2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« Songs of Mirth & Melancholy / Branford Marsalis & Joey Calderazzo | トップページ | すぃーとな、、恩返し。。 »

2011年6月24日 (金)

If I Could Wrap Up A Kiss / Silje (Silje Nergaard)


本当に、、梅雨に入ったらしい。まったくなぁ。。
そして、、今日は、6/24です。
そうです、、クリスマスの半年前となりました。。

セリエとかシリエとか、、近いのは、スィリエらしい。。
ということで、シリエかな。(爆)
北欧はノルウェーの歌姫で、ジャズふぇすでジャコパスのライブに殴り込んだとか(笑)、デビューアルバムでパットメセニーが1曲共演していたとか、、つうことで、超絶な器楽派の姫を想像すると拍子抜けしますです。ジャズシンガー、、っていうか、ポップスよりのキュートな歌い方ではぁとフルな姫です。デビューアルバムの邦題「やさしい光に包まれて」って、言葉がぴったりな感じの雰囲気です。はい。いくつになってもかわいい姫なのです。
が、、20年以上のキャリアがあるだけにだすアルバムのバックのメンバーが何気にすごいです。なので、真ん中にいるのはシリエですが、それを支える綺麗な音は、夏に聴くクリスマスアルバムにはうってつけの優しく穏やか、そして、涼やか爽やかなサウンドです。
ピアノは、新譜「Natsukashii / Helge Lien Trio」が好評のヘルゲリエンだし、ベースとドラムはなんとあのノルウェーの超絶技巧集団「Farmers Market」のメンバーなんですぜぇ。嘘みたい!昔、わたくしの憧れてる女性が大好きなバンドだったので興味津々だったことがあるバンドでその演奏とのギャップ?にびっくりなんですけどね。(笑)

オープナーは、彼女のオリジナルでタイトル曲If I Could Wrap Up A Kiss。ベルリン生まれ、なんとあのオイゲンキケロの息子!Roger Ciceroとのデュオ。パパの怖いスタイルとは正反対の自然体な優しい声とシリエのデュオはとても素敵。ストリングスもかぶっって、Baby, It's Cold Outsideのように、男女のやりとりをうたった曲なのですが、、恋人通しのような少しコミカルな雰囲気もあるやりとりに、アコギの優しい響きがかぶって、幸せムードたっぷり。
続くThe Very First Christmas Without Youもオリジナル。切ないメロディにそっとストリングスをかぶせた美しい曲。途中に入るリエンのピアノソロも美しく終始そっと優しく寄り添います。

良い意味で、シリエの曲は、どこかで聴いたことがあるような気分のする曲。良い曲ってことなんでしょうか。。

ジョニミッチェルのRiver 。いぇーーい!好きです。この曲。ノルウェーのトランペット奏者Arve Henriksenが参加。表記ではトランペットとありますが、フリューゲルよりもっとざっくり木管楽器の味わいです。彼が創り出すざっくりした空気が自然に情景を呼び起こし、ストレートに感情をのせるシリエと一体に。
Det Var Ein Gongは、ノルウェーのシンガーソングライターKenneth Sivertsenの曲。きっと、ノルウェー語だよねぇ。。Sigvart Dagslandと言う男性ヴォーカルとのデュオ。このヴォーカルも優しい柔らかな感じで、サウンドもストリングスもなく、素朴な感じ。2人でハモルところも、とても穏やかです。
大好きなChristmas Time is Hereはアコギとデュオで。静かにゆったりと。
唄、、うまいなぁ。丁寧で情感漂う。。クリスマスオタクでこの曲が好きなので、この曲の沢山のヴァージョンを聴いていきましたが、かなり上位に入る気がします。さりげない感情移入がうまい。思わず、引きこまれて、この歌の世界、、クリスマスの幸せ感が漂う街をドアをあけて歩き回りたくなる。スキャットでなくて、ハミングっていうのがポイントかもしれませんね。

一転、スウェーデンの王道サックス奏者、Magnus Lindgrenのテナーが気持ちよく合いの手を入れ、スィンギィーにIs Christmas Only A Tree 。
ここから、3曲続けて、わたし的にど真ん中。(だって、女の子だもん)囁くように静かに始まるSonjas Sang Til Julestjernen は、同じノルウェーのポップスシンガーMaria Arredondoの曲らしいのですがバックはピアノトリオで優しく。そのノルウェー語の音蝕でギターとオリジナルVintersang。アコギの響きがぴったりな穏やかなメロディ。とても素敵。。
北欧のクリスマスアルバムによく出てくる古い賛美歌、Det Hev Ei Rose Sprunge、一輪のばらが咲いた 。ピアノトリオだけで、1音、1音が優しく心にこだまする優雅な時間。至福の時。。

子どもの声が賑やかで楽しいマッカートニーのWonderful Christmas Time。ロックのリズムにのせてダンシングしてそうなかわいい子どもの声はシリエの子ども??彼女のママの参加も明記されてるクリスマスアルバムならではのハッピー&サプライズタイム。
と、ギターとのイントロ部分が素敵な曲はテーマがでてはじめてHave Yourself A Merry Little Christmasとわかります。しっとりと再びMagnus Lindgrenが参加で、ゆったり構えたMagnus Lindgrenのテナーソロも歌心たっぷり、落ち着いた感じ。
再びストリングスがかぶった、シリエのオリジナルは、このアルバムでもこの曲を含めて3曲詩を提供しているMike McGurkのコンビで。クリスマスに静かな思いがこもった綺麗なメロディ。自然な感じで唄に思いを託すのがとても上手。終演。。


アルバムの作りはポップスよりな軽やかな感じなのですが、ヨウツベなど検索するとライブなどでは、キュートな声で真剣な顔で仲間と即興的なやりとりをしてます。はい。だてに20年のキャリアではないのですねぇ。前作? If You Leave Me Now / Silje Nergaardは、彼女の憧れ&わたしも好きなヴィンスメンドーサの指揮&アレンジで歌ってたりするのですが、微妙なタイミングでこのクリスマスアルバムがでちゃったりしたので、わたしの去年のヴォーカル大賞の初回推薦盤には、クリスマスアルバムを入れちゃいました。(爆)だって、シーズン真っ盛りにリリースされて直輸入しちゃったんだモン。
つうことで、「もうすぐクリスマスだぞぉ」、って、ことで、真夏に聴いても◎なクリスマスアルバムです。でも、ノルウェー語で歌ってたりする曲もあって、真夏のドライブに連れて行っても違和感ないし、少し温度設定の高いエアコンのお部屋でも北欧の風で幸せな気分が満喫できますよ。
しかも、ピアノはリエンだわね。現在、日本の通販サイトでも入手できます。
しかも、結構やすいでーす。是非、どうぞぉ。

1. If I Could Wrap Up A Kiss   with Roger Cicero
2. The Very First Christmas Without You
3. River
4. Det Var Ein Gong    with Sigvart Dagsland
5. Christmas Time is Here
6. Is Christmas Only A Tree
7. Sonjas Sang Til Julestjernen
8. Vintersang
9. Det Hev Ei Rose Sprunge  (Es Ist Ein Ros Entsprungen)
10. Wonderful Christmas Time   with Karla and My Mum
11. Have Yourself A Merry Little Christmas
12. A Christmas Wish

Silje Nergaard (vo)

Band:
Helge Lien (p)
Finn Guttormsen (b)
Jarle Vespestad (ds)
Håvar Bendiksen (g)
Hallgrim Bratberg (g)

Special Guests:
Roger Cicero (vo)
Sigvart Dagsland (vo)
Arve Henriksen (tp)
Magnus Lindgren (ts)
Pål Sverre (wurlitzer)
Karla and My Mum (vo)

アルバムでたタイミングで作られたらしい宣伝用の動画をみんなのヨウツベから。

ついでなので、ファーマーズマーケットって、アコーディオン奏者Stian Carstensenを中心にしたユニットなのですが、彼らが来日したときのライブもペッタン。

お断りしておきますが、シリエのアルバムでは、こんなことにはなってません。(きっぱり)

週末ですね。全国的にお天気悪いよねぇ。。がっくり。。。
んじゃ、退散♪

« Songs of Mirth & Melancholy / Branford Marsalis & Joey Calderazzo | トップページ | すぃーとな、、恩返し。。 »

A Merry Jazzmas」カテゴリの記事

コメント

今晩は。Silje Nergaardですね。懐かしいです。
見た目もキュートだったのですが、落ち着いた感じになりましたね。久しぶりに、クリスマスアルバムを一枚かってみようかしら。

追伸
セリエと言ってました。

カメリアさま、、
おはようございます。

>今晩は。Silje Nergaardですね。懐かしいです。

そうなんですか。
わたしは、正式なのは
(笑)、ピアニストで買った一枚と、去年のアルバムと、クリスマスしかもってないんです。

>見た目もキュートだったのですが、落ち着いた感じになりましたね。久しぶりに、クリスマスアルバムを一枚かってみようかしら。

そう、昔のお写真みると、ベリーショートのお写真とか可愛いですね。
クリスマスもジャズジャズしてませんので、ジャズヴォーカルが好きって、人にはもの足らないかもしれないけど、緩急 バランスよかったです。やっぱり、北欧の風は爽やかですね。

>追伸
>セリエと言ってました。

そうですよねぇ。。
ずいぶん前ですが、わたしもセリエとおしえてもらいました。

雨降りですね〜

もうクリスマス〜冬〜雪*まで半年ですね。
考えたら 涼しくなってきました。

すずっくさんの 心待ちにしているシ-ズンですものね。

北欧の爽やかな風…
いいですね♪
ヘレン・リゲル(p)が気になっているので こちらも 気になってきました♪


ではでは
今日は これから 一仕事してまいります。
(^-^)/

あらっ
(>_<)

ヘルゲ・リエン(p)でした…

suzuckさん、TBありがとうございます。

僕もすでに手に入れていますが、なにしろクリスマスアルバムなので、その時期までアップはしないでおこうかなって思ってました。
それにしてもこれ、すごくいいですね。ちょっとカマトト入っていて、ジャズじゃないけど、このさいあまり関係ないかなって。
この男性ボーカリスト知ってました? ロジェ・チチェロっていうんですが、
だいぶ前にドイツ在住のLaieさんという僕のブログにもよくコメントくれる方が、送ってくれたCDがこの人でした。ドイツではかなり人気があるらしいです。アメリカのブーブレみたいな存在なのかもしれません。
セリエの声ともマッチしていてイイ感じですよね。

一応、TBいたしましが、またこのクリスマスアルバムの記事を書いたらTBさせていただきます。

マーリンさま、、
お返事遅くなってすみませんでした。

>雨降りですね〜

はい。今日もぉ。(^-^;

>もうクリスマス〜冬〜雪*まで半年ですね。
>考えたら 涼しくなってきました。

そうなんですよ。
クリスさま始め、皆さまには怒られそうなのですが、
とりあえず、樹を引き締めないと、つい、夏にぼぉ。。としてしまうのです。


>すずっくさんの 心待ちにしているシ-ズンですものね。

ご理解、、ありがとうございます。

>北欧の爽やかな風…
>いいですね♪

やはり、クリスさまのコメントみてると、、夏は辛いものの、、ようです。(^-^;
でも、女の子なら、、大丈夫!!!(爆)

>ヘレン・リゲル(p)が気になっているので こちらも 気になってきました♪

はい。
ご自身で、気づかれたようで。
わたしの誤字脱字は凄いので、みんな何処まで本気なんだろう?って、思うみたいですが、、
いつだって、真面目にタイプしてるんです。。


ではでは
今日は これから 一仕事してまいります。
(^-^)/

クリスさま、、お返事遅くなってすみません。

>suzuckさん、TBありがとうございます。

はいはい。
トラバ好きなんだもん。

>僕もすでに手に入れていますが、なにしろクリスマスアルバムなので、その時期までアップはしないでおこうかなって思ってました。

はい。。
すみません。フライング、って、いうより、、半年遅れた、って、思ってください。。

>それにしてもこれ、すごくいいですね。ちょっとカマトト入っていて、ジャズじゃないけど、このさいあまり関係ないかなって。

カマトトなんですよねぇ。
だって、しゃべり方とちと違うモン。(爆)
この人も、怒ると「ぐさっ」と来るようなこというんでしょうか。。。

>この男性ボーカリスト知ってました? ロジェ・チチェロっていうんですが、

え!チチェロ、って、いうんだ!
キケロだと思いこんでた。(爆)
知らないですよ。ボーカル、あまり聴かないもの。

>だいぶ前にドイツ在住のLaieさんという僕のブログにもよくコメントくれる方が、送ってくれたCDがこの人でした。ドイツではかなり人気があるらしいです。アメリカのブーブレみたいな存在なのかもしれません。

なるほど。
Laieさまは、閣下のブログにもコメントを書かれてるので、存じておりますです。
アメリカのブーブレもクリスマスアルバムと、もう一枚凄く流行ったのしか、、持ってません。。

>セリエの声ともマッチしていてイイ感じですよね。

いいです。
わたしは、もう1人のかたも好きです。

>一応、TBいたしましが、またこのクリスマスアルバムの記事を書いたらTBさせていただきます。

はいはい。
待ってますね。

Farmers Market 9/5 東京でライヴあります。公演終了後、メンバーからSilje の話など聞けると思います。

invsさま、、
いつも、ノルウェー情報を沢山ありがとうございます。
そして、素敵なミュージシャンの方々の来日にご尽力くださって、感謝しております。なかなか、、ライブにいけないのですが、、、

>Farmers Market 9/5 東京でライヴあります。公演終了後、メンバーからSilje の話など聞けると思います。

おぉ。。これって、めちゃ凄そうなことになりそうですよねぇ。
やはり、東京って凄いですよね。
ありがとうございました。

皆さま、、
http://invs.exblog.jp/
ここから、素敵な情報を読み取ってね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/40515325

この記事へのトラックバック一覧です: If I Could Wrap Up A Kiss / Silje (Silje Nergaard) :

» Silje Nergaard / A Thousand True Stories [雨の日にはジャズを聴きながら]
Silje Nerdaard / A Thousand True Stories ( Tower Reocrds ) 2009 Columnia Silje Nergaard (vo) Helge Lien (p) Finn Guttormsen (b) Jarle Vespestad (ds) Mathias Eick (tp) Metropo... [続きを読む]

« Songs of Mirth & Melancholy / Branford Marsalis & Joey Calderazzo | トップページ | すぃーとな、、恩返し。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ