2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« 十月、神無月は黄昏の国、、遠くに行きたい。。 | トップページ | Homecoming / Emanuele Cisi Quartet »

2011年10月 6日 (木)

その大志は、台風に勝つ・・。

外山安樹子 トリオ @ ジャズフラッシュ(9/22)
外山安樹子(p)、関口宗之(b)、秋葉正樹(ds)

サボっていたわけではないんですが、もう、、2週間も前の出来事になってしまった。。
覚え書きでたどる、ライブの旅。。って、今更始まったことではないんですけどねぇ。。

ええと、、なんと、ツアーに逢わせて台風が上陸、新潟に向けて北上。。
ライブ直撃!絶体絶命!と思いきや。。前日の長岡も新潟も、、
台風なんてなんのその、、台風を微妙によけて、外山安樹子はやって来ました。
・・・ちゃうな、台風が微妙によけてくださいました。(爆)
次回から、タイフーン娘とお呼びしましょう。。。

つうことで、古町の宿泊先で待ち合わせ。
小さなロビーで、大きな声で挨拶して、今回ライブにいらっしゃらない猫屋さんの花村さまにご挨拶へ。すると、副店長subuさまもいらして、明日のおかべさんのライブの準備中?のご様子。「あなたどなた?」って、ご質問に「今回ヴォーカル担当のすずっくです」って、お邪魔いたしましたぁー。m(__)m
時間も無いので、急いでリハというか、、セッティングにフラッシュへ。
えっと、パーマネントなバンドなので、ライブ前にはお店の音環境を確認するくらいです。実は、この時点でも、曲は決定して無かったりする。(って、言ってもいいよねぇ。。??)
と、その間に、、予約の電話が入ったりして、マスターと思わず、、にっこり♪

ライブ前の腹ごしらえ、教えていただいた近所のお寿司屋さんへ。
時間ギリギリまで、、食べて。。で、いきなり曲決めに。。
小心者のわたくしは、、時計とにらめっこ。(爆)
メンバーを即して、、戻ってみると。。
なんだか、予想外に人出が、、、。。あ、いやいや、予想通り。
知ってるお顔もちょっとあるけど、、なんでしょう。。わさわさと、、人が集まった。。。
なんだか、ほっとして、、大好きな大好きな人の間に、、座る。
わーーい。「マスター、リンゴ酢ジュース!」

と。。。ミュージシャンがあらわれて、ざわつく会場がシーンと静まる。
開始じゃ!

聞き覚えがあるベースの刻むリズムから入ったイントロは、えらくヨーロッパナイズされていてかっこいい。うーーん、、これはなんだと思ってると、テーマが来た。新譜の1曲目、May Journey。アルバムではいきなりテーマからなのですがこれかっこいいなぁ。と、大きく、奥へ奥へと風景が広がっていく曲で、去年、新潟~秋田に行くときの日本海をみてつくった曲だそうです。高揚感もあるいい曲です。と、綺麗なメロディだけで終わらないの。どーーんと、押し寄せる感情の大波小波。
わたしのストッキングが伝染してたから思いついた?Shiny Stockings 。(爆)って、この大胆な暴れっぷりは、すごすぎる。僭越ながら、この方のスタンダードの演奏は、ますますどんどん、大胆になっていってますよねぇ。そこに、なんの躊躇もなく追随するメンバー。知ってる曲もここまで弾ききってくれると実にすっきりいたします。はい。
と、クラシックなナンバーからボロディンの「だったん人の踊り」わーーい!!大好きぃぃ。わたしはクラシックはほとんど聴かないので、ジャズのナンバーで覚えたのですが、メロディの優雅な流れはやはりクラシックですよねぇ。と、優雅な雰囲気をそのままに、彼女のイメージともに、どんどん空間が広がっていきます。気持ち良い。その勢いで、アルバムにも入っていたTake5。転調して、分解して、広げて、のばして。自由自在だ。でも、ちゃんと五感のどこかでTake5を感じられる演奏で、とっても面白い。

MC。これは面白かったんだけど、長くなるから、、はしょります。
でも、一言、、関口さま、、お髭はにあわないぞぉ。

で、Rainy Garden。わたしの大好きなバラード。故郷を離れて梅雨の季節、雨に濡れた窓をみながら、、つくった曲だそうですが、銀色の雨の雫、、、日常に重なる銀幕のようなシーン。。胸の奥に抑えられた想い出、想い。そんな乙女心。女性はいくつになってもこういう瞬間を持つことで、明日へ歩んで行ける。このイントロも素敵だったなぁ。。雨の気配、、ベッドから起きて窓辺に歩み、そっとカーテンを開ける。。そんな序章を読むような。。。詩的なイントロ。そして、ベースのアルコがフューチャーされると、いっきに場面が動く。とても、素敵な流れ。まさに映画のワンシーン。哀愁のベースソロと絡んで感情がグンと高まります。
1セット目最後は、新譜から Waiting For You。春をまってる曲だそうで、その気持ちの高まりをがんがん行きます。当然、ベースのソロも攻撃的、ドラムに至ってはエキサイティングに聴かせます、魅せます。きゃぁ、、とか、叫んでいるうちにテーマに戻ったんだけど、、終わった瞬間酸欠な自分に気がつく。生きててよかった!

嵐のような拍手で、休憩に。。
と、いろいろと楽しい時間が過ぎ。。
2セット目へ。最初はグー♪から始まって、特性ポスターの争奪戦。(笑)
お二人がゲット。美女と野獣?だったなーー。(爆)

最初はなんとラーシュヤンソンのLatour。ヤンソンの曲の中でもとっても躍動感のある曲。外山さんらしい選択かも。最初はヤンソン節を散りばめておりましたが、次第にヒートアップ。オレンジのイタリアンのTシャツの秋葉ドラムが多彩な音でリズムを刻む中、関口ベースソロも。。いきなり、2セット目トップからすごいなぁ。ぶっ飛ばしますです。
2曲目はAlone Together。ちょっと、切ない愛のメロディ。まずは、心の葛藤をを表現するかのようにピアノソロでじっくりと、ベースとドラムがフィルインして、よく唄うベースへ、今にも踊り出しそうなドラムへ。いろいろとペアを意識しながら次々に展開していきます。気がつけば、「You Are Not Alone」。
そして、新譜からUNIGERUN。今回のシンプの中で、一番歌「親しみやすい」メロディと思ってます。って、書くと、あれですが、まぁ、歌謡曲チックなのね。愛憎劇のTVドラマの一シーンのよう。揺れ動くヒロインの心模様。こういうメロディで、関口ベースはソロを弾かせたら日本一かも。と、濡れ衣、を、後ろから綴った曲だそうです。え??って、夢の中で万引きをとがめられた場面の曲だそうです。おぉ。。。。考え過ぎだった。。。
そして、2セット目もクラシックから一曲。MCの最初ですぐにわかった。。
BittersweetやらYou Can't  Go Homeとして、ジャズでも演奏されることの多いラフマニノフのピアノ協奏曲の一部をモチーフにした曲。
甘く哀愁のあるメロディは、本当に身も心もとけてしまいそうなんですが、感情をしっかり込めたピアノそしてベースソロに、溶けかけました。うっとり。

実は、ライブの前、彼女が曲を決めているとき、、「リクエストありますか?」と聞いてくださったのですが、私はこういう時、、誰に対しても「ありません」っていうんですが、、って、こういう風に、好きな曲が並べば、リクエストは必要ないですよねぇ。。

再び、新譜からBassi Samba。そう、抜歯したときのサンバだす。二本綺麗に抜けた喜びで、こんな賑やかな曲ができるなら、、全部抜けたらどうなるんだろう。。
動く、動く、指が縦横無尽、しかも、休みなし。ベースも秋葉ドラムもここぞとばかりにプッシュしまくりです。つうか、彼女は自分で自分をプッシュできますです。はい。3人で混沌と盛り上がって踊りまくって、会場は一瞬リオのカーニバル状態。って、秋葉さま。で、、気がつけばテーマに戻ってあぁ、、こんなかわいい曲ダッタンだぁ、(笑)。。終わり。その勢いを一瞬抑えて、、最後は、新譜でも終演曲Ambition。大志、野望、野心…。希望を胸に大きく未来に羽ばたくように、、そして、、次第にその気持ちがふくらんで、、ヒートアップ。。

拍手の嵐&で、アンコールヘ。
なんと、Ray of Hope。これ、、大好きなんですよねぇ。でゅおのアルバムに収められてました。。もう、しっとりしたメロディの中に、、しっかり想いの詰まった外山スタンダード。と、、あとから、、これは、最中さまからのサプライズリクエストだったそうです。。ありがとぉ。ベースとの絡みを中心に、胸にジンとくる演奏です。遠くから包み込むようなドラムのブラシワーク。
それでもやまない拍手。。スタンダードナンバンーから、、How High the Moon。
疲れ知らずのハイスピードなアクションプレイに、会場も口アングリ。ベースもドラムも阿吽です。。月までぶっ飛んでしまいましたとさっ。
ダブルアンコールで、まだまだやまぬ拍手ですが、そこは、、佐藤マスター。
頃合いをはかったように、照明を。さすが。
ライブは、長ければいいってモンではないですもんね。
こういうタイミングは、ベテランマスターの阿吽でッす。

その後、、CDもタックさん、、売れて、、
ライブ中、、アルコールを控えていたんですが、、
僅かな間に、、あれやこれやで酔っ払い状態に。(爆)
三人をホテルまで送って、、タクシーのって、、
気がつけば、、お家のトイレで、、ねていたのでした。。あれま。(爆)
マーリンさま、ごめん。思いっきり飛び跳ねちゃって、スキップになりまへんでした。
また、大好きな新潟に来てね。って、いつか、、東京にも聴きにいきますね。


そう、、関口さまに、「こうやって、表に姿を現す(人前に)って、信じられないですねぇ」って、仰るとおりです。最近、お世話になってるなぁ、とか、いろいろあって、、少し麻痺してきちゃったのですが、ライブをそっと聴きにいくのはともかく、イベント等で人の前に出ることは御法度なんですよねぇ。。改めて、感じるこわさ。。。
こんな楽しい時間が、無くなってしまうかもしれませんものね。。。

って、、東京ならいいかも。(爆)
遠くに遠くに行きたくなったライブでした。

あ、、次のツアーは、彼女の故郷札幌だそうです。

10月20日(木)20時~ 札幌「紙ひこうき」(トリオ)011-221-9737

10月21日(金)13時半~ 札幌「ホテルニューオータニ・オークルーム」(デュオ)

10月21日(金)20時~ 札幌「JAMUSICA」011-612-190(トリオ)

んじゃ、退散♪

« 十月、神無月は黄昏の国、、遠くに行きたい。。 | トップページ | Homecoming / Emanuele Cisi Quartet »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

すずっくさん、こんにちはmonakaです。
お忙しいようですね。このライブのあと、あっちへいったりこっちへいったり、来週はもっとあっちへ行く事になりました。
外山さんのライブ、そちら新潟街中もバラエィに富んでたみたいですね。
前日、遠くから応援にきたとずうずうしくも翌日のプレゼント曲リクエストまで強要しまいたが、無事受けてくれたみたいですね。
前日も受けあって古いアルバムもうれていたみたいなので、アンコール曲に昇格していたようで、とてもうれしいです。お互い好きな曲だったようで、喜んでいただけて何よりでした。

ブラザー最中さま、、

>すずっくさん、こんにちはmonakaです。

おはようございます。

>お忙しいようですね。このライブのあと、あっちへいったりこっちへいったり、来週はもっとあっちへ行く事になりました。

わたしは、今は忙しくないですよ。
大事なお仕事終えて、ほっとしてます。
そして、秘密のお仕事も終えてほっとしてます。
お友達とランチしたりもしています。
ブラザーのNY計画、いいなぁ、って、眺めてます。

>外山さんのライブ、そちら新潟街中もバラエィに富んでたみたいですね。
>前日、遠くから応援にきたとずうずうしくも翌日のプレゼント曲リクエストまで強要しまいたが、無事受けてくれたみたいですね。

いやぁ。。Songs of Lilacを久しぶりに聴いていたのでびっくり。
ブログみてくださったのかな?って、思ったら、最中さまのサプライズプレゼントだったそうで。。ありがと。

>前日も受けあって古いアルバムもうれていたみたいなので、アンコール曲に昇格していたようで、とてもうれしいです。お互い好きな曲だったようで、喜んでいただけて何よりでした。

素直な感情に弱い私達よねぇ。
パパとママって、、感じで、遠くから見守りたいと思ってます。
って、あんまりに誤字脱字で、、ちょっとなおしましたぁ。

髭の似合わん関口です(;-ω-)ノ新潟から帰還後すぐに剃りましたとも。
素晴らしく詳細かつ的確なレポートをありがとうございます。やはり隅々まできっちり受け取ってくださるなあと驚きと感謝をもって読ませていただきました。(二週間たってるのに凄すぎる!!)
あのあとお家のトイレでお目覚めですか…(ノд・。)なんてこった。

楽しかった新潟の夜を追体験できましたあ!ありがとうございます。

こんにちは。
わぁ〜♪ すごく楽しいライブだったようで よかったですね♪

たぶん とやまさま こんどの新曲に『ハリケ-ンAKIKO』とか作っちゃったりして(笑)

せきぐちさまのお髭も近くで見てみたかったなぁ。

あきばさんは ブログに たくさんイタリアンの食べ比べフォトと感想を載せていたのですが あのオレンジのTシャツは 三日月のだったのですね♪
似合っていましたね。
新潟では クラシックのジャズアレンジもあったのですね。
「ダッタン人の踊り」だったんだぁ〜
チャイコフスキ-のくるみ割り人形に入っている曲でしたっけ?!

最中さまからのサプライズもあり とても素敵な一日になりましたね*
トイレでお目覚めは いかがでしたか…
すずっくさんの家なら トイレも広そうだから大丈夫かな。

次は札幌ですね。
もう 寒いくらいかな。
たくさんの方が 待っておられますね♪
熊さんも。
なんか出没注意報 出ていたよ。
あっ ライブの頃はもう冬眠かな(笑)

楽しいライブレポ-ト 読んでたら また とやまさまのライブに行きたくなってきた〜
次回は一緒に楽しめたらいいですね♪


また来ました;

「ダッタン人の踊り」はボロディンでしたね(恥)

うちにCDがあったので確認したら チャイコフスキ-じゃなかった(^_^;)

せきぐちさま、、

>髭の似合わん関口です(;-ω-)ノ新潟から帰還後すぐに剃りましたとも。

そうですねぇ。
似合わないなぁ。(だめ押し)

>素晴らしく詳細かつ的確なレポートをありがとうございます。やはり隅々まできっちり受け取ってくださるなあと驚きと感謝をもって読ませていただきました。(二週間たってるのに凄すぎる!!)

この三年くらい、八木兄弟のライブで鍛えられました。(爆)
外山さんのライブは基本的に知らない曲はなかったし、トリオなので、、比較的簡単に思い出せます。
また、、よく思い出さないことは、、書かないだけでーーす。
彼らの選曲は、知らない曲が多いし、つうか、、わたしが知らない曲集めてくるし、フロントが二人な上にメンバー全員長尺なソロ好きで、スゲェ・・・。。大変なん。。です。
今回は、最後のアンコールのスタンダードが最後まで思い出せないくて、、
ふと、、みかづきでひらめいたのです。(爆)
でも、アンコールって、演奏の皆さまも疲れてるでしょうが、わたしも結構限界なんですよぉ。
曲名が出てこないことが、、多いです。。

>あのあとお家のトイレでお目覚めですか…(ノд・。)なんてこった。

はい。お恥ずかしいことに。。
まぁ、路上で倒れてるより、、いいかな。

>楽しかった新潟の夜を追体験できましたあ!ありがとうございます。

いやぁ、、すみませんでしたね。
もっと、新潟の「夜」を堪能させてあげたかったんだけど。
んじゃ、札幌でね!

って、嘘だよん。

マーリンさま、、

>こんにちは。
>わぁ〜♪ すごく楽しいライブだったようで よかったですね♪

楽しいっていうか、、かなりハードアクション満載で、びっくり。

>たぶん とやまさま こんどの新曲に『ハリケ-ンAKIKO』とか作っちゃったりして(笑)

つくってもらおうね。(爆)
彼女がいなくなった次の日、夕方から新潟は荒れたんですよ。
やっぱ、タイフーン娘じゃね。

>せきぐちさまのお髭も近くで見てみたかったなぁ。

・・・。やめておきなはれ。。。

>あきばさんは ブログに たくさんイタリアンの食べ比べフォトと感想を載せていたのですが あのオレンジのTシャツは 三日月のだったのですね♪
似合っていましたね。

そうなの。
彼は、モノトーンで決めてお洒落なんですよ。
で、ショキングオレンジが、最初胸元にちょっとみえて、、
ヒャァ、、イタリア人みたい、とか、思ってたんですよ。
そうしたら、、脱いだらすごかった。(爆)
あのTシャツだった。(大爆)

>新潟では クラシックのジャズアレンジもあったのですね。
>「ダッタン人の踊り」だったんだぁ〜
>チャイコフスキ-のくるみ割り人形に入っている曲でしたっけ?!

物知り頁に、ロシアの作曲家アレクサンドル・ボロディンが作曲したオペラ『イーゴリ公』の第2幕の曲って、書いてありましたよ。
The Polovetsian Dances で検索すると、音源は沢山あると思います。


>最中さまからのサプライズもあり とても素敵な一日になりましたね*
>トイレでお目覚めは いかがでしたか…
>すずっくさんの家なら トイレも広そうだから大丈夫かな。

朝まで寝てませんからね。
ちょっと、気を失っただけ。

>楽しいライブレポ-ト 読んでたら また とやまさまのライブに行きたくなってきた〜
>次回は一緒に楽しめたらいいですね♪


金澤でライブするときは、冬でなかったら、車で行きますよ。
しかし、札幌に行きたいなぁ。
わたしの好きなジャガイモをタックさん食べに行きたいな。(笑)
って、全員集合の号令がかかってるんだよ。

勝手にmixiにリンク貼らせていただいちゃいました、ありがとうございました。
新潟の夜がつぶさに思い起こせて、とても嬉しかったのです。
スタンダードも、オリジナルと同じように自分に引き寄せて解釈して乙女チックに!?プレイすると、凄く想いが込めやすいんだなーって最近改めて思ってます。そんな想いを色んな形でSuzuckさんのように受け止めてもらえたら、幸せです。

タイフーン娘?略したらター娘ですね(笑)逆台風で台風を押し返す、って感じでしょうかあ。
札幌に全員集合!って、一生ち一度くらいは良いのではないでしょうかあ。なんて。monakaさんは数年まえにいらっしゃったとBosso氏が仰ってました!マーリンさんもどうぞいらして下さいませ♪

記事もコメントも凄い賑わいでございます・・・驚

この記事読んだら、ドギトキものですね、しかもすげぇ~プレッシャー!!

実は諸事情で・・・中略・・・
外山安樹子トリオは、プライベートステージがもうワンステージ増え、なんと4回。

ライブ前から札幌の音楽界に吹き荒れてます。。。笑

楽しみです~~!!

ふくPさまこと、、外山さま、、

>勝手にmixiにリンク貼らせていただいちゃいました、ありがとうございました。
新潟の夜がつぶさに思い起こせて、とても嬉しかったのです。

しかし、お美しいのに豪快ですねぇ。
そのメロディと弾きっぷりのギャップもイトオカシ。

>スタンダードも、オリジナルと同じように自分に引き寄せて解釈して乙女チックに!?プレイすると、凄く想いが込めやすいんだなーって最近改めて思ってます。

乙女チックだったり、アマゾネスだったり。
って、本当に面白かったですよ。ありがとうございました。

>そんな想いを色んな形でSuzuckさんのように受け止めてもらえたら、幸せです。

会場にいらした皆さまも同じように沢山の思いに包まれたんだと思います。
なんだか、興奮したものねぇ。
おかげで、ハイテンションで日本酒飲んじゃって、、
いろいろ、、言い過ぎちゃったし。。

>タイフーン娘?略したらター娘ですね(笑)逆台風で台風を押し返す、って感じでしょうかあ。

そうんですよ。
外山さんが東京に帰った日、最初は晴れていたんですが、夕方から大荒れ。
やっぱ、強運ですゎ。。

>札幌に全員集合!って、一生ち一度くらいは良いのではないでしょうかあ。なんて。monakaさんは数年まえにいらっしゃったとBosso氏が仰ってました!マーリンさんもどうぞいらして下さいませ♪

最中さまは、お仕事でしょう?
わたし、独り旅したいの。
あちこちに友達いるんだもん。
で、北海道に行ったら、ボッソ氏におごってもらおう、、っと。
って、冗談ですけど、北海道は昔はフェリーで何度も行ったんですよ。
でも、札幌の街の中に行ったことが無いのです。

ところで、お父様の入院先でのライブもしっかりがんばってね。
素敵な看護婦さん達ですねぇ。
キーボードはみつかったのかなぁ。。

Bosso-トラヤマさま、、

>記事もコメントも凄い賑わいでございます・・・驚

ありがと。
でも、ブログ引っ越ししてから、アクセス数は一日100くらい減ってるんです。
まぁ、あそこは5年くらいいたんだもんね。
ここは、ケイタイのアクセスが数に入らないし。。

>この記事読んだら、ドギトキものですね、しかもすげぇ~プレッシャー!!

昔って、言テも、最初のアルバムがでた頃ですけどねぇ、、
当時、、わたしがこの方はこうに進んでいくんだろうなぁ、って、思ってた方向とは違ってきた気がするんですが、「それが」いいんだと思ってます。

>実は諸事情で・・・中略・・・
>外山安樹子トリオは、プライベートステージがもうワンステージ増え、なんと4回。

って、お父様のあれですよねぇ?
ちゃんと、用意ができるといいですよねぇ。
まだならば、、ここでも公開捜索願をだしますけど。。(微力ですけどね)
リンク先にもお願いしますけど。

>ライブ前から札幌の音楽界に吹き荒れてます。。。笑

>楽しみです~~!!

一段と男前になりましたよ。
がっちり、食べさせてあげてください。(爆)

いろいろ気にかけて下さってありがとうございます。
キーボードら無事に見つかりました!
父の気持ちと体が元気になるような演奏会にしたいです♪

男前の、、ふくPさま、、

>いろいろ気にかけて下さってありがとうございます。

いいえ。
こちらこそ、いつもあまりお役に立てなくてすみません。。

>キーボードら無事に見つかりました!
>父の気持ちと体が元気になるような演奏会にしたいです♪

うん。
ふくPさまが楽しそうに弾いていることが、きっと、一番の薬ですよ。
いつものように、全力でファイト!

札幌ツアーの記事、やっとアップ終了しました。
トラバさせていただきます。

Bosso-トラヤマさま、、

>札幌ツアーの記事、やっとアップ終了しました。
トラバさせていただきます。

すごいですね。
4公演コンプリ!
私は、女性だけのティーパーティをやってみたかったので、ホテルのライブが羨ましかったな。

でも、トラバはまったく入ってません。
スパムにもなかったです。リトライくださると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/42325090

この記事へのトラックバック一覧です: その大志は、台風に勝つ・・。:

» 外山安樹子・ライブ・アット・音食・イン・長岡 2011 9 21 [JAZZ最中]
ハッピー・リタイアメントではないけれど、仕事の日程は自分で決めておとといは長岡泊まりです。 台風で列車がとまっちゃいますよなどと脅されるので、高崎の仕事は速めに切り上げて4時過ぎには長岡に、ホテルの大浴場など一人で使って、それでも間が持たない。 8時から...... [続きを読む]

» 外山安樹子トリオ 札幌ツアー(4) [ジャズと一緒に]
外山安樹子トリオ 札幌ツアー(4) 2011/10/21(金)20:00〜「JAMUSICA」会場 外山安樹子(pf) 関口宗之(b) 秋葉正樹 (dr) 札幌ツアー最終公演のジャムジカでは、昼の部の演奏が通常のライブ同様、フル演奏となったことから、恐らく疲れもピークに達していたと思う。さすがにここまでくると、リハーサルは音合わせのみ。仲の良い3人は、互いを労わりながらも、新たな会場での演奏曲の打合せに全神経を集中していた。 ..... [続きを読む]

» 外山安樹子トリオ 札幌ツアー(3) [ジャズと一緒に]
外山安樹子トリオ 札幌ツアー(3) 2011/10/21(金)13:30〜 「オークルーム」会場 外山安樹子(pf) 関口宗之(b) 秋葉正樹 (dr) 札幌に到着してから24時間も経過してないのに、3公演目ともなると、随分目まぐるしいものである。我々庶民の感覚からすると、やはり外山安樹子トリオは別格に感じてしまう。 「ニューオータニin札幌・オークルーム」は、昼はホテルの喫茶店、夜はバーとしての顔を持つシックで落ち着いた雰囲気のルームである。通常は21時からピアノソロが毎日演..... [続きを読む]

» 外山安樹子トリオ 札幌ツアー(2) [ジャズと一緒に]
外山安樹子トリオ 札幌ツアー(2) 2011/10/20(木)20:00〜 「紙ひこうき」会場 外山安樹子(pf) 関口宗之(b) 秋葉正樹 (dr) 直前まで集客状況の情報が伝わってこなく、冷や冷やしたが、札幌在住のミュージシャン2人から、外山さんのファン層はきっと紙ひこうきに集結すらから大丈夫だと声をかけられていた。  蓋を開けてみれば、沢山の外山安樹子トリオのファンに囲まれ、会場との一体感もあり、最もジャズを演奏しやすい環境の中でのライブだったと思う。特にこの会場..... [続きを読む]

» 外山安樹子トリオ 札幌ツアー(1) [ジャズと一緒に]
外山安樹子トリオ 札幌ツアー(1) 2011/10/20 15:30〜 某病院にて 外山安樹子(pf) 関口宗之(b) 秋葉正樹 (dr)  外山安樹子さんのお父様が病院に入院されて、看護師さんたちが、今回のレコ発ツアーの話しを聞き、「お父様を元気づけてあげたい」と、病棟内でのステキなミニコンサートを企画提案してくれたそうです。皆様からの善意あるご協力によりキーボード、パーカッション機材をお借りして実現に漕ぎつけました。  たまたま、小生もこの病院で外山安樹子トリオと合流し、貴重..... [続きを読む]

« 十月、神無月は黄昏の国、、遠くに行きたい。。 | トップページ | Homecoming / Emanuele Cisi Quartet »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ