2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« Winter Wonderland/Emilie-Claire Barlow(聖夜は貴女と♪vol.8) | トップページ | A Cold December Night/ Erin Bode(聖夜は貴女と♪vol.9) »

2012年12月19日 (水)

Jul Pa Jazzvis / Mathias LandaeusTrio


去年、12月の冒頭に騒いでいたスウェーデンのピアノトリオのクリスマスアルバムです。例によって、スウェーデンの文字をアルファベットの近い感じで並べ替えていますが。。

スウェーデンには夭折したJan Johanssonというスウェーデンの民謡を取り上げたジャズピアニストがいて、ホリディミュージックといえば、、そりゃ、、地元の音楽ときっても切り離せないわけですから。。ですから、In Hamburg / Jan Johanssonで、仄暗さにとりつかれていたわたしにとって、楽しみの1枚だったのです。

まずは、願い通り(笑)スウェーデンの民謡でBereden vag for Herran。ゆったりと始まって北欧ソングながら賛美歌なので分かりやすくスピリチュアルな雰囲気もあります。
テンポ良くスウィングするJa se det snoar。夢見るようにしっとりとKarl-Bertil Jonssons julaftonは、流麗なピアノトリオに。
ちょっと、ユーモラスなメロディでNu ar det jul igenもスウェーデンの民謡。みんなでがんばります。
スウェーデンの作曲家アリス・テグネールのGlans over sjo och strandは厳かに。
テンポも良くスウェーデン民謡Hej tomtegubbarはラテン風に明るい感じで。
アルコで静かに始まるNu tandas tusen juleljusもスウェーデンのクリスマス曲。
疾走感たっぷりでウォーキングベースが印象的な攻めるRaven raskar over isen。
硬質なピアノと曲想があってると思うDet stralar en stjarna。民謡の素朴なメロディとモダンな演奏がマッチしたStaffan var en stalledrang。
美しいメロディにうっとりするNar juldagsmorgon glimmar。クリスマスセッション風の陽気に楽しいHosianna, Davids son。
終演は、古くからあるフィリップ・ニコライのVar halsad skona morgonstund。静けさと仄暗さと、、何処か遠くを見つめる感じで終演。

ほとんどの曲がスウェーデンのホリディシーンに流れる曲を集めたものでしょうね。

Christmas With My Friends/Nils Landgren(1)
Christmas With My Friends/Nils Landgren(2)

ですから、このあたりのアルバムに入ってる曲とかぶってきますね。
でも、ちゃんとジャズしてますので、、ご安心下さいね。(笑)


1.Bereden vag for Herran
2.Ja se det snoar
3.Karl-Bertil Jonssons julafton
4.Nu ar det jul igen
5.Glans over sjo och strand
6.Hej tomtegubbar
7. Nu tandas tusen juleljus
8.Raven raskar over isen
9.Det stralar en stjarna
10.Staffan var en stalledrang
11.Nar juldagsmorgon glimmar
12.Hosianna, Davids son
13.Var halsad skona morgonstund

Mathias Landaeus (p)
Kristian Lind (b)
Jonas Holgersson (ds)

先日、、だって、一大事なんだもん。。。って、騒いでいた「メトロポール・オーケストラ」の文章のコピペの許可が狭間さまから出ました。
「なにしろオランダ語は全然わからずGoogle translateを使ってテキトーに訳しただけなので苦笑」
と、仰りながらも、快く承諾下さいました。以下、再び、、コピペですが、日本語文章ありますので、より簡単です。はい。

Please take a few minutes to fill out your name, residence, e-mail address and occupation (date/place of birth) and sign this important petition to save the Metropole Orchestra!

http://petities.nl/petitie/voorkom-dat-het-metropole-orkest-verdwijnt#tabs

ここにアクセス!

存続の危機にある世界で唯一のジャズ管弦楽団、メトロポールオーケストラが、存続をかけて嘆願書の署名を集め始めました。皆さんからのご協力を、是非ともお願いいたします!

手順1/上のURLにアクセス。

手順2/上のマスから、名前→住んでいる国 or 地域→自分の名前がページ上で公になっても良い、という人はマスにチェックを入れる→Eメールアドレス→黄色いボタンで決定。

手順3/記入したEメールアドレスに、最終承認の為のメールが届きますので、そのメールの最初の長めのリンクをクリック。

手順4/"Functie of situatie"の部分に職業、この嘆願書の経過を知りたいという方は、その下の"Ja, houd mij~"という文章のマスにチェックを入れる。

手順5/生年月日と生まれた都市をその下に記入(たぶん任意です)。→黄色いボタンで最終決定!

とってもシンプルで、5分あれば簡単に出来ます^^。ちなみに、メトロポールオーケストラって一体なんなの?という方のために参考に、パット・メセニーとの共演動画が沢山見られるリンクを貼っておきますので、騙されたと思って一度見てみて下さい。こんなことが出来る豪華なオーケストラは、もう今や世界に一つだけなんです。

因みに、、
挾間美帆さま
Journey to Journey

是非、一票を!

んじゃ、退散♪

Jul_pa_jazzvis


« Winter Wonderland/Emilie-Claire Barlow(聖夜は貴女と♪vol.8) | トップページ | A Cold December Night/ Erin Bode(聖夜は貴女と♪vol.9) »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

スズックサンタ、こんにちはmonakaです。
まずはありがとう。
とても寒い日ですがクリスマスにとても良いものが暖かさをくれました。

ブラザー最中さま、、

>スズックサンタ、こんにちはmonakaです。

はいはい。
今年のスズックサンタは規模がちょう縮小版でした。。。
年々、、いろんなものが間に合わなくなってる。。

>まずはありがとう。

こちらこそ、、お気遣いいただきありがとうございました。

>とても寒い日ですがクリスマスにとても良いものが暖かさをくれました。

うん。
普通は自分では買わないものですよね。(笑)
暖まってもらえて、、よかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/48368121

この記事へのトラックバック一覧です: Jul Pa Jazzvis / Mathias LandaeusTrio:

« Winter Wonderland/Emilie-Claire Barlow(聖夜は貴女と♪vol.8) | トップページ | A Cold December Night/ Erin Bode(聖夜は貴女と♪vol.9) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ