2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽で拡がる輪

« もう、、四月だもんなぁ。。 | トップページ | 心楽しい、、卯の花月のはずなのに。。 »

2011年4月 5日 (火)

Faithful/Marcin Wasilewski Trio





一番小さな水仙が咲きました。好きなクリスマスローズも満開です。
桜の花はまだだけど、ブナの葉っぱの芽が一段と大きくなりました。
春は、いつも突然やって来て、寒さで縮こまった心を一気に解放してくれます。
今年も、今年もみんなが、、そうになりますように。。

先日、紹介したポーランドの若手ピアニストMarcin WasilewskiのECMの第3作です。
やっぱり、わたしの心を直撃の美しさでした。既存のメロディ、オリジナルと併せて素敵なメロディが満載です。

オープナーは、静かに思いを込めるようにゆったりと歌いあげるのは、ドイツはユダヤ系の哲学する作曲家アイスラーの曲An den kleinen Radioapparat。穏やかに歌いあげてます。と、、静かな中に説得力を持つこの曲、聞き覚えがありますよね?そう、Stingの「Nothing Like The Sun」のラスト曲、The Secret Marriageのメロディです。一転、テンポもよくポーランドの香り濃いフレーズ満載で活き活きとした躍動感を持つマルチンのオリジナルNight Train To You。後半のピアノ演奏は、ショパンの国のピアニスト達の鍛え上げられた演奏レベルの高さを改めて思い知ります。そして、30代にして18年だかのこのトリオのキャリア。トリオで創り出すサウンドも阿吽の呼吸でスリリング。そして、タイトル曲はオーネット・コールマンのFaithfulを幽玄に奏でる。
再び、オリジナルでMosaic。やはり、どこそこにポーランドの香りが漂う。そして、スタダードでBallad of the Sad Young Men。元がミュージカルの為の曲ですので、歌ものはもちろんあのキースをはじめ多くの名演がある美しいメロディ。生きることはすばらしいけど、刹那的な痛みも伴う、、そんなことが頭に浮かぶような感情表現。その奥行きの深い叙情が秀一映画のラストシーンのようですわ。
ブラジルの誇るエルメート・パスコアールのOz Guizos。元ネタはもっとコズミックな感じがしちゃう不思議な空間なのですが、ここではそのエッセンスを搾り取り、ビターな感じの美しさをたたえた渋い演奏に。
マルチンのオリジナル Song For Swirek。「In Loving Memory of Marek Swierkowski」と副題のあるこの曲もやはり躍動感あるポーランドの香りが高いですね。続くオリジナル曲 Woke Up In The Desertの前半の無機的な不思議な美しさ、そこから次第に広がっていく演奏は、花が開く瞬間をコマ送りにして見ているよう。
愛に生きたポール・ブレイのBig Foot。ピーコックとの演奏を意識したのかベースをフューチャーしたアグレッシヴな一体感溢れる演奏。力強い感触も気持ち良い。
そして、最後はオリジナルでLugano Lake。ECMのアルバムのいくつかが録音されてるスタジオ?があるスイスとイタリアにあるLuganoの湖。だと、思います。まさに私たちが持つスイスの自然の美しさを音であらわしたような感じですね。でも、自然への賛美だけでなくて、そこにいる自分も含めて地球、宇宙みたいなものへの感動が丸め込められたいききとした感情が流れているような大きな空間を感じがます。終演。。

ポーランド的な美意識も、無国籍な透明感も、熱さも冷たさも上手に共存するアルバムでした。美しい音だけに満ちた世界を堪能してください。やっぱり、素敵なピアノだなぁ、、と、素直に思います。
そして、無名の頃からのお付き合いのようなのですが、ドラムもベースもすばらしい仲間だと思います。
そういえば、前作2作には、ポーランドジャズのレジェンドスタンコの曲が入ってました。今回は、ありません。スタンコへの敬意はそのままなのでしょうが、また、一歩前に進んだ感じがします。世界の舞台で勝負できる自信かな。

音に艶があって濡れているような輝きがあって美しい、、、音と音の間にも沢山の音が隠れているような感じがたまらない。写真ではちょっとさえない?このピアニストの魔法にかかって、永遠の時、なんて素敵な世界でひととき心を解放してみましょう。。


1. An den kleinen Radioapparat
2. Night Train To You
3. Faithful
4. Mosaic
5. Ballad Of The Sad Young Men
6. Oz Guizos
7. Song For Swirek
8. Woke Up In The Desert
9. Big Foot
10. Lugano Lake

Marcin Wasilewski (p)
Slawomir Kurkiewicz (b)
Michal Miskiewicz (ds)

そう、今回スタンダードで Ballad Of The Sad Young Menがありました。良い曲だよねぇ。。このマルチンのヴァージョンも素敵なんですが、キースがアニタに捧げた演奏も良いですよねぇ。
Ulf WakeniusのEnchanted Momentsではしっとりと音が重なるラスト曲でした。ニルスラングレンの歌も聴きたくなったけど、、やはり、ウルフかなぁ。。どちらも、ラーシュダニエルソン繋がりなのでありました。はい。

桜の季節ですね。日本人にとって、桜ほど、感情移入しやすい花はないですよね。
東北に桜が咲くのも、、もうすぐです。。

んじゃ、退散♪

FAITHFUL/MARCIN WASILEWSKI TRIO|オラシオ主催万国音楽博覧会
Marcin Wasilewskiの新作:これは最高だ。中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar
木を見て森を見る Faithful / Marcin Wasilewski - JAZZ最中



« もう、、四月だもんなぁ。。 | トップページ | 心楽しい、、卯の花月のはずなのに。。 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:Faithful/Marcin Wasilewski Trio(04/05)
SECRET: 0
PASS:
Marcinの新譜だ。おもしろそうだけど…中途半端そうな感じもあるっち。

TITLE: こんばんはぁ
SECRET: 0
PASS:
satoruさま、、

>Marcinの新譜だ。おもしろそうだけど…中途半端そうな感じもあるっち。

中途半端?そんなことないですよぉ。
そういう風に読めちゃいますか?
うーーーん。。修行がたりませんねぇ。。わたし。

どこかで試聴できるとおもうので、聴いてみてください。

TITLE: TBありがとうございます
SECRET: 0
PASS:
ごぶさたしております、オラシオです。
TBちゃんと来てましたよ!
時間差があったんじゃないですかね・・・。
今は私事でネットの海にほとんど入れない状態なので、時間のある今お礼しとかないとまた失礼しちゃいそうで。
あわてて書き込んでます。
ほんともう私生活はボロボロです(苦笑)。
閑話休題。
Suzuckさんは前作も高い評価を与えてらっしゃいましたよね。
私は、ECM以後ならこの作品が一番好きみたいです。
「Night Train to You」いいですよね!
それと、貴レヴューを拝読しているうちにようやく思い出しました、Hermetoの「Oz Guizos」は彼のファーストに入ってたんですよね、確か。
そろそろ単体で日本に来てもいい頃ですよね。
みんな見に行くと思うんですけれど。
あ、こちらからもTBさせていただきますね!
では失礼致します。

TITLE: ポ-ランドの香り
SECRET: 0
PASS:

こんにちは
いいお天気が続きますね。
すずっくさんの お家のお庭も春らしくなっているようでいいですね。
今回はポ-ランドのピアノトリオということで また気になっています。
ヨ-ロッパのピアノトリオは きれいな作品がたくさんありそうで もう一度 「ジャズ批評」ヨ-ロッパピアノトリオ・ポ-ランドを復習してみます。
桜 もうすぐですね*
被災地に紅梅が咲いた写真を数日前に新聞で見ましたが
桜も たくさん咲くといいですね。
ポ-ランドの香りも感じてみたいな♪

TITLE: ちゃんと、ごはん食べてる?
SECRET: 0
PASS:
オラシオさま、、
こちらこそご無沙汰してます。

>TBちゃんと来てましたよ!

そうなん??
でも、やっぱり、コメントはなくなってましたね。
お忙しいのに、お返事ありがとうございます。

>今は私事でネットの海にほとんど入れない状態なので、

青森ですものね。どうなの?その後は。
戦闘態勢のような緊急な状況では、ダンダンなくなって来てるといえ。。
まだまだ、日常生活は大変なんでしょう?
TVでは、避難所と、壊滅した街の様子しか映らないので、、どうなんだろう、、って、思ってたのですが。

>ほんともう私生活はボロボロです(苦笑)。

確か、震災前から、、お仕事も大変なんですよね?

>Suzuckさんは前作も高い評価を与えてらっしゃいましたよね。

はい。
だって、わたし、「岩にしみいる蝉の声」、、みたいな、シーーんとしたのも好きなんですもの。(笑)

>私は、ECM以後ならこの作品が一番

わかりますよ。曲によってかなり躍動感あるし、ポーランドの香りも(東欧というべきなのかな。。?)もオリジナルを中心にメロディにも、フレーズにも感じれれますもの。
でも、わたしとしても、、それが嫌みだったり、やり過ぎだったりはないので、これも好きです。良い感じだと思います。

>「Night Train to You」

はいはい!でも、他の曲も良いと思いました。
この人、才能ありますよね。と、わたしになど言われたくはないだろうけど。(笑)

>Hermetoの「Oz Guizos」は彼のファーストに入ってたんですよね、確か。

わたしは、コアなファンではないんです。で、Hermetoに入ってると思います。Bellって、やつ。
で、わたしはマルチンくんのトリオを生で聴きたいでーす。
って、今は海外からのライブも中止になるのが多いし、、早く、世界の人が安全を認めてくれる状況になると良いですよね。

TITLE: ポポポ・・・ポーランド♪
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、
わたしの少ないポーランド経験からすると、ポーランドのピアニストは独特のメロディつうかフレーズつうか持ってるんですよ。このピアノは、そういう香りのしない演奏もするんだけど、でも、速いフレーズとかにはやはりそれを感じると思うんですよねぇ。

>すずっくさんの お家のお庭も春らしくなっているようでいいですね。

はい。
今日は、午後のお手伝いをお休みして、母の付き添いに行きました。
帰りに、お花の苗買って来ました。もう、植えちゃった。

>今回はポ-ランドのピアノトリオということで また気になっています。

この人、ポーランド色薄い方だと思うんですよねぇ。
テクニシャンが多いのです。わたしの大好きなベースのダニエルソンは、ポーランドのモジュジェルって、ピアノとユニット持ってます。

>被災地に紅梅が咲いた写真を数日前に新聞で見ましたが
>桜も たくさん咲くといいですね。

うん。
お花見気分にはなれないかもしれないけど、
風景の中に浮かぶお花は、、思い出につながりますしね。
何より、つかの間でも気持ちがほっとしますよね。

またね♪

TITLE: 追伸
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、

そちらにも、コメント入れたんですけど、、入らなかったみたいです。はい。

TITLE: こんばんは☆彡
SECRET: 0
PASS:
これは買いましたあ。はやく聞いてみたいでーす。
さくら、綺麗ですよ(´∀`)

TITLE: すみません…
SECRET: 0
PASS:

コメントありがとうございました。
自分のブログを確認するのが遅いと
コメント承認する が出来なくて。
ちゃんと届いてました♪
クレマチス 植えたんですね。
江戸紫のきれいなお花ですよね。 白もあるんだったかな?!
お庭 見ながら聴くJAZZは心地良いのでは…
(^-^)/

TITLE: お返事遅くなりました
SECRET: 0
PASS:
チェリーブロッサムさま、、

>これは買いましたあ。はやく聞いてみたいでーす。

と、聴きましたか?
今日は雨なのですが、こんな日にもあいますね。

>さくら、綺麗ですよ(´∀`)

週末になりましたが、東京のお天気もあまり良くないようですね。
雨や風で散ってしまうのでしょうか。。

TITLE: 勘違いでした
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、

>コメントありがとうございました。
>自分のブログを確認するのが遅いと
>コメント承認する が出来なくて。

いえいえ。
ごめんなさい、承認制だったんですね。
勘違いしてました。
わたしは、もーーっと、お返事遅いので気にしないでください。

>クレマチス 植えたんですね。
>江戸紫のきれいなお花ですよね。 白もあるんだったかな?!

はい。和の種はテッセンって、いいますよね。
白、紫、赤、ピンク、、、フジムラサキの五色植えました。

>お庭 見ながら聴くJAZZは心地良いのでは…
>(^-^)/

早春から、晩秋まで、、朝のお仕事終わると庭に出るのですが、、
このところ、、そういう気分にもならなくて、ずっとさぼってたんです。
でも、今日は、雨が降る前に草取りなどをしに庭に出ました。。

地震はこわかったし、心配したけど、津波が来なくて不幸中の幸いでしたね。

TITLE: これはようやく明日には届きそうです。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんにちは。

なかなかこのアルバムが手許に届かないので,発注先を変えました。明日には届きそうですが,期待値がまたまた高まっています。

5月の連休にはSeamus Blakeが強烈なメンツで来日しますが,私は不幸にして米国出張が重なり,行けそうにありません。その時のNYCはあまりいいライブがなさそうで,例外はAlex SipiaginがSmallsに出るぐらいですかねぇ。それにしても,Seamusは見たいですねぇ。ピアノはDave Kikoski,ドラムスはAri Hoenigらしいでっせ。くぅ〜っ!!

TITLE: スティングもいいけど。。
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下さま、、
シーマス(シェイマスだっけ)さま、、行けそうにないの?
でも、マックスは行くんでしょう?この週末ですよね。
大宮で、美人に囲まれちゃうのだね、良いなぁ。
わたし、、今週は、バタバタと野暮用が入ってるんですよねぇ。。

>すずっくさん,こんにちは。

はい。すみません、お返事遅くなって。

>明日には届きそうですが,期待値がまたまた高まっています。

どうなんでしょう。
閣下も、ECM的な美学も、メリハリ効いた躍動感あふれる演奏もお好きですから、イケルと思うんですけどねぇ。

>5月の連休にはSeamus Blakeが強烈なメンツで来日しますが,

知ってますよン。ライブに行けなくたって、前から一部で話題になってましたから。(爆)
少し前に、わたし的ライブの王様くんにツアースケジュール確認したんです。
是非新潟に来るように誰かアリホリ(Ari Hoenigなんだけドわたし的アリホリ)にお願いして。で、アリホリ&キコスキーって、段階でかなり燃えたんですけど。皆さんがお好きなシーマスも良いんだけど、やっぱ、一番みたいのがアリホリです。(爆)
あの方のドラムを体感してみたいです。キコスキーも以前から生で聴いてみたかったん。。このメンツならば、理想はピットインだよねぇ。なんて、、贅沢は言わないけど。行きたい。行きたい。

まぁ、行けないと思うなぁ。(悲)

>例外はAlex SipiaginがSmalls

これだって、知ってるんだ。(爆)って、偶然ですけど、先日眺めてた。
Adam Rogers,Nate Smith,Boris Kozlov,Donny McCaslyn
アダムロジャーズにネイトスミスって、ところで、もう、萌え燃え。
えっと、Donny McCaslynも好きなのですが、、でも、ここはメンバーをクリポタに差し替えて遊びに来てください、って、お伝えください。(爆)

で、感想待ちしてますよ。
今日は、違うピアノトリオでしたが。。。

TITLE: 森を抜けたときに
SECRET: 0
PASS:
すずっくシスターこんにちはmonakaです。
このアルバムを記事にしました。TBはつくのでしょうか。
このアルバムを聴いて、アルバムを通り越した後には森の中を探索したようなすがすがしさがうまれました。

こちらのTBのURLはこちらです。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ff5068c8daea436c64d2eb2c77a1f50c/df

TITLE: ここでは最後のTBですかね。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんばんは。この作品には感動しました。研ぎ澄まされたまでの美的な感覚はどこから生まれるのだろうと思いますが,さすがショパンの国の人たちと言うべきでしょうかね。

楽天のTB機能廃止により,私からのTBはここではこれが最後になりますが,それはそれってことで,今後ともよろしくどうぞ。

TITLE: 春の季節
SECRET: 0
PASS:
 このアルバム今週買いに行きます。
昨年も、春の季節に、すずっくさんお薦めの、春にぴったりのアルバムを聴き、音楽が持つ豊かさに、春を数倍多く楽しんだ覚えがあります。
最近、ショパンの映画を観たり、曲や、ポーランドの歴史について、考える機会が多いです。ポーランドで暮らしているユダヤ人、ロシアとのかかわりなど、いろんな側面かをもっと知りたいです。
当時の人々の事を考えると、曲の解釈も変わってきます。また、マズルカを、子供の頃から聴いて育つと、リズム感も変わってくるんでしょうね。
 そういえば、同じ綴りの人の話を、NYCに行った時、現地の日本人に話しました。
日本では、マルチンや、マーチンと呼びますよね?
私もそのように伝えたら、マシーン、マーシンの間を取ったような発音でないと相手に通じない、と日本人スタッフに言われ、えーー?話す相手によっても変わるかもしれないけど、ハドソンリバーを、ハクソンリバー、と言い切るタクシードライバーもいて、発音が難しいわ、と頭をかかえた私です。
すずっくさんの文面に、マルチン、と書いてあり、そうだよね、普通はそうだよ、と、ホッとしました。
 そういえば、かなり前になりますが、猫の黒ちゃん、グレーの猫ちゃんは、すずっくさんのブログの一番上にある猫ちゃんの絵のことです。動物は、犬、猫問わず好きなので、絵や、写真があると、必ず、目がとまり、うわぁーと見ながら、ニコニコになります。
これからも、よろしくお願いします。

TITLE: 森ですか。。
SECRET: 0
PASS:
monakaさま、、ごめんなさい。

とりあえず、明日、皆さんのの日記のアドレスをリンクさせます。
なんというか、いきなりあれで、、ぼんやりとした時間が過ぎちゃいました。
酷いなぁ。。

>このアルバムを聴いて、アルバムを通り越した後には森の中を探索したようなすがすがしさがうまれました。

コレ、良かったですよね。
なるほど、、森ですか。本当に、良かったです。
オラシオさまも、大変喜んでらっしゃいましたね。

>こちらのTBのURLはこちらです。

あの、、とりあえず、トラバさせてくださいね。
すみません。
いろいろ、、また、あとで。。

TITLE: とっても、愛着あるのに。。
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下、、ごめんなさい。
みんななくなってしまいました。
明日、リンクしておきます。

>すずっくさん,こんばんは。この作品には感動しました。研ぎ澄まされたまでの美的な感覚はどこから生まれるのだろうと思いますが,さすがショパンの国の人たちと言うべきでしょうかね。

そうですね。わたしも、本当にそうに思いました。
ショパンのお国の人達は、やはり、ショパンですよねぇ。。
トラバ、ちゃんと確認しました。ありがとうございました。

しかし、、こういうやり方って、まずい感情しか残しませんよねぇ。。

TITLE: 春は引っ越しの季節かな
SECRET: 0
PASS:
ひまわりさま、、
> このアルバム今週買いに行きます。

はいはい。これは、閣下も最中さまもおすすめですから、間違いないと思いますよ。

>ポーランドで暮らしているユダヤ人、ロシアとのかかわりなど、いろんな側面かをもっと知りたいです。

そう。。複雑で悲しい過去もあるんですよねぇ。

>当時の人々の事を考えると、曲の解釈も変わってきます。また、マズルカを、子供の頃から聴いて育つと、リズム感も変わってくるんでしょうね。

そう、マズルカ、これが、この方達の血を濃くしてます。

>日本では、マルチンや、マーチンと呼びますよね?

と、思うのですが。。
わたしは、読めなかったのですが、どなたかに教わった気がいたします。

>ハドソンリバーを、ハクソンリバー、と言い切るタクシードライバーもいて、発音が難しいわ、と頭をかかえた私です。

そうなんですかぁ。
もう、英語は全然だめなので、いずれにしても、、わたしは何も通じないのですが。(笑)

>猫の黒ちゃん、グレーの猫ちゃんは、すずっくさんのブログの一番上にある猫ちゃんの絵のことです。

うん。あの猫ちゃんのデザインはわたしも大好きです。
mixiのデザインもケイタイヴァージョンは黒猫ちゃんです。
どうも、、ありがとうございます。
しばらく、ここでうだうだしてるかもしれませんが、、いずれ引っ越ししようと思ってます。
とっても、寂しい。。

TITLE: Re:春は引っ越しの季節かな(04/05)
SECRET: 0
PASS:
 引っ越しは悲しいです。
引っ越ししても、前の家が忘れられなくて、何度も涙がこぼれて、前の家を見に行った経験が私あります。
私は、どうやら、過去をかなりひきずるタイプのようです。
気持ちが落ち着くまで、好きなだけ、ひたるようにしています。
すずっくさんのお気持ち、わかります。
 思い入れのあったもの、大切な思い出、共有した時間はかけがえのないものです。
私は、天国に持っていけるものは、これだわ、私の財産はこれ、って思っています。
 春は、別れの季節、この季節だから、乗り越えられるのかな? たくさんの別れと出会いがあった、、、でも、何故か、大切な人とは、どこかでつながってる、、、引っ越ししても、変わらないものもあります。

TITLE: ちょっと、、づつね。。
SECRET: 0
PASS:
ひまわりさま、、

> 引っ越しは悲しいです。

あ、、特に、自分が意としない引っ越しは悲しいだけですよねぇ。

>私は、どうやら、過去をかなりひきずるタイプのようです。
>気持ちが落ち着くまで、好きなだけ、ひたるようにしています。

お察しいたします。
人ごとながら、、悲しい気持ちなって来ちゃった。

>すずっくさんのお気持ち、わかります。
> 思い入れのあったもの、大切な思い出、共有した時間はかけがえのないものです。

ねぇ。。?
想い出って、一方的な時はかけがえのないものって、いえないの?
わたしが、大切だ、って、思えばそれでいいの?そうですよねぇ??

>私は、天国に持っていけるものは、これだわ、私の財産はこれ、って思っています。

はい。。

> 春は、別れの季節、この季節だから、乗り越えられるのかな? たくさんの別れと出会いがあった、、、でも、何故か、大切な人とは、どこかでつながってる、、、引っ越ししても、変わらないものもあります。

「何故か、大切な人とは、どこかでつながってる、、、引っ越ししても、変わらないものもあります。」
お念仏のように、、ずっと、気持ちの中でとなえてみます。落ち着くかも。。
どうも、ありがと。

TITLE: Re:Faithful/Marcin Wasilewski Trio(04/05)
SECRET: 0
PASS:
一足遅く。失礼いたします。
こちらのアルバムじっくり堪能楽しませて頂きました^^。

文章力がないもので「よいっ!」としか言えないのですが、ここに来て、再度すずっぺさんの感想を見て。
「なるほどー」などと言いながらまた、楽しんでいます。

本当に無国籍な透明感も、熱さも冷たさも上手に共存するアルバムだと思いました。
ご紹介ありがとうございました(^-^)/

TITLE: Re:ちょっと、、づつね。。(04/05)
SECRET: 0
PASS:
 今朝、音楽狂閣下のブログを読み、全てがわかりました。そうだったの、、、、、と、もう、びっくり。
信じられません、、、。
最近、この信じられない、、が、世の中にあり過ぎです。
医療で震災に力を貸してあげたいと思ったイスラエルの医療チームに、日本の医師免許が無いから、、と帰らせてしまったようだわ、、と会社の先輩が、目茶苦茶怒っていましたが、なんで?、、、、と思う事が多すぎます。
相手の優しさや、思いやり、他の人の立場で考えることが出来ない人が、本当に増えているように思います。
アスペルガーなどの、コミュニケーションの障害がある病気の場合は、仕方なく、理解出来る部分もありますが、私の会社でも、今回ような事を出来る人が増えつつあり、私は、びっくりして、いったん呆れるか、相手があの時は気付きませんでした、と言ってくるまで、黙っているようになりました。
話してもわからないことが多く、正当化していて、むしろ、自分を被害者だと思っていることさえあるからです。
 少なくとも、音楽狂さんが、ご自身のグログに書いて下さっているのは、ありがたいし、頼もしいです。
すずっくさんには、良いお友達がみえますね。
お友達のために、正しいことを、行動出来るか出来ないかは、大きな違いです。
 良いお友達がみえれば、これからも良いことはつながっていきます。

TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS:
ゆみっぺさま、、

>一足遅く。失礼いたします。
>こちらのアルバムじっくり堪能楽しませて頂きました^^。

おぉ。。全然、遅くなんてないですよ。
これも、一年でも二年でも、楽しめると思いますよ。

>文章力がないもので「よいっ!」としか言えないのですが、ここに来て、再度すずっぺさんの感想を見て。
「なるほどー」などと言いながらまた、楽しんでいます。

そうですかぁ。
いつも、ウィットの効いた文章がかわいいですよ。
小田原って、、とっても、懐かしいところなんですよぉ。(秘密)

>本当に無国籍な透明感も、熱さも冷たさも上手に共存するアルバムだと思いました。
>ご紹介ありがとうございました(^-^)/

ですよねぇ。
ワールドワイドで活躍するミュージシャンって、無国籍な部分でも主張できないとだめですよね。
でも、お国柄もしっかり持ってないと、、それもだめですよねぇ。
ゆみっぺさまは、情報源凄いですよねぇ。どうも、ありがとうございました。

今日は、ブレッカーブラザーズ、、ダゼ。

TITLE: ありがとございます
SECRET: 0
PASS:
ひまわりさま、、こんばんは。

> 今朝、音楽狂閣下のブログを読み、


うん。ひまわりさまのコメントみて、あわてて閣下のブログ読みに行きました。
いつも、携帯でチェックするんだけど、、今日は、バタバタしちゃって。。

>最近、この信じられない、、が、世の中にあり過ぎです。

そうなんですねぇ。
お仕事なので、冷徹にならなくちゃいけないこともあるんでしょうが、、
でも、ちょっと、考えたら、、これはできないはずなんですよ。

>医療で震災に力を貸してあげたいと思ったイスラエルの医療チームに、日本の医師免許が無いから、、と帰らせてしまったようだわ、、と会社の先輩が、目茶苦茶怒っていましたが、なんで?、、、、と思う事が多すぎます。

あぁ。。なんだか、いろいろ日本的な問題が絡み合ってますよねぇ。

>私の会社でも、今回ような事を出来る人が増えつつあり、私は、びっくりして、いったん呆れるか、相手が>あの時は気付きませんでした、と言ってくるまで、黙っているようになりました。
>話してもわからないことが多く、正当化していて、むしろ、自分を被害者だと思っていることさえあるからです。

これ、、少し、わかります。
自分が被害者、って、思うだけでなくて、他人にそうに言いふらすんですよねぇ。。


> 少なくとも、音楽狂さんが、ご自身のグログに書いて下さっているのは、ありがたいし、頼もしいです。
すずっくさんには、良いお友達がみえますね。

うーーん。。
閣下のお好きな赤いワインをおごらなくちゃかなぁ。。
って、感謝してます。
閣下、、頭が良いので、文章すっきりしてて。
本当に、皆さま、、とても素敵な方々です。


お友達のために、正しいことを、行動出来るか出来ないかは、大きな違いです。
 良いお友達がみえれば、これからも良いことはつながっていきます。

すずっくさん,早速TBさせて頂きました。めでたし,めでたし。

皆さんが取り上げているのを見て、ちょっと遅くCDが到着したので、あわてて聴きました。いいですねえ。

ECMとしても、今年のピアノトリオとしても、かなりいいセンいっているのではないでしょうか。アイヒャーがここまで彼らのペースで録音させていたのにも、ちょっとビックリでした。

TBさせていただきます。

910さま、、

>皆さんが取り上げているのを見て、ちょっと遅くCDが到着したので、あわてて聴きました。いいですねえ。

沢山、届きますからね。
でも、これは、格段とよかったでしょ?
聴いて、すぐに、ビビと、来たんだけど。。

>ECMとしても、今年のピアノトリオとしても、かなりいいセンいっているのではないでしょうか。アイヒャーがここまで彼らのペースで録音させていたのにも、ちょっとビックリでした。

はいはい。
かなり、気に入られてるのでしょうねぇ。
結構、アグレッシブに弾いてますよね。
今まであまり好きでなかったと思われる、某ドラマーさまにもオッケーな気がします。

>TBさせていただきます。

ありがとうございました。

すずっく様

まとめてお邪魔していますが(笑)。
音楽狂様同様、最高のピアノトリオという印象です。強いて上げればNight Train To You のかっこよさったらないです。これだけじゃないんですが、強いて挙げています。「Train」と付く曲のハードルがまた上がった気が(笑)。

閣下!
すいませんです。
このコメントに返事してなかった!!(爆)

>すずっくさん,早速TBさせて頂きました。めでたし,めでたし。

はいはい。
今年の上半期は、どうーーなってしまうのか、、って、勢いになってきてしまいました。。
あと一ヶ月なんだけど、どうーーした、ホイ、ッテくらい好みのアルバムが送付されてきてます。。
わたくし、、見事に、、溺れかかってます。。

ki-maさま、、

>まとめてお邪魔していますが(笑)。

どうぞ、どうぞ♪
と、ki-maさまに、お願いです。
グーブログも、iフォンからだとのぞき見しやすくなり、あそびに行くのも、コメントも大丈夫なのですが、、やはり、トラバアドレスをコピーしてくるのは難しいのですよ。
パソコン表示にすれば、オッケーかな?って、思ったんですが、だめなんですよねぇ。
お手数ですが、トラバアドレスを教えてください。
(iフォンお使いの方で、この方法がわかる方がいらっしゃったら、、教えてください)

>音楽狂様同様、最高のピアノトリオという印象です。

巧い若手はタックサンいるんですが、個人的にはあたまがあの坊主頭が二つくらい抜け出てると思いますです。メンバーもなにげに良いんですよねぇ。

>強いて上げればNight Train To You のかっこよさったらないです。これだけじゃないんですが、強いて挙げています。「Train」と付く曲のハードルがまた上がった気が(笑)。

あ!ki-maさまも、パットメセニーのあの曲がお好きなんですね。
わたくしも好きです。はい。
もうすぐ、カバーアルバムが出るんですよねぇ。どーしましょう。。(笑)

suzuckさん、こんばんわ。
新潟の大雨、大変でしたね。でも市内は大丈夫なのかな?
でも、この大雨が去って、やっと本格的な夏の到来! ってな感じでしょうね。新潟の真夏もめちゃくちゃ暑いですよね~~。

これ、最高ですね。今までスタンコを先入観だけでやや敬遠していたのですが、ボシレフスキをきっかけにスタンコを聴くようになり、意外にいいじゃん、ということで、旧作を今買い漁って聴いているところです。

メセニーやマイケル・フランクスの新譜もこのところ寝る前にルーチンで聴いていますが、これまた最高で、ブログにアップしたのですが、なかなか言葉にならずに苦心しています。特にフランクスなどはすずっくさんの気にを読んじゃうといっそう書けなくなってしまって。すずっくさんのフランクスの記事はうまいですね~。絶対男には書けませんわ。

ということで、こちらからもTBさせていただきます。
ではでは(@^^)/~~~

crissさま、、

>suzuckさん、こんばんわ。

はい。

>新潟の大雨、大変でしたね。でも市内は大丈夫なのかな?

そうなんです。
でも、市内でも浸水したところもあるそうです。

>でも、この大雨が去って、やっと本格的な夏の到来! ってな感じでしょうね。新潟の真夏もめちゃくちゃ暑いですよね~~。

はい。。
避暑に東京にお出かけしたいくらいでーす。

>これ、最高ですね。今までスタンコを先入観だけでやや敬遠していたのですが、ボシレフスキをきっかけにスタンコを聴くようになり、意外にいいじゃん、ということで、旧作を今買い漁って聴いているところです。

スタンコって、シリアスでちょっと近寄りがたい雰囲気が漂ってますが(笑)、なんだか、好きなんです。音楽のことも、ポーランドのこともよくわからないけど、この人たちが入ったアルバムは、他の作品よりなんだか明るい気がしました。


>メセニーやマイケル・フランクスの新譜もこのところ寝る前にルーチンで聴いていますが、これまた最高で、ブログにアップしたのですが、なかなか言葉にならずに苦心しています。

なんだか、わかるなぁ。。
心の柔らかな部分に訴えてくるものって、、うまくかけないですねぇ。
回りくどくなってしまう。。

>特にフランクスなどはすずっくさんの気にを読んじゃうといっそう書けなくなってしまって。すずっくさんのフランクスの記事はうまいですね~。絶対男には書けませんわ。

わぁ。。ほめられた。わぁーい。ワイ。

って、一応、、まだ、女なんで。(笑)
時々、忘れちゃうことあるんですけどね。。って、お会いしたことあるじゃん。
バレバレジャン。

しばらく、ゆっくり猫屋敷にもお出かけしてないんだけど、、
あ、、クリスさんは、プログレ聴きにいくんですよね。
今年は、東京ジャズの地上サーキットは行かないのですかぁ?

>ではでは(@^^)/~~~

なんだか、クリスさまが顔文字使うと、、新鮮ですわ。
では、、わたしも。。(^_^)/~~~~

すずっくさま

こんばんは。
もう1年前のことだったんですね。
東日本大震災の動揺が冷めやらぬ頃。
原発事故もあってどうなることやらと思っていたのに、
無事今年も春を迎え、こちらは桜満開な今日この頃。

レビューを読んでいたらこのアルバムが聴きたくなってしまいました。
只今BGMにして書いてます。
良いピアノトリオですよね。
メンバーと一体となってボシレフスキの美世界がつづられてます。

スティングの『ナッシング・ライク・ザ・サン』のラスト曲。
ということでCD交換。
お~っ、確かにこの曲です!

色々教えていただき感謝です。

トラバさせていただきます。

いっきさま、、

>すずっくさま

はい。

>こんばんは。
>もう1年前のことだったんですね。

はい。
去年は、3月からうつうつの感じで、、心も何処かもやもやと停滞してたんですけど、、
音楽に救われたとか、音楽に力もらったとか、、
そういう言い方好きではないのですが、このアルバムを聴いてるとこわい映像は忘れられるという感じでしたかしら。。

>東日本大震災の動揺が冷めやらぬ頃。
>原発事故もあってどうなることやらと思っていたのに、
>無事今年も春を迎え、こちらは桜満開な今日この頃。

去年は、桜が辛い感じでしたよね。。
桜といえば入学式、、入学式を迎えることができなかった小さな命がたくさんありましたから。

で、原発って1年たっても何も解決してないですよね。
電力量云々でなくて、、危機はいまだにマックスでしょう?
水かが減っただだの、温度が上がっただの。。何もかわってないですよね?
わたしは、今も節電してます。
社会的なモラルではなくて、わたし個人からの小さな復習ですよ。
「誰が余分に電力会社をもうけさせるか」、って、ことですよ。
わたし、イヂワルですから。イヂワルミィって、あだ名でしたから。(笑)

>レビューを読んでいたらこのアルバムが聴きたくなってしまいました。
>只今BGMにして書いてます。
>良いピアノトリオですよね。
>メンバーと一体となってボシレフスキの美世界がつづられてます。

はい。
愛国心もあり、宇宙の果てにとんでしまうような透明感あり。。
でも、彼らが目当てで買ったアルバムでも、うむ、、ってのもありました。
やっぱ、基本的に彼の世界が好きなんだと思います。

>スティングの『ナッシング・ライク・ザ・サン』のラスト曲。
>ということでCD交換。
>お~っ、確かにこの曲です!

ですね。(笑)

>色々教えていただき感謝です。

いいえ。
わたしの知ってることなど、ネットをググればすぐにわかることばかりです。
それより、日本版は杉田さんのライナーダッタンですね。良いなぁ。。

>トラバさせていただきます。

どうも、いっきさまのトラバはスパム扱いになるんですよね。
同じココログなのに、、なんだ、これは。。って、いつも思います。はい・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39775975

この記事へのトラックバック一覧です: Faithful/Marcin Wasilewski Trio:

» Marcin Wasilewskiの新作:これは最高だ。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Faithful Marcin Wasilewski / Slawomir Kurkiewicz / Michal Miskiewicz (ECM) 近年聞いたピアノ・トリオの中ではかなり好きな部類と [続きを読む]

» 木を見て森を見る Faithful / Marcin Wasilewski [JAZZ最中]
ンプル・アコースティック・トリオが、“TRIO”という名前でECMよりアルバムをだしたのが2006年でその後マルチン・ボシレフスキ・トリオにしてECMからは3枚目がリリースされました。 ボシレフスキは今年36才、おおハクエイ・キム君と同じ年、充実しているのでし...... [続きを読む]

» Faithful/Marcin Wasilewski Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き4日目。4月に発売されたECMのCD群の中では、このアルバ [続きを読む]

» Marcin Wasilewski Trio/Faithful [音楽という食物]
成熟したピアノ音楽。 これがジャズ界の一角にのみ扱われているとするとあまりにも勿体ない。 他のジャンルの音楽ファンというよりはピアノが好きな人には極力出会ってもらいたいと感じる。 スティングのアルバムで知っていた「1」。以前のアルバムではBjorkのHyperb...... [続きを読む]

» Marcin Wasilewski Trio / Faithful [雨の日にはジャズを聴きながら]
Marcin Wasilewski Trio / Faithful ( amazon.co.jp ) 2011 ECM Records Marcin Wasilewski (p) Slawomir Kurliewicz (b) Michal Miskiewicz (ds) ポーランド・ジャズの次世代を担うピアニスト、... [続きを読む]

» 久しぶりにこんなピアノ・トリオを買ってみた。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記(ブログ)]
最近はピアノ・トリオにすっかり飽きてしまい、ほとんど買わない私なのですが、久々に [続きを読む]

« もう、、四月だもんなぁ。。 | トップページ | 心楽しい、、卯の花月のはずなのに。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ