2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« X / Tribal Tech | トップページ | Accelerando / Vijay Iyer Trio »

2012年4月 3日 (火)

遅れてきた春の嵐。。

新潟も夕暮れ時から本格的に荒れてきました。
日本全国で大変なことになってるそうで、、気をつけてくださいね。

さて、、ジャズ批評大賞の選考員には、人気のまったくないクリポタことクリスポッター。(汗)
念願かなって、五月に来日ですよ。
コットン倶楽部の予約をみると、まだまだ、空席ありまくり。
いかんなぁ、、、。
しかし、クリスポッターからメッセージが来たそうです。
メッセージついでに、一吹きしてるのですが、この男らしい音はなんだ!
何度、聴いても惚れる。この男らしさをその辺のヘナチョコと一緒するなよなぁ。
しかし、同じ頁に動画が張り付いてますが、これは前の「Chris Potter Underground」ですね。
現在は、低体温ピアニスト・クレッグティーボーンが抜けて、ベース入りになってるんですよねぇ。彼が抜けると、色彩的にはかなり地味になります。
でも、その分、クリポタとロジャーズの露出度は多くなる、そして、より高い緊張感が生まれるのでギター小僧的にもお楽しみなライブになります。
間違っても、デートにつかわないように。これで、大喜ビする彼女って、特異体質です。
で、、探しました。ライブ途中にクリポタのシャベリをかぶせるって、とんでもない動画だけど、、クレッグティーボンが抜けた後の「Chris Potter Underground」の演奏のイメージを短い時間で掴みやすい動画だと思うのでのせてしまいます。Ultrahangでんな。
ええとね、3分前後からのクリポタのソロはかっこええ、それだけでなくて、ロジャーズのソロも短いけど体の芯にガツンと届く、、って、もんです。

そう、わたし的ナツキちゃん(涙目)こと、池澤夏樹の文庫の新刊がでてた。

氷山の南 ・ 池澤夏樹
どうやら、何処ゾの新聞に連載されてたらしいのですが、、
「21世紀の冒険小説がいま立ち現れる」、、って、随分ベタな感じですが。。
良いんだ、夏樹ちゃんの小説だもん。関係ないわ。
いつか南極に行ってみたい者として、、一緒に冒険したいと思います。はい。

まだ、帰宅されて無い方々、、気をつけてお帰りくださいね。
んじゃ、退散♪

« X / Tribal Tech | トップページ | Accelerando / Vijay Iyer Trio »

超〜私的戯言、じゃれ事(それでも、JAZZ)」カテゴリの記事

コメント

すずっくさま

こんばんは。
クリポタ来日まで2か月を切ってしまいましたね。
いつ予約を入れたらよいのかボケッとしていました。
そこにこの記事です。
本日予約を入れました!
コットンクラブって高いんですね~(涙)。
ここは一発気合を入れて、1、2部両方へ予約!!
クリポタおたくの私には雰囲気が似合わないコットンクラブへ出動です(笑)。
楽しみです。

いっきさま、、

>すずっくさま

はい。

>こんばんは。
>クリポタ来日まで2か月を切ってしまいましたね。

そうなんですよ。
予約開始で、満席だろう,って、わたしは思うんですけどねぇ。
つうか、ロジャーズだってギター小僧的には、凄いんだわ。

>いつ予約を入れたらよいのかボケッとしていました。
>そこにこの記事です。
>本日予約を入れました!

おぉ!!
有言実行ですね。

>コットンクラブって高いんですね〜(涙)。
>ここは一発気合を入れて、1、2部両方へ予約!!

おぉ。。
って、クリポタとか、、どう考えてもピットインだよねぇ。
クリポタのサックス聴きながら、ディナーって難しいと思うんだよねぇ。

>クリポタおたくの私には雰囲気が似合わないコットンクラブへ出動です(笑)。
>楽しみです。

わたしの研究結果ですと、、
クリポタファンは、世間ではみんなオタクと呼ばれる部類のようです。
ですので、気にしなくていいです。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/44740455

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてきた春の嵐。。:

« X / Tribal Tech | トップページ | Accelerando / Vijay Iyer Trio »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ