2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« やっと。。。やっと。。やっと。 | トップページ | Homesick / Peter Vuust Quartet »

2008年4月 9日 (水)

Mare Nostrum / Fresu Galliano Landgren

春になりました…。
春の陽ざしは柔らかです。
柔らかな陽ざしに暖められた空気は、ほんわり軽い…。
甘い花の香りが、いっぱいいっぱい詰まってます。
柔らかでふんわり、甘くてほんわり、、している。
ふと、、気がゆるむと、私の心も体もほんわりしている。。。
硝子越しに眺めていた風景も、ドアを開いて爽やかな空気と一緒に感じることができる季節。
花曇り、花冷え、なんて、日もあるけど、それも乙。。(低音ならぬ低温だけどぉ。)

桜の淡いピンクは、夢多かった頃の想い出を誘い出す。
花筏で一面ピンクになった小さな用水路。
揺れる水鏡に映るは花びらを針で通してつくったもらったピンクの首飾り。
見上げた空も淡いピンク。。
風にはらはら舞う花びらも、もちろん、、淡い淡いピンク。。。ピンク。

甘い香りで満たされ、柔らかな陽ざしで暖められた乙女心にぴったりなアルバムが舞い降りてきました。
タイトルは「Mare Nostrum」
博識あるブラザー最中さまによると、ラテン語で「我らの海」。
古代ローマ人は地中海を「Mare Nostrum我らの海」と呼んだのだそうです。

15曲。4曲のぞいて、彼らのオリジナル。
Paolo Fresu3曲、Richard Galliano4曲、Jan Lundgren4曲。
哀愁と郷愁を誘う60分。。

幕開けはタイトル曲Mare Nostrum。ラングレンの哀愁あるメロディ。
遙か彼方を見つめるようなフレズの朗々としたトランペットの響きが胸を打つ。
遠く未来を見つめながらも、走馬燈のように過去が浮かび上がってくる。
Principessaはガリアーノの曲。
セーヌの辺をそぞろ歩く恋人達、パリジェンヌが口ずさみそうなお洒落な曲。
やっぱり、フレズのトランペットに◎
ミュートをかぶせて始まった曲は、ジョビンのセン ヴォッセ。。
オープンとミュートの使い分けが心憎い。
もの悲しく、切ない気分になるラングレンのThe Seagull 。

5曲目は、Que Reste-t-il De Nos Amours?
やはり、フランス的なエスプリを感じさせる曲ですよね。
A Paris...で Jacky Terrassonも弾いてました。
が、、しかし、ここで私がついひっぱりだしちゃったのが。。。
JoaoのJoao Gilbertoで身も心もとろけた為に中断すること、中断すること。。。(笑)
あ、神よ。。この声は本当にとろける。(脱線!)
ガリアーノノ解釈は、甘さの中にもほろ苦さをまぜて胸がキュンとする大人の恋。
素晴らしい。。でも、私がうっとりしちゃうのは、フレズの歌心。。
明るい春の陽ざしのようなラングレンの曲Years Ahead。
ここでものびのびと歌うフレズ節は満載。
丁々発止とは違うんだけど、互いを尊重したインタープレイに気持ちよくなってしまいます。

フレズの曲でSonia's Nightmare。沈み込むような音づかいで異次元の世界へ誘います。
不安の国の住人達の世界を垣間見る瞬間。。
ガリアーノの、Chat Pitre 。
異国の街の石畳の路地裏に迷い込んだようなタンゴ調でジプシー気分の1曲。
フレズのワルツは、思わず踊り出したくなるよう軽やかな曲。
10曲目、ラングレンノ曲は、ガリアーノのバンドネオンも印象的に静かに空間を開いて行きます。

Liberty Waltz は、ガリアーノのワルツ。ラングレンとデュオ。
パリノ街をそぞろ歩くように次々と風景が変わって行く…。
12曲目は、フレズの曲。深みのある表現のラングレンとフレズガ素晴らしい。。
ガリアーノのアレンジのラベルノ曲。森に迷い込んだようなしっとりした演奏。
ガリーアノ作、 Para Jobim 。
遊び心を感じる軽いボサノヴァ曲。明るく、爽やかにブラジルテイスト。
最後はスウェーデンのフォークソング。
フレズとラングレンノデュオ。素朴で親しみのあるメロディを二人デ紡いでいく。
伝統の持つ重みも含みながら、郷愁ある表現はさすが。。
静かに終演。

お国は違うけど、それぞれの国の哀愁を背負ってたつ三人。(笑)
三つの個性を殺すことなく、「感情のこもったよい演奏」(爆)
ジャズはジャズにとどまることもできる。
でも、他の素敵なメロディと恋して結ばれることもできる。。
情感深く、美しく、、そして、ゆったりと心の襞にしみ入る憂い。
次々と現れる風景、情景、光景、、過ぎし日の恋を語っているような一枚…。

あ、どこかの山奥に住む世捨て人、、、めろうなあなたには絶対な自信をもってお勧めいたしあす。
つべこず言わずに買うように。(爆)

1.Mare Nostrum
2.Principessa
3.Eu Nao Existo Sem Voce
4.The Seagull
5.Que Reste-t-il De Nos Amours?
6.Years Ahead
7.Sonia's Nightmare
8.Chat Pitre
9.Valzer Del Ritorno
10.Open Your Mind
11.Liberty Waltz
12.Mio Mehmet,Forse Il Destino M'Impedira Di Rivederti
13.Ma Mere L'Oye
14.Para Jobim
15.Varvindar Friska

Paolo Fresu (tp,flh)
Richard Galliano (acc,bandoneon+accordina)
Jan Lundgren (p)

さて、このアルバムは去年の六月にリリースされています。
ところが、国内での販売は規制され、何をどうにおもったのか、販売元からの日本への個人輸入も規制されてました。
そのときは、日本版でもでるのかな?って悪態ついていたのですが。。。
どうやら、そうではなかった模様。。
となると、「理由」はなんだ?って、おもうでしょ。。
誰もその理由は知りませんけどね。。

1ファンの聴きたいより、大事に優先されるものはなんでしょう?

ま、「お金」ですかしら?

これだけ、実力も人気もあるアーティスト達ですからね。。。
業界のいろいろな思惑も絡むのでしょう。。
知らぬが仏。。か??




« やっと。。。やっと。。やっと。 | トップページ | Homesick / Peter Vuust Quartet »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 春の、のたりのたりと日本海
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、こんにちは、monakaです。
このアルバム取り合わせが凄い、何でこんな組み合わせと思うアルバムでしたね。
どうゆう訳かすぐ手に入ってずいぶん前に聴きました。フレスが良いとことっていましたが、ほかはほかで上手いので評価されるという美味しいアルバムです。
>>甘い香りで満たされ、柔らかな陽ざしで暖めら  れた乙女心にぴったりなアルバム
いいですね、乙女が沢山買ってくれるとJAZZもいいように動きますが、乙女の代表頑張ってください。
つかれた3月の決算と4月の初めのごちゃごちゃをどうにか過ごした後には、一番心地良いかも知れませんね。
あらためて、聴いてみます。

TITLE: そう。。海なのね。
SECRET: 0
PASS:
ブラザー最中。。
私は、のったりのったり、湯船につかってきましたあ。。

>このアルバム取り合わせが凄い、何でこんな組み合わせと思うアルバムでしたね。
うん。
ホンと、一人一人でスターですからね。
しかし、不思議な組み合わせだと思ったのですが。。
さすが、、これだけの人たちは、ヤッパ、どんな状況でもすごいわ。

>どうゆう訳かすぐ手に入ってずいぶん前に聴きました。フレスが良いとことっていましたが、ほかはほかで上手いので評価されるという美味しいアルバムです。
はい。。
わかってますが、、フレズガ一番好きナンダモン!
依怙贔屓でっす。

>>>甘い香りで満たされ、柔らかな陽ざしで暖めら  れた乙女心にぴったりなアルバム

>いいですね、乙女が沢山買ってくれるとJAZZもいいように動きますが、乙女の代表頑張ってください。
あい。
乙女の代表で頑張ります。
少々、疲れた乙女ですけど。。

>つかれた3月の決算と4月の初めのごちゃごちゃをどうにか過ごした後には、一番心地良いかも知れませんね。
>あらためて、聴いてみます。

うん。
疲れた体にも、心にも良いです。
今、お風呂でおぼれそうになりましたぁぁ。。
ホンと、心地よいのであります。

では、またね。

TITLE: これはすんごい
SECRET: 0
PASS:
山奥のほうで世捨人をしている者です。
ガリアーノが夢枕に立ったので柿も見に、もとい、書込みに来ました。
冬枯れぽい顔ぶれですが、なかなかおドルチェな内容のようで、最近のガリアーノ率、フレス率の高いわたしを悶えさせそうです。

ふと考えると、メンバーの定禅寺参加率が66.67%なのですね。
他の二人に、「いいよー仙台」「牛タンとか食ってさー」とか言われて「うーむ」と思ったフレスがついつい今年仙台に...なんてことはないない。

TITLE: Re:Mare Nostrum / Fresu Galliano Landgren(04/09)
SECRET: 0
PASS:
山奥ですが世を捨てていないので私のことではないのは確かです(笑)

来月のCD予算で購入予定!

TITLE: リリースされてるのに聴けないのって
SECRET: 0
PASS:
すげー悔しいですよね。
個人輸入すら出来ないなんて、、、
でも、ついに聴くことができたんですね ヨカッター(´д`。)

actでちょこっと試聴したら
ピアノも好みっぽいし、バンドネオンとかアコーディオンも好きなので
(今朝も車の中で ミカ・ヴァユリネンという人のピアソラの曲を演奏してるアルバム聴いてました。)
こりゃ多分、好みであろうと けんさくくんして探してみました。
で、聴いてみてますがよかですねー(*´ω`*)
雨の木曜日、午前中はこれでうっとりと過ごしたいと思います。

TITLE: そう。。すげぇよぉ。
SECRET: 0
PASS:
メロウ野郎さま。。

>山奥のほうで世捨人をしている者です。
ぐふフ。。
自己紹介はしなくて良い。(きっぱり)

ね、ね、、すごいでしょう?
しかもネ、一年前にサイトでちょっと試聴したときはネ、
めちゃくちゃ、かっこわるかったの。
短いせいもあったけど、、、、。

>ガリアーノが夢枕に立ったので柿も見に、もとい、書込みに来ました。
あい。
結構、見え見えで叫んでみました。
だって、他にこれにときめきそうな人って、少ないモン。(爆)

>冬枯れぽい顔ぶれですが、なかなかおドルチェな内容のようで、最近のガリアーノ率、フレス率の高いわたしを悶えさせそうです。
後期ノチェットみたいな枯れ具合はフレズにはないよ。
でも、3人のハーモニー、息の合った素敵なものデス。

>ふと考えると、メンバーの定禅寺参加率が66.67%なのですね。
これネ、最初、わかんなかったんですよね。
ラングレン、ガリアーノは、定禅寺ジャズフェスニいらしているのですね。

>他の二人に、「いいよー仙台」「牛タンとか食ってさー」とか言われて「うーむ」と思ったフレスがついつい今年仙台に...なんてことはないない。
今年はないない。。
でも、来年ハわからないよ。
「イイヨーー辛味噌ラーメン」「かまぼことか食ってサーー」みたいな。
ア!!!違う、違う。
フレズはサルジニア島の出身なんです!!
やっぱ、「ホッキ飯」だろう。。。
あ、牡蠣とか。。。
なんだか、、来年は、、仙台にフレズくる気がしてきた。
そうしたら、家庭が崩壊してもジャズフェス行く。(爆)

TITLE: あ。。良いと思います。。
SECRET: 0
PASS:
longrow1967さん、ご無沙汰しておりました。
先日、上京していたのですね。

>山奥ですが世を捨てていないので私のことではないのは確かです(笑)
あい。
本当に山奥で、世を捨ててる輩ヲ若干一名知ってるんで。。

>来月のCD予算で購入予定!
これね、お店のBGMにも良いと思うよ。
まったり、長居になると思います。。
ジャズ聴かない人にもオッケイだと思います。

で、ウルフの新譜も出るのよ!!!
こっちも予算に入れておいてね。

TITLE: この恨み。。。どうしてくれよぉ。。
SECRET: 0
PASS:
ノンタンさん、、書き込みありがとう。。

リリースされてるのに聴けないのって、腹立たしかったデス。
性格悪いから、ちゃんと覚えていて、誰が原因か、、、
いつまでも、、探ってやる。
意外と、、しつこいネン。

>すげー悔しいですよね。
個人輸入すら出来ないなんて、、、
でも、ついに聴くことができたんですね ヨカッター(´д`。)

ありがとう。。。
でも、絶対、悔しさは忘れないのです。
少し、見当、、ついているんですけど。。


>actでちょこっと試聴したら
ピアノも好みっぽいし、バンドネオンとかアコーディオンも好きなので
(今朝も車の中で ミカ・ヴァユリネンという人のピアソラの曲を演奏してるアルバム聴いてました。)
こりゃ多分、好みであろうと けんさくくんして探してみました。
で、聴いてみてますがよかですねー(*´ω`*)
え??
買ったの??
すげぇ!!
ピアソラ曲ッテ、良いです。。。
メンバー買いした、daniel milleのアルバムも良かったよ。

>雨の木曜日、午前中はこれでうっとりと過ごしたいと思います。
こちらも雨でした。。
お出かけしましたが、満開の桜がかわいそうだったな。
うっとり、ゆっくり過ごせましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773972

この記事へのトラックバック一覧です: Mare Nostrum / Fresu Galliano Landgren:

« やっと。。。やっと。。やっと。 | トップページ | Homesick / Peter Vuust Quartet »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ