2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 土曜日は、、新潟ジャズストリート! | トップページ | Break The Ice / Hakuei Kim »

2012年1月28日 (土)

雨のにいがたジャズフラッシュ。。。

NJS 1月21日(土) ジャズ フラッシュ 18:30-20:30
八木敬之(ts) 八木義之(vtb) 細木久美(p) 大村光広(b) 西尾研一(ds)

雨だ。。やっぱりねぇ。。
あんなお遊び考えるから、、雨が降るんですよ。。
ジャズフラッシュの入り口で傘を差して待ちながら、、心の中で恨み言。。

ええとですね。わたし、いつだって、ライブの前は今回は何を演奏するんだろうって、熟考してます。そこから、独りで盛り上がってるんです。わたし。これは、誰にも理解できないだろうけど、すげぇ、大事な準備です。で、メンバーとかの最近の言動を注意深く観察して、、そこから、考えた今回の1セットめは、コードレス。ずばり、これでしょう。
そして、2セットめはトニー大好き、V.S.O.P.祭り。しかも、ここは、1曲目も、最後もなんとなくわかってる。だって、伝説だよ、そう、「雨の田園コロシアム」だす。あれと、あれでしょう。(爆)たぶん、あたりでしょう。
予定より早めにはじめて、予定時間をオーバーして市川バンドが終わって(笑)、わたしは定位置に座れました。あちこちに、ご挨拶してると、、いきなり、はじまりッ!

まずは、いきなり不穏にはじまるリフから唐突に現れたDear Old Stockhlm。バルブトロンボーンを真ん中にサクッスとテーマのメロディ吹きながら、ドラムにのってトロンボーンの緩急あるソロに。後半少し重なりながら、サクッスにバトンタッチ。いつもメロディアスサポートしてくれるピアノがいない分かなりシリアスな緊張感漂う感じに。サックスがちょっと戻って、ベースにバトンタッチ。フロントが短いリフを入れるなか、ドラムの多彩にリズムをつけるなかベースのクールでアグレッシブなソロ。みんなで絡み合ってトロンボーンが調子があがってまいりました。はい。あれ、サックスの繊細そうな演奏できこえてきたのはSail Away。トロンボーンも重なって、併走したり、眺めあったり。トロンボーンのたんたんとしたソロにドラムが綺麗な音を敷き詰めていきます。バトンタッチでサックスのちょっとエキゾチックなソロをはさんで饒舌です。戻ろうぜ、って、ことで、ちょっとハモッたフロント2人兄弟でっす。拍手させることも許さず(爆)I Remember Youヘ。トロンボーンお得意の疾走感あるソロ、なぜかドラムに煽られるI Remember You。きゃー、かっこいい。トロンボーンの走りを加速させる手数、足数。ひょうひょうと受けるサックス。なーんで、煽る、そこのドラム。気がつけばドラムと駆け抜けるI Remember You。。。いいのかそれで、、いいのねぇ。って、次はドラムっ!大小の爆弾散りばめて、はじけるッ。と、Lament。元もトロンボーンの曲だもんねぇ。。情感のこもった1音1音で、会場の空気をふるわせます。と、胸にじーんと、、ベースソロも空気をふるわせます。女性の皆さま、1セットめのハンカチのご用意はここしかない。戻ってきたトロンボーンも、速度も音数もあまり上げずに最後まで渋いなぁ。。って、曲がかわって、フロント2人、いい感じに暖まってまして、For Worthはまずは併走、、サックスソロ、これって、ガゾーンでなくてロバーノだったm(__)m、、サックス吹きの曲だけあって、快走。受けたトロンボーンはクールに決めます。こういう曲、2人ともなれてるせいか(爆)やっぱ、いかがでしょう?いい感じ。最後は、2人で、盛り上げて、仲良しの八木ブラをアピール。(笑)

八木ブラはソロの印象から、やりたい放題自由奔放のイメージがついてますが、結構、アンサンブルでキメキメが気持ちよかったり、分かりやすかったりするわけです。
そこに活躍するのが、紅一点細木姫なのですが、道先案内人のように先をてらすのです。
が、、あえて、今回、その進行の指針を取っ払うことで、先の見えない不安感、暗中模索感がたっぷり、スリリング。
安定安心のジャズから生まれる壮快感とは違う、おどろおどろしい快感をありがとうございましたぁ。
こうイうの自分で企画してみたかったんだぁ。得した気分?いえ、、先越されて悔しいです。くっそ〜。。

さて、お隣の外山さまに「まぁ、自己満足な世界なんで」、、とか、、「プロの厳しい評価を。。あとで各自の分聞かせてね」なんて、演奏者には失礼なことを言いながら、、笑って過ごす。(爆)
そして、、かめいどのこやぎさまの言うところの「V.S.O.P.」ごっこヘ。ここから、ハービ細木姫の投入です。いけ。

伝説のLive Under the Sky、って、言えば、豪雨。その時、ハービが雨よやめ!って、叫んで、その、一発目がEye of The Hurricane!ハリケーンの目。
来ました、雷神にしをドラム。来た、キメキメ、ハリケーン。ここははじけ飛ばすしかないわけで、先行トロンボーンが爆走。ドラムとピアノがガンとプッシュ。ベースの力強いバネがききまくる。トロンボーン吠えます。はい。ゆったり、はいったサックスをダッス、ダッス、って、脅かすのは誰だぁ。こっちも、本領発揮、途中から年齢制限オーバーの爆走。
一見、クールにパーカッシブなピアノソロ。高速な指の動きも鮮やかに。と、ここから、大村ベースがひっさらっていきます。力強く、高速フレーズを連発する台風の目はあなたでした!音だけでなく、その、動きにも圧倒されて、ヤンヤの拍手。で、みんなが大好きMaiden Voyage!高揚感あるいいメロディ、ドスがきいて肝の据わったトロンボーン、綺麗なフレーズを淀みなく重ね情緒をたすピアノ、適在適音でがっちり音を入れてくるドラム、最後のピアノ音にうっとりしてると、そのまま、流れ出たのは、、なんなんとトニーの名曲、、これも、高揚感、浮遊感のある素敵な曲。フロント2人ががんばりますが、前曲以上に、ドラムが素敵。でもねぇ、この選曲は反則だろう。だって、これって、V.S.O.P.2でしょう。あれは、V.S.O.P.とは別もんです。はい。綺麗でエレンガントも残したピアノの奥で微かにきこえるフロントのフォロー。でも、やっぱ、素敵なのはドラム。そして、反則な選曲。(しつこい?)って、結構、いい時間。ハバードのOne of Another Kind。これも、わかってたんだなぁ。(爆)だって、雨田園コロシアム、伝説、、と言えば、、アンコール除いた最後はこれじゃ。はっと、息をのむような美しいピアノに導かれて、ハードバッピングに展開していきます。演奏者のお疲れも頂点に達しておりますでしょうが、もう、ひとがんばりじゃ。トロンボーンが最後の力を振り絞れば、ピアノが連鎖反応。ドラムにおしりを叩かれます。サックスも最後のひとがんばりじゃ。やっぱ、姫は女神です。フリーキに力尽きるまで協力体制。ちょっと意外そうに。オレ?みたいにはじめた大村ベースのソロ。ちょっと、前衛ッポクはじけこの方の持つアブノーマルな一端が見え隠れですか。。最後は、トニー祭りに相応しく、全身つかったドラムプレイ。力尽きても、手足は動く。。

いや。。2セット目のこの安心感はなんだ。(爆)
決して、演奏全てがうまく運んでる,って、もんでもないんだけど、やっぱ、コード楽器はすごいなぁ。みんなが安心して演奏してるモン。みんながちゃんと拍手できるもん。(笑)
会場も納得のV.S.O.P.ごっこでございました。おぉ。。しかし、Sister Sherylは許せん。。。
フロントはもちろんですが、ベースがばっちりフューチャーされちゃって、衝撃の「悪人面」の事実でござった。夏は、ダニエルソンでおねがいね。(笑)

テなわけで、ライブのあとは、、清く正しく、古町の闇に消えていくのでありました。。
おしまいっ。


俺たち、八木ブラカルテット編
Dear Old Stockhlm
Sail Away
I Remember You
Lament
Fort Worth

だって、V.S.O.P.なんだもん編
Eye of The Hurricane
Maiden Voyage
Sister Sheryl
One of Another Kind


テな、わけで、、今回もライブ前からあーだ、コーダと楽しみまして、、
お祭り騒ぎは大成功だったのですが、、
ここから、、余談。。。
2セットめは、ご存じのかたも多いと思いますが、、
元々は、マイルスの黄金クインテットのつながりですゎね。
V.S.O.P.は「Very Special Onetime Performance」の略でして、一回こっきりのはずが、大人気で世界ツアーはするは、2もできるわ、、テな感じなのですね。
こん時、マイルスは体調を崩してたわけです。。
さて、1セットめは2セットめとは関係なく、のコードレスのカルテットでぶっとバシ、って、過酷な状況だったわけですが、、ふと、気がつけば、これのほとんどの曲はマイルスが絡んでることに、、ちいさく気がつく、ガッテンでした。
夏も、楽しい演奏を待ってます。(きっぱり)

ウム。。。
雨のにいがたジャズフラッシュは、マイルスの亡霊にも支配されてたわけでありまっす。
冬のジャズストは、他のバンドも楽しんだので、それは違うところで、違うかたちで。
お楽しみにね。

んじゃ、退散♪

« 土曜日は、、新潟ジャズストリート! | トップページ | Break The Ice / Hakuei Kim »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いましたよ。しかも、市川バンドから(笑)

前半、緊張感あふれていて、ジャズって面白いとおもいました。何が違うわけでないのに。西尾さんファンとしても楽しかったです。大村さんは迫力満点でした。
VSOPは懐かしいです。こんなバンド日本で演奏してたのは凄いことですよね。

中島さま、、

お久しぶりです。

お仕事で参加できないと仰ってましたよねぇ。そうなんですか。。いらしていたんですねぇ。

>こんばんは。
いましたよ。しかも、市川バンドから(笑)

わたしも市川さまのライブは戸の外も含めてほとんどききました。

ベースおもろかったですねぇ。
エレベでワクワクしたのは久しぶりだった。たいがい、、眠くなるんですけどねぇ。。(笑)

>前半、緊張感あふれていて、ジャズって面白いとおもいました。何が違うわけでないのに。西尾さんファンとしても楽しかったです。大村さんは迫力満点でした。

やりゃあ、、できんじゃん、って、わたしの中で、妄想がふくらんだのですが、、弛緩と解放でしたっけ?こういうのって、癖になりますよねぇ。


>VSOPは懐かしいです。こんなバンド日本で演奏してたのは凄いことですよね。

中島さま、仰る通りですねぇ。

ハリケーンの目も処女航海にあるんですけど、やっぱり、会場と一心同体の伝説バンは伝説ですわねぇ。

お忙しいのに、ありがとうございました。

舞台(笑)正面で右手。彼女が都合がつかなくて1人っす。
八木さんたちは、ふきっぱなしでお疲れさまでっす!今回の教えてもらって得した曲はSister Sheryl。YouTubeでいろいろお試し中。ありがとさんでしたっ!

ちなみに、V.S.O.P.を知らない世代でっす

三条のささです。ご無沙汰しております。ジャズストには仕事で帰れませんでしたが、ライブは盛り上がったようで良かったですね。スキップがでたのではないですか?LamentはJ.J.の曲ですよね。

私はV.S.O.Pはよく知ってます(笑)。Eye of The Hurricaneは聞いてみたかったですね。


りじちょう、いつも記事にしていただきまして感謝申し上げます。
今日は自宅でマルサリス兄弟VSOP2のビデオを鑑賞しました。
1980年5月のトニーウィリアムスロンカーターはまさに鉄壁であります。
人間の集中力と身体能力の限界をきわめちょるという意味では、
内村航平に通じるものすら感じてしまいました。
あんなもんをまねしようとした自分の愚かさを深く恥じておりました(笑)。
若気の至りとしか言いようがありません。
次回こそ猛省して、端正にマイフーリッシュハートから始まる
バンドを目指そうと思います。
って、そういうのが一番自省がないともいえるな。。。
音楽難しいね。
ではでは~

どうもどうも。毎度宣伝&レポートありがとうございます。
なんとなく1部については冷静かつ否定的だな(笑)。

というわけで、当日のビデオを見ているのだが、実は1部も悪くはない・・・のではないかと思う今日この頃。確かにほとんど拍手はないですが(笑)。Sail Awayは1コーラス余計だったな。Fort Worthは思ったよりも良い出来です。最後はもう少しもあり上がればよかったかもしれぬ。

2部はまあお祭りだからね。もう少しショーター風味を出せればよかったのだが、まあ、私こんなモンですから。それにしても大村君は凄かった。Eye Of The Hurricaneのイントロでいきなりもってっちゃったもんなあ。西尾さんも疲れていた割には本領発揮。っていうか素が出たって感じですかね。

個人的にはコードレス関係をもう少し追及したいもんです。企画して~

こんばんは。
冬のジャズストリートは八木ブラの皆さんが参加していたのですね。今回は見逃してしまいました。残念。

次回を楽しみにしています。お疲れさまでした。

こんにちは。
雨でも楽しそうなジャズスト 盛り上がってよかったですね。

「Dear old stockholm」聴きたかったなぁ。
ピアノヴァ-ジョンでしか聴いたことないので。

いつか 新潟ジャズスト(八木ブラザ-ズさんのを聴きに)行かれたらなぁ と思ってます♪

満員御礼でパスしちゃったのだけど、待ってりゃよかったな。

すずっくさんへのレスですが

> Fort Worthは思ったよりも良い出来です。最後はもう少しもあり上がればよかったかもしれぬ。

Fort Worthだけでなくて、1セット目は本当によかったですよ。もちろん2セット目もおもしろかったですが、西尾さん、大村さんの強力なリズム陣とこやぎ兄弟の攻防をまた聞かせてください。

浮かれ兎さま、、

お返事遅くなってごめんね。

>舞台(笑)正面で右手。彼女が都合がつかなくて1人っす。

ほぉ。

>八木さんたちは、ふきっぱなしでお疲れさまでっす!今回の教えてもらって得した曲はSister Sheryl。YouTubeでいろいろお試し中。ありがとさんでしたっ!

便利な世の中になったよねぇ。
そういえば、2セット目はすでにYouTubeにのってんだよ。

LP世代は時々浦島太郎の気分になります。
今日は、市内も雪がいっぱいです。

>ちなみに、V.S.O.P.を知らない世代でっす

ほぉ。
スーパースター集団ですよねぇ。
CDになってハービーさまのMCが収録されてる伝説がでてます。
機会があれば、聴いてみてください。
でも、その差に、、愕然としないでね。(笑)

お久しぶりの三条のさささま、、

わたし暮れに三条のサトーズバーに行ってきましたよ。
何がすごいって、あそこのお客さんたちはちょっとすごいな。

>三条のささです。ご無沙汰しております。ジャズストには仕事で帰れませんでしたが、ライブは盛り上がったようで良かったですね。

新潟のお客さまって、辛抱強い。(笑)
小さなお嬢様まで、真剣な面持ちで聴いてました。
かなり、イケメンのお父様でした。(そこかよ、それだよ)

>スキップがでたのではないですか?LamentはJ.J.の曲ですよね。

そうなんですが、かめいどのこやぎさまは、バルブトロンボーンですから。
どっちかと言えば、声変わりしたトランペットが吹いてる感じよね。(笑)
個人的には、そこが好きだけど。

>私はV.S.O.Pはよく知ってます(笑)。Eye of The Hurricaneは聞いてみたかったですね。

こっちのお遊びは、この方たちはそれなりにこなしてしまうと思ってましたが、
やっぱ、リズム陣とピアノは素晴らしいな。
兄弟もとってもいいです。と、書いておこう。。

にしをさま、、
やはり、あなたは素晴らしい。
市川さまが意外と優しい人な気がしている、今日この頃。

>りじちょう、いつも記事にしていただきまして感謝申し上げます。

うん。大井のジャズバー行こうね。(そこかよ、それだよ)

>今日は自宅でマルサリス兄弟VSOP2のビデオを鑑賞しました。

あぁ。同じ兄弟関係でも、、、ねぇ。。。。

>1980年5月のトニーウィリアムスロンカーターはまさに鉄壁であります。

あなたと大村さまも鉄壁じゃ。素人にしておくには惜しいです。
彼って、いくつなんだっけ。。?

>人間の集中力と身体能力の限界をきわめちょるという意味では、
内村航平に通じるものすら感じてしまいました。

それって、誰だっけ。。?

>あんなもんをまねしようとした自分の愚かさを深く恥じておりました(笑)。
>若気の至りとしか言いようがありません。

そうですか。
わたしが思うには、あれだけできたら「オール5」ですよ。

>次回こそ猛省して、端正にマイフーリッシュハートから始まる
バンドを目指そうと思います。

うーーん。。端正に始めても終わりは、、いつもと一緒な気がします。

>って、そういうのが一番自省がないともいえるな。。。
>音楽難しいね。
>ではでは~

うん。
いいことを考えた。。
って、放し飼いっていつだっけ?
わたしが行けない日だっけ?

でかいこやぎさま、、

どうも、どうも。

>どうもどうも。毎度宣伝&レポートありがとうございます。

まぁ、これが璃事長のおしごとだす。

>なんとなく1部については冷静かつ否定的だな(笑)。

な、わけないじゃん。
面白かったよ。あそこまで、踏ん張ると思わなかったけど、まぁ、あのドラムとベースがいると、物足りなさはないよね。
自由空間は恐ろしい場所なんだけど、がんばったと、思いました。
だけど、ごめん、緊張が伝わりまくりで、、笑う余裕はなかった。(爆)

>というわけで、当日のビデオを見ているのだが、実は1部も悪くはない・・・のではないかと思う今日この頃。確かにほとんど拍手はないですが(笑)。Sail Awayは1コーラス余計だったな。Fort Worthは思ったよりも良い出来です。最後はもう少しもあり上がればよかったかもしれぬ。

これ、、アリがとぉ。
拍手って、キメのタイミングがわかんないと難しいのよ。
2セットめは。解放されたようにに拍手の嵐だね。

>2部はまあお祭りだからね。もう少しショーター風味を出せればよかったのだが、まあ、私こんなモンですから。それにしても大村君は凄かった。Eye Of The Hurricaneのイントロでいきなりもってっちゃったもんなあ。西尾さんも疲れていた割には本領発揮。っていうか素が出たって感じですかね。

そう、お祭りもよかったよ。
でも、皆さんなら、こういうお祭りはだいじょうぶだと自信がありました。
しかし、みんなそれぞれすごいもんだ。

>個人的にはコードレス関係をもう少し追及したいもんです。企画して~

うーーん、、これねぇ、真面目に言うとねぇ、、
最初、バラバラ誘致でも、,いいか、って、思ってたけど、、
あれを聴くとやっぱ4人必要だわ。
だから、新潟では、足代が出ない。
璃事長がだしてやってもいいけど、それじゃぁ、男がすたる,って、モンでしょう。(爆)

カメリアさま、、

お久しぶりです。

>こんばんは。

すみません、お返事遅くて。

>冬のジャズストリートは八木ブラの皆さんが参加していたのですね。今回は見逃してしまいました。残念。

はい。
十回目でXです。
マジンガーZみたいにかっこよく決めたかった、、らしい。

>次回を楽しみにしています。お疲れさまでした。

はい。
次回があるか無いかは、みんなの都合によります。(本当)
だって、あんだけすごくても、普通にサラリーマンなんです。
おしごと的に、、都合がつけば、また、笑わせに来てくれるでしょう。
祈ってあげてくださいね。

マーリンさま、、

>こんにちは。
>雨でも楽しそうなジャズスト 盛り上がってよかったですね。

はい。
金澤と違って、とにかく一枚のチケットで全部まわれます。
その代わり、プロ&アマが混在してます。

>「Dear old stockholm」聴きたかったなぁ。
>ピアノヴァ-ジョンでしか聴いたことないので。

そうなんだぁ。
この曲は,ご存じと思いますが、スタンゲッツと言う、、サックスの超上手な羊の皮を被ったオオカミが、スウェーデンの民謡からこさえたものです。
ピアノよりは、サックスヴァージョンがええと思うけどなぁ。
そう、トランペットもええのだよ。ゲッツ&チェットって、コンビで演奏してるよ。

で、ほれ、ジャズって、テーマメロディをだいじに、そのイメージから外れないように各種法則にのっとって、、演奏してるのもありますから、そうするとピアノで聴いたイメージ崩れないかも。
八木ブラの今回演奏は、テーマメロディを核に持ちながら、4人でいろいろ遊んでますから。

>いつか 新潟ジャズスト(八木ブラザ-ズさんのを聴きに)行かれたらなぁ と思ってます♪

うーーん。。
きっと、メンバー全員で、かなり恐縮してると思います。
楽しいけど、巧いけど、細木さまを除いては、プロではないので、、その辺取り扱いにご注意ください。(爆)

通りすがりさま、、

>満員御礼でパスしちゃったのだけど、待ってりゃよかったな。

はい。コメントありがとうございます。
待っていたら、、セットの真ん中で、座れたかも。
でも、本当なら、1セット2セット通して聴くと、大変面白かったと思います。
個人的には、このバンド実力あるし、人数も5人なので、1時間だと物足りないです。
次回があったら、、是非後参戦ください。

中島さま、、

>すずっくさんへのレスですが

でかいのたちから、、お返事無いから、、わたしでがまんしてね。。

>> Fort Worthは思ったよりも良い出来です。最後はもう少しもあり上がればよかったかもしれぬ。
>Fort Worthだけでなくて、1セット目は本当によかったですよ。もちろん2セット目もおもしろかったですが、西尾さん、大村さんの強力なリズム陣とこやぎ兄弟の攻防をまた聞かせてください。

1セットめの中では、比較的Fort Worthがアンサンブルの部分が多かったのではないのかなぁ。違うのかなぁ。兄弟の掛け合いがあのくらいはまるといいですね。聴いていて、燃える。
さらなる極みを目指して、みんなで修行してほしいものです。(笑)

ありがとうございました。

新潟は雪すごそうですね。
名古屋も沢山雪がふりました。

ご自愛ください。

千の風さま、、

>新潟は雪すごそうですね。

そうですね。
新潟市内は少ない方ですけど。。
でも、毎日、いやになりますね。

>名古屋も沢山雪がふりました。

え、そうなんですか。
それは、大変でしたね。

>ご自愛ください。

ありがとさんです。
千の風さまも千の風邪にならないようにね。


すずっくさん、こんばんは(^_^)v

ご無沙汰してました。毎日雪でいやですよね(>_<)

ジャズストリートは楽しかったみたいでよかったですね。
わたしもVSOPはよく分かりません(^_^;)
ラメントを聞いてみたかったでーす(^∀^)ノ

チョコクリさま、、

>すずっくさん、こんばんは(^_^)v

あれ、だこださまは、改名ですか。

>ご無沙汰してました。毎日雪でいやですよね(>_<)

はいはい、今日も、普段の二倍の雪かきして、ヘトヘト。
腫れたり曇ったりの空をにらんでいました。

>ジャズストリートは楽しかったみたいでよかったですね。

楽しかったです。
って、毎回言ってますけど。(笑)

>わたしもVSOPはよく分かりません(^_^;)

あら、お若いのですねぇ。
いいなぁ、わたしも、知らない,って、言いたいなぁ。

>ラメントを聞いてみたかったでーす(^∀^)ノ

ラメントって、JJジョンソンって方の曲なのですが、最近ピアノソロヴァージョンをめっけて楽しんでます。
かめいどのこやぎさま,がっつりがんばっておりましたよ。

どうもどうも。

放し飼い次回は3月24日(土)でありますよ。
大井町も行きましょう行きましょう。

今日は池袋で4曲演奏しました。そのうち3曲がブラシで
バラードでした。これぞ私の目指す世界ではないでしょうか。
でも退屈だったかも(笑)。

ところで、先日の土産に、西堀ローサ地下街の地元名産店で
大根薄く切ってシソといっしょに巻いたような漬物買って
帰りましたら、それを家族がたいそう気に入りましてね。
りじちょう、なんていうものだかご存知でしょうか?
ネットで追加で買えないかしら、なんて思っちょる次第で。

んでは~

にしをさま、、

>どうもどうも。

どもども。。

>放し飼い次回は3月24日(土)でありますよ。

うむ。。そこはだめだと思います。

>大井町も行きましょう行きましょう。

うん。
また、ジャズ屋巡りしませう。

つうか、やはり、わたし、放し飼いのギターのおねえさまを聴いてみたいなぁ。

>今日は池袋で4曲演奏しました。そのうち3曲がブラシで
>バラードでした。これぞ私の目指す世界ではないでしょうか。
>でも退屈だったかも(笑)。

ほぉ。でも、ブラシで綺麗に絵を描くのは大変ですよねぇ。
にしをさんって、すごく上手なのに、時々、めちゃ不安感に駆られてませんか?
きっと、自分って言うより、世間の歪みを肌で感じてしまう、繊細なタイプなのね。

>ところで、先日の土産に、西堀ローサ地下街の地元名産店で
>大根薄く切ってシソといっしょに巻いたような漬物買って
>帰りましたら、それを家族がたいそう気に入りましてね。
>りじちょう、なんていうものだかご存知でしょうか?

これって、マジでシソだった??
大根薄切りにして、辛子でつけたやつじゃない?
大根のからし巻きつつのかな。違う?

http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/543/699/karasimaki,0.pdf

あ、、ここにシソショウガマキってのもあるね。

>ネットで追加で買えないかしら、なんて思っちょる次第で。

http://www.e-ippin.jp/company/iwasakisyokuhin/post-54.php?category=3%2C000%B1%DF%CC%A4%CB%FE


もう、買えた?
しかし、、にしをさまとこんなに仲良しになるとは思って無かったです。
不思議な気がする。。。
たぶん、大学時代にあってたら、恐怖で凍ってたですゎ。(笑)

どうもどうも!

> 繊細なタイプ

私ほど繊細なドラマーはいない。と、いつか言われたい(笑)。

繊細な私は今日、仕事をサボって家でレコード(CDじゃないよ)聴い
ていました。マイケルジャクソンのLPがあまりにすばらしくてねえ。。。
ひっくり返ってしまいました。
しほこ嬢の伴奏やってるうちに聴いておけばよかったよ。。。

> ギターのおねえさまを

新潟に誘致する方法は。。。どうかなあ来てくれるだろうか。。。

> あ、、ここにシソショウガマキ

これこれ!カラシもいいんだがこれもいいんですよ。ありがとうございます!

またね~。

にしをさま、、

>どうもどうも!

どもども。

>私ほど繊細なドラマーはいない。と、いつか言われたい(笑)。

いえいえ、繊細ですよ。

>繊細な私は今日、仕事をサボって家でレコード(CDじゃないよ)聴い
>ていました。マイケルジャクソンのLPがあまりにすばらしくてねえ。。。
>ひっくり返ってしまいました。

へぇ。。
確か外山姫が何処かに書いてたけど、、
マイケルは常に同じ音楽を再現できるようにスタッフに要求してたらしいですよ。
彼のファンはアルバムを聴いて彼のコンサートにくるから、同じクオリティをライブでも、って、感じで。さすがブロだよねぇ。

ジャズは、音楽的に、、それは無いと思うけど、、
もしも、八木ブラがそれができたら、わたしがびっくりだけど。って、要求しても無駄であろうけど。。

>しほこ嬢の伴奏やってるうちに聴いておけばよかったよ。。。

こっちの姫はおげんきそうで何よりです。
いつか、何処でクリスマスライブで楽しく盛り上がりたいですね。(まだ言ってる)

>> ギターのおねえさまを

>新潟に誘致する方法は。。。どうかなあ来てくれるだろうか。。。

うーーん。
いいよ、新潟ではジャズストでないと難しいもん。
わたしの好きなジミヘンのLittle Wingをカチョよく弾いてくれないかなっ。
あぁ、、ベタ過ぎる選曲で恥ずかしくて、いえないけど。。
彼女ね、きっと、グエンレとか好きだと思うな。
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/songs-of-freedo.html
これは、去年たくさん聴きましたぜぇ。。踊れますわ..これ。

>これこれ!カラシもいいんだがこれもいいんですよ。ありがとうございます!

ほぉ。
我が家はダーリンがショウガはだめ。。


>またね~。

はいはい。またねぇ。
って、Vijay Iyerが新譜だすよね??

どうもどうも。盛り上がるね、この話。

> 同じクオリティをライブでも

むかし、サンフランシスコでぱっとメセニーを聴きましたが、
なにげにアルバムと同じクオリティでした。VSOPもそうだった。
ミュージシャンの力量も非常に大きいけど、その周りを固める
スタッフがすごいんですよね。まあそのスタッフを集めるところ
も含めてミュージシャンの力量なんだろうけど。
あと、器材の物量もすごい。メセニーバンドなんて超大型
トラック2杯でしたから。あれはトラックでかすぎて、日本じゃ
NHKホールまで行けないと思う(笑)。

> いつか、何処でクリスマスライブ

いや、こっちがボケて忘れさえしなければ(笑)、いつかかなう
時が来ると信じて居ますぞ。とにかく忘れないようにしましょう(笑)。

> ジミヘンのLittle Wing
> グエンレ
> Vijay Iyerが新譜だす

すべて存じませんでした。。。勉強します!

にしを

にしおさま、、

>どうもどうも。盛り上がるね、この話。

こんばんは。

>> 同じクオリティをライブでも

>むかし、サンフランシスコでぱっとメセニーを聴きましたが、
なにげにアルバムと同じクオリティでした。VSOPもそうだった。

ごめん、書き方がわるかった。
クオリティもですが、、アルバムと同じに、って、こと。

>ミュージシャンの力量も非常に大きいけど、その周りを固める
スタッフがすごいんですよね。まあそのスタッフを集めるところ
も含めてミュージシャンの力量なんだろうけど。

そうだよねぇ。
それって、よくわかります。

>あと、器材の物量もすごい。メセニーバンドなんて超大型
トラック2杯でしたから。あれはトラックでかすぎて、日本じゃ
NHKホールまで行けないと思う(笑)。

あの人たちって、その道のプロなんで、ものすごくきちんといろんな手順が決まってますよね。
それをみてるのも面白いよね。

>> いつか、何処でクリスマスライブ

>いや、こっちがボケて忘れさえしなければ(笑)、いつかかなう
時が来ると信じて居ますぞ。とにかく忘れないようにしましょう(笑)。

でへへ。

>すべて存じませんでした。。。勉強します!

そう、勉強しましょ。
呑みながら!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/43904381

この記事へのトラックバック一覧です: 雨のにいがたジャズフラッシュ。。。:

« 土曜日は、、新潟ジャズストリート! | トップページ | Break The Ice / Hakuei Kim »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ