2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« もう、、うるうるです。。。 | トップページ | だって、、だってだって、、新潟なんだもん! »

2012年2月23日 (木)

The Enchanted Garden / Claudio Filippini Trio


春を待つ、じぃぃ、、っと、、待つ。。。。
雨で縮んでいく雪の嵩を眺めながら、、暖かな部屋できくのにぴったり。。

新譜インフォにClaudio Filippiniはピエラヌンツに認められて、みたいなキャッチがついてますが、、。。めちゃ、技巧派、強烈な印象、、って感じではないのですが,って、そりゃうまいけどさ、、。
そこは世界は広いですから。しかしです、シングルノート主体に抒情的に登り詰める下りや、1音1音をが濡れるような感じで、透明感はあってもそこに甘美な香りがあって、心に優しいぬるさが伝わる感じで、構えずにきけます。綺麗なフレーズで、静と動を行き交うもほどよい感じ。
オリジナル8曲にあれやこれやで13曲。Art of Survival とYou must believe in Spring買いでしょう?って、後ろ指さして下さいませ。はい。

オープナーIl Fiore Pupureoの冒頭ピアノのかわいらしい感じから一転ヒートアップして駆け抜ける感じは、ジャズファンは確信犯とわかっていても、いちころです。。目新しさはないけど、心地よさはたっぷり。2曲目もオリジナルでVerso Sara。出だしは、めちゃ透き通っていて、ECMのピアノトリオみたいに乙女心を揺らす。ゆっくり、ゆっくり、次第に色づく感じ。
とても、楽しみにしていたリンスの Art of Survival 。ラヴダンスに収納されてますよね。
ベースソロの歌心も良いけど、優しく歌いあげて優雅でかわいらしいピアノが胸にじんときます。後半、ちょっと饒舌になるけど、それも嫌みない。素敵な1曲です。

この後、4曲オリジナルが続きます。ちょっと、スパイス的な感じの位置づけなのかな。キーボードをつかって、スペイシーで浮遊感ある演奏になっているFlying Horses。ビートをきかせた感じも適度な雰囲気で、空想の世界が拡がる。Coralliは、ロマンチックでリリシズムが溢れてます。歌心あるピアノトリオとして自信を見せるWaterfalls。テンポよく疾走するThe Beast Instinct。

エヴァンスに恋してるであろうピアニストの選ぶはルグランのYou must believe in Spring。想い募ってという感じ。心の内をみせる感じの展開。ロシアのピアニスト&作曲家アレクサンドル・スクリャービンのピアノ曲Fauillet d’Album op45 n.1はソロで瑞々しく、繊細に。

なんだか優しさと幸せが漂うオリジナルUnder that Sky。テンポよく哀愁も感じる13 Death March。静寂な面持ちをキープしながら、次々と変化していくオリジナル Wise Wolf。
なんと、最後はジョンルイスのDjango。ひたすら哀愁の塊の名曲を美しくも儚い洗練された感じで。感情移入も控えめ現代感覚で墨絵のよう。。終演。

センセーショナルな感じや、強いあくもないのですが、ほどよく心に響いてきます。
あまり突き詰めた感じがないのが、今のわたしの状況にもよくあっていて、去年書き損なってそのままになってましたが、、思わずかけ直してしまった作品でした。
心も体もリラックスする魔法が、、たぶん、かかってしまいます。(笑)


1. Il Fiore Pupureo
2. Verso Sara
3. Art of Survival
4. Flying Horses
5. Coralli
6. Waterfalls
7. The Beast Instinct
8. You must believe in Spring
9. Fauillet d'Album op45 n.1
10. Under that Sky
11. 13 Death March
12. Wise Wolf
13. Django

Claudio Filippini (p,kye)
Luca Bulgarelli (b)
Marcello Di Leonardo (ds)

と、昨日、、これをiPodできいていたんですけど、、
カノン姫の呟きから、またまた、大ニュースです。(笑)


★ボッソがワンホーンカルテットでやってくる!★

ブルーノート東京!(5/18-20)
Fabrizio Bosso(tp)
*Claudio Filippini (p)*
Rosario Bonaccorso (b)
Lorenzo Tucci (ds)

ほれ、なんだか、、伊達男勢揃い、って、感じですね。わーいわい。
ボッソさまがやってくるぞぃ!

宝くじで買わねば。。って、やっぱ、クリポタ優先だよねぇ。。
うーーん、、ジョシュア達もいますわね。。
おぉ。。どうなんるんだろう。。5月。。

んじゃ、退散♪

« もう、、うるうるです。。。 | トップページ | だって、、だってだって、、新潟なんだもん! »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。
Claudio Filippiniはメロディー志向が強い(と思う)ので、私としては全面的に共感できるというわけではなかったですが、メンバーの人選がいいこともあって、トリオとしての演奏自体はそれなりにいい感じで楽しむことはできました。
特に意表をついた4曲目がインパクトがあって面白かったです。
あと7曲目と11曲目も良かったですが、こういう動的な曲がもう何曲かあればさらに良かったのになあと思いました。

すずっくさん、このアルバム、聴き方がちょっと私と違うかも?
You must believe in Spring これをどうとらえるか、あたりが。。
でもまあ確かに名曲。
バランス的には、私はけっこういい感じだと思ってます。
naryさんが、物足りなく思うのもわかりますが。。
楽しみなピアニストですね。こちらもTBします。

三週連続お江戸ですわぁ。こうなったら全部いってやろうじゃありませんかっっ!!笑

すずっくさん,こんにちは。TBありがとうございました。

この人,Enricoに通じる美的な感覚だけの人だとは思いませんが,E.S.T.もどきはいけません。オリジナリティを追求すればいいのになぁなんて思ってしまいました。まだ若いだけにいろいろな影響を吸収している段階だとすれば仕方がないですが,4曲目ゆえに"Consistency"のなさが気になってしまう私です。ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

ところで,Bossoのワンホーン・クァルテットは気になりますが,やはりクリポタとJames Farmが優先されてしまうでしょうねぇ(笑)。

ナリーさま、、
そちらは、雪の具合はいかがですか?

>こちらからもTBさせていただきます。

ありがとうございます。

>Claudio Filippiniはメロディー志向が強い(と思う)ので、私としては全面的に共感できるというわけではなかったですが、メンバーの人選がいいこともあって、トリオとしての演奏自体はそれなりにいい感じで楽しむことはできました。

そうなんですか。
メンバーもですけど、ピアニストも気にってます。

>特に意表をついた4曲目がインパクトがあって面白かったです。

エレクトリックサウンドをつかって、賛否が分かれたかもしれませんね。
わたしは、違和感なかったです。鈍感かなぁ。

>あと7曲目と11曲目も良かったですが、こういう動的な曲がもう何曲かあればさらに良かったのになあと思いました。

そう、これもよかったですよね。
でも、違和感っていいかただと、、私的には、、動的な感じなものの方が、むしろ、、違和感あるのですが。。

マダムさま、、

>すずっくさん、このアルバム、聴き方がちょっと私と違うかも?
>You must believe in Spring これをどうとらえるか、あたりが。。

あはは、、
わたしは、今、ジャズ批評で夜光雲って連載させていただいてます。
で、2月、今月号は、、連載が決まる前から(爆),雪融けをイメージしたものを意識してたんです。で、エヴァンスのこのアルバムのような、、冬に待つ春をイメージできるアルバムをいろいろ考えておりました。そんなことで、この曲に過剰反応です。(笑)

>でもまあ確かに名曲。

名曲、っていうか、、
わたし的には、この曲は「あれ」しかあり得ないんです。
でも、そこをどんなふうに演奏する方々が挑戦するのか、、楽しみなんです。

>バランス的には、私はけっこういい感じだと思ってます。

わたしも、悪くないと思います。
つうか、こういうのは、生活の中でも活躍すると思うんだなぁ。

>naryさんが、物足りなく思うのもわかりますが。。

はいはい。(笑)


>楽しみなピアニストですね。こちらもTBします。

ありがとうございました。

カノンさま、、

>三週連続お江戸ですわぁ。

そうなんよねぇ。。
なんと、4月には、マイブームなブッケさまも来る。。。
くるぞぉ!!!
新潟までピアノひきに来ないかな。。

>こうなったら全部いってやろうじゃありませんかっっ!!笑

ええなぁ。。
コットンクラブは、最悪、日帰り可能です。
でも、、まぁ、、クリポタにいけることに集中だぁ!
いけないと、、泣いちゃう!

中年音楽狂さま、、

>すずっくさん,こんにちは。TBありがとうございました。

はいはい。

>この人,Enricoに通じる美的な感覚だけの人だとは思いませんが,E.S.T.もどきはいけません。

そこにきますかね。(笑)

>オリジナリティを追求すればいいのになぁなんて思ってしまいました。まだ若いだけにいろいろな影響を吸収している段階だとすれば仕方がないですが,4曲目ゆえに"Consistency"のなさが気になってしまう私です。

電気つかってるけど、この曲に彼の美学の矛盾点を感じないのですよ。

>ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

はいはい。
ありがとございます。

>ところで,Bossoのワンホーン・クァルテットは気になりますが,やはりクリポタとJames Farmが優先されてしまうでしょうねぇ(笑)。

閣下は、すでにご体験すみですからね。って、もっというと、わたしにはクリポタです。James Farmがバンド全体でのコストパフォーマンスがあるかもしれんしけど、クリポタとロジャースってわたしには格別ざんす。。

こんにちは〜
きのうのお天気で 少し 雪が溶けましたね。

もうすぐ春ですね*

すずっくさん 春はライブがたくさんですね。
6月は どうかなぁ…
金沢にいらっしゃいませんか?
外山さまが 来てくださることになりました♪
嬉しい〜

まだ先なので ゆっくり予定 考えてみてくださいね。

マーリンさま、、

>こんにちは〜

はいはい。

>きのうのお天気で 少し 雪が溶けましたね。

そう、雨のたびに雪は縮んでイきますよね。

>もうすぐ春ですね*

はいはい。


>すずっくさん 春はライブがたくさんですね。
>6月は どうかなぁ…

ちょっとだけ、忙しいです。
たぶん、両親と旅行にいくです。

>金沢にいらっしゃいませんか?
>外山さまが 来てくださることになりました♪
>嬉しい〜

あ、よかったですね。
楽しいライブでありますよに。

>まだ先なので ゆっくり予定 考えてみてくださいね。

きっと、難しいと思いますが。。
いけそうなら、ご連絡いたしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/44235022

この記事へのトラックバック一覧です: The Enchanted Garden / Claudio Filippini Trio:

» Claudio Filippini Trio / The Enchanted Garden [Jazz&Drummer]
Claudio Filippini(P, Key) Luca Bulgarelli(B) Marcello Di Leonardo(Ds) Rec. February 14-16, 2011, Italy (Cam Jazz CAMJ7839) 「Lorenzo Tucci / Tranety(11年、別頁あり)」の前書きで、ク... [続きを読む]

» CLAUDIO FILIPPINI TRIO / THE ENCHANTED GARDEN [JAZZ & BOSSA]
お初のピアニストです。イタリアの若手。美メロながらも、アップテンポもいい。 ピエラヌンツィご推薦、とあって、やはりその系統のサウンドです。メランコリーな 美しい旋律。 スタンダードもやっていますが、オリジナルも半々くらいか。 オープニングはイントロがゆったりと流れていく。。と思うとアップテンポになって グイグイ、弾いて来るという私好みのナンバー。 If Fiore Purpureo 作曲者のクレ..... [続きを読む]

» Claudio Filippini:これが今年最後の新譜である。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
The Enchanted Garden Claudio Filippini(CAM Jazz) 年末もいよいよ押し詰まってきて,新譜が出るようなシーズンではないし,ショップに出掛けている暇もないので [続きを読む]

« もう、、うるうるです。。。 | トップページ | だって、、だってだって、、新潟なんだもん! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ