躍動感と激しさを兼ね備えていて、音の強弱のコントロールがめちゃくちゃ凄いのでありました。。
高い知性理性でも抑えられない情というか、、情念というか。。
いや、高い理性だからこそあれだけの感情の発露を表現できるのでしょう。。
いろいろな意味で2つの相反する内なる動きが交差する世界。
しかし、何とも、現実的で身につまされる世界でもありました。

ライブの途中であまりの素晴らしさに、胸の前で手を握って見ほれて(聴きほれて)しまいました。うーん。。久しぶりに乙女心を思いだしたとさ。(照)::

テなわけで、暗転、好転を繰り返した、、人知れずかなりスリルに満ちた一週間だったのですが、、
この1時間40分程の10曲の演奏で、わたしは落ち込んだことの全てを帳消しにして、、また、暫くがんばるんだ♪
まぁ、ライブ直後は、2ndも聴きたくて、席を立たなかったわたしですが。。かなり欲深いのも真実です。(笑)
しかし、、そこのあなた、、こうなると、、ボラーニのソロピアノも聴いてみたいものですねぇ。。(少し、箍が外れてます)

んじゃ、退散♪

追伸 (#)があるのがオリジナルです。

Fredhersch


« Alone at the Vanguard / Fred Hersch | トップページ | Lento / Youn Sun Nah »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

スズックさん、こんにちはmonakaです。
1stにいらしたのですか、私2ndで中年さんとイタリアジャズ姫がハーイと隣に入ってきました。
素晴らしい演奏は中年さんのところに書いてあります。同じ意見です。
なぜ書かないかって、事件発生です。
パスワードを更新しなかったら、ロックされてしまい、お家に入れません。
解除に苦戦しています。

ハーシュの生の後では・・・・しばらく置いて楽しんでください。

教えてくださって、ありがとうございました。

1979年、ジャズを聴きはじめた年にビル・エヴァンスの来日公演のチケットが販売されました。ボクは買わなかった。しかし、そのチケットは払い戻された。そのとき、正直ほっとした「後悔しなくて済んだ」、そのことが今でも棘のように刺さっています。それが聴こう、と思った理由です。

音楽に満足しただけでなく、まだまだ彼の音楽を楽しむ機会があるに違いない、と確信めいたものを持ちました。それが一番良かったことだと思います。

Suzuckさん,おはようございます。TBありがとうございました。

今回の演奏は本当によかった。どこを切りだしても満足度の高い演奏だったと思います。Herschは体調もよさそうでしたし,今回の受けのよさを好感して,近々トリオでも来日してくれると思っています。私は2回目のHerschでしたが,本当にはずさない人です。

私は今回もミーハー丸出しで,kenさんの笑いを誘ったはずですが,い~いんです(川平慈英風)。「強面の」ミーハーですから(笑)。

こんなナイスなライブなら,一時帰国中のこやぎさんも参戦すればよかったのにねぇ(と言っても関心外?)。私は入れ替わりのように日曜日から熱帯に行ってきますです。

ということでこちらからもTBさせて頂きます。

rhodiaですー。こんにちは。
ニアミスだったんですね。
中年狂さんと噂していたんですがやっぱりっ(笑)
あっという間の1時間でした。。素晴らしい演奏でした。


こんにちは〜
今日はまた寒くなりましたね…

わぁ♪ よかったですね!!
なんかみなさま お揃いで楽しそう♪
ハーシュのライブ わたしも聴きたかったなぁ〜
いつか(^-^)

閣下のセットリストを見てきましたよ♪

入れ違いでしたね、、
1stも行こうか迷ったのですが体力がなく辿りつけませんでした。。

Con AlmaとSpartacusはウラヤマシイですが、Whirlが聴けたのは何にもかえられません。

自分の音楽史上に残るライブでした。

ブラザー最中さま、、
お返事もトラバも遅れててすみません。m(_ _)m

>スズックさん、こんにちはmonakaです。

はいはい。

>1stにいらしたのですか、私2ndで中年さんとイタリアジャズ姫がハーイと隣に入ってきました。

はい。(^-^)
でも、ブラザーたちの1日前ですよ。(笑)
金曜日は、夜に大事な用事がありました。

>素晴らしい演奏は中年さんのところに書いてあります。同じ意見です。

そう、とてもお元気でしたよねぇ。
次回を目指すには、、我々の方が、、摂生しないとね!

>なぜ書かないかって、事件発生です。
>パスワードを更新しなかったら、ロックされてしま い 、お家に入れません。
>解除に苦戦しています。

治って??よかったですねぇ。
そちらのブログ、、厳しいですねぇ。
ココログは更新の催促って、、来たことがない気がします。

>ハーシュの生の後では・・・・しばらく置いて楽しんでください。

はい。m(_ _)m
随分、贅沢な時間をいただいたので、暫くがんばって、、そして、また至福の時間を目指します。(^-^)

kenさま、、
お返事遅くなってすみません。m(_ _)m
iPhoneからのアクセスがこまぎれにリセットされちゃって。。


>教えてくださって、ありがとうございました。

いえいえ。
ハーシュの好きなkenさまが、、知らないとは思ってなかったのですよ。(笑)
いろいろと偶然といえ、ライブに行けてよかったですね。(^-^)
こういう情報は、、わたしというより、周りの情報通の方々のおかげです。m(_ _)m


>1979年、ジャズを聴きはじめた年に ビル・エヴァンスの来日公演のチケットが販売されました。ボクは買わなかった。しかし、そのチケットは払い戻された。そのとき、正直ほっとした「後悔しなくて済んだ」、そのことが今でも棘のように刺さっています。それが聴こう、と思った理由です。

そうなんですか。。
わたしは、そういった深い想いはないのですよ。
でも、最近新譜を拾っていて、、ハーシュの演奏が随分元気で、生命力がみなぎってるよなぁ。。
って、思っていたので、好きなソロのパフォーマンスだし、、
これを聴かないと、、随分後悔するだろうなぁ。。って。
たとえ、次回にトリオできたときにライブに行けたとしても。

>音楽に満足した だけでなく、まだまだ彼の音楽を楽しむ機会があるに違いない、と確信めいたものを持ちました。それが一番良かったことだと思います。

そうですね。
きっと、この来日で、、次の日本でのお仕事のお話もいろいろすすめたのではないでしょうか。。

しかし、閣下とのニアミスは、kenさまのお慈悲だったのでしょうか。。?
皆さまは次回はキースなのではないでしょうか?

閣下、、
お返事遅くなっていてすみません。
体調はいかがですか?
わたしは真夜中から蕁麻疹で眠い朝を迎えました。

>Suzuckさん,おはようございます。TBありがとうございました。

いえいえ。
なんだか、お久しぶりな気がします。(笑)
随分前に、キューンのアルバムでトラバしようかなぁ。。と、一瞬思って。。
バタバタ、、して、、そのままですわ。。。

>今回の演奏は本 当によかった。どこを切りだしても満足度の高い演奏だったと思います。

そうなんですよねぇ。
全てにおいて、かなり高い水準だったと思います。

>Herschは体調もよさそうでしたし,今回の受けのよさを好感して,近々トリオでも来日してくれると思っています。私は2回目のHerschでしたが,本当にはずさない人です。

皆さんが、トリオでの来日をリクエストしたようですし、、
ハーシュも闘病生活の支えになっただろうメンバーと来日したいのではないでしょうか。

>私は今回もミーハー丸出しで,kenさんの笑いを誘ったはずですが,い~いんです(川平慈英風)。「強面の」ミーハーですから(笑)。

ミーハーは一緒ですよ。(^_^;)
ただ、、家を 出る寸前まで、足止めくったりして、、CDとか、、思いもつかなかったです。
今回は、そういうことはあきらめてました。
でも、大満足です。無事に帰れて、、良かった。。

>こんなナイスなライブなら,一時帰国中のこやぎさんも参戦すればよかったのにねぇ(と言っても関心外?)。私は入れ替わりのように日曜日から熱帯に行ってきますです。

こやぎ兄弟はねぇ、ハーシュみたいなピアノは嫌いではないと思います。
でも、、ソロ,ってことで、単純に耽美的な静謐なだけの世界だと思ったかもしれないなぁ・・
わかんないです。関心が向いてなかったのかもしれませんね。

>ということでこちらからもTBさせて頂きます。

ありがとうございました。
でっかいこやぎさまと入れ違いのマレーシアなのですねぇ。
気をつけてお帰りくださいませ。

rhodiaさま、、
お返事遅くなってすみません。

>rhodiaですー。こんにちは。

お久しぶりです。
きっと、ご一緒だろうなぁ、と、思ってましたよ♪

>ニアミスだったんですね。

わたしは、、前の日です。(^-^)
でも、たった一日だからニアミスでもいいかなぁ。
ニアミスは、「閣下と、、kenさま」ですね。

>中年狂さんと噂していたんですがやっぱりっ(笑)

え?誰の??

>あっという間の1時間でした。。素晴らしい演奏でした。

そう、ブログ間違っちゃった。
1時間40分ではないですね。
1時間10分くらいでした。
8時前に、終わって 、、帰り時間は、、余裕だなぁ、、って、思ったんだもん。

また、何処かで素敵な音楽空間をご一緒できますように。

Suzuki様
大変ご無沙汰しております。内容はもちろんニアミスネタにちょっと興奮して久々に更新しましたki-maです。それからHerschはここの皆様に教えて頂いた事を思い出して改めてお礼というか感謝をしている次第です。聴いている音楽の四分の一はHerschという日々がずっと続いています。日本に元気に来て頂いたというだけでまずは満足です。それではトラバさせて頂きます。更新は相変わらず自信無いのですが今後もよろしくお願いします。

Marlinさま、、

お返事が遅くなってすみません。

秋田さまをとっても楽しんだようで良かったですね。
写真とのコラボCDなのですね。
新潟にもファンが沢山いらっしゃいますよ。
って、Marlinさまは、ほんとにメンクイでございますな。

>こんにちは~
>今日はまた寒くなりましたね…

はい。
雪と桜の写真も沢山見かけましたね。
新潟も寒かったですよ。

>わぁ♪ よかったですね!!
>なんかみなさま お揃いで楽しそう♪

うん。
一緒といっても、、同じセットに一緒にでかけたのは、
マダムさまと仰る方なのですけどね。

>ハーシュのライブ わたしも聴きたかったなぁ~
>いつか(^-^)

うん。
是非、素敵な世界を体験できますように。

>閣下のセットリストを見てきましたよ♪

はいはい。
オリジナルと他人の曲と、、どっちもハーシュの世界を堪能できました。

カノンさま、、

大変、、お返事が遅くなってすみません。

>入れ違いでしたね、、

またまた、本当にニアミスですねぇ。。

>1stも行こうか迷ったのですが体力がなく辿りつけませんでした。。

いつも、お忙しいのに、、その行動力は本当に感服いたします。
憧れる~♪

>Con AlmaとSpartacusはウラヤマシイですが、Whirlが聴けたのは何にもかえられません。

わたしは、At the close of the dayもとても良いなぁ、と、思いました。。
女心を、、いや、乙女心をいたく刺激されました。。

>自分の音楽史上に残るライブでした。

時々しか、ライブに行かないわたしと違って、、ライブの回数の多いカノンさま、、
そして、ピアノの好きなカノンさまの言葉ですから、、これは深いですね。。

今回は、お知り合いの皆さまがそれぞれ、、大満足でございましたね。
また、違う場所で、、すれ違いましょう。。(笑)
って、冗談です。いつか、ご挨拶させてくださいね。

Ki-maさま、、

ご無沙汰申し上げております。

>Suzuck様

すみません、、ちょっと、、だけ、コメントをなおさせていただきました。

>大変ご無沙汰しております。内容はもちろんニアミスネタにちょっと興奮して久々に更新しましたki-maです。

おぉ。。なんだか、あちこちで入れ違ってたコットンクラブなのですね。(笑)

>それからHerschはここの皆様に教えて頂いた事を思い出して改めてお礼というか感謝をしている次第です。

リンク先の皆さまに、感謝、感謝ですねぇ。。

>聴いている音楽の四分の一はHerschという日々がずっと続いています。

そうですか。
わたしは、あれから、、ちょっと、あたふたしてしまって。。わたし自身が体調を崩しちゃって。なんだか、やっと、復帰してきました。
凄く、イイ時間だったんだけど、、なぁ。。。(遠い目)

>日本に元気に来て頂いたというだけでまずは満足です。それではトラバさせて頂きます。更新は相変わらず自信無いのですが今後もよろしくお願いします。

Ki-maさま、、わたしも、更新に自信のない日々ですが、、
まぁ、ごく私的なblogなので、、ぼちぼち、、できるときに、、って、感じで行きます。
今後もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/51296766

この記事へのトラックバック一覧です: 理性と情念の狭間を行き交うFred Hersch...:

» Fred Hersch@Cotton Club 生の甘みを味わうような [Kanazawa Jazz days]
 いつだったかジャズBlogの大家Suzuckさんから教えてもらったライヴ。ボクはライヴにあまり出かけない。日々忙しく暮らしていると、なかなか気分がそちらへまわらない。日々の生活の雑事や仕事でアイテム的には満杯になっているのだ。いつも、自分の気持ちが残容量が僅か...... [続きを読む]

» 素晴らしかったFred Hersch@Cotton Club [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Fred Herschのソロ公演を聴くためにCotton Clubに出向いた。こんなにHerschって人気があったのかってぐらいの客の入りであったが,私の座ったテーブルではダンディズム溢れるジャズ・ブ [続きを読む]

» FRED HERSCH @ Cotton Club [JAZZ & BOSSA]
フレッド・ハーシュのピアノソロです。 繊細に、繊細に始まる音。徐々に美しく豊かに膨らむ音色、和音。 素晴らしいですね。 柔らかな日差しのように優しく、それでいて透明度のある音です。 きらびやかではなく、あくまで落ち着いた、でも輝きを感じる音です。 それはそのまま、彼の持っている内面的な要素。 時として、非常に弱いトーンを、繊細に奏でます。 食事をするお客さんも食器の音をできるだけ押さえて、ウ..... [続きを読む]

» Fred Herch ライブ・アット・コットン・クラブ 2013 4 19 2nd [JAZZ最中]
村上春樹の新作「色彩を持たない多崎つくると「晴れ美巡礼の年」は発売7日目で100万部突破だそうで、前作「IQ84」の12日を破って記録だそうで、それはなによりだと思う。 前作の発売初日で本屋に本が見当たらないことを経験して焦ったから今回はきちんと確保...... [続きを読む]

» Fred Hersch piano solo at Cotton Club [音楽という食物]
自分の脇をスッと通り抜けてステージに上がる男性。 拍手に包まれ、手短かに挨拶をしてすぐに曲に入る。 Con Alma。 お客さんかと思ったと妻。 ごくごく普通のオーラの持ち主。 でもこの痩せた男性はピアノで生きている。 私は彼の音をいつも聴いているので、 かえっ...... [続きを読む]

« Alone at the Vanguard / Fred Hersch | トップページ | Lento / Youn Sun Nah »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ