2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« 日曜日の憂鬱。。。。 | トップページ | わたくし的「クリスマスシーズン」到来じゃっ。 »

2009年10月 7日 (水)

Not By Chance/Joe Martin

AX

台風が来るそうな。
空がどんよりしている。。。

ブラッドメルドーのコンプリを目指している音狂閣下が、「耳より情報:Brad MehldauとChris Potter共演作が間もなく発売」とブログにあげて、早2年、。、でぇなくて、二ヶ月。
クリポタ参加で、メルドー参加、ドラムはロイヘインズの孫?って、話題満載なアルバムです。
ベースの眉目秀麗なお兄さまは最近のニューヨークの話題なアルバムに顔を見せることが多い。
このブログだとドラムも一緒に「Words Unspoken/Gilad Hekselman」、ブログにはあげてないけど「The Rebedy / Kurt Rosenwinkel Group」とかね。
好きな、、つうか、うまいギターリストの、、これまたいけてるアルバムに参加してる。
うまいギターに重宝されるベースって、繊細さとセンスがよくて、機敏な反応ができルと思いこんでるわたくしとしては楽しみなルバムだったんですね。
配送のタイミングが「Live At The 2007 Monterey Jazz Festival / The Monterey Quartet」に同じくらいで、ちょっと、損した感じのあるアルバム。
ジャコの曲1曲、リーダーのオリジナル曲8曲。

ベースのピチカートで始まると、思索的なメルドーのピアノが加わる、、常に個性的なクリポタのサックス。
鋭敏に反応するメルドーのピアノは硬質でシリアス。当然、クリポタのサックスも抑えた感じ。
やはりダークでビターな感じの曲から、クリポタのサックスが次第にヒートアップ。ぶち切れ感はないけどクリポタのサックスおオタク的なフレーズの連続。イェ~~イ。
続くメルドーは聴くからにスリリングでエキサイティング。やっぱ、メルドーの負けん気の強さ最高。ベースのソロのライン力強いけど陰な印象。ドラムとのバース交換なんてのもあっていたって正攻法。

ベースもドラムもモチロン悪くはないけど、サックスとピアノのやり取りは非常に面白い。
2人とも高い意識の中で、目に見えぬ火花が散ります。

3曲目のCacheは互いに素早い反応で緊張感を高めてる。いとも簡単にこなしてる感じ何だけど、そりゃ、ファンにはたまりません。ミステリアスな雰囲気のバラードA Dream。夢をさまようように淡々と。
5曲目The Balloon Songはジャコパスの曲と書かれてますが、どうも、ジャコの短い曲にGil GoldsteinとJon Davis加筆した曲のようです。ベースとバスクラのユニゾンから始まる思索的でアブストラクトな演奏。最後まで不思議感満載。
Once Before オーソドックスでストレートな演奏。クリポタのブルースフィーリングたっぷりな男気なテナーブロウ、メルドーの何処か無機質な感じのピアノ、、なんだかめちゃかっこいい。
Farは冒頭にストリングスをかぶせたような気怠い感じの曲。目を閉じて遠くをみる感じって、わかるかなぁ。。そんなトーンにまとまってるように聴こえてくるから不思議ね。

ソプラノサックスでタイトル曲、Not By Chance。ちょっと、エキゾチックな叙情的なメロディ。
メルドーの一見力の抜けたソロ。それでもメルドー節健在。全然テンパッテないけど何気に凄いよねぇ。やはり、ただもんじゃない。クリポタのソロも含めて、好きな演奏♪
終演はThe Stoic。クリポタの長尺なソロ、さらりと凄いメルドー、やっぱり、最後もそこに耳がいってしまうのでありました。。(^_^);;

全体に、このアルバムの色のようなインテリジェスたっぷりで思索的、そして、漂うような感情に支配された感じ。ジャケットをあけると、目を閉じたジョーマーティンの写真があるのですが、まさにソノ表情そのもの。
メルドーの狂気の切れ味、クリポタの怒濤の吹きまくり、を期待するはぐらかされた感じになってしまうかな。
真昼の霧中、時々、閃光。。って、感じなのですが。。。
クリポタや、メルドーの凄さを「その余裕」から感じとりませう。

1. Semente
2. In The Meantime
3. Cache
4. A Dream
5. The Balloon Song
6. Once Before
7. Far
8. Not By Chance
9. The Stoic

Joe Martin (b)
Chris Potter (ts,ss,bcl)
Brad Mehldau (p)
Marcus Gilmore (ds)

秋本番ですね。
新米炊きたて、真珠の輝き。
食べ過ぎちゃうのが、、ちと、、困ります。はい。

あ、、台風が悪さしませんように。。
皆さま、気をつけてくださいね。

では、今日も退散♪



« 日曜日の憂鬱。。。。 | トップページ | わたくし的「クリスマスシーズン」到来じゃっ。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: こんばんは。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさま、台風対策は万全ですか?
嵐の前静けさですね。どうなることやら。

TITLE: Re:Not By Chance/Joe Martin
SECRET: 0
PASS:
最初は煮え切らない感じがしましたが、今はけっこうお気に入りです。ありがとうございました。

TITLE: こんばんは。
SECRET: 0
PASS:
あかしやさま。。雨は降っていますが、まだまだ、、しずかですね。

>すずっくさま、台風対策は万全ですか?

はい。庭のテーブルセットしまいましたよ。小屋の鍵も確認しました。

>嵐の前静けさですね。どうなることやら。

明日は、上陸するそですからね、、。
被害があるりませんよに。

TITLE: こんばんは。
SECRET: 0
PASS:
田中さま。。

>最初は煮え切らない感じがしましたが、今はけっこうお気に入りです。ありがとうございました。

そうなんですか。
お気に入りがふえて。。よかったですよねぇ。

こちらこそ、ありがとうございました。

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
ポッターとメルドーは余裕で演奏していて、決してガンガンやり合っているわけではないのですが(3曲目ではスリリングなせめぎ合いをしてますが)、それでもさすがに素晴らしかったです。
ただしマーティンとギルモアの2人は録音の関係もあってか、「Gilad Hekselman/Words Unspoken」の方が生き生きとしていたような気がします。
録音に関しては、ピアノを真ん中にしてサックスを左に寄せているのもなんだかなあって感じでした。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/f7dfa74fa645935b22fc3715986cbf57/83

TITLE: 台風ですわ。。
SECRET: 0
PASS:
naryさま、おはようございます。
Java Scriptの件、、ありがとうございます。
何か、、あったてる気がします。。が、、問題は、わたくしが何処をいじったらそこにたどり着けるのか、、よく、、わかってないのです。ちょっと、本とか、、読んでみます。

>ポッターとメルドーは余裕で演奏していて、決してガンガンやり合っているわけではないのですが(3曲目ではスリリングなせめぎ合いをしてますが)、それでもさすがに素晴らしかったです。

でも、小競り合いも含めて非常に興味深かったですょ。
鬼のような才能なのに、意外と人間味に溢れててブラメさまがますます好きになったです。

>ただしマーティンとギルモアの2人は録音の関係もあってか、「Gilad Hekselman/Words Unspoken」の方が生き生きとしていたような気がします。

やはり、大御所2人を使うって緊張するんでしょうね。
それでも、この2人が参加するのは、、やはり、マーティンが今のニューヨークシーンで活躍してるからなんでしょうね。
HMVの共演アーティストみてビックリしちゃった。
このベース名前覚えてなかったですよ。。わたくし。。

>録音に関しては、ピアノを真ん中にしてサックスを左に寄せているのもなんだかなあって感じでした。

そう、、確かにピアノとベースが真ん中から音がでてくるのですよね。

いろいろ、ありがとうございました。

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
日付はちょっと離れてしまいましたが、こちらでは昨夜から今朝未明にかけて、また台風がやってきました。少しそれたみたいで、夜中はあまり風は強くなかったですが。

このメンバーだとどの曲も変拍子ビンビンでど派手に曲をぶち上げる、というようなイメージですけど、あまりそういうこともなく落ち着いて聴けました。それでもこのメンバーでしか聴けないいい味わいのある演奏だったのが良かったです。このメンツはもう集まらないだろうなあ、と思いつつ。

TITLE: こちらは、それほどでも、、
SECRET: 0
PASS:
910さま、今日は一度カミナリなりましたが・・。。

>日付はちょっと離れてしまいましたが、こちらでは昨夜から今朝未明にかけて、また台風がやってきました。少しそれたみたいで、夜中はあまり風は強くなかったですが。

おぉ。。台風はそちら側をかすめてったのですねぇ。。


>このメンバーだとどの曲も変拍子ビンビンでど派手に曲をぶち上げる、というようなイメージですけど、あまりそういうこともなく落ち着いて聴けました。それでもこのメンバーでしか聴けないいい味わいのある演奏だったのが良かったです。このメンツはもう集まらないだろうなあ、と思いつつ。


そうですね。
まぁ、招聘された感じなのでしょう。。
それでも、やっぱり、クリポタとメルドーって、何気に凄いですよね。。
工藤さまブログ読みながら、思わず頷いてました。
トラバ、ありがとうございました。
こちらからもトラバしました。。

TITLE: これ、よかったです。
SECRET: 0
PASS:
suzuckさん、こんばんわ。
だいぶ寒くなりましたね。
先日、ニュースで新潟に雪が降ったって報道していました。市内は流石に降らなかったでしょ?
東京も寒いですよ。朝晩は震えちゃいます。

これ、やっと届いて昨日から必死に聴いてます。
今日は当直なので、当直室でヘッドフォンで聴いてます。右のイヤホンをはずすと完全にクリポタの音が聞こえなくなり、面白くてさっきから擬似メルドー・トリオを聴いてます。

僕はやっぱりクリポタって凄いとこれを聞いて思いました。確かに全開ではないけど、でも、やっぱりフレーズが新しい。音もコルトレーンみたいなところもあってかっこいいし。

というわけで、TBさせていただきますね。
では、また。

TITLE: TBさせて頂きます。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、こんにちは。海外での仕事も今日で終わり。順調ならば土曜日には日本に帰着です。はっきり言って長かったです~。

さて、このアルバム、地味なようでいて、聞きどころもけっこうあって、Mehdaluサイドマン作では結構評価したい方のアルバムになりました。

ということでこちらからもTBさせて頂きます。

TITLE: 今日は、古町のほうに出かけてきました。
SECRET: 0
PASS:
crissさま、こんにちは。
今日は新潟市の美術館の側に用事があり、古町まで出かけて来ました。
で、、猫屋敷に二ヶ月ぶり?ぐらいで顔を出しました。
花村さま、お元気でしたよ。

>suzuckさん、こんばんわ。

はい。

>だいぶ寒くなりましたね。
>先日、ニュースで新潟に雪が降ったって報道していました。市内は流石に降らなかったでしょ?

早朝、霰は少し降りました。
窓ガラスにあたる音でわかりました。

>東京も寒いですよ。朝晩は震えちゃいます。

でも、一転暖かになったんですよね?


>これ、やっと届いて昨日から必死に聴いてます。
>今日は当直なので、当直室でヘッドフォンで聴いてます。右のイヤホンをはずすと完全にクリポタの音が聞こえなくなり、面白くてさっきから擬似メルドー・トリオを聴いてます。

あらら。。
そういうやり方がありましたか。
これ、なんだか面白い録音のやり方ですよね。
メルドートリオですかぁ。(笑)
わたくし、、メルドーって、昔、あまり好きではなかったのです。
2年くらい前から、、段々好きになってきてます。
まだ、時々、恐かったりするんだけど。でも、これでまたグント近づきました。

>僕はやっぱりクリポタって凄いとこれを聞いて思いました。確かに全開ではないけど、でも、やっぱりフレーズが新しい。音もコルトレーンみたいなところもあってかっこいいし。

そうなんですよねぇ。
残念ながらわたくしには専門的なことはよくわかりませんが、どうしてこうなるんでしょう。。って、感じですよねぇ。

>というわけで、TBさせていただきますね。
>では、また。

と、いうことでこちらからもトラバいたします。
で、残念ながらトラバ入ってませんでした。
もう一度、お願いいたしますね。

TITLE: と、既に機上なのかしら。
SECRET: 0
PASS:
音狂閣下さま、、どうやっても時差が読めません。(爆)

>すずっくさん、こんにちは。海外での仕事も今日で終わり。順調ならば土曜日には日本に帰着です。

お疲れさまでした。
土曜日、って、明日じゃん!
おかえりなさ~~い。(笑)


>はっきり言って長かったです~。

まぁ、でも、これは加齢だけでは無いですよぉ。
世界一周早まわり、ご苦労様です。はい。

>さて、このアルバム、地味なようでいて、聞きどころもけっこうあって、Mehdaluサイドマン作では結構評価したい方のアルバムになりました。

悪くないですよねぇ。。
ホント、メルドーって、肩の力が抜けてこれですからね。
やっぱ、鬼だな。
クリポタも余裕でこれですからね。
やっぱ、鬼だな。


>ということでこちらからもTBさせて頂きます。

はい。こちらはきちんと入ってましたね。
ありがとうございました。
ご無事でどうぞ。

TITLE: 結局良かったです。
SECRET: 0
PASS:
すずっくさま。こんばんは。

トラバありがとうございました。
私からもトラバさせていただきます。

最初はちょっとなじみませんでしたが、結局はやっぱり良いアルバムだということがわかりました。
めでたしめでたし(笑)。

>全体に、このアルバムの色のようなインテリジェスたっぷりで思索的、~ まさにソノ表情そのもの。

と書かれていらっしゃいますが、そのとおりの雰囲気だと思います。
青色は好きな色ですし、”インテリジェンス”という言葉の響きにも弱い私です(笑)。

TITLE: いいのかなぁ。。♪
SECRET: 0
PASS:
いっきさま。。

>すずっくさま。こんばんは。

はい。

>トラバありがとうございました。
>私からもトラバさせていただきます。

はいはい。


>最初はちょっとなじみませんでしたが、結局はやっぱり良いアルバムだということがわかりました。
めでたしめでたし(笑)。

デモねぇ、、第1印象は大事だよ。(爆)
って、それも一理あるとは思うのですが、ま、いいじゃん。
めでたいんだから。(って、何が。。。?)

>と書かれていらっしゃいますが、そのとおりの雰囲気だと思います。
>青色は好きな色ですし、”インテリジェンス”という言葉の響きにも弱い私です(笑)。

はい。わたくしも青色好きです。
青には深い海、高い空、、そして、深淵な湖、、そんな色が反映してるからです。だから、地球は青いのです。(きっぱり)

てなわけで、ないものにも憧れてるので、インテリジェンスにも大好きです。

ありがとうございました。

TITLE: クリポタ
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん
クリポタで再びこんばんは。
やっぱBrad Mehldau、サイドだといい塩梅にこなれますね。TBさせていただきます。

TITLE: クリポタ参加の新譜
SECRET: 0
PASS:
出るんですねぇ。。
ワンホーンアルバムで、全面参加。

とっつぁんさま、お返事遅くなってすみません。
今、トラバしてきました。
あ、、リンク、、しますか?

>Suzuckさん
>クリポタで再びこんばんは。

はいはい。
今年のベストに入れたい位なんです。
でも、この録音並び確かにねぇ。。


>やっぱBrad Mehldau、サイドだといい塩梅にこなれますね。TBさせていただきます。

メルドーは次第に私は好みのピアノになってきてるんです。
こういうサイドでは、その才能が光りますよね。。

ありがとうございました。

TITLE: Re:クリポタ参加の新譜(10/07)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん
TBありがとうございました。
クリポタ参加の新譜がでるんですね。今年最後の買い出しになりそうです。

TITLE: なんだか
SECRET: 0
PASS:
えらそうな書き方になってしまいました。反省。

とっつぁんさま、こんばんはぁ。

>Suzuckさん
>TBありがとうございました。

いえいえ。こちらこそ。

>クリポタ参加の新譜がでるんですね。今年最後の買い出しになりそうです。

そうですねぇ。。
早く注文しないと、ちゃんと入荷しないかしら。
たのしみだわ。。

クリスマスがおわったら、注文しよう。。
ありがとうございましたん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774376

この記事へのトラックバック一覧です: Not By Chance/Joe Martin:

« 日曜日の憂鬱。。。。 | トップページ | わたくし的「クリスマスシーズン」到来じゃっ。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ