2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« Gine Anderssen Group Live @ Niigata | トップページ | 春の宴。。。コーヒーショップ・器♪ »

2009年4月22日 (水)

Le Sue Ali / Luigi Martinale Trio

AX
新潟では春が進んでます。(きっぱり)
庭に出ると知らぬ間に時間が過ぎ去ってしまいます。
今日咲きそうな蕾、、風に散りそうな花、、どの花の光景も心に映えます。

桜雲の時も過ぎて、浅緑の葉が雑じり始めるとまたその風情が素晴らしい。。桜。。
ガラス越しに葉桜って色合いが綺麗だなぁ。。と、眺めていました。
桜(ソメイヨシノ?)は満開時、、その花びらは輝くような美しい白をもっているのですが、、
葉が出て、花びらが散る寸前には雄蕊が赤く色づき、花びらも中心から放射状に赤いしるしを持つのですね。。
遠くからみていると白から濃いめのピンクに変化したように見えます。
芽吹いたばかりの淡い緑に艶を添えます。
花びらが散ると、大きく濃く主張始めた葉と赤く色づいた雄蕊が残り、その色合いも素敵です。。
それぞれに絶妙な配色を神は考えもうしたのだね♪

冬の終わりにリリースされたこのアルバム。
色目を抑えたお洒落なジャケット。紙質もざらっと質感がありその凹凸光を抑えた無印良品風。
三枚の蔦の葉?がトリオの象徴かな?
イタリアはトリノ生まれのピアニスト、 Luigi Martinale。
ビルエヴァンスが好きで、ピエラヌンツィをお師匠さんに持つ彼ですが、欧州のクールビューティなピアノとちょっと触感が違います。
憂いを含み甘くしっとりしてる。イメージは「潤んだ目の亜麻色の髪の乙女」だな。
心地よくスィングする親しみやすいピアノで、日本でも人気のある人ですよね。
彼流センチな部分が日本的わびさびにちょっと通じるのかも。
ええとねぇ。。彼も「葉桜」の美しさが、わかる人のような気がします。

彼のヒットアルバム「Sweet Marta」に手応えを感じ、同じメンバーで挑んだ意欲作。
オリジナルが四曲入って、タイトル曲はレギュラートリオのベーシストの曲。
そして、彼のピアノ人生でとても重要な位置を占める曲たち。。2005年の録音です。

幕開けは、子どもがふざけて弾くような楽しい始まりが楽しいオリジナルDancing In A Ring 。
続くオリジナルもSoftも目にも心にも柔らかな春の陽ざしのよう。。
タイトル曲Le Sue Ali は、軽快なテンポで3人の息の合った演奏でリスナーの心も弾みます。
エリントンによるAfrican Flower。エリントンは本当に欧州のミュージシャンに尊敬されてますよね。
ちょっと硬質でシリアス&クールな感じ。

Sno' Peasは、今回一番楽しみにしていた曲。
ビルエヴァンスがAffinityの中で取り上げていた曲で、わたくしも大好きな曲Sno' Peas。
過去にこんな日記をあげています。「Sno' Peas」
先日日記をあげたときには、ライナーを読んで無かったのですが、どうやら彼はこの曲にかなりの想い入れがあるようです。
想い入れ元ヴァージョンのエヴァンスの方は、シールマンスのハーモニカ&ラリーシュナイダーのテナーが入ってエヴァンスの知的なピアノが美しいものなのですが。。
ゆったりとしたテンポで始まり、甘く哀愁のある曲を切れ味よく曲想をしっかりとらえたピアノで聴かせます。
気をてらわずピアノで真っ向勝負。Sno' Peasの素晴らしいコレクションの一つになりました。わたくし的白眉。

再び、オリジナルが2曲続きます。オリジナルもどれも素敵なのですが、特にPassi Leggeri は、何をしていても必ず手がとまる美しくロマンチシズムに溢れた曲&演奏。そして、全編で歌心のあるソロを聴かせてくれるドリューグレスですが、ここはピチカートのソロだけでなく、弓をオーバーダヴして豊かな表情を付けています。
Beyond The Doorも静かで灰色な美しい曲。
Come Fly With Meはシナトラへのオマージュだそうで、スィ~ング♪
美曲の名手スワロウのFalling Grace。
エリントンのPrelude To A Kiss。わたくしも昔昔、この曲もとても好きだった。優雅。。芳醇な香り。
そして、終演はみんなが好きな超有名曲How Deep Is The Ocean。
躍動感&メリハリある軽快な演奏で、3人で気持ちよく演奏終了!

哀愁もあり親しみやすく暖かく柔らか。大人のスィートな香りがあります。
そうなのね、、一緒に小首が揺れる一枚ね。
特に、、これから初夏まで、とてもお似合いなアルバムかと。。

1.Dancing In A Ring
2.Soft
3.Le Sue Ali
4.African Flower
5.Sno' Peas
6.Passi Leggeri
7.Beyond The Door
8.Come Fly With Me
9.Falling Grace
10.Prelude To A Kiss
11.How Deep Is The Ocean

Luigi Martinale (p)
Drew Gress (b)
Paolo Franciscone (ds)

実は、Phil MarkowitzのアルバムSno' Peas を以前薦められていて、まだ、、買ってなかった。
この機会に買ってみようかな、って、探したけど、、廃盤みたい?ホントか?
以前にどこかの通販サイトでみた気がしますが。。
で、しかたないから、アメリカアマゾンで試聴なんかしてみたら。。
以外や以外、なかなか饒舌。しかも甘さはほとんど無い。
で、こりゃ、これでいいのですが、、、って、ほんの数十秒じゃネ!
って、、欲しい。が、、中古$57は高すぎ。
もしかすると、Sno' Peasコレクション、、ピアノ的にはわLuigi Martinaleがわたくし的ベストかも。
なんだか、ハレルの入ったWe Will Meet Againが聴きたくなりました。。

さて、床にワックスかけて、お買い物に出かけたら、、
苺がシーズン最安値に!(爆)すかさず、ちびっ子苺を3パック購入して苺ちゃんのジャムもどきをつくってます。
すげぇ、、濃厚な苺の香りでワックスの嫌な臭いがどこかに行ってしまった。。。らっき~♪

金曜日は
Gine Anderssen Group Live @ Niigata
コーヒーショップ・器
4月24日(金) 開場 18:30 開演 19:00~
5,500円(1Drink付き) TEL:025-229-5239

是非♪
んじゃ、退散!




« Gine Anderssen Group Live @ Niigata | トップページ | 春の宴。。。コーヒーショップ・器♪ »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: あー
SECRET: 0
PASS:
Sweet Marta、ずっと前に買って持ってて、すごく好きなんです。
なんも知らずに店頭試聴買いしたけど、ピエラヌンツィのお弟子さんだったのですね。さもあらん。
これも端正な出来のやうですね。買ってきまつ。

TITLE: Re:Le Sue Ali / Luigi Martinale Trio
SECRET: 0
PASS:
こんばんは。先日はどうもありがとうございました。大変重宝いたしております。(´∀`)
このピアニストは聞いたことがありませんが、綺麗なジャケットですね。(*´∀`*)

TITLE: お、シンクロしてる
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

ちょっと、おひさしぶりですね。最近、ブログにちょこっとだけ「音楽の日々」のことを書き始めてるんですけど、今日の午前中、たまたま、Le Sue Aliのことを書いたんですよ。よかったら、覗いてみてください。それでは。

TITLE: Sweet Martは大好きです今回はどうでしょう?
SECRET: 0
PASS:
Sweet Mart!4曲目の不思議な感じな曲などなど特にオリジナルが素晴らしくてみんなに話したのに誰もだれそれ?って感じでしたので新作を取り上げてくれてとてもうれピイです。内容も甘口でグッドでしたがSweet Martのジャケットはピアノの鍵盤がお菓子に見えて甘そうです?新作のジャケットも和菓子の包み紙みたいでグッドですね。一番ほしいものリストにいれましょう!

TITLE: Re:Le Sue Ali / Luigi Martinale Trio(04/22)
SECRET: 0
PASS:
 新緑、桜のお話に、ビルエヴァンスまで出てくると、聴きたくて、すぐ注文しました。
私の周りでは銀杏の街路樹の新緑が眩しいです。
家にある、3本のバラの木も、それぞれに愛らしい色で花が咲いています。

 また、苗から育てたオリーブの樹に初めて、蕾がつきました。
10センチくらいだった苗が、はるかに私の身長は超え、花が咲くことに、喜びを感じます。
ローズゼラニウムの可愛いピンクのお花も咲いて、春はウキウキします。

 職場でDiana keallのアルバムをかけていたら、先輩がI've grown accustomed to his faceなら、、、と後日、laura fygiのアルバムを貸してくれました。
ビストロスマップでかかっていたアルバムみたいです。
 先輩が、当時、友達以上に思っていた人に、私はこの曲を聴きながら、あなたのことを想う、、、、女性は誰しもそういう時間が好き、、生きる喜び、昨日は一日中聴いていたわ、、、、
でも、このことは秘密、、、と手紙を書いたら、ぷっつり手紙が来なくなった、と言っていました。
笑ってはいけないけど、ランチタイムは爆笑!

 同僚が秘密と言ったから、どう応えていいか、戸惑ったのでは?
とフォローしていましたが、

彼は誠実な人だっただけ、、と言ってました。

 歌詞が付いていると、ややこしい問題が生じますね。
注文したcdが着たら、職場でみんなで聴きます!


 
 

TITLE: お気に入り
SECRET: 0
PASS:
ご無沙汰しております。こちらは夏が進んでいます。
このアルバム、とっても気に入っていてヘビロテです。
クオリティーの高さに加え、レーベルオーナーが
自分と同じ歳ということもあって応援しています。
6月にはMax Ionata Quintet feat Fabrizio Bossoで
リリースとのこと、要チェックですね♪

TITLE: トラックバックしてみました
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

どうも。Suzuckさんのトラックバック、受け付けられていないみたいです。
設定のせいかなと思って、「リンクされていないトラックバックを拒否する」というのをはずしてみました。
関係ないかもしれないですけど…。よかったら、あらためて試してみてください。

トラックバックするのは初めてなんですけど、こちらからも送信してみました。いきなり、曲名がズラズラならぶ、意味不明のものになってますけど。

ではでは。

TITLE: えー
SECRET: 0
PASS:
メロウ野郎さま、、そういえば、、
何たってメロウ野郎さまですものね♪

>Sweet Marta、ずっと前に買って持ってて、すごく好きなんです。

一時期ネット上では、わりと話題になってましたよね。
わたくしはかなり出遅れてしまいましたが。。。

>なんも知らずに店頭試聴買いしたけど、ピエラヌンツィのお弟子さんだったのですね。さもあらん。

うん。
ブログや通販サイトではよくそのことが書いてあるのですが、ライナーに日本語で書いてあった。(笑)
クラシックを学んだあとに、ピエラヌンツィとダンドレア!に師事したとあります。ダンドレアはちょっと意外だった。。
で、ピエラヌンツィに作曲でとても影響を受けた、とあります。
わたくしは、、ピエラヌンツィにまったく詳しくないけど、6曲目とかそんな気がする。

>これも端正な出来のやうですね。買ってきまつ。

うん。買っておいでなさいませ♪
世捨て人なるもの、このアルバムを持って無くて、、する。(なんちゃって)

TITLE: いえいえ。。
SECRET: 0
PASS:
チェリーブロッサムさま、、お気になさらずに。

>こんばんは。先日はどうもありがとうございました。大変重宝いたしております。(´∀`)

はい。あれがあれであれでしたネ。(きっぱり)

>このピアニストは聞いたことがありませんが、綺麗なジャケットですね。(*´∀`*)

うん。写真では伝わりにくいかもしれませんが。。
普段使い、、だけど、お洒落なセンス、、とでも言いますか。。
好きですよ。
ただ、、アルバムの後ろ、文字が色目が似すぎてて、字も小さくて、、大変読みにくいの。
これはちょっと困ったな。

TITLE: ネッツ!シンクロ!!(笑)
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさま、、ホント、お久しぶりです。
わたくしも朝お出かけしていって、、本当にビックリしました。
新作を取り上げるのが素早いクリスさんは別として、、
一般的には何となく、じわじわアルバムの良さが広まりつつあるのかしら。

>今日の午前中、たまたま、Le Sue Aliのことを書いたんですよ。よかったら、覗いてみてください。それでは。

まずは、忘れないうちに。。
こちらのリンク、なおしておきましたね。
そして、ブログにも足跡付けさせていただきました。

尖った言葉があたりまえに氾濫する昨今ですが、、こういう音楽聴くとほっとしますネ。
ネットで繋がってると時々思わぬシンクロすることがありますよね。
ネッツ!シンクロ♪(お粗末。。さまでした。。)

TITLE: 今回もいいと思いますよ。
SECRET: 0
PASS:
ぐれぴさま、、
おぉ。。スィーツ同好会の様相になってきましたねぇ。
この状況で、ランディのブラジルものとかも聴いてるわたくしはやっぱり特異体質でしょうか。。

>Sweet Mart!4曲目の不思議な感じな曲などなど特にオリジナルが素晴らしくてみんなに話したのに誰もだれそれ?って感じでしたので新作を取り上げてくれてとてもうれピイです。

いっそ、周りにはひまわりさまのように直接聴かせちゃう!って、いいかも。
と、、まぁ、、人それぞれだし、気にしない方がいいですよぉ。
しかし、、まぁ、、そこに、、パソコンがあれば、、
彼のマイスペースでも試聴できます。
ご存じと思いますが、一応。。
http://www.myspace.com/luigimartinale
HPには、レギュラートリオのSno' Peas の映像が乗ってました。
http://www.luigimartinale.com/

>ピアノの鍵盤がお菓子に見えて甘そうです?
え?砂糖菓子??

>新作のジャケットも和菓子の包み紙みたいでグッドですね。一番ほしいものリストにいれましょう!

あ、、確かに美味しい和菓子屋さんのお包みにありそう。。
いつも、頓珍漢なわたくしですが、これはぐれぴさまの期待を外さないと思いますよン。

TITLE: 今日は、雨なのです。
SECRET: 0
PASS:
ひまわりさま、、

> 新緑、桜のお話に、ビルエヴァンスまで出てくると、聴きたくて、すぐ注文しました。

おぉ。。ちょっと、、どきどき。
でも、クリスさんも推薦なさってましたし、ジャズカバさんも目を潤ませてましたので大丈夫だと思いまァす。

>私の周りでは銀杏の街路樹の新緑が眩しいです。
>家にある、3本のバラの木も、それぞれに愛らしい色で花が咲いています。

わぁ!!!薔薇がもう咲いてるの?
薔薇も好きなのですが、育てるのが簡単なつる薔薇で我慢してます。白と、濃いピンク、、そして、黄色。まだまだ、蕾も硬いです。

> また、苗から育てたオリーブの樹に初めて、蕾がつきました。
>10センチくらいだった苗が、はるかに私の身長は超え、花が咲くことに、喜びを感じます。
>ローズゼラニウムの可愛いピンクのお花も咲いて、春はウキウキします。

オリーブですか。。雪が降る新潟では難しいでしょうねぇ。。
新緑の季節って、1日1日が変化ありますよね。ホント、朝、カーテンを開けるのが楽しみです。

>laura fygiのアルバムを貸してくれました。

おぉ。。ボーカルもあまり詳しくないのですが、、クラールさまよりずっと重たい響きだったんじゃありませんでしょうか?(クリスマスアルバム持ってます)

>笑ってはいけないけど、ランチタイムは爆笑!

勇気と優しさのある先輩に拍手♪

「彼は誠実な人だっただけ、、と言ってました。」

素晴らしい解釈です。実にクールで、、優しいな。。(涙目)

>注文したcdが着たら、職場でみんなで聴きます!

なんだか、とても楽しそうな職場ですね。
是非、皆さんと美味しお菓子を食べながら話題にしてくださいね♪

TITLE: カノン印なら。。間違いないわね♪
SECRET: 0
PASS:
カノンさま、、わたくしもご無沙汰しております。
でも、日記読んでますので、ご活躍は存じておりまァす。

>こちらは夏が進んでいます。

わぁ。。既に初夏なのですね。。
新潟はもう少し、、春を楽しむことができると思います。

>このアルバム、とっても気に入っていてヘビロテです。

そう!繰り返し聴ける、って、言うのもポイント高いですよね。
聴きやすいけど、安易な作りでは無いので可能なのでしょう。

>クオリティーの高さに加え、レーベルオーナーが
>自分と同じ歳ということもあって応援しています。

おぉ。。お若いのですね。
きっと、カノンさまのことですからオーナーさまをご存じなのでしょうねぇ。凄いなぁ。
ええと、秘密のメッセージも含めて、5枚程売れそうです。と、お伝えください。(大笑)
これは冗談ですが、ホント、人気のあるピアニストなのですね。
是非、このレーベルも世界へ羽ばたきますように心からお祈りしております。

>6月にはMax Ionata Quintet feat Fabrizio Bossoで
リリースとのこと、要チェックですね♪

ここにきてMax Ionata人気爆発しておりますね。
Daniele Scannapiecとの双頭のアルバムも前評判いいですよね。
そう、、去年の6月頃には、Daniele Scannapiecのアルバムで大騒ぎしておりました。(爆)
新譜、、ボッソが絡んで、ガツンとしたアルバムだといいなッ。

TITLE: お初だったのですね。
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさま、これからもう一度チャレンジしてみます。
少し、お待ちください!

TITLE: 無事、つながりましたね
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>ヨシカワさま、これからもう一度チャレンジしてみます。
>少し、お待ちください!
-----

やっぱり、「言及リンク」の問題だったんですね。迷惑なトラックバックを拒否するための設定みたいですけど、まぁ、問題が生じたらその時に対応するとして。このまま、設定を「切」のままにしておきますので、お気軽にトラックバックしてください。

ではでは。

TITLE: Re:Le Sue Ali / Luigi Martinale Trio
SECRET: 0
PASS:
試聴してみました。
私には少し甘口ですが、気に入りました。買いです。

TITLE: つながりましたね☆
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさま、こんばんはぁ。

>やっぱり、「言及リンク」の問題だったんですね。迷惑なトラックバックを拒否するための設定みたいですけど、まぁ、問題が生じたらその時に対応するとして。このまま、設定を「切」のままにしておきますので、お気軽にトラックバックしてください。

はいはい。
ありがとうございます。
でも、、もしかしたら。。トラバあどれすまちがって、いたのかもしれまっせん。

まぁ。。よかった、よかったぁ。。

また、遊びにいきまあす。
んじゃ。

TITLE: おはようございます。
SECRET: 0
PASS:
satoruさま、気に入りましたか?

>試聴してみました。
>私には少し甘口ですが、気に入りました。買いです。

マイスペース?
新譜からも1曲入ってましたよね。
わたくしは、SenzaFineが流れてうっとりしました。

ところで、今回のスカンジナアンコネクションは?
新潟は今日です。

TITLE: 秋の水の中
SECRET: 0
PASS:
スズックさん、こんにちはmonaka です。

買いそびれていたこのアルバムを買いました。
ガッツの2枚がとてもお気に入りなのです。
東京はマックスが来て、次は横浜のお祭りが近づいてきました。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/dfde9cc3a66f7b7ca8a89e999ea65536/df

TITLE: 収穫収穫!!
SECRET: 0
PASS:
ブラザー最中さま。。
こちらのお返事遅くなってすみません。
傾向と対策、、がんばってますですね!

>スズックさん、こんにちはmonaka です。

はい。
ブラザーはいろいろおめでとうございました。


>買いそびれていたこのアルバムを買いました。

はいはい。
これは、最中さまもお好きだと思いますよ。
って、言うか。。持ってるのか、、って、思いこんでました。(笑)

>ガッツの2枚がとてもお気に入りなのです。

あ、これ本当に人気ですね。

>東京はマックスが来て、次は横浜のお祭りが近づいてきました。

そうですね。
東京のマックス祭りには参加できませんでした。。。
横浜も、法事が重なります。。

10月の初めって、毎年毎年、気が重くて、、辛い日々だったのですが。。
2年くらい前から、なんだか、吹っ切れちゃったんですよ。
楽しくすごすのが、一番って、思えるようになったんです。
今年は、どうかな。。楽しくすごしたいな。。

んじゃ、また!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774252

この記事へのトラックバック一覧です: Le Sue Ali / Luigi Martinale Trio:

« Gine Anderssen Group Live @ Niigata | トップページ | 春の宴。。。コーヒーショップ・器♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ