2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« なごり雪でいいのかしら。。 | トップページ | 黄昏時の、、ラヂオ局。。。 »

2009年3月27日 (金)

Live In Italy/Seamus Blake

AX
地球から眺めた時に、夜空に大きく君臨するのは月ですが、太陽系の中でばかでかい惑星は木星。
その大きさ、質量、ヘンなしましま模様、、どれをとってもチョーー魅惑的個性的です。
映画の2001年宇宙の旅では、木星に向かって旅しますよねぇ。。
子供の頃読んだ本では、成分のほとんどガスで、常にあちこちで爆発が起こってるいるとあった気がいたします。
すげぇ!!群馬の田舎で育ったわたくしは、雷の轟く夕闇が恐くて恐くてしかたがなかったのですが、、
ソンなんと、比べものにならないくらいの大きな音がするんだろうなぁ。。
あ、空気がないから、音しないのか。。。ナ?って、雷と一緒に、すんな。って、言われそうですね。

しかし、偉そうにしてたって、、こんなに情報があふれてル昨今なのに、木星に行ったヤツは居ないのだぁ。
そう考えるととても不思議でしょ。ホント不思議なのね。。
人は、まだまだ小さな箱の中で生きているのでした。
ゆえに、大きな想像力を持ったのかもね。

Seamus Blakeはイギリス生まれで、現在アメリカに在住。
このアルバムはイタリアツアーのカルテットでの、ライブ盤二枚組。
去年リリースされて、値段もお手頃なライブ二枚盤、何よりテンション高い演奏で話題盤でした。
クリスクロスのJesse Van Rullerのアルバムで聴いたのが最初かな。。?
もう、ご多分に漏れず、うまいのです。
が、、正直、、最初に聞いた頃って、、なんかピント来なかったんですよね。あはは。
従って、去年鳴りもの入りでこのアルバムがでたときも「はぁ」みたいな感じ。
何となく、買い損なってましたが、周りでの評判がこれが、、いいのです。
どーーしても、聴いてみたくなりました。(笑)
で、、今回、このライブ二枚組聴いたら、なんか、以前とイメージ違う気がする。
なんだろう?わかんないけど、なんだか、好みの方向に変身してる。。

まずは、1枚目。いきなりハイライト。
冒頭はまぁ、普通に始まるのですが、電気で歪ませた効果音が不穏なムードを創りだす。
超シリアス、硬質で甘さのかけらもなくテンション高いパ^カッシブに弾きまくりのキコスキーのピアノがめちゃくちゃかっこいい。紫の煙の中を稲妻が駆け抜けるようなかっこいいイメージ。
当然、リズム隊が煽る中テンション高く叫ぶシーマスも入っていきなりハイライト的展開のThe Jupiter Line。やっぱ、木星は凄いのだァ。
陽気に動きのあるリズムの中、エフェクターかけてユーモアも感じるサウンドながらやってることはハイテクニック。しっとりと始まった次曲は、ドビッシーの曲をモチーフにしたもの。鬼のようだったキコスキーが透明感ある美しフレージングを聴かせたりしちゃって、もう、、やるなぁ。
現代的で都会の響きを持つFear Of Roaming。シーマスさまは粋な感じ。長尺なフレーズが次々と続き自信満々なプレイが続きます。なんだか、期待以上のテンションの高さにそれいけ二枚目!

なんと、ここでも予想外の展開♪
エリントンのThe Feeling Of Jazzをリラックスムード、歌心たっぷりに吹き始めるのです。
やるなぁ。ソロでは、高速フレーズもはさみますが、奔放に粋な感じ。
一転、ビターでシリアスな路線のSpacing。
ジャヴァンのLadeirinha。哀愁たっぷりのメロディを切なく吹ききる。これも、かっこいいのですねぇ。
低音の暖かさとメロディが妙にマッチするDarn That Dreamは、サックスカディンツアから。
深い息のような素敵な音で、スタンダードをゆったり聴かせます。時折、指の練習もいれながら。(笑)
最後は、ジョンスコの曲.Dance Me Home。一気に緊張感がまして、ピアノが全体のテンションを引っ張りあげます。効果音がうまく入って、後は全員で疾走体制。行けぇ!!シーマス!!

シーマスの名義ではありますが、キコスキーと双頭と言ってもいいくらいの活躍。
硬質でカンカンと叩き出すフレーズが小鬼のようにかっこよかったですナ。
シーマスの堂々とした吹きップリ、ちょっと、驚きざました。。
ホント、今までなに聴いてたんだか。。
ライブのホットな感覚で楽しい二枚組でやンした。

そして、、今日も木星は太陽を回るのでありましたァ。。

Disc1
1.The Jupiter Line
2.Way Out Willy
3.Debussy String Quartet In G Minor
4.Fear Of Roaming
Disc2
1.The Feeling Of Jazz
2.Spacing
3.Ladeirinha
4.Darn That Dream
5.Dance Me Home


Seamus Blake ( ts )
David Kikoski ( p )
Rodney Green ( ds )
Danton Boller ( b )

今日から高速の千円ポッキリがスタートですよね?
ちょっと、寒いけど新潟はまぁまぁのお天気。。行楽にお出かけしたんでしょうか?

んじゃ、退散♪




« なごり雪でいいのかしら。。 | トップページ | 黄昏時の、、ラヂオ局。。。 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: TBさせていただきます。
SECRET: 0
PASS:
すいません、当方にTBまた入ってませんでしたので、またお手すきの時にでもトライいただければ幸いです。

このアルバム、各所のブログで盛り上がりましたよね。ファンが広く浅くという感じではなくて、現代ジャズが好きという人が多く反応しているので、うれしくなってしまいました。こういう情報って、やっぱり雑誌ではなくてブログだよなあ、と思う今日この頃です。

TBさせていただきます。

TITLE: TBさせて頂きました
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんばんは。当方にTBが入っていませんが,私のTBは届いたようですね。一体どうなっているのでしょうか。お手数ですがリトライしてみて下さい。

910さんも書かれていますが,このアルバムはメディアだったらここまで盛り上がらなかったでしょうね。ブロガー同士のTrustってのもありますから。

TITLE: こんばんはァ。。
SECRET: 0
PASS:
910さま、、トラバありがとうございます。

>すいません、当方にTBまた入ってませんでしたので、またお手すきの時にでもトライいただければ幸いです。

今、トライしてみました。。
どうかしら。。


>このアルバム、各所のブログで盛り上がりましたよね。ファンが広く浅くという感じではなくて、現代ジャズが好きという人が多く反応しているので、うれしくなってしまいました。こういう情報って、やっぱり雑誌ではなくてブログだよなあ、と思う今日この頃です。

リンクさせていただいている方々、、皆さん、評価高かったので、無視はできなくなりました。
最初に迷ったのは、、なんだったのでしょう。。
でも、二枚組って、なかなか、ブログにあげられないわたくしです。。

TITLE: どうしちゃったんでしょう。。
SECRET: 0
PASS:
中年音楽狂さま、こんばんは。
カールソンも、届かないのですよねぇ。。。
相性が悪くなったかしら。。

>すずっくさん,こんばんは。当方にTBが入っていませんが,私のTBは届いたようですね。一体どうなっているのでしょうか。お手数ですがリトライしてみて下さい。

今、再度トラバしてみました。。
どう??

>910さんも書かれていますが,このアルバムはメディアだったらここまで盛り上がらなかったでしょうね。ブロガー同士のTrustってのもありますから。

そうですねぇ。。
シーマスって、恥ずかしながら、、あまり、印象になかったのですよねぇ・・・。
聴いたことは、、あったんですが。。。
で、お値打ち品ながら、、今に至りました。。
はい、皆さんが大騒ぎされてなかったら、、聴かなかったな。。たぶん。。

TITLE: これいいよねえ
SECRET: 0
PASS:
私もこの人イマイチな印象だったんだけど、このアルバムで変わったな。特に最後のジョンスコの曲は結構「やられた」感が強かったですな。選曲もアレンジも非常にセンスがいい。
昔のを一枚持ってるけど、何やらエフェクターバリバリで、ちょっと奇をてらい過ぎな感じだったんだよねえ。その点このアルバムはこれもまたセンス良くエフェクター使っていて好感持てます。2曲目のソロなんて素晴らしいよなあ。エフェクター使うか。あ、その前にマイク買わなきゃ(笑)。

TITLE: Way Out Willy、、。
SECRET: 0
PASS:
でっかいこやぎさま。。こんばんはぁ。
これ、おもしろいです。


>私もこの人イマイチな印象だったんだけど、このアルバムで変わったな。特に最後のジョンスコの曲は結構「やられた」感が強かったですな。選曲もアレンジも非常にセンスがいい。

このかた、ジョンスコが、、カート抜いてメンバー召集しちゃったんじゃ、、なかったかなぁ。。
シリアスだけど、重たくはなくて、でも、密度こいんだよねぇ・・。。

>昔のを一枚持ってるけど、何やらエフェクターバリバリで、ちょっと奇をてらい過ぎな感じだったんだよねえ。その点このアルバムはこれもまたセンス良くエフェクター使っていて好感持てます。2曲目のソロなんて素晴らしいよなあ。

Way Out Willy面白い感じでエフェクター使われてて、メロディとか一見お馬鹿そうだけど、、やってること、すげぇ。。んだよねぇ。。
頭の中にこの曲がすみ着いちゃって、、
わぉんわおぉん。。言ってまぁす。
ほんと。。おもしろかった。


>エフェクター使うか。あ、その前にマイク買わなきゃ(笑)。

おぉぉ。。定額給付金の有効な使い道がきまったね。(爆)


TITLE: TBありがとうございます。
SECRET: 0
PASS:
Seamus Blakeってそれまで、あまり強烈な印象を持っていなかったのですが、この盤で(david kikoski共々)俄然注目度アップって感じでした。


でも、近所のお店で中古で出てるんですよね..(何故??)

逆TBさせていただきます。

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
シーマスは普段は無難に吹いていることが多いので、クリス・ポッターあたりと比べると小粒な印象が拭えないのですが、本作はさすがにライブ盤だけあって魅力が満載でしたね。
またそれ以上にキコスキーが滅茶苦茶凄かったです。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d8c2eff8f235cb8ea762f3b68e0acdd0/83

TITLE: すずっくさんも
SECRET: 0
PASS:
入手されましたね。
SAXの音色だけでぐっと来て、演奏の中身で更に惹き込まれる。素晴らしいアルバムだと思います。

TBさせていただきました。

TITLE: 売ってましたかぁ。。
SECRET: 0
PASS:
oza。さま、、でも、リリースされて、半年近いですからねぇ。。

>Seamus Blakeってそれまで、あまり強烈な印象を持っていなかったのですが、この盤で(david kikoski共々)俄然注目度アップって感じでした。

そう。。そうなんですよねぇ。
リーダ作を追っかけてたわけでもなかったので、皆さんの素晴らしい嗅覚に乾杯です♪

>でも、近所のお店で中古で出てるんですよね..(何故??)

でも、これもわかるきもします。
いいじゃん。。人それぞれだし。(笑)


>逆TBさせていただきます。

ありがとうございましたぁ。

TITLE: 探しまくりましたぁ。
SECRET: 0
PASS:
naryさま、、十一月のブログエントリーだったのですねぇ。。
携帯から探すのえらく、、困難でした。。

>シーマスは普段は無難に吹いていることが多いので、クリス・ポッターあたりと比べると小粒な印象が拭えないのですが、本作はさすがにライブ盤だけあって魅力が満載でしたね。

このアルバムなんかかっこよかった。
二枚組のお値段にしては、お買い得だし、やっぱ、堂々としたふっきぷりがよかったです。
クリポタはわたくしてきには、、別格なもので。。(笑)ダぁリンですから。(爆)


>またそれ以上にキコスキーが滅茶苦茶凄かったです。

そうなんですよねぇ。。
容赦ない攻めに、、聴いててたじたじでございました。

こちらからもトラバしますね。

TITLE: 月の砂漠以来かな?
SECRET: 0
PASS:
なおきさま、、このサックスも生でききたいですよねぇ、、。

>入手されましたね。

はい。「手に入れました。」

>SAXの音色だけでぐっと来て、演奏の中身で更に惹き込まれる。素晴らしいアルバムだと思います。

そう。。これを手に入れたのは、実は結構前なんです。って。二週間三週間、、忘れちゃったけど。
で、、そのとき、ちょうど、、最近のうまいテナーサックスの音色について、、ぼぉ、、って、思ってることがあったので、、彼の音は好みだなぁって、おもいました。


>TBさせていただきました。

ありがとうございました。
またね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774227

この記事へのトラックバック一覧です: Live In Italy/Seamus Blake:

« なごり雪でいいのかしら。。 | トップページ | 黄昏時の、、ラヂオ局。。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ