2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

音楽で拡がる輪

« 皐月(さつき)の風はトランペットで決まり♪ | トップページ | Seamus Blake Quartet が、やってくる! »

2011年5月 3日 (火)

The Jazz Ballad Song Book / Randy Brecker Feat. DR Big Band


秋風とともに聴くトランペットには、人生の悲哀が漂うけど、緑の風にのせて聴くトランペットは、高揚感を感じますよね。夏に向かって、解放感のもたらす上昇気流に乗ってしまうぞ、って、魂胆です。はい。

ランディのオリジナル2曲を含むタイトルそのままジャズバラード集。ヴィンスメンドーサが、彼の曲のアレンジをしてるのもお得な気分。

オープナーは、アップテンポでスリリングちょっとミステリアスなアレンジのAll Or Nothing At All。頭から、ストレートにでもランディ節も健在で、軽快にとばすランディ。この曲でフューチャリングされてるサックスとの絡みもあり、がんがんとばします。歌心、感情をのせたCry Me A River、楽しく軽々と舞い上がるSomeday My Prince Will Comeと、朗々とふき続けるランディを聴いてるとこの世の憂さを忘れてしまう。
DR Big Bandのメンバーがうまくランディを前々と押しだして、尚且つ、何気なく煽っていたりする。でも、すべてに気負いがあまりかんじなくていい感じ。そ、ランディのソロは、曲に関係なく(爆)スリリングだったりする。

Foregone Conclusionはオリジナルでメンドーサのアレンジ。例にょってのりにくそうな(笑)不思議な曲調なんだけど、聴いたことがあるのね。なんだろーな。(汗)クールな感じが聴き慣れたスタンダードが並ぶアルバムの中のスパイスです。
Goldfinger、ここまで行くと選曲反則な気もします。高速フレーズ、雄叫びまで上げて映画顔負け、スリリングなアクション満載。イェ〜〜イ。一転、ユッタリとロングトーンの音色も美しくSkylark。そして、Hanging In The Cityにも入っていたI Talk To The Trees。この曲って、、。(ゴニョゴニョ)2曲、ギターの活躍も聴き所ね。そして、ひたすら美しくを心がけたよーなThis is All I Askは、バンドメンバーも沢山スポットがあったっています。
まさかの?ニーノロータ。しかも、Godfatherって、うーーん、反則過ぎますよねぇ。って、深く考えないで、(爆)、しびれてしまいましょう。これまた、感情移入たっぷりのランディ♪
ここまで来ると、終演のRound Midnightだって、難なく受け入れらちゃいうでしょ?哀愁も漂いながら、でも、どこか爽やかに吹ききるランディ。終演。

めちゃくちゃ濃い感じの選曲で、奇をてらわず彼の歌心が証明された一枚なのです。難しさはない。

だけど、重たく難解なものだけが、新鮮味や感動があるかといえば、当たり前ながら、そんなことはなく、わたしにとっては、ある意味斬新で、サプライズがたっぷりだったかも。

が、、、、ブレッカーブラザーズのランディを楽しみにしてた人にはお詫びしなくちゃいけないかも。

わたし的には、最近の沈滞ムードを払拭する一枚で、心から楽しかったです。ほんとだよー。


1. All Or Nothing At All
2. Cry Me A River
3. Someday My Prince Will Come
4. Foregone Conclusion
5. Goldfinger
6. Skylark
7. I Talk To The Trees
8. This Is All I Ask
9. The Immigrant/Godfather
10. Round Midnight

Randy Brecker (tp)
The DR Big Band
Danish National Chamber Orchestra

Produced by Chris Mihn Doky

先週末は、お祝い事があって土曜にダーリンと上京しました。日曜日に帰宅したのですが、日曜日の朝に、、行きたいところはないの?って、突然、聞かれまして、、
上野動物園、、では、なくて、上野で寄席をみたい、って、言いましたら、、
オッケーがでました。はい。
が、やはり混んでましてだめでした。あれれ、って、浅草に行ってみましたが、、ここも、混んでまして、、だめでした。仕方ないので、うだうだしてもしかたないから夕方の新幹線で帰って来ました。
あはは。。だめなときは、何でもだめよねぇ。。って、ことだす。


んじゃ、退散♪


追伸 コメントに返事がかけていなかったら、ごめんなさい。書き終わる予定なんです。はい。

« 皐月(さつき)の風はトランペットで決まり♪ | トップページ | Seamus Blake Quartet が、やってくる! »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

気のせいか、前回から何度も呼ばれてるような気がします(笑)。

ランディ・ブレッカーの歌心とやらを聞いてみたいです。

連休は、妻と買い物に出かけるくらいです。お天気が良さそうだから、観光地はそれなりに人出があるでしょうね。
寄席には、以前も行きたいと仰ってませんでしたか?1日遊んでいられるところで、休日は午後から行っても満席のことが多いのではないかと思います。
また、チャレンジしてみてください。

すずっくさん,おはようございます。何たる偶然!私も本日記事をアップしましたが,何だか記事のトーンも似ているなぁ...。パクリじゃないですよ(爆)。

これほどRandyに歌ごころがあるとは思っていなかった私の目は節穴?って気もしますが,これはよかったです。クリポタ盤はまだちゃんと聞いていませんが,一聴した感じではこちらの方が好きかもしれません。

ということで,TBさせて頂きます。

千の風さま、、

>気のせいか、前回から何度も呼ばれてるような気がします(笑)。

はぁ?って、思ったけど、今、、わかりました。はい。

>ランディ・ブレッカーの歌心とやらを聞いてみたいです。

これ、凄く歌ってます。普通にいいです。はい。

>連休は、妻と買い物に出かけるくらいです。お天気が良さそうだから、観光地はそれなりに人出があるでしょうね。

今日は、お仕事手伝いました。
これから、ごはんの準備です。

>寄席には、以前も行きたいと仰ってませんでしたか?1日遊んでいられるところで、休日は午後から行っても満席のことが多いのではないかと思います。

うん。前にも言ってたました。行ったことないから行きたいの。

>また、チャレンジしてみてください。

はい。がんばってみます。
ありがとうございました。

閣下、明日から出張ですか。ちょっと、うらやましいかも。

>すずっくさん,おはようございます。何たる偶然!私も本日記事をアップしましたが,何だか記事のトーンも似ているなぁ...。パクリじゃないですよ(爆)。

そう、朝一、読んでびっくり。
これは、ジャズ好きは、似たような感想になると思うんだけど、、
意外と、話題になってなくてびっくりです。
いいアルバムだと思います。

>これほどRandyに歌ごころがあるとは思っていなかった私の目は節穴?って気もしますが,これはよかったです。クリポタ盤はまだちゃんと聞いていませんが,一聴した感じではこちらの方が好きかもしれません。

節穴だな。
だって、マイキーと来てたとき、かっこよかったよ。
あとね、歌手と一緒に演奏したりすることも多いのよ。
意外と、紳士でかっこいいのだよ。

>ということで,TBさせて頂きます。

はい。ありがとうございました。
トラバだけ、、しました。とりあえず。。あとで行きますね。

こちらからもTBさせていただきます。
本作はイメージしていたバラード集とは違ったので、それだけでも嬉しかったし、これまでにないほどのランディの丁寧な歌い上げにもビックリだったです。
またビッグバンドの面々も相変わらず上手くて感心しました。
このシリーズがいつまで続くのかは分かりませんが、好きなジャズメンがゲストで招かれる限りは、全部買ってしまうしかなさそうです。
ドラムス、トランペット、サックスときたので、今度はピアノがギターの番かもしれませんね(笑)。

naryさま、、

>こちらからもTBさせていただきます。

これも、面白かったですねぇ。

>本作はイメージしていたバラード集とは違ったので、それだけでも嬉しかったし、これまでにないほどのランディの丁寧な歌い上げにもビックリだったです。

ほんと、最初にレーベルのHPで案内をみたときには、、ちょっと、ビビッタのですが、、
買って、よかったです。これに、サインがほしいなぁ。

>またビッグバンドの面々も相変わらず上手くて感心しました。

ですねぇ。

>このシリーズがいつまで続くのかは分かりませんが、好きなジャズメンがゲストで招かれる限りは、全部買ってしまうしかなさそうです。

どうなんですよねぇ。
わたくし的には、クリスマス、ってのがあるんですよ。
これも、ブログでちゃんと紹介してなのですよ。(汗)

>ドラムス、トランペット、サックスときたので、今度はピアノがギターの番かもしれませんね(笑)。

その中なら、ギターがいいなぁ。アメリカ繋がりが続いてるので、その辺で。
ありがとうございました。

このアルバム、発売後に気が付いて、注文するもなかなか届かず、6月上旬に届いてから、さらにバラード集ということで聴くのが今日になってしまいました。もっと早く聴けばよかったなあ、と思ってます。

「バラード集」よりはさらにソロで吹きまくり、バックも割と賑やかだったので、もちっと、別なタイトルだったらもっと早く飛び付いたかもと思いました。でも、内容にはかなり満足しています。

TBさせていただきます。

910さま

>このアルバム、発売後に気が付いて、注文するもなかなか届かず、6月上旬に届いてから、さらにバラード集ということで聴くのが今日になってしまいました。もっと早く聴けばよかったなあ、と思ってます。

そうれはそれは。。910さまは、ECMやクリスクロスがありますから大変ですよねぇ。
このタイトル、偽りでもないんですけど、我々的にはちょっと、ひけますよねぇ。。
え?ランディが、ビッグバンドとバラードですかぁ?みたいな。。
でも、そうなんですよねぇ。そんなに、静寂な感じのアルバムではないのですよね。

>「バラード集」よりはさらにソロで吹きまくり、バックも割と賑やかだったので、もちっと、別なタイトルだったらもっと早く飛び付いたかもと思いました。でも、内容にはかなり満足しています。

わたしも、、おぉ、、きゃぁー、、ランディがぁ、って、感じで満足してます。(笑)
こちらからも、トラバいたしますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39836496

この記事へのトラックバック一覧です: The Jazz Ballad Song Book / Randy Brecker Feat. DR Big Band:

» Randy Breckerの歌ごころ [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
The Jazz Ballad Song Book Randy Brecker with DR Big Band(Red Dot Music) 昨年,私がジャズのベスト・アルバムの一枚に選んだのがCh [続きを読む]

» Randy Brecker with DR Big Band / The Jazz Ballad Song Book [Jazz&Drummer]
DR Big Band Michael Bojesen(Conducted) Anders Gustafsson, Christer Gustafsson, Thomas Kjergaard, Mads la Cour, Gerard Presencer(Tp) Vincent Nilsson, Steen Hansen, Peter Jonsen, Annette Hu... [続きを読む]

» The Jazz Ballad Song Book/Randy Brecker With DR Big Band [ジャズCDの個人ページBlog]
このレーベルのこのシリーズ、ちょっと前にクリス・ポッターのオリジナル集が出たんで [続きを読む]

« 皐月(さつき)の風はトランペットで決まり♪ | トップページ | Seamus Blake Quartet が、やってくる! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ