2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« その大志は、台風に勝つ・・。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part1。。 »

2011年10月 7日 (金)

Homecoming / Emanuele Cisi Quartet



秋の色合いが深まりました。
彼岸花は色あせましたが、金木犀が香り、秋明菊という素敵な名前の白い花が風に揺れます。
風に揺れる、白い一重の花は、わたしに秋の深まりを感じさせます。
晴れて明るくさす日差しも、夏の喧噪はなく、、何処か遠くに心を誘いますよね。

彼は、イタリア人のサックス奏者で、かなりのベテラン。
イタリアだけでなく、フランス等でも活躍する強者なのですが、どうも、あまり日本で人気が無いような気がしますです。理由はいくつか頭に浮かぶんですが、それをここに書いても仕方ないし、わたしは彼が好きなので新譜を楽しみにしてました。
と、なんと、今回は日本のイタリア専科のレーベルalbore jazzさまからです。
ビックリだけど、嬉しいなー。メンバーもイタリアのベテラン揃い。
曲は、エマヌエーレ・チーズィが4曲、ピアノが2曲、ベースとドラムが1曲づつで、全8曲、すべてオリジナルです。

いきなりハイテンションで飛ばすチーズィの曲 Like Luigi 。テナーで、アップテンポで繰り出すフレージング。時々、微妙にアウトさせてかっこいい。現代テナーはみんな巧みなので、今更、こういうフレージングをどうのこうのって、ことではなくて、身についた聴かせる能力ってものの高さを感じる。メンバーとの呼吸もいいよねぇ。怒濤の攻めか、と、思いきや、タイトル曲チーズィの Homecomingは、アンニュイなベースソロで始まる、叙情豊かなメロディ。。エモーショナルなソプラノの嗚咽もいいけど、クールに美しいボナーフェデのピアノにうっとり。バックコーラスのように優しいベースラインにもうっとり。イタリア的郷愁とでもいいましょうか。。。淡い面影のように消え去る最後が印象的。
ドラムのソッジュの曲は、豪快ダイナミックにテナーで。メンバーのソロを挟みながら、グイグィっと♪

ゆったりと、情感たっぷりなサックスが響くボナッコソールのRosa。
ピアノのソロが気品があって、素敵♪想い出をなぞるようなチーズィのため息。。
先ほどから、わたしにため息をつかせているピアノのボナフェーデのTemporary。
明るく、躍動感あるラテンフレーバーの効いた曲をきゅっとタイトにしめたのは、ご本人のピアノソロでしたネ。もう1曲、ボナフェーデの曲が続きます。Sweet Prayer。優しい柔らかで、少し、哀愁のあるメロディ。こういうメロディを聴くとき、、日本人がイタリアのミュージシャンに惹かれる何かを感じます。

一転、 チーズィのSong For Bengt は、おおらかで開放的なテナーサックスの魅力が詰まってます。最後のWarnin' Upは、ジャズファンならばにんまりしてしまいそうなラテン体質バッチリ♪のびのびと豪放、メンバーとのやりとりも楽しい、ジャズ心溢れる演奏。あれよ、あれよと終演。

秋空の高い雲のように、武士は食わねど高楊枝、って、感じの1枚いでした。
男だねぇ。。

1. Like Luigi
2. Homecoming
3. Scisi Ta'
4. Rosa
5. Temporary
6. Sweet Prayer
7. Song For Bengt
8. Warnin' Up

Emanuele Cisi (ts,ss)
Luigi Bonafede (p)
Rosario Bonaccorso (b)
Francesco Sotgiu (ds)

ちなみに、わたしの過去のアルバム紹介は、3枚だけですが。。

May Day /Emanuele Cisi & Paolo Birro
Urban Adventures/Emanuele Cisi
Welcome/Cisi Di Castri Sferra

さて、、次は何にしようかな。
何せ、ラッシュなんですよ。先が詰まってるぞぉ、すずっく!

と、既に皆さまもご存じですが、スティーブ・ジョブズが亡くなりました。
我が家は、ずっとマックなお家なので、マックピープルがあるんですけど、11月号は、彼の引退までの軌跡をたどった特別号が付録でした。
彼の業績をわたしは語ることができませんが、肝臓がんと診断されてからの大学での卒業式のスピーチに「死」について触れていました。17才の時に「毎日を人生の最後の日だと思って生きれば、いつかその思いが正しい日だとわかる日がやってくる」と、言う言葉にであって、毎日その言葉を自問自答してきたそうです。
その彼が、人生の座右の銘にしてきて、大学の卒業生に送った言葉。。

ハングリーであれ、利口者になるな

ご冥福をお祈りいたします。
んじゃ、退散♪

« その大志は、台風に勝つ・・。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part1。。 »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
このアルバム 画像が見られなかったので あちこち検索してみたのですが 見つかりませんでした。

どこでなら 購入できますか?
いつでもよいので教えてくださいませ。

北海道 わたしも行きたい♪
ロイズのチョコレ-トと ス-プカレ-と 札幌ラ-メンと…
いろいろ食べながら ライブを聴きに行けたらいいな〜

Homecoming 里帰りもしたい…
なかなか 思うように計画が実行できないでいます…

マーリンさま、、

>こんにちは。

こんにちは。。
って、夜遅くて、、朝早かったので、、既に眠いの。
これから、お祝いのパーティに行くのにな。。
夕方まで持つかな。(笑)

>このアルバム 画像が見られなかったので あちこち検索してみたのですが 見つかり>ませんでした。
http://www.amazon.co.jp/ホームカミング-エマヌエーレ・チーズィ・カルテット/dp/B00594P48K/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1318052455&sr=1-1

アマゾンでEmanuele Cisi Quartetで、検索するとお得です。はい。

あのね、このテナーはアバンギャルド度は低いので、聴きやすいと思います。
で、ピアノはマーリンさまは好きだと思うなぁ。

>北海道 わたしも行きたい♪
>ロイズのチョコレ-トと ス-プカレ-と 札幌ラ-メンと…
>いろいろ食べながら ライブを聴きに行けたらいいな~

ですねぇ。
でも、北海道に行くより、韓国の方が、、やすくいけるかもねぇ。

>Homecoming 里帰りもしたい…
>なかなか 思うように計画が実行できないでいます…

まぁ、まぁ。。
いろいろ、考えてゆっくり行きましょう。。
とか、わたしは実家にご用事があるので、行かなくちゃ。
どうも、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/42344092

この記事へのトラックバック一覧です: Homecoming / Emanuele Cisi Quartet:

« その大志は、台風に勝つ・・。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part1。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ