2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« 桜・さくら・・サクラ。。。 | トップページ | Get Riel / Alex Riel »

2009年4月14日 (火)

Bubbles&Ballads / Mads Vinding Trio

AX

花曇り。。時々雨が降ります。
折角、満開になったさくらがちょっとかわいそう。
でも、グレーの空とさくらの淡いピンクはとてもよく似合います。
真っ青な空に浮かぶ白く透き通るさくらの花より、グレーの空にとけ込んでしまいそうな淡いピンクの組み合わせがわたくし的幸せです。
その柔らかな組み合わせは、口元だけ微笑んでる女性のようで、、何となく側から離れがたい気分になる。
うっとりしちゃうのです。なんだか、色っぽいのよね。。
ほんわかと妖艶な香りが揺らいで見えるような気がしませんか?

ということで、マイルス&ショーターでネフェルティティを聴いていたのですが、この美しいエジプトのお妃の名前に恥じない演奏から始まるこのアルバムへ。
冒頭のドラムとピアノ異次元に誘う空間をマッズのベースがそぞろ歩く。。
ピアノが創り出す詩情的、幻影的な雰囲気にこの世の憂いを忘れてしまいそう。。
スタンダードのYou Don’T Know What Love Is。わたしはこの歌詞はあまり好きではないのですが、メロディから次第にヒートアップしていき、緊張感が生まれる「強い口調」は歌詞にぴったり。。
All The Things You Are。原曲の持ってるみずみずしさ、大きくふくらむ期待感を後押しするような音がビッシリ敷き詰められた演奏。押し寄せる感情に翻弄しているように矢継ぎ早のフレーズが続きます。
一転、そよ風に長い髪がなびくような美しい女性の後ろ姿をみるような、胸がキュ~~ンと切なくなるThe Summer Knows。ベースが紡ぎ出すメロディは一つ一つの音に沢山の思いが重なり訥々とした演奏が想像の世界を広げる。
カールソンのオリジナルBubbles。泡というか、シャボン玉のような儚さと美しさ、そして軽さ持った綺麗な曲。
次々と重なっていくフレーズは、泡かなぁ。。「Today」でも演奏してましたね。

Footprints。再びショーターの曲。影響を受けたピアニストにKeith Jarrett、Herbie Hancockをあげる彼の選曲なのかしら。。ショーターのなんだか人くったようなタイトル&曲はくせ者なんだけど、大胆に攻めあげるピアノ。もったりと後ろ髪をひかれるようなピアノでMisty。ベースソロも低音から高音まで切々と。
リーダーのマッズのオリジナル Flat Blues。
そして、今度は、「Big 5」にもあったCesterba。クリアでリリカルな彼らしいクールビューティな曲&演奏。
Yesterdayは、ベースのソロで始まる落ち着いた演奏。カールソンはゆったりと音数も抑えめに歌い上げます。
終演はジャズファンが大好きなOn Green Dolphin Street。オーソドックスに心地よい演奏でございます。

やっぱり、好きな曲を好きな人が演奏するのっていいなぁ。。

1. Nefertiti
2. You Don’T Know What Love Is
3. All The Things You Are
4. The Summer Knows
5. Bubbles
6. Footprints
7. Misty
8. Flat Blues
9. Cesterbal
10. Yesterdays
11. On Green Dolphin Street


Mads Vinding(b)
Jacob Karlzon(p)
Morten Lund(ds)

春です。近くの買い物は歩いていきます。
住宅地の狭い路地は、春爛漫。。。
今日は、鯖を買ってきました。シメサバになるべく待機中。
雨が降って、ガーデニングができなかったのが、、悔やまれる。。な。

んじゃ、退散♪


« 桜・さくら・・サクラ。。。 | トップページ | Get Riel / Alex Riel »

JAZZ(Flight to Denmark)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:BubblesBallads / Mads Vinding Trio(04/14)
SECRET: 0
PASS:

このマッズ・ヴィンディングのアルバムは最近リリースですか?
探して買い求めたいと思います!
マッズは好きなベーシストの一人です!
曲もいい線いってますしね!!

TITLE: そうなのよ。
SECRET: 0
PASS:
key-sanさま、こんばんは。

>このマッズ・ヴィンディングのアルバムは最近リリースですか?
>探して買い求めたいと思います!

はい。最近リリースですよ。
録音年月日はちょっとわからないんだけど。
たぶん。。去年?書いてないんですよね。。

>マッズは好きなベーシストの一人です!
>曲もいい線いってますしね!!

うん。不思議なもので、、ショーターのアルバムを聴いていたのね。
ネフェルティティが聴きたいなぁ。。レコードは面倒だなぁ。。
って、思ってたら、、このCDがきました。
結局、レコードで、マイルス&ショーターのネフェルティティも聴きましたが。。

マッズは今月
In Our Own Sweet Away/Carsten Dahl / Mads Vinding / Alex Riel
って、アルバムも出ます。
あわせて、ご賞味ください。(笑)

TITLE: 段々と
SECRET: 0
PASS:
すずっくシスター、こんにちはmonakaです。
緑の勢いで段々と元気になっています。
でもせっかく病人みたいになったのに、急にげんきな人では恥ずかしいので、こそこそと続けます。
でも今日は元気でヤロン・ヘルマンのコンサートへお友達とも会いました。
新しいアルバムもそこで手に入れましたので段々と。
“段々と”ってドラマのタイトルにありましたっけ。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d9ec0fce18c4ece26deb2c4a3e5dd7d4/df

TITLE: ライブですね♪
SECRET: 0
PASS:
ブラザー最中さま、おはようございます。


>緑の勢いで段々と元気になっています。

うん。わたくしも花の苗を沢山買ってきました。
球根とか、大地の息吹を感じますよね。

>でもせっかく病人みたいになったのに、急にげんきな人では恥ずかしいので、こそこそと続けます。

まぁ、いいじゃん。
次回はわたくしのように、ずる休みの手段を使いなさいネ。(笑)

>でも今日は元気でヤロン・ヘルマンのコンサートへお友達とも会いました。

おぉ。。ミクシィ日記から想像すると、あのお姫様とあの方ですね。

>新しいアルバムもそこで手に入れましたので段々と。
>“段々と”ってドラマのタイトルにありましたっけ。

わかりません。
皆さんが夢中のヤロン・ヘルマンも試聴すると大変興味深いのですネ。
澤野さまのお眼鏡にかなっただけありますね。
でも、今日の朝一はウルフ。そして、今はケニーワーナーのピアノのリールのアルバム。
なんだか、これが、、、スルメ状態なんですよね。
目新しい名前が出なくてすまんけど、気持ちいいんだなぁ。。

つうことで、トラバしましたア。

TITLE: 突然失礼します!
SECRET: 0
PASS:
どうもです。

いろいろと、思うところありまして、火曜づけでmixi退会しました。
ご挨拶もできなくて、すみません.
(ってか、それを日記に書くのも、どうかと思いまして、潔くスッパリ)

今まで、私のつたない内容の日記をのぞいてくださったり、コメントいただき、本当にありがとうございました。
すごく楽しかった!

これからは、ここのところ放置していた(汗)公式HPとブログで近況をお伝えできればと思いマス。

http://d.hatena.ne.jp/Cherry-Jam-Club/
(ぼちぼち、再開しました)

ライブ活動も、たくさん予定しています。元気に、歌を続けていければ、と願っています。


どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

TITLE: そうですね。。
SECRET: 0
PASS:
ナオミさま、、突然だったけど、突然でもなかったのですね。

>どうもです。

はい。

>いろいろと、思うところありまして、火曜づけでmixi退会しました。
>ご挨拶もできなくて、すみません.

いいえ、こちらこそ、ライブになかなか行けませんで。。

>(ってか、それを日記に書くのも、どうかと思いまして、潔くスッパリ)

そうなんですか。。

>今まで、私のつたない内容の日記をのぞいてくださったり、コメントいただき、本当にありがとうございました。
>すごく楽しかった!

そうですね。
わたくし、ブログのお仲間の更新状況とか、ちゃんと把握するシステム使ってないので、ミクシィのようにこまめにのぞけないかもしれませんが、時々、こちらにも顔出してくださいね。
コミュにもご参加くださり、大変、ありがとうございました。

>これからは、ここのところ放置していた(汗)公式HPとブログで近況をお伝えできればと思いマス。

ご活躍ください!

http://d.hatena.ne.jp/Cherry-Jam-Club/
>(ぼちぼち、再開しました)

>ライブ活動も、たくさん予定しています。元気に、歌を続けていければ、と願っています。

さえこ姫とライブなのですね!
明日はちょっと眼科で検査があって。。明後日はお家にいなくちゃならないので、、
お伺いできないと思いますが。。宜しく、、お伝えくださいね。


>どうぞ、今後ともよろしくお願いします。

こちらこそ。
素敵な歌姫さまとお知り合いになれてよかったです。
またネ♪

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
日本企画ものとは違い、同じスタンダード系が中心のアルバムであってもさすがに選曲の趣味がいいですね。
もうこの選曲だけでもポイントが高いのですが、バラード以外の4ビート演奏が意外と少なかったので、あえて3つ星にしておきました。
でも久しぶりにモーテン・ルンドがそれなりに活躍していたので嬉しかったです。

TITLE: すいません
SECRET: 0
PASS:
TB用URLを記するのを忘れてしまいました。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/e49aa5f65ea656ec64d87acd8cc9e8bc/83

TITLE: 今回は、、
SECRET: 0
PASS:
ナリーさま、ダールの作品と甲乙つけがたい感じの評価ですね。

>日本企画ものとは違い、同じスタンダード系が中心のアルバムであってもさすがに選曲の趣味がいいですね。

はいはい。
丁度この時、ネフェルティティが聴きたくていて、、このアルバムのトップにあったのはビックリでした。
今日は、インファントアイズ一曲聴いて、今はネイティヴダンサーでッス。美女と野獣も好きなんだよねぇ。
アナマリアもネ。

>もうこの選曲だけでもポイントが高いのですが、バラード以外の4ビート演奏が意外と少なかったので、あえて3つ星にしておきました。

そうなんですか。。
ちょっと、残念だなぁ。(笑)

>でも久しぶりにモーテン・ルンドがそれなりに活躍していたので嬉しかったです。

そうですね。
この人も目の前で見てみたいな。
ちょっとお惚けのお顔も含めて好みでーす。

ありがとうございました。
いつも、ご面倒おかけいたします!

TITLE: Karlzonは成長してますね
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんにちは。当方ブログへコメント,TBありがとうございました。

最近続けてKarlzon関連のアルバムをアップしましたが,2作の間にある録音間隔において,Karlzonのスタイルに変化があったように感じました。もちろん,私にとっては新しい方が好ましいものでありました。でもやっぱりこれよりPeter Asplund盤As Knights ConquerのKarlzonが好きかなぁ。すずっくさんはいかがでしょうかね?

こちらからもTBさせて頂きます。

TITLE: そうなんですよね。。
SECRET: 0
PASS:
こんばんはぁ。
>Karlzonは成長してますね
はい。
中年音楽狂さま、、仰る通りだと思います。
わたくし、このアルバムそんなに凡庸で悪いとは思ってないのですが。。
ただ、んじゃ、今年の一枚に残すか?って、考えると、ピアノトリオは多いですからねぇ。
何がたりないって、、、厳しく言えば、、
「これがカールソンだ」って1聴でわかる個性ってヤツじゃないでしょうか。。
って、偉そうだけど。
ヤンソンもラングレンも、、みんなそれがありますよね。

>すずっくさん,こんにちは。当方ブログへコメント,TBありがとうございました。
はい。

>最近続けてKarlzon関連のアルバムをアップしましたが,2作の間にある録音間隔において
,Karlzonのスタイルに変化があったように感じました。

>もちろん,私にとっては新しい方が好ましいものでありました。でもやっぱりこれよりPeter
Asplund
盤As Knights ConquerのKarlzonが好きかなぁ。すずっくさんはいかがでしょうかね?

すげぇ。。フリだな。
きっぱり言うと、好きなのはPeter Asplund盤です。
だけど、カールソンがいなくちゃあのアルバムは絶対できない。
トラバ、、ありがとうございます。
ブログはトラバが命だワン。

TITLE: そもそも
SECRET: 0
PASS:
発売時期が近いからと言ってenrico pieranunzi盤と比較するところに間違いがあったのかと後から感じています。
が、自分の中ではmads vindingとenrico pieranunziってのは同一線上(kingdomの影響が大きい)に存在しているイメージだったので(と言い訳しつつ)。
ここでようやく自分の中で違う道に据えることができそうです。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

TITLE: もそもそ・・。。
SECRET: 0
PASS:
oza。さま、、こんばんはぁ。。

>発売時期が近いからと言ってenrico pieranunzi盤と比較するところに間違いがあったのかと後から感じています。

なんか、、どうも。。わからんですが。
自己反省は常に大事です。。
わたくしなど、、反省ばかりの人生ですけどねぇ。。。

>が、自分の中ではmads vindingとenrico pieranunziってのは同一線上(kingdomの影響が大きい)に存在しているイメージだったので(と言い訳しつつ)。

うむ。。。
それはねぇ、、、違うよ。
少なくてもわたくしの中では。(結構きっぱり)
ただ、、わたくしの場合、、単に好き嫌いの割合が大きいから。。

>ここでようやく自分の中で違う道に据えることができそうです。

あぁ。。
なんつうかぁ、、また、よくわからないなぁ、、、。。。
悩んで、また、寝られなくなりそうだわん。

トラバありがとうございましたぁ。。

>TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。
-----

TITLE: 見事です!
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん、こんにちは。
この作品、このメンバーですから当然かもしれませんが、完成度が高いですね。Enrico Pieranunziがピアノの『Kingdom』も素晴らしかったですが、これもそれに勝るとも劣らず、ピアノトリオの醍醐味が味わえました。
Mads Vindigは名盤請負人でしょうか!?
「Nefertiti」から「Misty」までの流れが何とも言えません。良い曲ばかりですし。
7曲続けて良いと思うことは中々無いんですよね。
「You Don't Know What Love Is」でのJacob Karlzonのピアノにはゾクゾクきました。
「All The Things You Are」はALEX RIEL『Live At Stars』で聴けるJacob Karlzonの怒涛のピアノ!も好きです。

TITLE: 1曲だけ。。
SECRET: 0
PASS:
SINTETICさま。。
秋の夕暮れは暗くなるのが早いですよね。
時間もないので、好きなNefertitiだけ、、かけました♪

>この作品、このメンバーですから当然かもしれませんが、完成度が高いですね。Enrico Pieranunziがピアノの『Kingdom』も素晴らしかったですが、これもそれに勝るとも劣らず、ピアノトリオの醍醐味が味わえました。
>Mads Vindigは名盤請負人でしょうか!?
これもよかったですね。
オリジナルは少なかったけど、Nefertiti一発で、撃沈でした。

>「Nefertiti」から「Misty」までの流れが何とも言えません。良い曲ばかりですし。
>7曲続けて良いと思うことは中々無いんですよね。

そうなんですよね。ホント。。
これも、評判はなんだか。。もう一つだったのですが、わたくししばらく堪能させていただきました。

>「You Don't Know What Love Is」でのJacob Karlzonのピアノにはゾクゾクきました。
これも、緊張感溢れる演奏ですよね。

>「All The Things You Are」はALEX RIEL『Live At Stars』で聴けるJacob Karlzonの怒涛のピアノ!も好きです。
これも、、実は未聴なのです。(汗)
イェスパー・ルンゴーって、大好きなのですが、、コノメンバーみたとき、、
マリアーノ、、どうなの、、って、躊躇しちゃったんです。
で、皆さんの反応が結構よかったので、ウィッシュにいれたんですけど。。
そのままになってしまいました。
そのままになってる、、アルバム。。沢山あるのよ。。
クリスマスシーズンも迎えると、、ますます、、放置になってしまいます。

コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774255

この記事へのトラックバック一覧です: Bubbles&Ballads / Mads Vinding Trio:

« 桜・さくら・・サクラ。。。 | トップページ | Get Riel / Alex Riel »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ