2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« ★すずっく2011 その1★ | トップページ | ☆2012年 みっつの願い (*^_^*)☆ »

2011年12月29日 (木)

★すずっく2011 その2★

★すずっく2011 その2★

東京へいく機会が多くなったのですが、東京でライブを聴く機会は少なかったです。
でもこっそり独りでD2に足を運べたのでよしとしよう。。
それからクリスマスがご縁で頂いたぼんねっとさまのクグロフが家中で大人気。
お正月用に追加注文いたしましたぁ。

さて。。いつからの恒例だか、、忘れましたが、、恒例の(笑)年間ベスト10です。
ブログでの発表なので、、

秘密のお部屋に記事きちんとあげていて、リリース年月日が今年のもの

だけから選びましたです。
詳しい内容は、日記へどうぞ♪


★2011年ベスト10(順位あり)★

1.Transatlantic / Chris Potter and the DR Big Band
誰がなんといおうと、今、わたしの中では現代テナーサックス奏者の一番なのです。ビックバンドとのコラボ作品ですが、想像通りのハードボイルドなクリポタワールド。しかも、ピアノは日本で人気急上昇中、スウェーデン出身、デンマーク在住で、ジャズオーディオディスク大賞2010インストゥルメンタル部門銀賞受賞のMagnus Hjorth!調和していながらきちんとクリポタワールド全開!

2.Songs of Freedom / Nguyen Le
ギターのテクニックは世界水準、自らのアイデンティティーをしっかり表現してくるミュージシャン。日本では、有名ではないけどグエンレは格別の存在でーす。ロックギターよりに歪んだ音やリズムなんですけど、テクニックと彼が意図するサウンド世界はは唯一無二。今年一番聴いたアルバムだわ。


3.Night On Earth / Vince Mendoza
その美しく哀愁のただようサウンドは、音の絵巻物ようで、彼の美学に貫かれた美しい風景、情景が次々と展開されます。多彩なメンバーを揃えての堤材適所。その多才な個性を生かしながら、メンドーサの世界を彩っています。

4.James Farm / Joshua, Aaron, Matt, Eric
バンドサウンド重視のアルバムなのですが、それぞれの持ってる技量が半端でないので、各自はかなり自由度の高いソロを展開してます。でも、バラバラになることはなく、ハーランドとマットが的確な音を存在させる事で、かなりきちんと収束してる。ユニット名はメンバーの頭文字を使って、自分たち活動の場である創造の国を主張。

5.Faithful/Marcin Wasilewski Trio
ポーランド的な美意識も、無国籍な透明感も、熱さも冷たさも上手に共存するアルバム。美しい音だけに満ちた世界を堪能できる。今年のピアノトリオのトップです。音に艶があって濡れているような輝きがあって美しい、、、音と音の間にも沢山の音が隠れているような感じがたまらない。彼の魔法でひととき心を解放してみましょう。。

6.A Moment's Peace / John Scofield
これがジョンスコですか?って、優しく、ほんわかした時間が流れます。でも、聴かせどころを持ってます。
わたくし的には、、一度かけると、グルグル回したくなる優れもの。シンプルで、ほのかに甘い香りのする空気がたっぷり含まれたアルバムスリリングにひきたおすギターも大好きなのですが、こんな穏やかな時間をくれるギターも大好き。ジョンスコ、ジョンスコ!いぇ〜〜い。

7.Rio / Keith Jarrett
ヘイデンとのアルバムでキースは人肌になった、なんて、わかったようなことを言ってたら、そのしっぺ返しのようにリリースされたソロアルバム。唸ってます。キースほどの人になれば、多面性は当然なのでしょうが、、このちいさな2枚のディスクに収められタ音楽は宇宙にあまた輝く星と同等なくらい素敵。

8.Live In Marciac / Brad Mehldau
キースとの差はほとんどないと思う。リピート回数も圧倒的にこちらが上でした。でも、録音が古いのはどうなのよ。。。強さと優しさ、、決して聴きやすいアルバムだとは思わないののですが、簡単に妥協しない重たさ暗さ怖さも彼の魅力の一つです。

9.Destinations Unknown / Alex Sipiagin
私的に今一番生で聴きたいトランペッターです。芯のしっかりしたダークで濃いサウンド。重たいというのとは違うけど密度が濃く聴くものに対しても容赦がない。シピアギンのペットは現代的なフレーズの中にも情緒が漂うのだけど、でも、そういうことを期待する人はやめた方がいい。(笑)メンバー全員で、真摯にジャズを追求する姿に惚れ惚れする一枚。

10.Gravity / Julian & Roman Wasserfuhr
まさに、ロマンティックがとまらない。。って、1枚ですわ。2人のオリジナルはなかなかメロディアスで、しかも、兄弟の演奏も優しさ柔らかさの中にスリリングな状況もみえ、情緒たっぷりなのだけど、ベタベタ感がないのが好き。個人的には、ダニエルソンもポイントの一つなんですが、こちらはさほど目立ってはいません。ドイツ人の兄弟ですが全体のサウンドの仕上がりに北欧叙情を感じてしまう、わたくしでした。。


★ベスト10からは外れたけど、はまった15枚(順位なし)★

タイトルクリックすると飛びます、飛びます♪

Live at Birdland /  KONITZ,MEHLDAU,HADEN, MOTIAN
10位に入れようか悩んじゃった。ハードバピッシュな展開ではないけど、ジャズの神髄じゃ。

Domi / Antonio Farao
ハードドライビングに駆け抜けるテクニックとイタリア人らしい哀愁ある美メロフレーズと、そのギャップ?に翻弄されるわたしです。

4 Out / Francesco Cafiso
今アルトで一番好きかもしれない。カフィーソさま。。なんと、Moody'nって新譜がでてました。来年じゃ。。

Michele Polga Meets Fabrizio Bosso
ボッソ買いなのですが、この初聴きのサックスもかなり好みでお得な1枚となりました。

Orvieto / Chick Corea / Stefano Bollani
ECMのボラーニだけど、熱いラテンの血を証明できたのはコリアさまのおかげです。

All We Are Saying... / Bill Frisell
レノンの素敵な曲集だけど、絶対にビルフリにしかできないアルバムです。

Modern Musuc / Brad Mehldau  Kevin Hays  & Patrick Zimmerli
熱き血潮に満ちた時間ばかりが人の時間ではない。無機的な音楽だからこそ、逆に自分の血や肉を投影できるものもあるのでしょう。

Undeniable Live at Blues Alley / Pat Martino
上記の音楽とは真逆ですわ。ジャズといえば、グルーブだ、ドライブ感だと、仰るあなた、こりゃ、王道です。

Threedom /  Pilc Moutin Hoenig
既存曲はテーマをモチーフ的につかってどれだけ自由な発想ができるかが勝負テな感じ。

What's It All About / Pat Metheny
え、ここですか、って、いわれそう。何が不満ってないのですけどね。彼の若き日のアルバムでもめくっているようでした。

Natsukashii / Helge Lien Trio
リエンのピアノは、1音1音が重たくしっかりしてます。湿度のある感じも大好き。

Five / Prysm
ハイテンションで一気に疾走していくスピード感は、快感。恍惚感さえ感じます。
期待通りの内容。だけど、この方たちの音楽の方向性はこんな古い音源はイカンと思う。
どうしても、そこが納得できなかったのだ。。

Stride / Danny Grissett
エレガントで繊細なクリスクロスって、珍しい。。

Lines of Oppression / Ari Hoenig
やっぱ、彼のテクニックも音楽的センスもすごいと思うのだなぁ。。

The Jazz Ballad Song Book / Randy Brecker Feat. DR Big Band
ランディ♪ランディ♪ヘイ、ランディ♪

そして、忘れちゃいけないのがこの三つ!
我が心の友でございます。3人の女性に捧げますわ。


★2011 特別賞★

英華発外 de 賞  Ambition / 外山安樹子
すみません。アドレスを貼り付けようとして、、気がつきました。CDでブログをあげてない。。(汗)
時間もないので、新譜ツアーの時の記事をリンクしました。
メンバーとの阿吽の演奏もさることながら、やはりオリジナル曲がとても素敵。
そう、メロディーメーカーで素敵なジャズピアノ演奏者の外山安樹子さまの新譜は日常に潜む感情の起伏がいっぱい。

才色兼備 de 賞  Lost & Found / Gretchen Parlato
知的でバンドとの関係もしっかりしている。だけど、嫌みはなくちょうスーパー囁きヴォイスは癒されてしまうのでありました。なぜか、まわりではブレイク中!

未来永劫 de 賞  Child Is Born / Geri Allen
ピアノソロだけでしたらクリスマス正当派名盤、って、感じでしょう。でも、そこにFender Rhodesつかった曲や、ヴォーカルで異次元な感じを作りだしちゃったりするのがジェリアレンのジェリアレンたるところ。あとから頭に残るのは、そんなジェリらしい演奏のほうだったりする、クリスマスだってジェリアレンらしいわ。


そう、後ねぇ。。ブログにきちんとあげてないけど、温故知新de 賞があったら。。
in Hamburg / Jan Johansson
金銭的なこと、時間的なことで、過去の録音盤をあまり買わないのですが。。
これは、目から鱗の1枚。わたしがラーシュヤンソンやダニエルソン、そして、スウェーデンに惹かれる理由が少しわかった気がした1枚です。はい。


さて。。明日は晦日です。ダーリンも今日でお仕事納めです。
だから、今年のブログエントリーはこれが最後だと思います。
今日も。。すげぇ。。長かったねぇ。
来年は3分割くらいにして時代の変化について行かなくちゃ。

今年もご愛顧ありがとうございました。

来年も、よろしくおねがいいたします!

んじゃ、、退散♪

« ★すずっく2011 その1★ | トップページ | ☆2012年 みっつの願い (*^_^*)☆ »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

スズックさん、こんにちはmonakaです。
なんかたくさんありますね。10枚ですよ10枚。
4枚も一緒に名ありましたね。音楽狂さんとも3枚、みんなで楽しみましたね。

こんばんは。

トラバありがとうございました。
私は年間ベストを書かないことにしていますので、
「年末ベスト盤大会」からトラバさせていただきます。

ベスト10アンドモア13枚、私はキース、メルドー、ヨーロッパ物2枚、女性ボーカルを
買っていないので、それ以外の8枚は納得です。
私も良いと思ったものばかりです。
あんまり一致するのもどうかと思うのですが、事実なのでしょうがない(笑)。

今年は大変な災害がありましたが、私も相変わらずだったわけでして、
相変わらずでいい人は相変わらずを続けるのもひとつのあり方だかな?
と思っています。

今年も楽しくブログを読ませていただきました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

suzuck様
こんばんは。コメントありがとうございます。
ベスト10は結構被っていました。以下の作品が知らないもの多数です。
しかしグエンレは聴かなきゃダメだなって気になっています。
キース今回はスルーしてるんですが、これも結局聴いた方がよさそうですね。
何にしろ来年もよろしくお願いいたします。

suzuckさん、TBありがとうございます。
2枚ほど、興味あるものがあります。おいおい聴いていくつもりです。
今年もお世話になりました。
大変な年でしたが、来年は穏やかな年になること、そして、お会いできることを祈って。
来年もよろしくお願いします。

こんばんは
今年もあ数日ですね
私もジャズ・ベストなるものを拙ブログにかきました
トラバさせてください
よいお年を!!

10枚を順位つきであげると、けっこう大変でしょう。私は3枚プラスアルファだったので、割とささっと書いてしまいました。でも、’11年はいいアルバムが多く出た年ですね。特に前半は多かったような気がしました。

来年もよろしくお願いします。

TBさせていただきます。

ジャケ付きで挙げられている10(+3)枚の内、聴いているのが6枚でした。結構少ないですね。。
皆さんのベストを眺めつつ、これから落穂拾いが始まるのが例年なのですが、今年は候補が多くなりそうな予感です。
ご多聞に漏れず相当量買って聴いてるつもりなんですけどね。。(笑)


ということで、来年もよろしくお願いいたします。

ブラザー最中さま、、

>スズックさん、こんにちはmonakaです。

はい。こんにちは。

>なんかたくさんありますね。10枚ですよ10枚。

ええと、一応10枚ですわ。
本当は、いろいろ、、違うんだけど。(爆)

>4枚も一緒に名ありましたね。音楽狂さんとも3枚、みんなで楽しみましたね。

わたし、ハクエイさまのソロも楽しんでますよ。
来年こそは!

いっきさま、、

>こんばんは。

はーい。

>トラバありがとうございました。

いいえ。
トラバ好きなもので。(笑)
トラバの為に引っ越ししたんだもん。

>私は年間ベストを書かないことにしていますので、
>「年末ベスト盤大会」からトラバさせていただきます。

イーグルのお話もいつも興味深く除いてます。
って、いっきさまのブログだけで判断してはいけない気がしますが。(笑)

>ベスト10アンドモア13枚、私はキース、メルドー、ヨーロッパ物2枚、女性ボーカルを
買っていないので、それ以外の8枚は納得です。
>私も良いと思ったものばかりです。

やった。
結構、ジャズブロガー的には王道だと思うんだけど。(爆)

>あんまり一致するのもどうかと思うのですが、事実なのでしょうがない(笑)。

仕方ないですよね。

>今年は大変な災害がありましたが、私も相変わらずだったわけでして、
相変わらずでいい人は相変わらずを続けるのもひとつのあり方だかな?
と思っています。

うん。
自粛しすぎたり、みんなが同じ方向にあっち向け、、では、やばいですよねぇ。

>今年も楽しくブログを読ませていただきました。ありがとうございました。
>来年もよろしくお願いいたします。

はい。こちらこそ。。

ki-maさま、、

>suzuck様

はい。

>こんばんは。コメントありがとうございます。

いいえ。

>ベスト10は結構被っていました。以下の作品が知らないもの多数です。
>しかしグエンレは聴かなきゃダメだなって気になっています。

これね。。とっても面白いですよ。
頭がグニャグニャになります。大好きなんですけど。

>キース今回はスルーしてるんですが、これも結局聴いた方がよさそうですね。

どうかなぁ。
たぶん、トリオの方よりソロの方が面白いことになってるんではないでしょうか。
とか、発言に気をつけよう。(笑)

>何にしろ来年もよろしくお願いいたします。

はい。
双子ちゃんにもよろしくね。

マダムさま、、

>suzuckさん、TBありがとうございます。

いえいえ。
リオとブーブレもトラバしたいなぁ、、と、思ってます。

>2枚ほど、興味あるものがあります。おいおい聴いていくつもりです。

そうですか。。
なんだろうなぁ。。

>今年もお世話になりました。
>大変な年でしたが、来年は穏やかな年になること、そして、お会いできることを祈って。
>来年もよろしくお願いします。

はい。こちらこそ。。
ええと、、明るク、楽しい年になりますように、、、って、願ってます。

HamaVenturiniさま。、、

>こんばんは
>今年もあ数日ですね

ってか、あと2日だよ??
あれ??違う。。???

>私もジャズ・ベストなるものを拙ブログにかきました
>トラバさせてください

はい。
トラバしなおしました。

>よいお年を!!

ありがとうございます。
HamaVenturini もね。

910さま、、

>10枚を順位つきであげると、けっこう大変でしょう。私は3枚プラスアルファだったので、割とささっと書いてしまいました。

順位ってずっと考えたことなかったのですが、、
ここ3年くらい、充分なりに順位を考えるようになりました。

>でも、’11年はいいアルバムが多く出た年ですね。特に前半は多かったような気がしました。

夏前のラッシュはすごかったですよねぇ。
息もできないくらい。(爆)

>来年もよろしくお願いします。

はい。こちらこそ。
いつも、とても助かってます。
特に、ECM!!

>TBさせていただきます。

ありがとうございました。

oza。さま

>ジャケ付きで挙げられている10(+3)枚の内、聴いているのが6枚でした。結構少ないですね。。

そう。。
今年は意外とそんな感じ。
実は、oza。さまのはまってるスモールズのライブ盤とかわたし今年ほとんど買ってなかったりするんです。
そして、シェーマスだっけ??と、デビットベイニーだっけ?あれがアンナンで。。
ギターはドツボなのですが、今年は組み合わせが、あれでしたわ。。

>皆さんのベストを眺めつつ、これから落穂拾いが始まるのが例年なのですが、今年は候補が多くなりそうな予感です。
>ご多聞に漏れず相当量買って聴いてるつもりなんですけどね。。(笑)

はい。。
って、ことで、、、わたしは前を向いて生きてまぁす。(爆)

>ということで、来年もよろしくお願いいたします。

はい。こちらこそ。。

すずっくさん,こんにちは。

ここにアップされている作品はだいたい聞いていますし,各々に評価できるアルバムで,ご同慶の至りというところです。

今年はジャズに関してはかなり豊作だったと思いますので,セレクションに苦労するかなぁと思いましたが,私の場合はあっさり決まってしまいました。来年もいろいろな音楽をご紹介下さい。私はジャズ以外で貢献したいと思いますので...。ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

よいお年を。

こちらからもTBさせていただきます。
私とはベスト10で4枚、次点の15枚で2枚一致してますね。
他のアルバムも所有しているものに関しては、どれもが納得のいくものばかりでした。
これだけ素晴らしいアルバムがいっぱいあるというのに、ジャズはもう終わったと言っている人たちの気が知れないです(笑)。
ということで来年もよろしくお願いします。

Suzuckさん、こんばんは。
震災からずいぶんの間、音楽を楽しめなかったのですが、こうして1年振り返ると、豊作な1年だったんですね。今回の選出凄いですね。全部で25枚。これって氷山の一角なんですよね?分母の数が想像も出来ない。。

今年はいろいろとつらい気持ちになる1年でしたが、音楽に救われた1年でもありました。そんなまとめを僕もしましたのでTBさせていただきます。

今年もいろんな作品の出会いのきっかけをいただきありがとうございました。来年も引き続き宜しくお願いします。

それでは良いお年をお迎え下さい。

こんばんは~

明日もお仕事なので…簡単にごあいさつだけ

思いもよらず…楽しいやりとりをさせていただきまして…とても嬉しかったです!

たくさんお世話になりました。来年もよろしくお願いしまーす(^∀^)ノ

閣下、、
ナリーさま、、
とっつぁんさま、、
だこださま、、

コメントありがとございます。
年があけてからのお返事になります。
ごめんなさい。。

みなさま、、良いお年をおむかえくださいね。

良いお年をお迎えください。

来年も沢山のジャズを聞いてください。
教えてください。

Suzuckさま、あけましておめでとうございます。
元旦は、宮崎(妻の実家)で過ごしております。
あいにく気圧の谷の影響で初日の出は拝めませんでした。
さっそくですが、
おかげさまで昨年のクリスマスは楽しく過ごすことが出来ました。
特にBugge Wesseltoftには、はまり大晦日にも聴いていました。
ベスト10のNight On Earth / Vince Mendoza(北欧)
も近く入手して聴いてみたく思っています。
今年も時々お邪魔させてただこうと思いますが、宜しくお願い致します。

音狂閣下、、

>すずっくさん,こんにちは。


お返事が遅くなりましたが、
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>ここにアップされている作品はだいたい聞いていますし,各々に評価できるアルバムで,ご同慶の至りというところです。

日々の暮らしの中できいてるとタイミングという要素も大きく影響してしまいますよねぇ。。
それが目下の悩みです。。

>今年はジャズに関してはかなり豊作だったと思いますので,セレクションに苦労するかなぁと思いましたが,私の場合はあっさり決まってしまいました。

わたしも上位はあっさりだす。(笑)
わたしは、もう少し、メジャーな路線でパンチがきいたのが1枚くらいほしかったなぁ。


>来年もいろいろな音楽をご紹介下さい。私はジャズ以外で貢献したいと思いますので...。ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

もう、、しばらく、お付き合いくださいな。(笑)

ナリーさま、、

お返事が遅くなりましたが、
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>こちらからもTBさせていただきます。

ありがとうございました。


>私とはベスト10で4枚、次点の15枚で2枚一致してますね。
>他のアルバムも所有しているものに関しては、どれもが納得のいくものばかりでした。

☆五つの場合は持ってるのもはほとんど一緒ですよね。

>これだけ素晴らしいアルバムがいっぱいあるというのに、ジャズはもう終わったと言っている人たちの気が知れないです(笑)。

終わったっていってる人の感性が死んでいるのでしょう。。
と、心密かに思ってます。はい。

>ということで来年もよろしくお願いします。

はい。今年もおつきあいくださいな。

とっつぁんさま、、

お返事が遅くなりましたが、
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>Suzuckさん、こんばんは。

はい。

>震災からずいぶんの間、音楽を楽しめなかったのですが、こうして1年振り返ると、豊作な1年だったんですね。今回の選出凄いですね。全部で25枚。これって氷山の一角なんですよね?分母の数が想像も出来ない。。

はい。
わたし、タックさんきいてますよ。(笑)一昨年くらいから、ヴォーカルも買うようになって結構たいへんです。(笑)

>今年はいろいろとつらい気持ちになる1年でしたが、音楽に救われた1年でもありました。そんなまとめを僕もしましたのでTBさせていただきます。

そうですねぇ。
でも、音楽というものは、、、いわゆる生活と言うものが安定してないと楽しめないと言うことがよくわかりました。。

>今年もいろんな作品の出会いのきっかけをいただきありがとうございました。来年も引き続き宜しくお願いします。

おぉ。
そう言って頂けると嬉しいような、、恥ずかしいような。(爆)

>それでは良いお年をお迎え下さい。

ありがとうございます。
中吉人生で今年もがんばります。

だこださま、、

お返事が遅くなりましたが、
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>こんばんは〜

はいはい。

>明日もお仕事なので…簡単にごあいさつだけ

うん。
お仕事、、ご苦労様でした。
早く、冬休みが来て、、ここにもあっちにも、、ゆっくり遊びに来れるといいね。


>思いもよらず…楽しいやりとりをさせていただきまして…とても嬉しかったです!

はい。こちらこそ、とっても不思議な気がします。

>たくさんお世話になりました。来年もよろしくお願いしまーす(^∀^)ノ

いえいえ、こちらこそありがとうございます。いつか、乾杯ができるといいなぁ。。
またね!

中島さま、、

>良いお年をお迎えください。

お返事が遅くなりましたが、
昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

>来年も沢山のジャズを聞いてください。
>教えてください。

ドひゃぁ。。
でも、わたくしのブログからのリンクはなかなかいい勉強になるかたばかりと自負しております。

baikinnmannさま、、

>Suzuckさま、あけましておめでとうございます。

はい。
おめでとうございます。
今年も、よろしくお願いいたします。

>元旦は、宮崎(妻の実家)で過ごしております。
>あいにく気圧の谷の影響で初日の出は拝めませんでした。
さっそくですが、

おぉ。。それは暖かそうでいいですね。
初日の出ですか。。残念でしたね。

>おかげさまで昨年のクリスマスは楽しく過ごすことが出来ました。
>特にBugge Wesseltoftには、はまり大晦日にも聴いていました。

おぉ。。
それは、よかったです。ブッゲの自分のレーベルのスタイルとちょっと違うと思いますが、本当に大好きな1枚です。

>ベスト10のNight On Earth / Vince Mendoza(北欧)
も近く入手して聴いてみたく思っています。

おぉ、、
これって、アレンジャーメンドーサをわたしは高く評価してて、しかも、その世界が好き♪
だから、絶対外せぬ1枚でした。

>今年も時々お邪魔させてただこうと思いますが、宜しくお願い致します。

はい。
お役に立てるかはわかりませんが、
楽しい話題を提供できるようにわたしもがんばります。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/43549542

この記事へのトラックバック一覧です: ★すずっく2011 その2★:

» 今年記事にした新作フェバリット10枚 [JAZZ最中]
blogをはじめてからその年に記事にしたアルバムのフェバリットを10枚選んでいます。 12月の半ばには選らび終わっていますが、振り返るとたいてい26日ぐらいにUPをしていて、クリスマスがすんでさて年末という、そんなタイミングを感じているのでしょう。 まずは...... [続きを読む]

» 2011年の収穫(ジャズ系) [音楽という食物]
今年も新旧織り交ぜて色々聴きました。 なんだかんだ言って一番割合の多い、今年発売の特にお気に入りのジャズ系について取り上げます。 Fred Hersch/Alone at the Vanguard 今年最も聴いていたのはFred Herschの諸作で、その中でもAlone at the Vanguardは突出してま...... [続きを読む]

» 2011年 Best 3 [JAZZ & BOSSA]
2011 年のベスト3です。未聴盤もまだ残ってます。時間がないのと、迷ってもキリがないので、 見切り発車。 他にもいいアルバム、たくさんあります。おいおい、レビューしていきます。 付け加えるなら、これは ドラさんのジャズコーナー と言うサイトで、恒例、年末の行事の一つ 12月だけのBBSも設置 このサイトから、皆のベスト3を実際に聴きたくてたまらず、C..... [続きを読む]

» 総括 2011年 ジャズ [灼熱怒風]
実はあるアルバムの到着を待って、今年の個人的2011年ジャズの総括をしようと思っていた。 当初そのアルバムは10月に届く予定が遅れ12月になるといわれ、そして最終のアナウンスでは年明け早々とのこと。 ということで、ここで締めたいと思いマス。... [続きを読む]

» 私的’11年のアルバム3枚 [ジャズCDの個人ページBlog]
今回の私的ベスト3は、7月に書いた上半期のものと同じでした。いいアルバムは上半期 [続きを読む]

» 2011年のBEST3 [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
毎度のことですが、悩み出すとキリがないのでこの辺で収めようと思います。 今年は、前半のリリースラッシュと年末のリリースラッシュで良盤が多かったと思います。 例年の通り順番をつけないで下記3枚と、番外として国内盤を2枚といたします。 Jonathan Kreisberg Shadowless (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/60318377.html) 今年はJonathan Kreisbergで始まったというくらい年初にハマりました。 ..... [続きを読む]

» 2011年を回顧する(その5):音楽(ジャズ)編 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
2011年を振り返ってみれば,ジャズ界はかなりの豊作だったと言っていいように思う。特に今年前半から中盤にかけての,良作ラッシュは記憶にないほどのものだった。私のブログには2011年おすすめ作なるフィー... [続きを読む]

» 2011年のベストアルバム [Jazz&Drummer]
今年度(2010年12月11日〜2011年12月9日まで)にブログアップした新譜CDは204枚。その中から例年どおりベストアルバムをジャズ部門10枚、フュージョン部門5枚選定した。 <ジャズ部門> 1.Joshua Redm...... [続きを読む]

» いろいろあった1年だけどThank You for the Music!! 愛聴盤2011 [とっつぁんの日記帳]
今年は震災以降随分の間音楽を聴く気にならなくて、そこから癒されたり、刺激をうけたりした3枚が今年の愛聴盤ベスト3です。他にもいい作品が一杯あったけど、John LennonとかBob Dylanなどのうたの強さに改めて感じたりもしました。 (左から) 1.John Scofield / A Moment s Peace [ 過去記事はこちら ] 震災後、なんかジンワリと染みいる作品でした。なかでもあのジョンスコがラブリーなLennonのI Willなん..... [続きを読む]

« ★すずっく2011 その1★ | トップページ | ☆2012年 みっつの願い (*^_^*)☆ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ