2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« The Blue Pearl/ Bohuslan Big Band Plays Lars Jansson | トップページ | 加賀屋ホッピーズで、、ぐでんぐでんになろうぉ! »

2010年7月 7日 (水)

Samba Carioca / Vinicius Cantuaria





白い百合も咲きました。。

ギターにのったポルトガル語には魔法の響きがある。
さ迷える現実の重さから心を解放して、体温と実態のない不可思議な迷子にしてくれる魔法の力。。。
あらゆる密度、重さから逃げ出すべく、、意識を空中に拡散させいく。。
霧よりももっともっと希薄になって空中を漂う。
成層圏、宇宙、銀河の果てへと舞い上がり、何光年も向こうにある青い宝石を愛おしく振り返る。
天の川を眺めれば、、あらぁ、今日は七夕じゃないの。。。

ヴィニシウス・カントゥアリアはアマゾンか川の流域の街で生まれ、リオで育つ、そして、音楽と一緒にニューヨークに渡ったようです。
ブラジルの音楽も奥が深すぎて底なし沼なのですが、中古屋に売られていたTucumaのジャケットからこちらを挑発するお顔は、はあまりに私好みな渋い雰囲気で、どことなくハードボイルドな面もちなのでお持ち帰りしたのです。この時、50歳前くらいなんですねぇ。寡黙、ストイックと言う言葉がお似合い。(はぁとぉ)
そして、甘過ぎない優しい声にでれでれになったののでした。と、いえども、最近はすっかり忘れて日々の暮らしに明けくれていたのですが、メルドー狂いの音狂閣下がご自身のブログでメルドーコレクションの一枚としてこのアルバム紹介して下さったのでした。

彼のサウンドは。都会的洗練と人肌をほんのり感じる柔らかな優しさが絶妙な感じ。ボサノヴァの持つ雰囲気を大事にしながら、きちんと練り上げたサウンドは結構綿密だと思います。デモ、もちろん、緊張感なんて感じない。
参加メンバーも豪華。本家ブラジルからはマルコス・ヴァーリ、ジョアン・ドナート、、そして、ニューヨークな繋がりからはビルフリ、メルドー。プロデュースはアート・リンゼイ。
彼が関わったオリジナル曲の他、「Vagamente」、「Inutil Paisagem」で、9曲。

Praia Grande、、軽やかなサンバのリズムに踊る彼のギターは独特な間をかもし出す。少ない音数だけど説得力ある。マルコスの叙情的なピアノに柔らかな歌声がのって前に前にと進む。雲の上で踊るサンバ。気がつくと目の前に海。静かに心の海に向かう Berlin。ピアノのメルドーとのデュオ。多重録音らしく、彼はアコースティクのギター&ボーカルを中心に、サンプリング?も含めて彼自身が様々な音を重ね、重ねた上で一般的なデュオのイメージ以上の静寂な空間を作り出す。そのまま存在する空気より彼の想像した空気はよりアコースティクな美しさを持つ。そこにビタースウィート、、いや、ビタービタースウィートなメルドーのピアノ。硬質感あるタッチがクールな空間で生なしく浮かび上がる。音使いはメルドーそのものなのだけど、見事にカントゥアリアの世界の住人に。
ボサノヴァの名曲が2曲続きます。まずは、エレクトリックギターとフリューゲルの響きが浮遊感を生むVagamente、、とろけた。そして、無意味な風景。Sidinhoのパーカッションだけでなく、エレクトリックサウンドを静かに重ねて独特な浮遊感と冷気を生み出す。

静寂とは何か、、そのイメージを知り尽くした感じで、間と浮遊感で都会的と海辺の静寂の両方を堪能。
真夏の夜の夢。様々な風景、情景が浮かんでは消え、重なり沈む。

ギターリストとしての一面を全面的に押し出した Julinha de Botasは、自らのパーカッション(彼はドラマーでもあった)をのせたビルフリゼールとギターデュオ。2分にも満たない短い演奏に音を大事にした2人のギターが楽しそう。ドナートが参加したFugiu。メルドーと対極を行くような人間味あふれるシンプルな躍動感が楽しいのだけど、英語の歌詞を読むと、、結構、深刻な内容。。このさらり感が、ブラジル的なのかな?
Orlaは、自身はアコギ、そして、ダヂがエレクトリックギター、マルコスヴァリーがエレピで重なり合う厚いサウンド。ラテンの哀愁をてんこ盛りにしたConversa Fiadaは、メルドーも巻き込んで情熱的。ソロはメルドーだけど。。。って、フェイドアウトは惜しいよねぇ。。
終演は再びビルフリゼールを迎えて So Ficou Saudade。実にビルフルらしい音の選び方の中で、、歌うあなたは素晴らしい。。♪不思議な感覚を胸に残して、ブラジル的ニューヨークの朝は明ける。。
いや、、ニューヨークなブラジルの夜はふける。。?

夏ばてしてる、ちょっとへそ曲がりな。。あなたに。って、それは、、わたしぃ。
たった、40分の対処療法で、ちょっと、元気に。繰り返せば、尚さら元気に。(笑)

1. Praia Grande
2. Berlin
3. Vagamente
4. Inutil Paisagem
5. Julinha de Botas
6. Fugiu
7. Orla
8. Conversa Fiada
9. So Ficou Saudade

Vinicius Cantuaria (g,vo, ds, key,perc)
Brad Mehldau (p)
Marcos Valle (p)
Joao Donato (p)
Bill Frisell (g)
Paulo Braga (ds)
Luiz Alves (b)
Liminha (b)
Dadi (g)
Sidinho( perc)
Jesse Sadoc (flh)

今年の夏ばて対策は、「Jobim Variations/Fabio Zeppetella」をご用意した。いいのよ、これ。
ちょっと、アメとムチなところはあるんですけど。。そのうち、、是非。
でも、大阪&奈良の暑さはわたしを例年より早くに夏ばてに追い込む。。
朝から、アイスコーヒーとか、、お昼は冷たいおうどんとか、、うむ。。。イカン、イカン。
なんか、家のこと、、いろいろあるんだなぁ。気が重くなる。だめかもしれない。で、現実逃避したくなる。(単純)
って、ことで、もろブラジルでした。。

そう、、七夕って、ことで、、一年に一度の逢瀬をお楽しみの彦星&織り姫。
お勧めのアルバムは、もちろん、、
All is in the Sky/外山安樹子
6曲目「星合」は七夕のっことだそうです。
一年にたった一度、、って、寂しい?それとも、毎年逢えることを良しとする?
彦星さまからの便りには、星屑が入っていそうですね。
その便りを、、じっと、みてると、願いが叶うかもしれませんね。。

そ、わたしには、、実は、野望があった。
このブログのエントリーが今回で、774個目だったのです。
少し前に気がついて、7/7の7時7分に777個目をエントリー!!って、考えたんです。(馬鹿)
無理だったね。

と、出動なのですが、、その前にあちこちでかけなくちゃ。。
ご用時すませて、、あそこまで、、ビュン、と、、とんでいけるか。。行けますように。

んじゃ、退散♪



« The Blue Pearl/ Bohuslan Big Band Plays Lars Jansson | トップページ | 加賀屋ホッピーズで、、ぐでんぐでんになろうぉ! »

The Brasil Project」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 暑いですね~
SECRET: 0
PASS:
こんにちは
阿部寛さんのような かっこいい方ですね。
ボサノヴァ ブラジル と夏~って感じです。
中古ということは またまた 手に入りにくいのかな(笑)
ラテンのリズムは 食欲がでそうで夏バテ防止になりそうです。パ-カッションが好き♪
渡辺貞夫さん もっきりやに来るみたいです。(ブラジルで思い出した)
ケ-タイから見れましたよ。ありがとうございますo(^-^)o
暑いので すずっくさんも お体に気をつけてくださいね♪

TITLE: wish list入れっぱなし
SECRET: 0
PASS:
すいません。新譜は棚上げしてあって、未聴です。
この盤のほうが、cymbalよりMehldau濃度は濃そうですね。
だんだん、興味が湧いてきました。(この後、財布と相談)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

TITLE: そうだねぇ
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、

>こんにちは

こんばんは。

>阿部寛さんのような かっこいい方ですね。

そうかぁ?
もっと、かっこいいぞぉ。

>ボサノヴァ ブラジル と夏~って感じです。

だすだす。

>中古ということは またまた 手に入りにくいのかな(笑)

いや、これは新譜。
Tucumaは、中古。

>ラテンのリズムは 食欲がでそうで夏バテ防止になりそうです。パ-カッションが好き♪

>渡辺貞夫さん もっきりやに来るみたいです。(ブラジルで思い出した)

そうなんだぁ。ダーリンにおねだりしてみた?

>暑いので すずっくさんも お体に気をつけてくださいね♪

はいはい。ありがとうございます。
今日は、七夕ね。。

TITLE: わたしもいっぱいあるのヨン
SECRET: 0
PASS:
oza。さま、、こんばんは。

>すいません。新譜は棚上げしてあって、未聴です。

いや、わたしもそんな感じですよ。
閣下がブログにあげてないと、忘れとった。

>この盤のほうが、cymbalよりMehldau濃度は濃そうですね。

と、言っても、所詮は2曲。メルドーで買わない方がええです。

>だんだん、興味が湧いてきました。(この後、財布と相談)

お財布とそうだんしてね。
トラバありがとうございました。

TITLE: まだまにあうよ~
SECRET: 0
PASS:
あのねぇ

実は、ここのジャケットみたく、FABIOが、アコギ弾くの聴いたことありますぅ

かなりイケてました・・・実はファーストCDの記念ライブで、お披露目するかも・・と・・期待させましたが・・・
残念ながら、実現しなかった

注)若き日のファビオのように、クラシックギターではありませんでした^^

まだ38分の時間が、のこされてます

頑張ってもう4つSuzuckの独り言


いけぇ~~~   ^^

あ・・・


それより、この独り言・・・4つに分解して分けたほうがはやい

あったまいいな~  777フィーバーだぁ

TITLE: いいのよぉ
SECRET: 0
PASS:
sabuさま、、コンチワーー。
今日も、暑かったですね。夏ばて、マスマス進行中。

>あのねぇ

なによぉ。

>実は、ここのジャケットみたく、FABIOが、アコギ弾くの聴いたことありますぅ

真ん中にホールのあるギター?ッテ、こと?
スティール弦つうことかな。フォークギター??
それとも、情熱のフラメンコギタ~~♪

>かなりイケてました・・・実はファーストCDの記念ライブで、お披露目するかも・・と・・期待させましたが・・・
>残念ながら、実現しなかった

そうなんですか。。。。
そのライブも居たなぁ。残念だなぁ。(爆)


>注)若き日のファビオのように、クラシックギターではありませんでした^^

え。。。って、なんか、よく、、わからんぞぉ。
すみません、私、ギターの種類とか、よくわかってないんです。


>まだ38分の時間が、のこされてます

わぁ。。ロスタイムに突入か!
って、、もう、いいのじゃ。

>頑張ってもう4つSuzuckの独り言




って、一字づつとカ??

>いけぇ~~~   ^^

残念ながら、行けなかったな。(爆)


>あ・・・


>それより、この独り言・・・4つに分解して分けたほうがはやい

って、ようは、、気がつくのが遅かったので、まぁ、いいんじゃ。


>あったまいいな~  777フィーバーだぁ

777フィーバーは幻であった。
いいのだ、仮想空間の辺境の地に咲く、一輪のすみれとしては、、ギャンブルはいかん。
清く正しく美しく、、嘘はほどほどに。(笑)

-----

TITLE: こちらからもTBさせて頂きます。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんばんは。「メルドー狂いの音狂閣下」とはえらい言われようですねぇ。まぁほとんどその通りかもしれませんが。次はもっとマニアック(まじでこれはマニアックだと思います)なアルバムを準備してますぜ。乞うご期待(誰もしとらん?)

それはさておき,このアルバムは私はこれまでのMehldau参加のViniciusのアルバムでは多分一番好きですね。やはりプロデューサー,Arto Lindsayの手腕によるところ大かなぁって感じです。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

TITLE: Re:Samba Carioca / Vinicius Cantuaria(07/07)
SECRET: 0
PASS:
暑い日が続きますね。新潟も暑いですかあ?

七夕の日に、星合を連想してくださって、ありがとうございます。嬉しいです。今年はこの日にはライブなかったので演奏しなかったなあ。。。残念。
でも、直前の江古田ライブで、トリオのお二人に
「好きな人と1年に1回しか会っちゃダメって言われたらどう?」
って訊いたら、
若い秋葉系は「がまんできないっ!ムリっ!」と
達観したせきぐちさんは「まあ、海外赴任とか、あるしねえ。。。」
という対照的!?なお答えで、バンマスは面白かったです。

今年は新潟に1度でいいから行きたいっ、と強く願っていたら、
念願かなったのみならず、さらに9月にもまた伺うことに!相当強い念だったのでしょうか(笑
市内ではないですが、新発田は初なのでまたこれも
楽しみです。

TITLE: わぁ いいなぁ
SECRET: 0
PASS:
こんにちは
ふくPさまから コメントいいなぁ。
ふくPさま わたしも 『星合』聴きました♪自分のブログでも宣伝しちゃいました。
すずっくさん ペ-ジ借りてゴメンナサイ。
閣下さまにsabuさまetc…楽しい方がいっぱいですね。
ワ-ルドカップはオランダを応援しようと思ってますが この熱気あふれる ラテンモ-ドの すずっくさまのブログから スペインが勝つかもしれないですね(^-^)
わたしはタコじゃないから 分からないけど(笑)

TITLE: タコは、、大丈夫だろうか。。。
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下さま

>すずっくさん,こんばんは。「メルドー狂いの音狂閣下」とはえらい言われようですねぇ。

はう?わたくしはクリポタ狂いっすよ。
でもなぁ、ジャズのクリスマスアルバムもそうなんですけど、コンプリートとか目指したことないんです。
何でだろう。。
そこが閣下の閣下たるとこです。尊敬するよ。
わたしには、そういう興味は続かない。。

>まぁほとんどその通りかもしれませんが。次はもっとマニアック(まじでこれはマニアックだと思います)なアルバムを準備してますぜ。乞うご期待(誰もしとらん?)

どうかなぁ。。
まぁ、わたしはしてないかも。(爆)嘘嘘、なんでしょうねぇ。
個人的には、いまの気分はギターなんですけどね。
でも、ちょっと、ビッグバンド気分にもなってます。(笑)

>それはさておき,このアルバムは私はこれまでのMehldau参加のViniciusのアルバムでは多分一番好きですね。やはりプロデューサー,Arto Lindsayの手腕によるところ大かなぁって感じです。

おかげさまで、ちょっと夏バテに効いた。
でも、風邪だったみたいで、少しボンヤリしてます。

TITLE: 新発田もいいところです
SECRET: 0
PASS:
ふくPさま、こと、外山さま、なんだかご無沙汰な感じです。

>い日が続きますね。新潟も暑いですかあ?

はい。暑いですよ。

>今年はこの日にはライブなかったので演奏しなかったなあ。。。残念。

そうなの?

>でも、直前の江古田ライブで、トリオのお二人に
>「好きな人と1年に1回しか会っちゃダメって言われたらどう?」
>って訊いたら、
>若い秋葉系は「がまんできないっ!ムリっ!」と

えっと、サングラスのクールな面もちはないじゃん。

>達観したせきぐちさんは「まあ、海外赴任とか、あるしねえ。。。」

関口さま、ライブが一年なかったら、どうよ!って、聞いてみた方が面白いですよ。

>という対照的!?なお答えで、バンマスは面白かったです。

ヘイ!バンマスは?
って、答えはライナーノーツ参照ネ!(笑)

わたしは、相手の気持ち次第かなぁ。
相手にわたしよりもっと大事な人がいるんなら、一年に一回でもあわなくていいかな。
って、相思相愛が前提だよねぇ。(爆)

>今年は新潟に1度でいいから行きたいっ、と強く願っていたら、
>念願かなったのみならず、さらに9月にもまた伺うことに!相当強い念だったのでしょうか(笑

凄いねぇ。
って、これは新発田の何に出演するの?
ソロ、デュオ、トリオ♪
新発田は車で行けるけど、お彼岸とか、、なんか、難しいのです。
城下町ですから、美味しいお店とか、、あったりします。
母の好きなお店が何軒か、、あります。

TITLE: 楽しいつうか
SECRET: 0
PASS:
マ-リンさま、、みなさま、、個性的だと思います。
お気付きでないようですが。。マーリンさまもかなり個性的だと思いますよ。

>こんにちは
>ふくPさまから コメントいいなぁ。

うん。何たって、外山さまが赤ちゃんの時から、、知ってるからね!(大嘘)

>ふくPさま わたしも 『星合』聴きました♪自分のブログでも宣伝しちゃいました。
>すずっくさん ペ-ジ借りてゴメンナサイ。

いえいえ。
マーリンさまのブログは、楽天のお気に入りにブログに登録してますが、マーリンさま、ログインして書き込みしないから、ブログアドレス公表していいのか、、なんか、わかんないんですよね。

>閣下さまにsabuさまetc…楽しい方がいっぱいですね。

はい。ありがたいことです。

>ワ-ルドカップはオランダを応援しようと思ってますが この熱気あふれる ラテンモ-ドの すずっくさまのブログから スペインが勝つかもしれないですね(^-^)

わたしは、、どうしようかなぁ。
って、スペインを応援しないと、怒られそうだ。。。

>わたしはタコじゃないから 分からないけど(笑)

わたしは、タコなんだけど、わからにです。はい。

TITLE: マーリンさん
SECRET: 0
PASS:
いつもブログ拝見させていただいてたのですが、
恥ずかしがり屋なので(ホント!)
なかなかカキコミできずにいました。
これはチャンス!と昨日「Lilac Songbook」の記事にコメント入れてきちゃいました★

>うん。何たって、外山さまが赤ちゃんの時から、、知ってるからね!(大嘘)

 いや~ある意味、ジャズピアニストとしては赤ちゃんの時から、知ってくださってますよね。きっと。
まだおむつ取れたくらいですけど(照)これからも見守ってくださいませ。

TITLE: おはようございます
SECRET: 0
PASS:
ふくPさま、、

>いつもブログ拝見させていただいてたのですが、
>恥ずかしがり屋なので(ホント!)

うん。演奏以外の時は恥ずかしがり屋なんですぅ。。。って、みんな言うけど、、最近は信用しないンダ。(爆)

>なかなかカキコミできずにいました。
>これはチャンス!と昨日「Lilac Songbook」の記事にコメント入れてきちゃいました★

あ、マーリンさま、よかったですね。

> いや~ある意味、ジャズピアニストとしては赤ちゃんの時から、知ってくださってますよね。きっと。

はいはい。

>まだおむつ取れたくらいですけど(照)これからも見守ってくださいませ。

ある意味、、いろいろと遠回りなお方だと思いますが、、
それが、いいかなぁ。そこが好きかも。
力強さを残したまま、どんどん洗練されて行きますよねぇ。。

しかし、、ジャズって、、、
綺麗な音ならばそれでいいか、、、テクニックがあればいいか、、
ジンとくればそれでいいか、、、
全部を要求されて、尚かつ、オリジナリティが要求されて、そしてコミュニュケーション能力が要求されて、、、
それでも、人の心を揺さぶる演奏って、僅かなわけですよね。
外山さん、凄いと思いますよ。


と、あれがあれで、、これからお返事しますね。

TITLE: 今夏の清涼剤効果は抜群です。
SECRET: 0
PASS:
前の盤にTBいれていただいたおかげで、この盤を買ってしまいました。
が、暑い内に入手できてヨカッタっす。
最近、ヘヴィローテーションしてます。

最近、ボケっと聴き始めてもググッと引き込まれてしまいます。
TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

TITLE: これは
SECRET: 0
PASS:
oza。さま、、これはジャズを好きではない家人にも好評です。
彼の車でお出かけするときにかかります。

>前の盤にTBいれていただいたおかげで、この盤を買ってしまいました。

あれぇ。。すいません。

>が、暑い内に入手できてヨカッタっす。
>最近、ヘヴィローテーションしてます。

ですよねぇ。
わたし、1曲目とあ脳内プレイですわ。

>最近、ボケっと聴き始めてもググッと引き込まれてしまいます。

かなり、こったつくりなんですけど、、
でも、そんなん気にしなくてたのしめます。

こちらも、、ありがとうございましたぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774547

この記事へのトラックバック一覧です: Samba Carioca / Vinicius Cantuaria:

« The Blue Pearl/ Bohuslan Big Band Plays Lars Jansson | トップページ | 加賀屋ホッピーズで、、ぐでんぐでんになろうぉ! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ