2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« Emotionally Available/Eli Degibri | トップページ | Dienda/Stewy Von Wattenwyl »

2006年10月19日 (木)

Touching/Knut Riisnaes

リンク先では、Christian Jacobの新譜ペトルチアーニ集が好評です。
このトリオのピアノとベースは、デュオ出していて三枚(Duality、Interplay、Hope)とも人気です。
先日もデュオの新譜のホープを買い損なってるわ。。ペトルチアーニ集を買い損なってるわ。。
なんて、お話してて、、、
ふと、懐かしくなって、引っ張り出してきたのが、このアルバム。
熱血系のアルバムがつづいたので、妙にはまっています。
人生、めりはり、緩急、つけて、、長く生きなくちゃね。

Knut Riisnaesは、ノルウェーのサックスです。結構、ベテランらしい。
他にリーダーもってないから、よくわかりませんが。。(^_^);;
本当はRiisnaesじゃなくて、「ae」が合体した文字なんだけど、、(^_^);
北欧叙情を身につけた、、コルトレーン派とでも、、いうのでしょうか。。
クールに漂うような北欧のサックス吹きのイメージ、、、ハードボイルドで強面な感じはほとんど無く(ソロでは結構コルトレーンっぽく饒舌になったりするんですが。。)、クールな面もちの感情を抑えめのインテリジェンスたっぷりの紳士です。

で、なな~~んで、このアルバムか?っていうと、、ベースがTerje Geweltで、彼の主催するレーベルからでているのです。
ピアノはリリカルで、ロマンティシズムいっぱいのDag Arnesenです。
いやぁ~こんな所にいたのですねぇ~。すっかり、忘れてましたぁ。(^_^);
感情の露出度が少な目なサックスですが、彼らの繊細なサポートはその起伏をうまく増幅して、なかなか、叙情豊か、、で、心落ち着く一枚なのです。
静かな秋日和を過ごすお供に丁度いいかなぁ。。。って、感じなのです。

9曲中4曲は、メンバーの曲。あとは、スタンダードや、ミュージシャンの曲。
自分たち以外は、、アメリカ?って、感じですか?
一曲目の本人の曲がいかにも北欧風なメロディ。乳白色な感じ。ゆったりした叙情があり、それにあわせて方の力のぬけた脱力系の演奏。。ピアノのソフトで素敵なソロやバッキングに、アルバムの全体像がみえてくる感じ。
ピアソンのバラードYou Know I Care。ちょっと、陰鬱な雰囲気をもつ素敵なバラードを揺らぎながら語るサックスにスピード感溢れる、でも、細やかさを失わない。まるで、音符が朝の光りのベールでまとわれているいるような、、輝きがあるのです。
この甘美なマイナーバラードで、何故か、熱く燃え上がるフィンガリングにはコルトレーンが見え隠れし、内省的なピアノソロもいけてる。
で、、ぶったまげるのが、Love No.1でござった。ピアノの選曲かなぁ。。
これねぇ。。私の好きなキースジャレットの初期のラブバラードっす。
ルパンジャズみたいな、タイトルですが。。キースの「人生の二つの扉」、ってデビュー作に入ってる。神様に昇格する前のキースなので、人間っぽい感情の露出が見られる甘い歌謡曲風メロディ。Terje Geweltが、品の良いソロをとってます。ピアノは控えめ。
堅い感じにひきまくってるキースとは対照的に、テーマのメロディやタイトルから受けるイメージにインスパイアされる感じで感情を込めたサックスの演奏は好演だとおもうなぁ。
All The Things You Areは、ピアノのイントロは有名なあれではなくて、リリカルで想像豊かな美しい演奏。気付くと、おなじみのメロディがでてくるのですが、イントロの素晴らしさに負けない、ソロでした。

Dag Arnesen、Terje Gewelt 、Dag Arnesenと3曲オリジナルが続きます。
曲もいいのですが、全員でサックスを盛り上げていくバランスがいいですよね。
7曲目のベースの曲では、何故か、フリーっぽい、少し前衛的な演奏になってるのでうが不思議な感じなですが、まぁ、こんなもできますって、っことで。(^_^);
Very Early Autumnでも、メンバーの親密な感じがよくわかる感じの熱い演奏になってます。
最後、With A Song In My Heartは、軽快にドライブしながらバピッシュな演奏で幕をとじます。ほぉ~、って感じ。

サックスをあくまで真ん中に、でも、穏やかながら感情表現の巧みなピアノが素敵な一枚です。
ジャケ、、なんで、、これなんでしょう?ちょっと、不思議。
中古屋さんで無いと手にはいらないかなぁ。。?

1. Touching
2. You Know I Care
3. Angel Eyes
4. Love No.1
5. All The Things You Are
6. Mountain Rag Suite Part 3
7. The Search
8. Very Early Autumn
9. With A Song In My Heart

Knut Riisnaes (Ts)
Dag Arnesen (P)
Terje Gewelt (B)
Frank Jakobsen (Ds)

午後、、唯一のお仕事休んで、、新ソバ食べにでかける、、つもり。(^_^);



« Emotionally Available/Eli Degibri | トップページ | Dienda/Stewy Von Wattenwyl »

JAZZ(Far North )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 流して欲しい
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、こんにちは、monakaです。Terji Geweltは結構活躍していますね。記事にした http://blog.goo.ne.jp/monakasm/d/20060625  でもエンジニアしたりしています。Love No 1だけでも流して欲しいですね。ところで飛んで申し訳ないですが、Alboran Trioホーンなしの部ではぴったりだと思いますよ。記事待っています。

TITLE: うむ~~。
SECRET: 0
PASS:
monakaさん
すずっくは、わからないことがあります。
聞いていいですかぁ?

>Love No 1だけでも流して欲しいですね。
ここが、、よくわからないのですが。。
流して?弾いて欲しい、ってこと?キースに????(@_@)
つうか、Love No 1お好き?(^O^)

>ところで飛んで申し訳ないですが、Alboran Trioホーンなしの部ではぴったりだと思いますよ。記事待っています。
これね、夏の前かなぁ。。
ACTのhpででてるの見た。
ほら、ここって、ダニエルソン率高いので、たまに眺める。
でもね、その時は、予算オーバーだったし、買わなくちゃいけないの沢山あったのだ。
で、いつものように、、忘れてました。(^_^);

年末にむけて、クリスマス的特別予算なので、買おう!って思いましたが、どこも到着に時間がかかるようです。
でも、聴くものいっぱいあって、飽和状態かも。
それなのに、今朝は、再びメセニー&メルドーだぜぇ。(^_^);;

TITLE: 意味不明しすみません
SECRET: 0
PASS:
私言語組み立て関係が正常でないみたいで、すみません。意味不明でした。ただLOVE NO.1が聴きたいと言いたくて、ただAlboran Trioがいいといいたくて、失礼しました。

TITLE: Re:Touching/Knut Riisnaes(10/19)
SECRET: 0
PASS:
久しぶりに、ひっぱりだして聞きました。
このテナー、落ち着けていいですね~。
ジャケットデザインも好きです。

Terji Geweltのduoシリーズは、僕みたいなヘボベでも、やってみたい曲の宝庫ですね。
Wilderと、Little eyes、友達に採譜してもらって、たまに遊んでます。

ところで、トップページ替えましたね。いい感じです。

TITLE: こんにちは、monakaさん。
SECRET: 0
PASS:
monakaさ~ん

>私言語組み立て関係が正常でないみたいで、すみません。意味不明でした。

そ、、そんなぁ。。。
言語の組み立てが、正常でないのは、、私でーーす。
以前に、スパゲティみたいな文章だね、っていわれました。

>ただLOVE NO.1が聴きたいと言いたくて、ただAlboran Trioがいいといいたくて、失礼しました。

これねぇ、、あんまり、他で演奏してませんよね。
ほら、私って、なんか、変なもん、、妙に好きだったりするでしょ?
だから、すずっく好みって、ヤツかも~。(世間一般では相手にされない、、ってこと)
Alboran Trioどうしよう。
すげぇ~~、聴きたい気分。すぐに聴きたい気分。
週明けくらいに手に入るところ探してて、まだ、みつからないんだけど。。。
あきらめて、一週間コースにしますかね?

TITLE: 虫干しですか?(^_^);
SECRET: 0
PASS:
しぶちゃさん
反応ありがとうございま~~す。

>久しぶりに、ひっぱりだして聞きました。
おぉ、ありがとうございます。
そう、落ち着いてますよね。適当にコルトレーンはいるし。。

>Terji Geweltのduoシリーズは、僕みたいなヘボベでも、やってみたい曲の宝庫ですね。
久しぶりに聴こうかなぁ、、って、今は、ベボフェラ&ポルタだったりするのですがぁ。

>Wilderと、Little eyes、友達に採譜してもらって、たまに遊んでます。

>ところで、トップページ替えましたね。いい感じです。

本当は、、、ちゃんとした目次作るつもりでした。
面倒になって、とりあえず、、ってかんじ。
気に入ってくださいました?

管理人バトンにもかいたけど、好きなcdの事かいてるので、
二年前の記事でも遊びに来た人が気軽にコメントしてくれるといいなぁ、、
って、おもってるんです。
ブログは、ホント、流れてる行く時間が速くて速くて、、、
一週間前の記事が古く見えたりしちゃうでしょ?
なんか、アルバム可哀想な時があって。

どう?もう一段(八個)追加しちゃうと、、うるさい感じかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773511

この記事へのトラックバック一覧です: Touching/Knut Riisnaes:

« Emotionally Available/Eli Degibri | トップページ | Dienda/Stewy Von Wattenwyl »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ