2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽で拡がる輪

« やっぱり、やっぱり、、クリスマス。 | トップページ | 雪国の冬空の下で故郷を、、想う。。 »

2009年12月 4日 (金)

Chiaroscuro / Ralph Towner Paolo Fresu

AX




新潟の冬は、大抵、人の幸せを脅かすように突然激しく降る霰で始まる。
だから、あんなに嫌がっていた私にも、、霰と一緒に冬が来た。
あっという間にとけちゃうけどね。
そう、、人知れず刺さった小さな棘は、なかなかとることができない。
霰みたいにあっという間にとけちゃえばいいのに。檸檬ドロップみたいにとけてなくなれ。
大きな棘は意外と簡単に抜くことができちゃったりするけど、、深く刺さった小さな棘はなかなか抜けない。
みんな、、そっと痛みをこらえて、、自分の一部になるのを待つよね。

素敵な音楽は気持ちだけでなくその場の空気もかえてしまします。
イタリアンチェットと呼ばれることが多いパオロスレス。わたくし的にはマイルスの知性と雲上の歩行法、そして野心を持った静かな人だと思ってる。チェットの持つ世捨て人的なアンニュイな感じとはまたちょっと違う気がするンだけど。。まァ、こんなん個人の感覚だからどっちでもイイかナ。(爆)
ベテランらしく、引き出しの多い人です。多作です。
そして、ラルフタウナー。タウナーのファンはコアな人が多いので、あんまり語るとボロが出る。(笑)
オレゴンで有名な彼ですが、わたくし的にはECMのSolstice であったり、ピーコックとのデュオ「Oracle」 、「A Closer View 」だったり。そっか、ベボフェラがイタリアのタウナーって言われるのは、このデュオのイメージが強いからかもしれないですね。ベボフェラもダラポルタと静寂なデュオアルバムだしてるものね。
ウィーンで本格的にクラシックギターを習った、クラシカルで品格の高いアコースティックサウンドを提供してくれます。いわゆるハードバピッシュな熱いジャズからは遠く離れていますが、これもジャズ。心は広く持つ方がお得。
タウナーの曲を中心に2人で名前を連ねたものもあります。そして、涙が出ちゃうBlue In Green。

オープナーからそのスペイシーな空間使いに心を持って行かれる。天空から落ちてきた星の煌めきを感じるタウナーのギターに誘われてふわりと浮かぶフレス雲。夜の空を漂いながら星の煌めきに身を任せる。
その後も、そんな極上な折り重なり、重なり合いが続く。時に離れ時に平行、相手との距離感を楽しんで囁きあう。時間の感覚がなくなってしまう2人の演奏。つづれ織り。

5曲目、、ギターが込める想いが静かに形になり始める。そぉぉと、放たれた吐息はBlue In Green。
この世の嫌なことを全て忘れてしまいそうになる自分。エヴァンスも嫉妬しそうな美空間。わたくし的白眉。

ほんの少し温度が上がったDoubled Up。アップテンポになるとフレス節が耳に聞こえてくる。
仄暗い曲でも青い炎が絡み合う。

最後2曲はかなり即興的なスリリングな展開。この辺はフレスは得意中の得意。
今回ノイジーなサウンドは少なめですが。
天上の音楽が最後を飾るは、暗くさまよう心の闇。
心の闇から解放される人間なんているわけない。
最後の音が消えた後でも心の中に響き続ける音。。

光輝くようであり、闇の中に吸い込まれるようであり、、不思議な空間。
聴く側の感性を静かに揺さぶり続けることは間違いない。
ECM初登場のフレスはその多彩な部分をぐっとタウナーに焦点を合わせて、アコースティックな極上な空間を造ってます。
この世界は浮き世の憂さとは無関係のわたくし的な天地創造な世界。
森に住んでる君、、、きっと気に入るに違いないンだけどな。。

1.Wistful Thinking
2.Punta Giara
3.Chiaroscuro
4.Sacred Place
5.Blue In Green
6.Doubled Up
7.Zephyr
8.The Sacred Place (reprise)
9.Two Miniatures
10.Postlude

Ralph Towner (classical, baritone and 12-string guitars)
Paolo Fresu (trumpet, flugelhorn)


ええとね、昨日も砂丘館に行ってきました。今回は2セットだった。至福♪
ファビオさんの情景が浮かんで来るようなオリジナル曲の演奏も増え、うっとり。
森さんの3歳の息子さんのあんよの曲は、子ども可愛らしさと嬉しい親心が滲んでてホント楽しそうだったな。
そう。。ウエスの曲は家で独りで聴くときは単純に一緒に声だして歌ってしまうのだが(ホント)、思索的なソロでよかったな。
と、、まぁ、実はライブのこと書きたかったりするのですが、、
ファビオさんと少しお話ししたとき、クランツの話題でこのブログのこと言ってったのだ。
森さんによれば、ファビオさんは日本語がかなり上手らしい。。
やばい、、勘違いの多いわたくしの音楽日記はやはりできれば、、日本語わからない人のことだけにしたい。(^_^);
って、冗談なのですが、嬉しい情報も得たので楽しみに待ってることにして今回はこれでおしまい。
最後のライブは、日曜日の東京はインエフです。

そして、イタリアの焼き栗はじめて食べた。家で作れないかな。。ってか、作ってみたい。栗さん跳ねるかな。。
で、気分がよくなって、お腹がすいて、某女史のおすすめイタリアンに行ったけどだめだった。
でも、おかげさまで、何故か2人で気になっていた不思議なお店で美味しいお料理食べルことが出来たよ。幸せ。

焼き栗、焼き栗、、やっほぉ。
どなたさまも、素敵な週末を♪
って、ことで、ゆるゆる退散♪


« やっぱり、やっぱり、、クリスマス。 | トップページ | 雪国の冬空の下で故郷を、、想う。。 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: イタリアの焼き栗
SECRET: 0
PASS:
こんばんは。
栗には目のない私です。じゃなくて(笑) 沢山ありがとうございました。
話題は違うのですが、外山さんのCDを買ってみようと思ってます。

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
パオロ・フレスの名前がECMで出てくるのは意外だなとも思いましたけど、聴いてみるとこれがかなりツボでして、ラルフ・タウナーとの相性もバッチリでした。

しかし、どうやってこのデュオを決めたのか、恐るべし、マンフレート・アイヒャーです。静かだけど心に残るアルバムになりました。

TITLE: 最高です。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、こんばんは。

やっぱりこのアルバム最高でしょう。まさしくツボにはまったというのが私の正直な感覚です。予想通りのよさと言えばその通りですが、ある意味、予想を上回るよさと言っても過言ではないです。

ECMというレーベルの原点回帰とも言える傑作ですね。

TITLE: 買っちゃったス
SECRET: 0
PASS:
買いましたわよ、ねえさん。

>涙が出ちゃうBlue In Green

出ちゃうよね~

TITLE: ネット探してみました。。
SECRET: 0
PASS:
千の風さま、こんにちは。
朝から、ミクシィの出入りが多い日でした。もう、お昼です。
焼き栗、ネット検索しましたが、作り方はあまりなかった。

>こんばんは。

はいはい。

>栗には目のない私です。じゃなくて(笑) 沢山ありがとうございました。

沢山はそちらさまで。って、おばさんの会話はやめます。(爆)
家人達にも好評でした。ありがとうございます。

>話題は違うのですが、外山さんのCDを買ってみようと思ってます。

うむ。。はやく言ってくだされば。。
大変、皆さまに好評のようですよ。来春には新潟や秋田にも来るかも?って、話も出てるようです。
是非♪

TITLE: 大変ありがとうございました。
SECRET: 0
PASS:
910さま、忘れないうちにお礼を。。。
いろいろ、、ありがとうございます。m(_ _)m
なんだか、ご推薦までしていただいてありがとうございます。

>パオロ・フレスの名前がECMで出てくるのは意外だなとも思いましたけど、聴いてみるとこれがかなりツボでして、ラルフ・タウナーとの相性もバッチリでした。

ですです。(笑)
フレスって、電気も大好き、ノイジーな実験的なサウンドも大好き、なんですが、、
フリューゲルの音とか、、もう、眠気を誘う心地よさ♪
いつもは1曲づつコメントしたくなるのですが、アルバム全体が一つの世界のような統一感。
6、7、っと少しアグレッシブだったりしますが、基本は一緒。
最後2曲のインプロ曲もフレスの我慢が(爆)効いてます。

>しかし、どうやってこのデュオを決めたのか、恐るべし、マンフレート・アイヒャーです。静かだけど心に残るアルバムになりました。

まぁ、世の中のジャズファンも多様ではありますが、受け付けない人も多いかもしれませんね。
わたくしはこの朝もききました。

TITLE: いえいえ。。ちょう最高です。
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下、今は何処?なのですか?

>すずっくさん、こんばんは。

はい。こんにちは。

>やっぱりこのアルバム最高でしょう。まさしくツボにはまったというのが私の正直な感覚です。

出てくるサウンドは予想できたとはいえ、、ここまでドつぼだと悦びに変わりますです。(爆)

>予想通りのよさと言えばその通りですが、ある意味、予想を上回るよさと言っても過言ではないです。

だすだす。
バリトンも12弦も、トランペットもフリューゲルも全てがとけあった素敵な世界。


>ECMというレーベルの原点回帰とも言える傑作ですね。

特別ECMファンってわけでもないけど、デュオ好き、雑食極まりないわたくしのアンテナはこのデュオは最高。
って、言うか、オタクな告白すればね。。
ECMを沢山持ってるわけではないんですよ。
本当です。(きっぱり)

TITLE: あらぁ。。。(^_^);;
SECRET: 0
PASS:
がいこつ@オタクの殿堂さま。。

>買いましたわよ、ねえさん。

ねえさん、最近露出度多くて、「ねえさんって言葉に偽りあり」、ってクレームつきそうっす。
ネットオタクが露出し始めたら、ろくなことはないよねぇ。(反省)

>>涙が出ちゃうBlue In Green

>出ちゃうよね~

タウナーって、エヴァンス大好きですからねぇ。
オリジナルの中に挟まって居ても、まったく違和感ないです。
で、この美しさは、エヴァンスも脱帽。
メンバーの構成なんて全然違うけど、AFFINITYでの頭の部分&おしまい部分のスペイシーな空間がかぶさったですよ。
もう、メロメロですよ。
AFFINITYの静寂な部分だけぎゅうっと絞った感じ。
絞って欲しいは、、わたくしのウエスト。。。。

TITLE: Re:Chiaroscuro / Ralph Towner Paolo Fresu
SECRET: 0
PASS:
僕は心が広くないからECMなんてジャズじゃないとおもいます。
ですがECMが造りだす世界は大好きです(笑)形にしばられない自由な飛翔とでもいうのでしょうか。それでいて緊張感がありたまりません…
モノトーンのジャケットも気に入っています。
気になるのは…この世界とクリスポッターのアンダーグラウンドの世界の共通性です(笑)
霰にも負けず、吹雪きにも負けず…冬を乗り切ってください。
脅かしてごめんなさい(笑)

TITLE: はじめまして。
SECRET: 0
PASS:
さんばしさま、はじめまして。で、よかったかしら?

>僕は心が広くないからECMなんてジャズじゃないとおもいます。

あ、そう言う意見もありですから、ご心配なく。。

>ですがECMが造りだす世界は大好きです(笑)形にしばられない自由な飛翔とでもいうのでしょうか。それでいて緊張感がありたまりません…

ほっ。。(笑)
わたくしも大好きなんですよ。
これも、、かなり静寂な世界ですけど、でも、足りない音はなにもないです。

>モノトーンのジャケットも気に入っています。

今朝、まだ暗いうちにみていた空もきれいだったな。。

>気になるのは…この世界とクリスポッターのアンダーグラウンドの世界の共通性です(笑)

何にも考えてないんで、よくわかりませんが。。
ただ、どちらもわたくしの好みを極めた世界です。

>霰にも負けず、吹雪きにも負けず…冬を乗り切ってください。

はい。ありがとうございます。

>脅かしてごめんなさい(笑)

たしかに、どっきりしました。
また、いらしてください。
しばらく、ecmはでてこないとおもうけど。。

TITLE: 昨日これ聴きました。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさま。こんにちは。

デザインが通常仕様に戻りましたね。
クリスマスが過ぎたら即座に戻すところはさすがです。

クリスマス・アルバムは持たない私なので、昨夜はこいつを聴いて過ごしました。
なんとなくクリスマスに合っているように思いました。

タウナーもフレスも好きなので、この組み合わせは即買いを決めました。
期待どおりの優しくナチュラルな音だったので満足しています。
《ブルー・イン・グリーン》は最高ですね。

相変わらずタイミングが遅れていますが、トラックバックさせていただきます。

TITLE: 戻りました
SECRET: 0
PASS:
と、いってもこれも立派なクリスマスヴァージョンなんですが。
私、この色も好きなのです。

いっきさま、今、これをかけてるのですが、やっぱりいいですよねぇ。

>すずっくさま。こんにちは。

はい。こんにちは。


>デザインが通常仕様に戻りましたね。
>クリスマスが過ぎたら即座に戻すところはさすがです。

いえいえ。
前にも言いましたが、華やかなヴァージョン、、照れくさいのです。
でも、雪降ったら雪ヴァージョン、、お正月はお正月ヴァージョンって、時々を楽しむことにしました。
基本はこれだけど。


>クリスマス・アルバムは持たない私なので、昨夜はこいつを聴いて過ごしました。
>なんとなくクリスマスに合っているように思いました。

そう、、静寂な感じはいいですよね。
やっぱり、Blue In Greenが好き。

>タウナーもフレスも好きなので、この組み合わせは即買いを決めました。

エンジェル持ってるんですよね。
グエンリー好きなんだなァ。。
って、デビルもおすすめですよ。かっこいいよ。

>期待どおりの優しくナチュラルな音だったので満足しています。
>《ブルー・イン・グリーン》は最高ですね。

そうなの。どうしたらあんな演奏できるんでしょう。。
フレス最高。


>相変わらずタイミングが遅れていますが、トラックバックさせていただきます。

いえいえ。
こちらかも後からトラバさせていただきますね。

TITLE: TBありがとうございます。
SECRET: 0
PASS:
かなり遅れての入手でしたが、実にECMな雰囲気たっぷりな良い演奏を楽しめました。

TBありがとうございます。逆TBさせていてだきます。

TITLE: 久しぶりに。。
SECRET: 0
PASS:
oza。さまのミクシィ日記踏んでびっくり。
残念だけど、いけないなぁ。。(悲)
カーーーーート。

>かなり遅れての入手でしたが、実にECMな雰囲気たっぷりな良い演奏を楽しめました。

タウナーにそってアコースティックな仕上がりでしたよね。
このアルバムは、都会の夜景にもあいますよね。
トラバありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774404

この記事へのトラックバック一覧です: Chiaroscuro / Ralph Towner Paolo Fresu:

« やっぱり、やっぱり、、クリスマス。 | トップページ | 雪国の冬空の下で故郷を、、想う。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ