2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« やって来まあす♪ Joe Barbieri編 | トップページ | Back in Town / Palatino »

2012年4月18日 (水)

クランツ!Wayne Krantz!!

クランツ!クランツ!Wayne Krantz!!
新譜、Howie 61 がリリースされた。

前作Krantz Carlock Lefebvreから、、約2年半?

Wayne Krantz / Keith Carlock / Tim Lefebvre@コットン倶楽部より、約2年。。

でたんだなぁ、新譜Howie 61。
と、到着してたんだけど、もらい損なってしまったので、、
今は、佐川急便の車の中でしょうか。。。

残念!

今日は、マジこれだけじゃ。(笑)
クランツ、クランツ!いぇ〜〜い!!
んじゃ、退散♪

« やって来まあす♪ Joe Barbieri編 | トップページ | Back in Town / Palatino »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

出た 聴いた 何度目かに理解した  

でした。さすが、稀代の頑固者の新譜、という感じでござります。

catszooさま、、

>出た 聴いた 何度目かに理解した  

男子ですねぇ。
ギター男子。

>でした。さすが、稀代の頑固者の新譜、という感じでござります。

そう、一見軟派な感じの作りなのだけど、頑固ものって感じわかるなぁ。
わたしは、理解も何もできないんですが(爆)、あんまり違和感とかなく聴いちゃったんです。理由は簡単で、ジャケットからのインスピレーション。
って、笑っていいけど、、聴く前から洗脳されてました。

あ、そうそう。
「ギター男子」は音楽全体を理解しない歪な男子って感じがして、やや微妙でございます。」

ま、自分の実像は実際にそうなのかも知れないし、他人から自分がどう見えるのかはコントロールできないことではありますけども、自分自身は、単なるギター男子では在りたくないと思っていますので、ひとつよろしく。

catszooさま、、

>あ、そうそう。
>「ギター男子」は音楽全体を理解しない歪な男子って感じがして、やや微妙でございます。」

そうですか?
わたし、どちらかと言えば、、
僕は、ギターしかいらない、みたいな。。
そんなストイックさを持った人がいいかなぁ、と、思ってます。
僕は、○○しかいらない、、
そこの○○にギターが入った男子です。
おきに召さないようですので、撤回しておきます。(爆)

>ま、自分の実像は実際にそうなのかも知れないし、他人から自分がどう見えるのかはコントロールできないことではありますけども、自分自身は、単なるギター男子では在りたくないと思っていますので、ひとつよろしく。

そうですか。
わたしは、単なるギター男子が少なすぎる!って、思ってるんですよ。
ギターって、たくさん弾く人いるんだけど、、・・・、、、、。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/44931911

この記事へのトラックバック一覧です: クランツ!Wayne Krantz!!:

« やって来まあす♪ Joe Barbieri編 | トップページ | Back in Town / Palatino »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ