2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

音楽で拡がる輪

« ちいさな秋を探しに。。Part1。。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part2。。 »

2011年10月 9日 (日)

All We Are Saying... / Bill Frisell


レノンのお顔のこのジャケットもかわいいけど。。
笑顔のかわいいビルフリゼールさま。。
彼のアルバムは全部追い切れるって、わけではないんですけど、、
しかも、いつも、発売前に、、なかなかアルバムの全貌がつかみきれなくて、、
で、、も。。あのビルフリさまがあのレノンさま集って、そりゃ、、あなた、ついポッチっとしちゃうでしょう。
そのうちレノン・マッカートニー曲が7曲、で、全16曲。

オープナーのAcross the Universeが始まった瞬間から、脱力。
世の中、いろいろな縛りがあって、あぁだ、こうだと屁理屈ばかりこねるヤツがはびこりまくっておりますが、、カントリーとかハワイアンとか、自分の心の奥の風景と重なる音楽は強いよねぇ。ビヨ〜ンビヨ〜ンなんだけど、何故か痺れるハーモニー。
ストレートにカントリーロックなサウンドでRevolution。のんびり行こうよNowhere Man。ギターの音の美しさとエレクトリックな響きが心に広がる Imagine。やっぱ、ロックだよって、Please Please Me。

ほとんど、ギミックなしでレノンのメロディを奏でていきます。
レイドバック感たっぷりに始まって気がつくと高揚感に満ちている You've Got Hide Your Love Away。妙に懐かしい感じがしますHold On。何処かオリエンタルなIn My Life。
ちょっとノイジィーなインディアンの踊りCome Together♪Juliaは愛らしく。Womanだって、明るく元気に。 #9 Dreamだモン、夢の夢ですよ。
あなたにしかできない、本当に、ビルフリらしい Love。幸せが漂いまくりのBeautiful Boy。わぁ。。痺れるMother。淡々とシリアスなフレーズが並ぶ曲の強さをきっちり表現できてるのはさすがビルふり。最後は、愛と平和を願った天国のレノンと同化しちゃいましょう、って、感じかなぁ。。
何事もなかったかのように、、終演・・・。

レノンの素敵な曲だけど、ビルフリにしかできないアルバムです。
ただし、ビルフリなのでこのブログではJazzのカテゴリーにありますが、ジャズではありませんので、ご注意。(爆)
リンク先の皆さんが仰るように、カントリーフレバーたっぷりなロックサウンド。
でも、それがどうした、って、ことでしょうか?
ふわふわで1枚聴き終わる頃には、、のんびり幸せ、ってモンでしょうか。

柔らかで、明るくて、、おおらか、、そんな時間にドップリつかれます。
あのね、言ってしまうと、、こういう説明みたいな文章が非常にナンセンスな1枚です。
えへへ。わかってはいるんだけど、一応、スタイルって、モンで。(爆)


1. Across the Universe
2. Revolution
3. Nowhere Man
4. Imagine
5. Please Please Me
6. You've Got Hide Your Love Away
7. Hold On
8. In My Life
9. Come Together
10. Julia
11. Woman
12. #9 Dream
13. Love
14. Beautiful Boy
15. Mother
16. Give Peace a Chance

Bill Frisell (g)
Greg Leisz (g)
Jenny Scheinman (vln)
Tony Scherr (b)
Kenny Wollesen (ds)

今日は、きっと、、今頃幸せ気分で、、
ダーリンとあちこち徘徊しているに違いない。。
でも、おデブになって着ていくお洋服がなくて困りましたとさ。。。
あぁ。。あの一日でマイナス1.5キロは夢だったんだでしょう。。。。。

んじゃ、退散♪

« ちいさな秋を探しに。。Part1。。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part2。。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
楽しいアルバムでしたね。歌はありませんでしたが、遠くから歌声が聞こえてくるような気がしましたー。
一日中晴れたいい日でしたね。

すずっくさん,こんばんは。このアルバムって,ある意味,FrisellのLennon愛が感じられる作品ですよねぇ。だからこそこれだけストレートに歌わせるという気がします。

逆に曲が曲だけに,おかしなことはできないってことも考えられますが,いずれにしても,私にとっては楽しめる作品でした。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

ビル・フリゼールがここまで来ることを、ある程度は予想してましたけど、ここまで素直に演奏してしまうのは、もはやジャズ界では彼しかいないんじゃないでしょうか。もはや神の領域に達しているのかも、というのは大げさですけど(笑)、それに近いものを感じました。

TBさせていただきます。

だこださま、、

>こんばんは。

はいはい。

>楽しいアルバムでしたね。歌はありませんでしたが、遠くから歌声が聞こえてくるような気がしましたー。

ぜったい、ビルフリさまはうたってますよねぇ。(笑)

>一日中晴れたいい日でしたね。

今日も良いお天気でした。
これを車のお出かけに持っていきました。

音狂閣下、、

>すずっくさん,こんばんは。
はいはい。
って、おでん作成中。。

>このアルバムって,ある意味,FrisellのLennon愛が感じられる作品ですよねぇ。だからこそこれだけストレートに歌わせるという気がします。

愛がすべてです。(笑)
人を疑うなんてない世界ですねぇ。。
あまり、、目的のないドライブのBGMにぴったりでした。
って、いいアルバムだなぁー。

>逆に曲が曲だけに,おかしなことはできないってことも考えられますが,いずれにしても,私にとっては楽しめる作品でした。

そうね。
かなり変態アレンジにしちゃわないと、、難しいかも。

>ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

どうもありがとうございました。

910さま、、

>ビル・フリゼールがここまで来ることを、ある程度は予想してましたけど、ここまで素直に演奏してしまうのは、もはやジャズ界では彼しかいないんじゃないでしょうか。

ですよねー。
それがどーーしたと、ひらきなおる。
だって、すごい、、いい感じなんだもん。

>もはや神の領域に達しているのかも、というのは大げさですけど(笑)、それに近いものを感じました。

神つうか、、超越しておりますね。
でも、こういうアルバムって、きっと出動回数多いし、人気あるんだろうな。
わたしのブログの検索ワード一番はジョンスコバラード集だもーん。

ありがとうございました。

 初めまして、やはりカントリー調に聞こえるんですね。自分は、全くそんな風には聴かなかったので、どうしてかなと考えていますが、あんまり意味ないですね。iTunes 君はカテゴリーをジャズに入れましたね。ロックでもジャズでもいいんですがね。トラバさせてくださいね。

kumacさま、、

>初めまして、やはりカントリー調に聞こえるんですね。

ええと。。
以前に、トラバいただきました。
で、Modern Musucには、、わたくしからコメントもいたしておりますが。。
そして、、リンクもさせていただいてます。

>自分は、全くそんな風には聴かなかったので、どうしてかなと考えていますが、あんまり意味ないですね。

それでも、いいのではないですか?
いわゆる、ゴテゴテのカントリーとは違うと思いますが、でも、純粋にジャズか?って問われたら、ロックという方が近いと思いますが。
そもそも、そういう風にわけられる音楽を彼は考えては居ないと思うのですけど。

>iTunes 君はカテゴリーをジャズに入れましたね。ロックでもジャズでもいいんですがね。トラバさせてくださいね。

そうですね。
どっちでもいいです。
でも、いわゆるジャズギターを聴きたくて買う方が居ないように、そうに書いただけですから。
トラバ、ありがとうございました。

Bill FrisellがJohn Lennon集!!
もうこれだけで、買わずにはいられないっす。

で、期待に違わない演奏に満足いたしました。
個人的には、Jenny Scheinmanがやっぱり良い味出してんなぁ ってのが(^^)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さま、、

>Bill FrisellがJohn Lennon集!!
>もうこれだけで、買わずにはいられないっす。

そうですよね。
その上、このジャケットでしょ?
思わず、クリックですゎよねねぇ。

>で、期待に違わない演奏に満足いたしました。
>個人的には、Jenny Scheinmanがやっぱり良い味出してんなぁ ってのが(^^)

メロディ大切に、それでもビルフリの個性満載でしたね。

Jennyさま、、
http://www.jennyscheinman.com/home-page/

おぉ。。いいわねぇ♪
ありがとうございました。

suzuck妹、こんにちはmonakaです。
私はこのアルバム、ラインではあるませんが、どうしても聞きたいと思いますよね。
歳が歳だから、それでちょうどいい具合に帰ったときに買って大満足でした。
メロディーが人々の心をつないでいるのですね。
メロディーで私は隣人を愛します。

ブラザー最中さま、、

>suzuck妹、こんにちはmonakaです。

はーい。こんにちは。

>私はこのアルバム、ラインではあるませんが、どうしても聞きたいと思いますよね。

ラインは時として乱れちゃってもいいのではないでしょうか。(笑)

>歳が歳だから、それでちょうどいい具合に帰ったときに買って大満足でした。

わたしもそういう年代ですから。

>メロディーが人々の心をつないでいるのですね。
>メロディーで私は隣人を愛します。

ですよねぇ。あちらにも書きましたが、、
これと前後して、ビルフリの昔のThe Sweetest Punch: Songs Of Elvis Costello And Burt Bacharachを聴いてたんですが、、演奏は随分丸くなって、ジャズのフレーズからも離れてきてる気がするんですが、でも、大事にしているもの、
「相手に対する愛情の示し方」
は一緒なんです。
「相手の気持ちをとても大事にする。。」
優しい人だなぁ、って、心から思いました。。

今日みたいな、いいお天気の日にお部屋で聴くのもいいですネ。

Suzuckさん、こんばんは。東京もえらい寒くなってます。
今日は言わずもがなの12/8。ロック好きにはどうしても意識してしまう日です。ビルフリのこの作品はTPO関係なく心地よくなってくれる優れものですが、やっぱりレノンの曲を聴くと、この演奏はジワッとくるものがあります。特にイマジンとかラストとか・・。時期はずれですが、TBさせていただきます。

とっつぁんさま、、

>Suzuckさん、こんばんは。東京もえらい寒くなってます。

東京ね、先日、おでかけしましたが、、
夜は寒くても昼間は、、まだまだ暖かいとおもいました。。

>今日は言わずもがなの12/8。ロック好きにはどうしても意識してしまう日です。

あれから、、ずいぶん、、時間がながれましたね。

>ビルフリのこの作品はTPO関係なく心地よくなってくれる優れものですが、やっぱりレノンの曲を聴くと、この演奏はジワッとくるものがあります。

そう。。わたしも、、明日かけよ。。

>特にイマジンとかラストとか・・。時期はずれですが、TBさせていただきます。

いえいえ、ありがと。
わたしも明日とらばしますね。
雪にならないといいな。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/42369957

この記事へのトラックバック一覧です: All We Are Saying... / Bill Frisell:

» Bill FrisellによるJohn Lennonトリビュートは結構味わい深い [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
All We Are Saying... Bill Frisell (Savoy Jazz)これは意外な組み合わせと言ってもいいのではないだろうか。Bill Frisellのギターと言えば,独特のアン [続きを読む]

» All We Are Saying.../Bill Frisell [ジャズCDの個人ページBlog]
ビル・フリゼールの新作が出ました。ジョン・レノン集(ビートルズ時代の曲も含む)で [続きを読む]

» Bill Feisell『all we are saying・・・』 [kumacs Jazz]
 しばらく前に買っていたCDですが、聴かずにほったらかしをしていました。表紙絵は、ジョン・レノンだったのですね。時間が気持ちよく間延びしている演奏です。そう感じたのは、ヴァイオリンが入っているからかな?ギターやヴァイオリンといった弦楽器の軽やかな放物線を描く曲線... [続きを読む]

» Bill Frisell All We Are Saying [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Bill Frisellの新作は、なんとJohn Lennon集でした。 昨年の Beautiful Dreams ( http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59889980.html)あたりで、そろそろBill Frisellの新作を全部買わなくても良いかな?と思いつつ、それでも買い続けていたのですが、そろそろ買わない決断を・・・と思っていたらJohn Lennon集とのことで、思わず買ってしまいました(笑) しかし、 そろそろ買わない決断を と考えるのに..... [続きを読む]

» これ好日 all we are saying... / Bill Fresell [JAZZ最中]
何もする必要がないお休み天気がとてもよくて、こんな日はしばらくなかったようです。 もう、そんな日のこの時間、いかに楽しむかというと、ベットにひっくりかえって、そこには太陽の光も降り注いで、で音楽をききながら本をよんだり、そしてちょっと今年を振りかえっ...... [続きを読む]

» 31年・・・。 Bill Frisell / all we are saying... [とっつぁんの日記帳]
Bill Frisell (g) Greg Leisz (g) Jenny Scheinman (vln) Tony Scherr (b) Kenny Wollesen (ds) Rel:2011 SAVOY JAZZ SVY17836 Recorded at Fantasy Studio ,Berkeley ,CA Bill FrisellのJohn Lennon作品集です。(半分くらいはLennon/McCartnyだけど。)10月初め頃にゲットしていたんだけど、今頃のア..... [続きを読む]

« ちいさな秋を探しに。。Part1。。 | トップページ | ちいさな秋を探しに。。Part2。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ