2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

音楽で拡がる輪

« January/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | The Cube/Tom Harrell Dado Moroni.... »

2008年2月12日 (火)

「う」は宇宙の「う」

(JAXAのHPより地球の入り)



アメリカの幻想SF作家レイ・ブラッドベリの作品に、「スは宇宙のス」という邦題の 短編集があります。
そう、勘の良い方にはすぐに分かったとおもいますが、原作は「S Is for Space」!!
本当なら、ウは宇宙のウじゃなあい?ん?
因みにこの人、「ウは宇宙船のウ (R Is for Rocket)」って、短編集もあって、その最後は「駆けまわる夏の足音」とういう短編です。。The Sound of Summer Running、、
ピント来る方いらっしゃいますよね?

『宇宙』と言う言葉の響きに憧れを抱く人は多いと思います。

地球と言うこの青い惑星が宇宙にぽっかり浮かんでいる事を知ったのがいつだか覚えてないのですが、、、
夜空を意識し始めたのは、、三つくらいの時。
かっていたうさぎが死んじゃったときかしら。。。
一日中、ぎゃーぎゃー泣いていたら、、丁度、、お月見の頃だったのねぇ。。
祖父が、夜空に大きく浮かんだ月をみせて、
「ぴょむちゃんは、(ぴょん、ぴょん、、と、言えなかったのね(爆))あそこに居る」って。
と、、しばらく、毎日夜空にお話しする可愛い子でした。(純真だったのねぇ…)
たぶん、これが夜空、、宇宙を意識した最初。こじつけかなぁ…。

兎に角(あら、うさぎ)、無限に大きいこの不思議な空間には魅力的なものがイッパイつまっているのが次々とわかって以来、私はこの果てしない空間に魅了されっぱなし。
関東平野の端っこで育った私は、冬にはいつも澄んだ綺麗な星空を眺めてました。
でも別に天体観測するわけでなく、、、妹と二人、屋根の上に登って、、空を眺めるだけ。
遊んで遅くなったかえり道に、金柑ほおばりながら、、オリオン座探したり。。
そんなこんなの私に、ご学友のJクンが、天体望遠鏡でお月様をみせてくれました。
田舎者は、このお月様にも、ちょっと、感動しちゃったものです。
父にねだって、、天体写真の本を買ってもらいました・・・。
その後も、天体観測部に入るわけでも、宇宙オタクになるわけでもなく、、
清く正しくジャズファンになってしまいましたが。。

宇宙は、一見不変のようで、実は無常なのでありまして、
この1秒、この一時、見逃すことはできないものなのであります。。
でも、私のようなぼぉっとした人間には、宇宙は不変に見えちゃうのですけど。
やっぱり、月は月。今日も太陽から太陽風が吹いてるとか。。ね?
で、去年、TVに釘付けになったのが、、日本の月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による「地球の出」です。
漆黒の闇のなかに、浮かび上がった青く輝く宝石、それが私たちが住む地球。
頭で分かっていた映像でも、もの凄く感動的で素敵で印象的で心に深く刻み込まれました。
生きていてよかった。。
そう、この映像は以前にもMusical Batonでかきましたが、私にとってはマイルスの不滅の名盤「Kind of Blue」のイメージなのです。

私にとって…
宇宙は創造の窓口であり、宇宙は空想の窓口。。未知の世界への架け橋。
一年間楽しめる本をかいました。
「星空ガイド 2008」、、A4版で1000円です。
中には写真は一枚もなく、月ごとの星空と、簡単なその月の天空のイヴェントが書かれているだけ。
でも、読んでるだけ、、いやいや、眺めてるだけで、、ワクワクしちゃうのでありました。
そこのあなたも、ご一緒にどう?
お安くお手軽な宇宙旅行が暖かいお部屋で堪能できます。



今日、こんなアルバム聴いていましたぁ。

Kind of Blue/Miles Davis
何度聴いても、何回聴いても、、いつも厳粛な気持ちになってしまいます。
音と音のはざまには、無限の空間が広がっています。
天国からみた地球、、それはどんな風にみえるのかな。
マイルスさま、、もうすぐバレンタインですけど。。Kind of Blueにしちゃいました…。




« January/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | The Cube/Tom Harrell Dado Moroni.... »

超~私的戯言、じゃれ事(なんでもあり♪)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: やめて。
SECRET: 0
PASS:
お願いだから。。
関係のない書き込み、トラックバック。。やめて。
本当に嫌になってるんだから。大嫌い。

TITLE: まいふぁにーヴぁれんたい~ん
SECRET: 0
PASS:
「ウはうな丼のウ」「スはすき焼きのス」(つっぱり・・・)ごっちゃンデス!!

萩尾もーさまネタかと思って釣られました・・
関係ないですが、「サウンドオブミュージック」見ていたら「ドレミの歌」の原詩で「La, a note to follow sew」→「ラはソの次ぎよ~」だって。
手抜きじゃん・・・

失礼しました。マイルス聴いて、寝ます。

TITLE: Re:「う」は宇宙の「う」(02/12)
SECRET: 0
PASS:
え!? パット・メセニーのあの作品のタイトルってブラッドベリの引用だったのですか?

ブラッドベリ作品って、散文詩ですよね。
「ウは宇宙のウ」は、たしか創元推理文庫だったかな?
個人的には「火星年代記」が大好きです。

TITLE: 外から地球を眺められるなんて
SECRET: 0
PASS:
科学の進歩というものはすごいですねぇ。
何年か後、すずっくさんのブログに
「宇宙船に乗って、地球を見てきましたー」
などという記事が載ったりしたらいいなぁ。
(今はまだ、超お金持ちじゃないと宇宙旅行の予約なんて入れられませんけどねw)

『宇宙は、一見不変のようで、実は無常なのでありまして、
この1秒、この一時、見逃すことはできないものなのであります。。』
宇宙の時の流れ方ってここからみるとゆっくりゆっくりに感じて、
変化を感じる事ってないけど
実は猛烈な勢いで変化してるんですよね。
(どんどん広がって、あちこちで星が生まれたり、死んだり、、、)
わたしにとっての人生というか、日々の生活も同じ。
毎日毎日変化のない繰り返しで、
昨日も明日も同じ日のように感じてしまいますが
ひとつとして同じ日はなく。
1年、3年、5年、10年、、、
気がつけばずいぶん遠くまで来たなぁと思ったり。
変化がないと思うくらい、平穏無事な日々がありがたいなぁ、、
と思うのは、年をとった証拠でしょうか(・∀・)

TITLE: よからぬ輩の対処法
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん,こんにちは。現在,フランクフルトの空港におります。これから帰りますが,最近,よからぬ輩がコメントやTBを突っ込んでいるのを拝見して,お気持ちすごくよくわかります。私も不愉快な思いをさせられましたので,致し方なくそうした運用にしています。

こんなことですずっくさんのブログの運営に支障が出るとしたら,それは大きな問題ですね。

ところで,楽天ブログにはこうしたコメント,TBをブロックする機能がないのでしょうか。私は少なくともコメント,TBは私が許可しないとアップされない仕組みにしていますが,おそらくそうした機能ぐらいは提供されているのではないでしょうか。楽天に問合せてみるのも一つの方法と思います。

TITLE: m(__)m
SECRET: 0
PASS:
ごめんなさい。
コメントにお返事あとで必ずします。
ありがとうございました。

TITLE: バはバレンタインのバ
SECRET: 0
PASS:
ガは骸骨のガさん、お返事遅れてごめんね。
>「ウはうな丼のウ」「スはすき焼きのス」(つっぱり・・・)ごっちゃンデス!!
ドはどすこいのド、ごっっちゃんでぇす。
>萩尾もーさまネタかと思って釣られました・・
おぉ、でた。萩尾ファンなんだよね。
うは宇宙船のうですね。
>関係ないですが、「サウンドオブミュージック」見ていたら「ドレミの歌」の原詩で「La, a note to follow sew」→「ラはソの次ぎよ~」だって。
おぉ、つうことは、、「うはいのつぎ」、ってのがサウンドミュージック的なのね♪
>手抜きじゃん・・・
てはつのつぎ、て、ねぇ~♪
>失礼しました。マイルス聴いて、寝ます。
おぉ、しはそのつぎねぇ~、ってしつこいね。(^^ゞ
すまん、しつこい性格なのねぇ。。

TITLE: クリスマスツリー
SECRET: 0
PASS:
moronobuさん
>え!? パット・メセニーのあの作品のタイトルってブラッドベリの引用だったのですか?
うん、マークさま、ビルフリさま、パットメセニーさま、ジョイバロンさま御一行のヤツですよね。
引用かどうか、、わからんけど、、この本結構有名だとおもうんだけど。
スニーカーの写真でてるしぃ。
しかし、久しぶりにかけちゃったけど、やっぱ、ビルフリ恐るべし!(笑)
>個人的には「火星年代記」が大好きです。
きゃぁ~~♪
好き!!私も大好き☆

TITLE: Re:「う」は宇宙の「う」
SECRET: 0
PASS:
あい。。
ノンタンさん、、、
>外から地球を眺められるなんて科学の進歩というものはすごいですねぇ。
うん、凄いの。。
でもね、、私、大きくなったら誰もが宇宙旅行できるかな?
って、おもってましたぁ。
>何年か後、すずっくさんのブログに
>「宇宙船に乗って、地球を見てきましたー」
>などという記事が載ったりしたらいいなぁ。
うん、是非、ブロガー初の体験者にぃぃ。
>わたしにとっての人生というか、日々の生活も同じ。
>毎日毎日変化のない繰り返しで、
>昨日も明日も同じ日のように感じてしまいますが
>ひとつとして同じ日はなく。
>1年、3年、5年、10年、、、
>気がつけばずいぶん遠くまで来たなぁと思ったり。
>変化がないと思うくらい、平穏無事な日々がありがたいなぁ、、
>と思うのは、年をとった証拠でしょうか(・∀・)
そうねぇ。。
自分の日常の細々したこともなのですが。。
これを言ってはおしまいですが、自分自身も地球ね大きな営みのなかでは、ただの鎖のひとこまだな。。と。ここに居る不思議に感謝しなくては。。

TITLE: おかえりなさいm(__)m
SECRET: 0
PASS:
中年音楽狂さん、お疲れさまでした。
ご心配ありがとうございました。
私ね、ブログはリアルなお付き合いと違って、見知らぬ方と気軽にお話しできるのは大きな利点だと思ってます。
だから、なるべく書き込みやとらばしやすいように、規制はかけないようにしてきましたが。。
今回は同じ輩がしつこすぎました。
私の書き込みみて、二度続けて書き込みした。。
仕方ないので、手段をこうじてみました。
掲示板もすごかったので一時的手段として、書き込みできない設定です。
コメントは特定の人が書き込みできない設定です。
とらばは、私の許可ないと表示されない設定です。
まったく、嫌になります。
ありがとうございました。

TITLE: Kind of BlueのBill Evans
SECRET: 0
PASS:
いつも楽しく読ませていただいてます。Kind of Blueは一番好きなアルバムです。Bill Evansのピアノもこれが最高と思っています。

TITLE: はじめまして。
SECRET: 0
PASS:
billevanzさま、はじめまして。
お友達のところで、コメントかかれているのは拝見させていただいてました。
ようこそ、おいでくださいました。
そして、初書き込みありがとうございます。

>いつも楽しく読ませていただいてます。Kind of Blueは一番好きなアルバムです。Bill Evansのピアノもこれが最高と思っています。

ありがとうぉ。。。
楽しいですかぁ?
よかったぁ。なんせ、野に咲く一輪のすみれ、それが、このブログのコンセプトですからぁ。。

billevanzさまの所におでかけしたら、Kind of Blueのジャケットがはりついてました。
記念ですから、今日はこれを聴いてます。
そう、、このメイキング盤、って聴いたことありますか?
これって、一発取り、、とか、、まことしやかに流れてましたよねぇ。。ちゃんと、取り直ししてましたぁ。。。
すんません、夢壊したら。。
でも、私、やはり、聴きたくて、、その時初めてブート屋?さんに手をだしましたぁ。。。
では、また♪

TITLE: Re:はじめまして。(02/12)
SECRET: 0
PASS:
コメントいただいていたの知りませんでした。しばらくブログ休んでいたのですが、年末の折、再開しています。ただ、この半年でブログの世界変わったようで、トンとヒットしなくなっていませんか?つまんないなと、「billevanz」とグーグルに入れてみて、すずっくさんのコメントに気づいた次第です。今更、ぽりぽりデスが、また、よろしくお願いします!

TITLE: あらぁ。。
SECRET: 0
PASS:
billevanzさま、、大変、お久しぶりです。

>コメントいただいていたの知りませんでした。しばらくブログ休んでいたのですが、年末の折、再開しています。ただ、この半年でブログの世界変わったようで、トンとヒットしなくなっていませんか?
げげ!
それって、わたくしのブログのことかしら。
精進いたしますです。って、前から秘密の場所なんですけどね。(笑)

>つまんないなと、「billevanz」とグーグルに入れてみて、すずっくさんのコメントに気づいた次第です。今更、ぽりぽりデスが、また、よろしくお願いします!

あ、こちらこそ、、宜しくお願いいたします。
今ほど、ちょっと覗いて見ましたが、、なんと、、タイムリーにBBBのスワロー集の記事があってびっくりしました。
今日のスウェーデンのクリスマスアルバムのニルスラングレンは今年BBBと来日してます。
行けなかったけど。。。。

コメントありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773955

この記事へのトラックバック一覧です: 「う」は宇宙の「う」:

« January/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | The Cube/Tom Harrell Dado Moroni.... »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ