2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« だって、だって、、サックスが好きなんだってば。。。 | トップページ | 藤井政美Sax Trioに行きましょう、、って。 »

2013年3月25日 (月)

Wayne Shorter Quartetの奇跡

Wayne Shorter Quartet@渋谷ヒカリエ 東急シアターオーブ(3月23日)

Jazz_tokyo


Wayne Shorter (ts,ss)
Danilo Perez (p) John Patitucci (b) Jonathan Pinson (ds)

まったく持って、、、「Wayne Shorter Quartetの奇跡」とは、、陳腐な言い回しで恐れ入りまする、って、感じですが、、長い年月ジャズや広い意味で音楽聴いていてよかったなぁ、と、心から思ったんだもん。昨今、トップチャートにあがってくるアルバムについてるようなお洒落な形容詞がほとんどないって、状況の音楽なのですが、ものすごい緊張感とリラクゼーションと同時に存在するような不思議な空間でしたです。新譜聴いて、、ちょうコンテンポラリーな抽象サウンドでライブで聴いたら退屈なんじゃないかと回避した方がいらしたら、大変残念なことでしたね。。ショーターのすごさは、CDでは半分くらいな感じだものねぇ。

ちょうお洒落な最新スポットの会場。定刻になると、メンバー登場、、、拍手と叫び声。
なんとなく、、始まると、、まずは1時間近く(以上かも?)継ぎ目なく進む。
ふとしたタイミングで、拍手が起きちゃったんでとまったんだけど、そのまま行っちゃってもおかしくないような展開。新譜で演奏してたOrbitsもPlaza Realもやったし、口笛も入ってたし。。と、ようわからん。(汗)言い訳になるのですが、曲名とか彼らには関係ないものなんだと思うのですねぇ。。イマジネーションの点火剤であることは間違いないのですが。「何処にもないもの、何処にもない世界への入り口」としてメロディなどが存在するような感じってのは、CDWithout a Netと印象は同じです。非常に抽象的、ビターな力強いサウンド。フリーってことなんだろうけど、美しさやストーリーを感じる。

でも、めちゃクチャ凄かった。
実は、感想はこれでお終いな気もします。

ええとねぇ、ショーターは意外と終始穏やかな雰囲気でみた感じはかわいらしくもある。。
眼光鋭く、メンバー威圧してるのかと思いきや、、お茶目な感じする漂う。
その分?現場の全責任を負ってるのは、ペレツって感じ。殺気も感じるくらい彼の集中力は半端なかったです。集中力、反応それはジョンパティトゥッチも一緒なのですが、もっと総合的な大きさで音楽を創りだし導くことを求められていたと思います。
ショーターがボソボソ、ッテ感じで、テーマ、モチーフを提示すると、当たり前なのですがそれぞれの反応はちょう素早く、最初は小刻みに音楽的?場のエネルギーをためていく感じ。いったんグルーブが生み出されるとどんどん深まり、ショーターのサックスのフレーズも次第に長くなっていく。さほど長く吹き続けるわけではないのですが、その存在力はもの凄いです。やっぱ、陳腐だけど、ショーターサウンドと言うしかないんだろうと思うのでした。怪物だよねぇ。いや、、愛すべき化け物か。。サックスの化身か。。。
恐るべきは、その音色。鮮やか。ものすごい緊張感の中でのテナーの艶やかなゆったりとした感じにもとれる滑らかな音はびっくり。スピード感があるのに悠々と雄大。もっと、びっくりはソプラノ。キンキン感はまったくなく、豊かな音色でしかもぶっとくメロディアス。
彼の演奏には緊張感と同時にリラクゼーションが存在している。他のメンバーだけの演奏時も充分充分凄いのだけれど、彼が吹き始めると全てはこのためにあったのだと言うくらい人の耳を惹きつけて止まない。うねうねと自在。音の存在は重たく、演奏は羽根が生えてるように自由自在。どうなんだろうなぁ、コルトレーンも生で聴いたらこんな風に圧倒されたんだろうか。かなわぬ願いが、、ふと頭に浮かぶ。本当に、奇跡のような時間でございました。

ペレツは、ライブの現場監督みたいなバンドの要で、この度は、、本当に力強い打楽器的なアプローチの場面も多かったのですが、繊細でいてそれでいてダイナミックな美学を持つ演奏も聴くことができ幸せ。アルバムではあまり目立ってなかったとか、言ってしまったパティトゥッチの強力なバネ、タイム感、躍動感、瞬発力、、あまりに素晴らしくびっくりしちゃった。こんなかっこいいベーシストだったっけ、、って、リーダー作だって持ってるんだけど、わたしって何を聴いてるんだか。。と、唖然呆然。

結論を言っちゃうと、ショーターは神。
そしてオリジナルのメンバーは神がかってます。
で、今回参加したドラマーのJonathan Pinsonはものすごい逸材。
YouTubeなどでみたり聴いたりする彼の演奏にケチなど一切つかないでしょう。これもお世辞ではありません。
でも、このメンバーだと演奏時、流れにのって一体化するだけでなく、各自がエンジンとならなければならない役目もあって、まだまだそういう意味では場の流れを後押しする状況で目一杯だったのではないのかなぁ。。と、、それだって、あの状況を観れば、聴けば凄いのですが。。こんな状況で演奏をしてたら、いつか何処かでもう1頭ぬきんでるお方になるのでしょうねぇ。。アルバムでも1聴きに感じたブライアンブレイドの凄み、、バンド全体ををカオスな状況に追い込む恐さはなかったかな。。と、思うのでした。

と、書くと、、残念だったように思われるかもしれませんが、歌ったり踊ったりの肉体的な楽しいではなく、心の中、精神的な部分、そういった内なる部分に異常な高まりを感じたライブでした。濃厚なアドレナリンの海に浸ってるようでもある。生きててよかったよ。ほんとにさ。
去年のクリポタライブに続き、経験したことのない異次元の世界に引きこまれました。お正月のチャールスロイドをききのがして凹んでたのですが、花冷えの新潟で、ショーターの日曜日のライブが諸事情できけなかったことに凹んでおりました。なんて、欲張りだ。
ミーハーなのでパンフレットも買っちゃったのだが、インタビューの言葉もかっこいいのだな。こんな風にかっこいい80歳のおばあちゃんになって、みたいのだが、、現実は厳しい。。。

どんな状況からも逃げてはだめ。逃げたら、、何も生まれない。

ショーターとメンバーの創りだす音から学びましたです。
blogをうだうだ続けてなかったら、こういうライブに足を運ぶこともなかったでしょう。。
いろいろと感謝しながらのblogアップです。m(_ _)m

んじゃ、退散♪

« だって、だって、、サックスが好きなんだってば。。。 | トップページ | 藤井政美Sax Trioに行きましょう、、って。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。来られたんですねぇ。私は家庭の事情もあり、土日の参戦は厳しく、今回も行けませんでした。いいなぁ...。

せいぜい別のライブで追いつけるように頑張ります。次はFred Herschでしょうかね。それはさておきUnity Bandでお会いしましょう。

閣下、、

>こんばんは。来られたんですねぇ。私は家庭の事情もあり、土日の参戦は厳しく、今回も行けませんでした。いいなぁ...。

週末の参戦をさけてらっしゃるのは、、存じ上げておりますって。
その上、お引っ越しやら、いろいろと重なったのですよねぇ。
でも、、残念でしたねぇ。
「いいなぁ...。」この…の部分のお気持ちは、、わたしはよーーく、、わかりますです。はい。
いつも、閣下や皆さまのライブ報告を羨ましく思ってますって。
実質、1時間45分のワンステージ。。。休憩なしのステージは心地よい疲れも感じましたよ。

>せいぜい別のライブで追いつけるように頑張ります。

うーーん。。でも、、、
普通のライブと全然違う雰囲気だったんだよねぇ。。(しつこい?)

>次はFred Herschでしょうかね。それはさておきUnity Bandでお会いしましょう。

ハーシュも行きたいし、ユニティバンドも行きたいし、、、
とか、、いいながら、今回も前日まで綱渡りだったんだよねぇ。。。
まさに、神に祈るような気持ちで、先週は過ごしました。

閣下は、ジスモンチ親子にいかれるのですか?
わたしのまわりには、ここに焦点あわせてる方が多いのですよねぇ。。

迷ったんですけどねぇ、、ピアノフェチなのでジスモンチ優先してしまいました。

というわけで明日いってまいりまーす!

こんばんは〜
うきゃぁ〜〜♪(うわぁ と きゃぁ〜 を足した言葉 (笑))
行かれたのですね!!
よかったですね!

ふむふむ ショーターさまのライブは 精神的な部分で熱くなれるのですねっ。

わたしは 『JUJU』くらいしかアルバム、 聴いたことがないのですが 来日情報で いろんな方々が楽しみにされていましたので きっと素晴らしいステージだったのでしょうね♪
そして お次は…
また 行かれるといいですね♪
わたし ボラーニ行きたいな♪ でも無理だろな…
どなたか行って 感想、聞かせてほしいな(^-^)

Wayne Shoter 行かれたんですね!
新譜を半月ほど前に購入、その凄さにぶっ飛びました。
Brianは来なかったようですが、それでも良かったのですね。
20年近く、Shorterを聴かず嫌いでしたので、また聴きなおします。


5月末から、Mike Morenoがきますょー!

カノンさま、、

>迷ったんですけどねぇ、、ピアノフェチなのでジスモンチ優先してしまいました。

うん。。
わたしもそこに行くつもりでしたよぉ。(笑)
ダニロペレスもよかったですよぉ。

>というわけで明日いってまいりまーす!

と、言うわけで、、きっと、素晴らしいライブだったでしょうね。
お返事が遅くなってすみませんでした。

Marlinさま、、

>こんばんは~

はいはい。

>うきゃぁ~~♪(うわぁ と きゃぁ~ を足した言葉 (笑))

うん。

>行かれたのですね!!
>よかったですね!

うん。よかったの。
でも、この前後は未だに綱渡りなの。
しかも、月末とか、、いろいろ、シメシメなのでありました。。

>ふむふむ ショーターさまのライブは 精神的な部分で熱くなれるのですねっ。

そうなんだなぁ。
なんか、心の奥の方をグワァーンと持ち上げられる感じでした。

>わたしは 『JUJU』くらいしかアルバム、 聴いたことがないのですが 来日情報で いろんな方々が楽しみにされていましたので きっと素晴らしいステージだったのでしょうね♪

あのさ、たぶん、『JUJU』を持ってるって、凄いと思うよ。
わたしのブログ繋がりの方々は、、長い長い年月ジャズ聴いてるんだもん。

>そして お次は…
>また 行かれるといいですね♪

うん。ちょっと、話せば長いことながら、、なんだか、遊びまわってるの。

>わたし ボラーニ行きたいな♪ でも無理だろな…
>どなたか行って 感想、聞かせてほしいな(^-^)

ボラーニはきっと最中さまが行くと思うんだけどねぇ。。
東京の公演の日は、、法事なんだよねぇ。。
どうしたもんだか。。
因みに、名古屋、京都、ってライブありまするよ。
お返事が遅くなってごめんね。

Izui Ochoswiyerさま、、

>Wayne Shoter 行かれたんですね!

うん。だって、こういうレジェンドな人を全然生で聴いたことがないんだもん。。

>新譜を半月ほど前に購入、その凄さにぶっ飛びました。

ぶっ飛んだでしょ。(笑)

>Brianは来なかったようですが、それでも良かったのですね。

そうなんです。
うん。でも、わたしはブライアンブレイドがくればもっと凄いことになったかもなぁ。。
って、思ってますが。。
そういうことを、越えちゃってるのが、、ショーターだったです。はい。

>20年近く、Shorterを聴かず嫌いでしたので、また聴きなおします。

むむ。。
新譜は一応それなりに買ってしまうのですが、、
むむ。。。。

>5月末から、Mike Morenoがきますょー!

Izui Ochoswiyerさまのところで知りましたが。。。
と、お返事遅くなってすみません。

あーいけば、よかった。って、一ヶ月前の話ですね。ハーシュも行かなかったし。。ボラーニくるんすか?最近は面白いの、出してるのでせうか?

しぶちゃさま、、

なんだか、お久しぶりです。

>あーいけば、よかった。って、一ヶ月前の話ですね。

うん。これは、大変良かったです。はい。
ワッハッハハ。。!

>ハーシュも行かなかったし。。ボラーニくるんすか?最近は面白いの、出してるのでせうか?

なんだか、ごめん。
真面目に言うと、、ちょっと、テンパッテいるの。
いろいろ、、やめる気はないのですが、、がんばらないと、って、状況なのね。。
遊びまわってる感じたっぷりですけどね!(笑)

だから、、わたしの知る範囲で、、新譜、って、言うのはわかりません。
でもね、、時々、新譜情報にあがって,胸をときめかせると、、
昔のアルバムだったりします。
でも、生ボラーニ聴きたいよねぇ。。。。。。
たぶん、10年前のあのライブを逃したのが、、非常に惜しまれるので、、ありまする。。

踏んづけてしまって、、お返事遅くなってごめんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/50945318

この記事へのトラックバック一覧です: Wayne Shorter Quartetの奇跡:

« だって、だって、、サックスが好きなんだってば。。。 | トップページ | 藤井政美Sax Trioに行きましょう、、って。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ