2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽で拡がる輪

« Number Five / Tom Harrell | トップページ | Koan / Lars Jansson Trio »

2012年8月 2日 (木)

Everybody's Talkin' / Tedeschi Trucks Band


毎日暑い。
冷房の効いた室内にいると気持ちががおかしくなりそうになる。
って、暑い外はもっとおかしくなるかもしれないけど。。(笑)
去年は暑さ対策に、閣下の言うところの正攻法は涼やかな音楽Lost & Found / Gretchen Parlatoで、室内の体感温度を下げてましたが。。

今年は、心の解放感でもって、夏を乗り切ろう、、(って、すでに夏ばてなのだが。。)
休日には、ヘビロテで大音響なのがこれですわ。

リリースからずいぶんたったので、、ダーリンに見つからないだろう、って、書いてしまいます。
ええと、今年は我が家の5月だか、6月は、3枚新譜が届いたのです。
誰ってか書かないけど、どの方も我が家のお気に入りで楽しみにしてました。
で、、他2枚も悪くはないけど、手放しではまったのは、これ、かなりいけてます。

デレクトラックスはクラプトンのライブで一目惚れしたスライドギター。
あまりに素晴らしく、ボケェっと彼ばかりみてたんでダーリンのお怒りを買いました。
が、今では彼もお気に入りで、CDを買っております。多謝。
トラクッスのアルバムもいいんだけど、彼はなんでもできちゃうので、結構まじめなつくり。
彼のギターはいいんだけどねぇ。。って、言う感じ。
これはね、デレクの九つ年上の美人おの奥様スーザンテデスキとのバンド。デレクのギターはもちろんいいのだけど、スーザンの堂々としたストレートなヴォーカルもかっこいい。
わたし的にはデレクの美人のかあちゃん、って、結構好き、ってかんじだったけど。。
これはね、見方を改めます。スーザンの旦那、ギターめちゃくちゃうまい。(笑)

ライブなのですが曲によって録音場所が違います。でも、そんなん関係なく、解放感ある素敵なアルバム。かなりカヴァー曲をやってますが、
小賢しいlとは微塵もなくて、世間の憂さを忘れさせる。猛暑もね。
全11曲で、カヴァー曲が6曲。

タイトル曲フレッドニールの(つうか真夜中のカーボーイでっすわ)Everybody’s Talkin'がはじまった瞬間、きたぁ、ですよ。(爆)
動く、動く、身体が自然に動きます。スーザンかあちゃんかっこいい。少し、シャウトした感じで堂々と歌いあげる。バックもいい。スーザンのヴォーカルにあわせるように、デレクのスライドが歌う、歌う。ついてこいっ、と、ばかりのスーザンの気迫。
空を飛んでいるようなデレクのスライドからはいるLittle Marthaを使ったイントロからはいるMidnight In Harlem。ゆったりと歌いあげるスーザン、情景が浮かぶよう、そこにバトンタッチでデレク、静かにはじまってスライドが炸裂、すごすぎるゾ、デレク!
冒頭から、くるぞ、の予感。厚いバンドサウンドで圧倒する、これぞロック魂、Learn How to Love。もう、すみません、って、もんです。向かうデレクに敵はなし、歌うスーザンに悪うだけBound For Glory。エルモアジェイムスのRollin' and Tumblin'。ここで、デレクが来ないわけはない。スザーン、野性的!きゃぁ!!この夫婦なんなんだぁ!
とどめを刺しちゃおうかな、Nobody's Free。わぁ。。と、ひれ伏すしかないのよねぇ。
いやいや、バンドメンバーもみんなかっこいい。ディスク1の最後は、セヴァスチャンのDarlin' Be Home Soon。スーザンの姐御肌が素晴らしいっす。歌う、歌う。デレクがうねるうねる。。まさに飛翔ってやつです。

拍手の間もなく(爆)、ボビーブランドのThat Did It。ブルースきたぁ。ドスの効いたスーザン、吠える、吠える。そして、、会場の誰もがその瞬間を待つ、、、、、ギター炸裂!登る、登る、いくところまでいかせてもらいます。わぁ、 スティービーワンダーでUptight。イェーイイ、Everything's Alright!!(笑)
Love Has Something Else To Say。愛です、愛。音楽は愛!いやいや、ホーンセクションもかっこいいなぁ。もう。最後がまたかっこいいのだ、黒っ!サムクックでWade in the Water。うん?ラムゼイルイスのあれですか。。って、最後の最後まで、手抜きもなく、濃いよなぁ。

猛暑に、熱く燃え上がるライブでした。
暑い暑い日には、これで完全燃焼してやる!
真っ黒焦げだぜぇ。って、実際の録音は、10月だけどね。(笑)

スーザン&スーザンの旦那最高!!
で、もう、最後に一言、、言ってしまうと、、、、
オールマン。。来いっ!待ってるぞぉ。(爆)
輸入盤ならば、結構、お安く、お買い得だと思います。


ディスク1
1. Everybody’s Talkin'
2. Midnight In Harlem (Swamp Raga intro with Little Martha)
3. Learn How to Love
4. Bound For Glory
5. Rollin' and Tumblin'
6. Nobody's Free
7. Darlin' Be Home Soon
ディスク2
1. That Did It
2. Uptight
3. Love Has Something Else To Say (with Kissing My Love)
4. Wade in the Water

Personnel: Derek Trucks(g), Susan Tedeschi(g, vo), Oteil Burbridge(b), Kofi Burbridge(key,  fl), Tyler Greenwell(ds, perc),
J.J. Johnson(ds, perc), Mike Mattison(vo, g), Mark Rivers(vo), Kebbi Williams(sax), Maurice Brown(tp), Saunders Sermons(tb, vo)

注)メンバーは閣下のところからコピペさせていただきました。

毎日、毎日暑いですね。
からだに気をつけてね。

んじゃ、退散♪

Everybodys_talkin


« Number Five / Tom Harrell | トップページ | Koan / Lars Jansson Trio »

とりあえず、Born In The U.S.A._」カテゴリの記事

コメント

Tedeschi Trucks Band のファンでいらしたとは全然知りませんでした。
ちょっとびっくり。笑)
私は今年の名古屋公演見てきました。
素晴らしかった。
デレク単独も何度か見てますが、やっぱりTTBの方が断然良い。
まず曲が良いです。
ホーン隊もリズム隊も良いです。
そしてやっぱり奥様が素晴らしい!会場にいた男性はメロメロです。笑)
下記は奥様が飛び入りした映像ですが、東京公演後打ち合わせなく飛び入りしても、ここまで歌ってしまうのか?本当に歌が上手い!!!
素晴らしい。(5分過ぎから登場)
http://www.youtube.com/watch?v=jIawC6BD888
下記映像の2分13秒辺りのご夫婦のやり取りは「愛」ですねえ。素晴らしい!
http://www.youtube.com/watch?v=7_Ep4jXpBFg

オールマンはたぶん来日は無いです。あるメンバーが飛行機嫌いで、全米も移動は車だそうです。笑)
私はいつかはビーコンシアターで見たいと願っています。祈)

すずっくさん、こんにちは。TBありがとうごさいました。彼らの2月のライブも非常によかったですが、それを思い出すには最適な作品でした。

ギタリストのはしくれとしては旦那の方に目、耳ともに行ってしまうのが当たり前なんですが、ライブではついつい奥方のミニスカに目が行ってしまいました(笑)。それはさておき、Susanってなかなかのギターの腕を持ってますが、このバンドでは旦那に任せてもいいかなぁって感じです。

いずれにしても、彼らは今のシーンにおいては屈指のライブ・バンドであることには間違いないと思います。

ということで、こちらからもTBさせて頂きます。

こんにちは。
すみません。お名前が特定できないので、、よかったら、お名前くださいね。

>Tedeschi Trucks Band のファンでいらしたとは全然知りませんでした。
>ちょっとびっくり。笑)

え、そうですか?意外かしら???
ええとね、全てをブログにあげること不可能です。(笑)
ここでは基本的にジャズのアルバムが中心なのですが、家ではダーリンと一緒に、ロック、ブルース、プログレ、etc.結構何でも聴いてるんです。
ジャンルと言うより、、基本は、ギターからはいることが多いのですけどね。
自分好みなギターのいる音楽に反応して、そこから広がることが多いです。


>私は今年の名古屋公演見てきました。
>素晴らしかった。

そうなんですか。良いなぁ。
この辺のライブやコンサートはダーリンと一緒なので、土日しかいけません。

>デレク単独も何度か見てますが、やっぱりTTBの方が断然良い。

デレクだけ聴いてる分には、何処ででも素晴らしいんですよね。

>まず曲が良いです。
>ホーン隊もリズム隊も良いです。
>そしてやっぱり奥様が素晴らしい!会場にいた男性はメロメロです。笑)

バンドも半端なくかっこいいですよねぇ。びっくりですゎ。
デレクがとっつあん坊や風なので、歳の差感じないですよね。

>下記は奥様が飛び入りした映像ですが、東京公演後打ち合わせなく飛び入りしても、ここまで歌ってしまうのか?本当に歌が上手い!!!
>素晴らしい。(5分過ぎから登場)
http://www.youtube.com/watch?v=jIawC6BD888

あれまぁ、すごいですねぇ。

>下記映像の2分13秒辺りのご夫婦のやり取りは「愛」ですねえ。素晴らしい!
http://www.youtube.com/watch?v=7_Ep4jXpBFg

彼女ギタープレイも男勝りですよね。
かっこいいわ。

>オールマンはたぶん来日は無いです。あるメンバーが飛行機嫌いで、全米も移動は車だそうです。笑)

え、そうなんですか。。。
うむ。。こちらが渡米しないと駄目ってことですね。
是非とも、船旅を提案してみてください。(笑)
最近の豪華客船は素晴らしいそうですから。

>私はいつかはビーコンシアターで見たいと願っています。祈)

願いがかないますように。
どうも、ありがとうございました。

閣下、、
毎日暑いですねぇ。
新潟は、あちこちで夏のお祭りが催されています。

>すずっくさん、こんにちは。TBありがとうごさいました。彼らの2月のライブも非常によかったですが、それを思い出すには最適な作品でした。

良いなぁ。
ライブに行きたいとは思いましたが。。

>ギタリストのはしくれとしては旦那の方に目、耳ともに行ってしまうのが当たり前なんですが、ライブではついつい奥方のミニスカに目が行ってしまいました(笑)。

ギター弾かないけど、ありゃ、ただもんでないオーラーが音から漂ってますよ。
こっちの分野では(爆)、基本的に新人捜しなんてしないので、びっくりしましたよ。
ミニスカも胸元も、許せる容姿です。(笑)

>それはさておき、Susanってなかなかのギターの腕を持ってますが、このバンドでは旦那に任せてもいいかなぁって感じです。

うーん。。。
声に出してのせられる感情と、弾くことでえられる快感と。。また別だと思いますから、
これはこれで良いかなぁ、って、思います。


>いずれにしても、彼らは今のシーンにおいては屈指のライブ・バンドであることには間違いないと思います。

そうなんねぇ。。
確か、何年か前のフジロック(苗場?)にきてたような気がするんですが、、
私のまわりではデレクのファンって居ないに等しいので、あまり話題になってなかったよなぁ。

このバンド、我々くらいの年齢なら(笑)ちょっと涼しくなった野外で聴いたら最高だろうあぁ。
勢いでビールがんがん飲めそう。

>ということで、こちらからもTBさせて頂きます。

はいはい。
Googleサーチはあげた日にちもはいるのでしょう。
ちょっと、落ち着けば大丈夫なんじゃないかなぁ。
しかし、不思議なんだよねぇ。閣下のブログの方が、あきらかにアクセス多いのになぁ。

と、ありがとございます。
休日はかなりの頻度で朝から爆音でこれでした。
そういう意味では、家庭環境に恵まれています。(笑)

こんばんは♪
暑いっすねぇ...

でも 暑い時にロックって結構スカッとするのですよね。

閣下さま、またミニスカって言ってますね。
(*´艸`)

夫婦で音楽するって いいですね。
Suzuck夫妻も 一緒に音楽を楽しめていいですね♪

うちのダンナサンは ロックは聴かないのです...

Marlin

>こんばんは♪
>暑いっすねぇ...

うん。
今日は雷があって、一雨来ました。

>でも 暑い時にロックって結構スカッとするのですよね。

する。
デレクのギターは、スライドでウィーーンと飛びますからね。

>閣下さま、またミニスカって言ってますね。
>(*´艸`)

確か、森里ファンですわ。


>夫婦で音楽するって いいですね。

うん。羨ましい。
って、私は演奏しないけど。。

>Suzuck夫妻も 一緒に音楽を楽しめていいですね♪

うん。ジャズ以外は。(爆)
時々、YouTubeで昔のジャズ聴いて盛り上がりますけどね。

>うちのダンナサンは ロックは聴かないのです...

うん。
でもまぁ、それはそれでいいじゃん。
好きなものって、夫婦だって違うのが普通だもん。
素敵だし、理解ある旦那さまだと思います。はい。

Suzuckさんこんにちは。
今日も体温近くの最高気温らしいです。
トムハレルのNumber5でヒンヤリジンワリした感触を味わってましたが、これを聞くとデカイ音で聞いて汗をかこう!って気になってしまいました。(エアコンの効いた部屋でデカイ音で聞くのがいんでしょうが・・)

このライブ作品はともかくソロがたくさんきけるというのが、嬉しいです。これは燃えますねぇ。Derek旦那も奥さんがボスのほうが、なんか自然な感覚で、のびのびと弾いているように聞こえてきます。自分がリーダーなのに自分より強い人がサイドにいるって、某政党の体たらくさからもわかるように、いやなもんですからね。変な例え・・。すみません。

それではTBさせていただきました。

とっつぁんさま、、

>Suzuckさんこんにちは。

はいはい。
毎日暑いですね。

>今日も体温近くの最高気温らしいです。

はいはい。
毎日そんなもんですね。

>トムハレルのNumber5でヒンヤリジンワリした感触を味わってましたが、これを聞くとデカイ音で聞いて汗をかこう!って気になってしまいました。(エアコンの効いた部屋でデカイ音で聞くのがいんでしょうが・・)

そして、汗をかいたあとには爽やかにサラちゃんでブロッサムデアリー集♪

>このライブ作品はともかくソロがたくさんきけるというのが、嬉しいです。これは燃えますねぇ。

いけてますよねぇ。
でも、耳栓できくより断然スピーカーでガンガンですよねぇ。

>Derek旦那も奥さんがボスのほうが、なんか自然な感覚で、のびのびと弾いているように聞こえてきます。自分がリーダーなのに自分より強い人がサイドにいるって、某政党の体たらくさからもわかるように、いやなもんですからね。変な例え・・。すみません。


ん??
かかあ天下?ってこと???
そっかな。。そっか。でも、九つも年上なんだもんね。
デレクみたいな童顔だと奥さまも子どもみたいな気分なのだろうか。。
って、こっちも随分ずれちゃってすみません。。

>それではTBさせていただきました。

はい。こちらからも♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/46554859

この記事へのトラックバック一覧です: Everybody's Talkin' / Tedeschi Trucks Band :

» そう言えばこれもアップしてなかった!Tedeschi Trucks Bandのライブ盤はええですわぁ~。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Everybody's Talkin' Tedeschi Trucks Band(Sony) リリースされてから随分時間が経ってしまったが,忘れた頃にTedeschi Trucks Bandのライブ盤 [続きを読む]

» Tedeschi Trucks Band / Everybodys Talkin [とっつぁんの日記帳]
Derek Trucks (g) Susan Tedeschi (g,vo) Oteil Buebridge (b) Kofi Burbridge (k,flh on 1#6) Tyler Greenwell (ds) J.J. Johnson (ds) Mike Mattison (vo,g on 1#2) Mark Rivers (vo) / Kebbi Williams (sax) / Maurice Brown (tp) Saunders Sermons (tb,vo) ... [続きを読む]

« Number Five / Tom Harrell | トップページ | Koan / Lars Jansson Trio »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ