2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« 休日かふぇは「珈琲屋 ぼんねっと」で決まり。。(1) | トップページ | Christmas Songs / Diana Krall (聖夜は貴女と♪vol.1) »

2012年12月 2日 (日)

休日かふぇは「珈琲屋 ぼんねっと」で決まり。。(2)

待ちに待った日曜日です。はい。

ええと、、ぼんねっとさまへのクリスマスアルバムは、、あれで、終わるわけもなく、、(笑)
去年の貸し出しやマスターの手持ちと、、なるべくかぶらないように、、もう、10枚選んでみました。(こういうところが余分)

Merry Jazzmas ! 「あの」レーベルから多彩に♪

ジャズレーベルのコンピレーションはお得感が満載です。
1枚に、、いろいろな人や楽器の演奏がはいっているのでBGM的には良いのかなぁ、と。

Mistletoe Magic [Palo Alto Jazz]

Jazz Christmas Party [Warner Bros.]

A Jazz Concord Christmas  [Concord Records]

A Merry Jazzmas  [NOVUS]

JazzCity Christmas Vol.1 [JazzCity]


Merry Jazzmas ! ちょっと比べてみる?

December / Chris Botti

ちょう美形と称されるアメリカのトランペッターChris Botti。
トランペットの貴公子の名にふさわしい、ムーディ&メロウ&スイートなホリディサウンドです。
他のアルバムですが、DVDとかみると、、見た目的にも(吹き姿)かなり痺れます。

The Christmas Album / Till Bronner

こちらもイケメント称されることが多いドイツのトランペッター。
元ベルリン・ドイツ交響楽団の首席トランペット奏者だけありまして、、いろな意味でがっつり聴き応えのあるホリディサウンドです。
このジャケットのちょい悪風のお軽い感じとは、、ちと違いますね。

Noel! Noel !! Noel !!!/ Michel Legrand

フランスの有名な作曲家でピアニストMichel Legrandのクリスマスアルバムです。
手がけた映画音楽数知れず。。そんな彼がクリスマスシーンを演出いたします。

内容は豪華なゲストだし、演奏も申し分ないと思うのですが、、
もう少し、シンプルでもいいんじゃないかなぁ。。って、気分でした。。

A Merry Mancini Christmas / Henry Mancini

アメリカの有名な作曲家でピアニストHenry Manciniのクリスマスアルバムです。
手がけた映画音楽数知れず。。そんな彼がクリスマスシーンを演出いたします。

元盤は1966年ですが、わたしが持っているのは再発CDです。
最近は、白地にクリスマスカラーの雪の結晶のジャケットなのですが、
わたしのは、Henry Manciniがピアノをひいているまわりに家族?が集まっているジャケットです。


そして、最後は、、お客さまとの話題つくりに。(笑)

Joy to The World / Pink Martini: Music

「1969」が日本のみならず、世界的に大ヒットした彼らの2010年の作品です。
ゲストボーカルにSaori Yukiって、あったりするわけですが、
それより何より、素敵なおしゃれなジャケットです。サウンドです。

来日ツアーなどもして、今年話題をさらっておりましたので、普段ジャズや最近の音楽と無関係の人も、、知っている名前になってきましたよねぇ。「紅白でないのか?」って、思っていたら。。

由紀さおり米生中継でマルティーニと共演

やっぱ、でた。(笑)
ぼんねっとマスターに、これらのアルバムを送ったときはこの話は知りませんでしたから、いい勘でしたね!

テな、、わけで、、
合計20枚をお届けしちゃいました。m(_ _)m

12月は、「相模原スイーツ大賞グランプリ2連覇」の珈琲屋 ぼんねっとさまで、、休日かふぇをお楽しみください!

グランプリ2連覇おめでとぉ!

んじゃ、退散♪

Pinkmartini_joytotheworld


« 休日かふぇは「珈琲屋 ぼんねっと」で決まり。。(1) | トップページ | Christmas Songs / Diana Krall (聖夜は貴女と♪vol.1) »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
さすが! たくさんのアルバムが♪

クリス・ボッティの『December』が 一番興味あります〜♪
お顔が で ないですよ(笑)
この方、たまに 試聴すると わぁいいなぁって思うんですよ。
でも どのアルバムが一番いいか分からなくて。

この時期には これですね♪

クグロフ 食べに行きたい〜

こんばんは。

ふたたび、ご丁寧に説明いただき、有難うございました!

SuzuckさんのJazzmas コレクションには驚かされるばかりです。

本当に、本当に、有難うございます。

Marlinさま、、

>こんばんは〜

はいはい。

>さすが! たくさんのアルバムが♪

うん。それは否定しません。。
でも、これって、氷山の一角ってヤツです。。。。。。

>クリス・ボッティの『December』が 一番興味あります〜♪
>お顔が で ないですよ(笑)

うん。写真のせなかったの。

>この方、たまに 試聴すると わぁいいなぁって思うんですよ。
>でも どのアルバムが一番いいか分からなくて。

最近の作品は評判良いですよね。
でも、このChris Bottiのクリスマスアルバムも去年調べたときはちょうお安くて、、
お買い得な感じでした。

>この時期には これですね♪

はいはい。
って、ぼんねっとさまのところへいちゃったんでかけられませんけど。(笑)

>クグロフ 食べに行きたい〜

うん。
通販もやってますです。はい。

ぼんマスターさま、、

>こんばんは。

はいはい。

>ふたたび、ご丁寧に説明いただき、有難うございました!

はい、、
結構、、しつこい性格なんです。

>SuzuckさんのJazzmas コレクションには驚かされるばかりです。

そういってもらいたくて、一年の他のシーズンをじっと耐えて生きてます。(笑)

>本当に、本当に、有難うございます。

すみません。。
本当に、気になさらないでください。m(_ _)m


ぼんねっとさん、今や最強クラスのクリスマス在庫を誇るカフェになってるかも~♪
近かったら聴きに通いたい感じでーす(^o^)

Mistletoe Magicの現行盤って、ラリーブコヴィッチの三人の王と、トムハレル入りフルバンのオーホリーナイトの二曲が欠落しちゃってるんですか?なんかガッカリ。
久しぶりにLPでがっつり聴きました。やっぱりいいアルバムですねえ。

げ、あのオーホリーナイトの美しい音色はハレルじゃなくJim Benhamって人だったのか…ずっと勘違いしておりましたorz
失礼しました~!

せきぐちさま、、

やっぱり、「アレ」いまだに画面に到達できない。。
どうしようかなぁ。

>ぼんねっとさん、今や最強クラスのクリスマス在庫を誇るカフェになってるかも~♪
近かったら聴きに通いたい感じでーす(^o^)

そうなんよね!
何気にそういうのがいいと思いまあす。
で、わたしもいきたいデーす!来年こそは、スイーツ天国してきたい。。


>Mistletoe Magicの現行盤って、ラリーブコヴィッチの三人の王と、トムハレル入りフルバンのオーホリーナイトの二曲が欠落しちゃってるんですか?なんかガッカリ。

ヘっ??
CD盤の新ヴァージョンは曲数が少ない?ってことなのかなぁ。

>久しぶりにLPでがっつり聴きました。やっぱりいいアルバムですねえ。

LPは最近おサボり気味です。
だって、ターンテーブルのあるお部屋、、寒いんですよ。。

>げ、あのオーホリーナイトの美しい音色はハレルじゃなくJim Benhamって人だったのか…ずっと勘違いしておりましたorz

まぁまぁ。。トランペット繋がりってことで。
トム・ハレルは自分のクリスマスアルバムは出してないけど、コンピに結構いるんですよね。
Jazz City Christmas, Vol. 2のIt Came Upon A Midnight Clearなんてのが素敵です。

>失礼しました~!

いえいえ、、
ご自身で突っ込み入れてくださいまして、、
まっことに、、ありがとございましたあ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/48038538

この記事へのトラックバック一覧です: 休日かふぇは「珈琲屋 ぼんねっと」で決まり。。(2):

« 休日かふぇは「珈琲屋 ぼんねっと」で決まり。。(1) | トップページ | Christmas Songs / Diana Krall (聖夜は貴女と♪vol.1) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ