2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« A Time For Love/Kenny Werner Jens Sondergaard | トップページ | 1月24日(土)は、新潟ジャズストリートでっす♪ »

2009年1月 9日 (金)

Out of track / Giovanni Mirabassi Trio

AX
遠く海まで続く黒い大地。。
象の肌のようにしわがより、老婆が死を宣言されて凍り付いたような無表情な印象。
溶岩の冷え固まった大地は、過去も現在も未来も無いダークな世界。
火山の猛威によってできた死の世界、、胸が痛む。

ヘリが進むと白い煙が見える。
黒い大地の割れ目から、黄金色が顔を見せる。
その色は原始の太陽を思わせるような熱くエネルギーに満ちた色で、静かに、でも、確実に前に進んでいる。
そして、、海へ。。
あの無表情な黒い大地の下には、人知れず地球の情熱が身を隠していた。
おざなりに見えるものしか見えていないわたくし。
宇宙にクールに青く輝く地球は、その真ん中に太陽と同じ色を持つどろどろ熱い惑星。。

平々凡々とした人の日常に変化はほとんど無い。
細々とした日々の暮らしの中で、身体の中にチリチリとした何かを感じる事があっても。
彼女も彼も日常は変わらない。その表情も表面も変わらない。
人知れず心の襞についた雫が流れ落ちて、、その心が濡れていても。。

どんな平凡な人にも秘めた情熱みたいな感情ってあると思うのです。
それが、目が覚めるような美男美女なら映画にでもなるのでしょうが。。
平々凡々と暮らしている人間にとっては、心の扉の向こうでしか解放しない感情。
そんな秘めた感情があらわになったようなピアノがGiovanni Mirabassi。

超情熱的。

1音1音が濡れて輝くように艶っぽく、恥ずかしくなるほど美しく、激情的で劇場的な高密度な世界。

イタリア生まれの彼の感情表現は、日本人が思うにはとてもストレート。
まさに情熱の塊のようです。
わたくしのような者が聴いていると、小さな小舟で嵐の夜に大海にこぎ出したように大波小波に翻弄されてる気分。(笑)
追いかけしてたわけでは無いのですが、ずっと澤野レーベルからアルバムをだしていましたが、今回はレコード会社を移籍しての第一弾とのこと。タイトルとジャケットに引きよせられれてここに居ます。
スタンダード、映画音楽等カヴァー曲が8曲。そして、オリジナル4曲。

いきなり心を鷲掴みで大きく揺さぶられるイントロ。ダークでゆったりとはじまり、4ビートにチェンジして一気にヒートアップ。ベースの気合いの入ったソロモ抒情をそそる。哀愁のあるメロディとモダンでクリエイティヴな部分のコントラストが新鮮で素敵。
オリジナル曲、Pieranunziはもちろん彼の敬愛するピアニストに捧げた曲。頭の中に、輝きながら流れる大河が浮かんでしまいました。
Vuelvo al Surは、今回わたくし的お楽しみ曲の一つです。。いいよねぇ。。♪
ピアソラ作のこの哀愁の塊のような曲。。ブラジルの好きな人だと、カエターノが感情小刻みに震えまくるあの歌を想い出すのではないかと。。
寄せてはひく波のように切なくこみ上げる切ない気持ちを映画のワンシーンをで観るようなエモーショナルな演奏。好き☆わたくし的白眉。
Alone Togetherもめちゃくちゃかっこいい事になっている。グルービィなピアノもいいのですが、ベースの饒舌で速弾きソロがとっても素敵。音も男らしい太くくっきりした音で力強い弾き方。
Le Chant des Partisansは、鍵盤の上を縦横無尽に走るミラバッシ。降り注ぐような絢爛豪華な音のシャワー。
高速フルスロットルのJust One of Those Thingsは、これまたかっこよくベースがテーマメロディをとってます。熱く密度が高いのですが、洗練されてお洒落仕上がり。ドラムもとっても面白い。

まずい。。まだ、半分じゃん。(^_^);;;

後半、一曲目はオリジナルでZoom。4ビートでチームワークがっちりと。
コルトレーンのImpressions。ラテンアレンジでしかもまさに大波小波大揺れに揺れに揺れたわたくしの心模様。
ダイナミックとはこんな演奏でございます。って見本です。
勢いもそのままに駆け抜けていくSouvenirs Souvenirs。
思索的、、見えない何かを模索するように空間を漂うHere's The Intro。ピアノソロで、タイトルどおり次の曲Here's to youへの導入曲。深い悲しみ満ちた音から次第に温度が上がっていく。。悲しみを秘めて奏でられるのはHere's to you。
終演はこれも映画音楽Convite para Vida。
最後まで哀愁と情熱を交差させて身をよじるような激情的な世界を繰り広げています。

静かな春の海のような世界も好きだけど、時には運命に翻弄されるような情熱的な世界も好き☆

1.Dear Old Stockholm
2.Pieranunzi
3.Vuelvo al Sur
4.Alone Together
5.Le Chant des Partisans
6.Just One of Those Things
7.Zoom
8.Impressions
9.Souvenirs Souvenirs
10.Here's The Intro
11.Here's to you
12.Convite para Vida

Giovanni Mirabassi (p)
Gianluca Renzi (b)
Leon Parker (ds)

人は外見では判断できない、って言いますが、、
普段のお付き合いは、外見的な判断で充分なのが真実でしょう。。(爆)
むしろ、心の中にまで覗かれちゃったら、ちょっと、、ねぇ。。
あらぁ。。って、想いながらも、、日々の暮らしを全うしましょうネ。(きっぱり)

明日から三連休の人も多いのでしょうか?
我が家は違うけどね。でも、お休みが明けるとジャズストまで、10日くらいになります。
トップ頁に、、ジャズストロゴ&八木ブラザーズのライブ告知を貼り付けました。
クリックするとそれぞれ、HPに飛びます。行けるといいなぁ。。
何方さまも、、なにとぞ、、宜しく♪

では、退散♪




« A Time For Love/Kenny Werner Jens Sondergaard | トップページ | 1月24日(土)は、新潟ジャズストリートでっす♪ »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
前作はミラバッシがワンマンな感じがしてイマイチ好きになれなかったのですが、本作は非常に良いですね。
レオン・パーカーの起用にも、これでようやく納得がいきました。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/582765e6400eb96e3b89fb8a2830aece/83

TITLE: ありがとうございます。
SECRET: 0
PASS:
naryさま、ご挨拶が遅れましたが今年も宜しくお願いいたします。

>前作はミラバッシがワンマンな感じがしてイマイチ好きになれなかったのですが、本作は非常に良いですね。

すみません。
深い意味はないのですが、このところ、、澤野さまご無沙汰してました。
Paolo Di Sabatinoがアルバムだして、慌てて久しぶりに澤野レーベル買いました。

>レオン・パーカーの起用にも、これでようやく納得がいきました。

そう、なかなか多彩で技ありのドラムでした。
ベース好きなので、つい、、ベースにお耳が行ってしまったりしましたが。。

トラバありがとうございました。
こちらからも、トラバしてみました。

TITLE: 3曲目でずっと待っていました
SECRET: 0
PASS:
スズックシスター、昨年から3曲目でずっとまっていました。
今年もよろしく。
どうにか体というよりか、頭が動き始めました。
この年になると新鮮な出会いがないと動けません。
年末からも楽しい出会いがあるので、何とかやっています。
では、今年も始めましょう。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/27c3b74b08d88dbeb7782357f5b28411/df

TITLE: おぉ。。
SECRET: 0
PASS:
ブラザー最中さま、、なんだか、」タイトルが福永チックだったわ。

お待ちしてます。夢の中で、、見たいな。。

>スズックシスター、昨年から3曲目でずっとまっていました。
>今年もよろしく。
すんません。
丑年なんで、ゆっくりゆっくり、、って、何時も遅れてますが。。

>どうにか体というよりか、頭が動き始めました。
>この年になると新鮮な出会いがないと動けません。

うむ。。同感。(笑)

>年末からも楽しい出会いがあるので、何とかやっています。
>では、今年も始めましょう。

今年は、わたくしはハクエイさまのライブをどこかで聴いてみたいです。
東京に行けば簡単なんでしょうが、、
新潟に来るの、待ってます。はい。急がば、、回れぇぇ。。
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/27c3b74b08d88dbeb7782357f5b28411/df
-----

TITLE: TBさせていただきますね
SECRET: 0
PASS:
あれ、今、気がついたのですが、
先日、2008年のベスト盤にTBとともにコメントいれたのが、届いていないようです。Tbはちゃんと届いているみたいだけど。
まあ、いいか。

そんなわけで、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお付き合いのほどを。

ジョバンニの新作は昨年のベスト盤でも取り上げましたが、今年も年初めからけっこう聴きまくっています。今年買った新作の中では、Terje Gewelt のトリオ盤(エンリコ・ピエラヌンツィがピアノ)が気にいています。

そうそう、例のあれ、High Five だけですが、本日郵送しました。もう少しお待ち下さいね。

先週、うちの院長が病気で倒れて、今、院内てんてこ舞い状態です。仕事量が1.5倍に増え、明日からの仕事を考えると憂鬱になります。しばらく、ブログ更新もできそうにもありません。年始早々、大変なことになってしまいました。

TITLE: 今年もよろしくお願いいたします♪
SECRET: 0
PASS:
クリスさま、こんばんは。

>あれ、今、気がついたのですが、
>先日、2008年のベスト盤にTBとともにコメントいれたのが、届いていないようです。Tbはちゃんと届いているみたいだけど。

あ。。そうなんですかぁ。。
トラバだけ、3つくらい飛んできたのでおいそがしいのかなぁ。。
と、おもってました。

>まあ、いいか。

あらぁ。。


>そんなわけで、明けましておめでとうございます。

はい。こちらこそ、よろしくお願いいたします♪

>本年もよろしくお付き合いのほどを。

はい。
しかし、、生まれたばかりの赤ちゃんだったちさと君大きくなりましたね。
時々、目を見張ってしまいます。。

>ジョバンニの新作は昨年のベスト盤でも取り上げましたが、今年も年初めからけっこう聴きまくっています。今年買った新作の中では、Terje Gewelt のトリオ盤(エンリコ・ピエラヌンツィがピアノ)が気にいています。

これは、まだ飛んできていません。
ミラバッシの次は同じラテン系で同じくらい熱いんだけど、、こうまで違うかぁ、、って、サバティーノのアルバムとりあげようかなぁ。。って。


>そうそう、例のあれ、High Five だけですが、本日郵送しました。もう少しお待ち下さいね。

きゃぁ。。。ありがとうございます!
お江戸に足をむけてねませんから。。
お礼どうしようかなぁ。。

>先週、うちの院長が病気で倒れて、今、院内てんてこ舞い状態です。仕事量が1.5倍に増え、明日からの仕事を考えると憂鬱になります。しばらく、ブログ更新もできそうにもありません。年始早々、大変なことになってしまいました。

え。。それは大変ですねぇ。。
体調の方は、もう。。いいのかしら。
三月のミラバッシのライブも羨ましいです。

ありがとうございました。

TITLE: 中古で拾ってきました
SECRET: 0
PASS:
Derek Trucksを買いにCDショップに行ったら,このアルバムが中古(新古?)でころがってました。ラッキー!

昨日料理しながら聞いただけなので,改めてよく聞いてみたいと思いますが,いい感じでしたね。記事にできるかなぁ...。

TITLE: えぇーー!!
SECRET: 0
PASS:
中年音楽狂さま、こんにちは。

>Derek Trucksを買いにCDショップに行ったら,このアルバムが中古(新古?)でころがってました。ラッキー!

それって、狡い。(爆)
Derek Trucksのアルバムみたら、随分前のアルバムでした。
新譜かぁ。。。今、手が出ない。。(イタリアもスウェーデンもあるし。。)

>昨日料理しながら聞いただけなので,改めてよく聞いてみたいと思いますが,いい感じでしたね。記事にできるかなぁ...。

ちょっと、、意外。
中年音楽狂さま的には、、結構、「クサイ」感じでない無いですか?
なんだろう。。ソース顔的な。(爆)
まぁ、、でも、中年音楽狂さまは、ラテン系ですもね。

んじゃ、またァ。。♪

TITLE: TBさせていただきます
SECRET: 0
PASS:
このアルバム、彼のピアノでけっこうバランスが取れていて、なおかつ知っている曲も多めだったので、好きな方のアルバムとなりました。

でも、個人的にはSKETCH時代の繊細さとかメッセージ性とかの強めなアルバムも好きだったりします。う~ん、記録は記録として残ってるのだから、次はどうなるんだろう、と考える方がいいのかもしれませんが。

TITLE: ありがとうございます。。。
SECRET: 0
PASS:
910さま、新潟は熱くなって来ました。

>このアルバム、彼のピアノでけっこうバランスが取れていて、なおかつ知っている曲も多めだったので、好きな方のアルバムとなりました。

と、、いうか。。工藤さまが知らない曲ってあるんでしょうか。
わたくしもこのアルバム好きです。
久しぶりにかけてみたんですが、今日は、、もう、だめぇ~、って感じで、、。
いやいや、、感情を大きく揺さぶってくるピアニストですねぇ。。

>でも、個人的にはSKETCH時代の繊細さとかメッセージ性とかの強めなアルバムも好きだったりします。う~ん、記録は記録として残ってるのだから、次はどうなるんだろう、と考える方がいいのかもしれませんが。

難しいところですよねぇ。。
ずっと同じ場所に止まってることは、ミュージシャンにとっては辛いことかもすれませんし。。
逆に、常に新しいものを求められることが、、辛い人もいるだろうし。。
わたくしは、彼らの投げかけた音楽を聴くしかないので、何とも言えないんですけどねぇ。。

こちらからも、、トラバいたしますね。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39774209

この記事へのトラックバック一覧です: Out of track / Giovanni Mirabassi Trio:

« A Time For Love/Kenny Werner Jens Sondergaard | トップページ | 1月24日(土)は、新潟ジャズストリートでっす♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ