2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽で拡がる輪

« Beyond The Missouri Sky (Short Stories) / Charlie Haden&Pat Metheny | トップページ | 秋、、深し、、隣は何を。。。 »

2006年10月 7日 (土)

Beyond The Wall/Kenny Garrett

私の空っぽの頭の中で、アルトとしてなかなか整理されないのが、ケニーギャレット。自他共に認める超コルトレーン信者の一人です。(^_^);
新作は、訪問した中国にインスパイアされてつりあげたアルバムは、独自のコルトレーンサウンドでした。
「え~、オリエンタルなコルトレーンさうんどぉ?お経?」
と、、、ショップサイドのいろんな文章読めば読むほど?ひけてくる雰囲気なのですが。。
ナリーさんとクリスさんの喜びぶりから、、千円代で買えたので、お取り寄せしてみたぁ。
いやぁ、、この方コルトレーンが好きとはわかっちゃいても、これはねぇ、、凄いです。
コルトレーンって、現代のサックスの中には多かれ少なかれ、影響を及ぼしてる人だと思うけど、ここまで「身体をはって」コルトレーンを好きだと叫んでる人はやはり少ない気がします。
で、凄いのはね、コルトレーンサウンドを追求してて、もろに誰でも分かる不滅のコルトレーンカルテェットその音なんだけど、アルバムはケニーギャレットの独自な世界になってる、、って感じなのです。
ちょっとやそっとのコルトレーン好きにはできないお仕事です。(きっぱり)
しかも、全曲、やけにキャッチーな曲揃い。一度聴いたら耳から離れないメロディがうじゃうじゃ、、
私など、お料理しながらながら、お洗濯干しながら「Qing Wen」のテーマ口ずさむくらいですから。
なんか、ポップなんだけど、すげぇのです。まぁ、私が唄うと、ちんどん屋並みにかっこわるいのですけど。。(^_^);
そう、コルトレーンの持ってる精神的な重さみたいなのは、実に今風になってるのだけど、そのぶんコルトレーンにたいする真摯な気持ちが「どど~~ん」とかんじられ、爽やかな重力があるのです。重たすぎず、でも、この適度な重力感なんとも気持ちいい。

全曲ケニーギャレットのオリジナル。どの曲もかっこいいよぉ。
ヴォイスやお経、民族楽器、東洋風メロディ、ってのは、もう、赤面もの寸前、つうか、顔が赤らむ寸止め状態なんだけど、すごく原始的な喜怒哀楽部分を直撃してて、めちゃくちゃ、、いけてるのですよね。

1曲目、その名もCalling 。もう、初っぱなから「どーん」と見栄を切るピアノ。コルトレーン特有のあの真っ黒な雲がもくもく湧き上がってくる、、、怪しげな雰囲気、お決まりのもったいぶった、登場シーン!なんつうか、、コルトレーン劇場のはじまりはじまり、、って、感じなのです。
この時点で、「なんだ、今時コルトレーンかよぉ」ってスイッチオフにする人は、、まぁ、、はじめから買ってないのでしょうが。。ここで、リタイヤしちゃ、、いけません。
メンバー全員、なんか、なりきり状態なのですが(特にピアノのマッコイぶり)、この繊細、耽美系のご時世に、野性的、原始的、奴太い力強さを聴くと、久しぶりに自分のなかでもメラメラしちゃうものがあります。
続くタイトル曲、疾走感ばっちりな全員でいけいけな状態。ドキドキしますねぇ。
でも、このアルバムの真髄はこれから。

優しいバラードでもはじまるかと思いきや、、えらくキャッチーなチャイニーズメロディがながれ、ヴォイスもかぶさる。Qing Wen、本当にかっこいいの。私的に奴壺。
最近、気を許すと、頭をぐるぐる、、めぐっちゃって、、困る。
Realization。お経のサンプリング(クリスさん情報だとチベット仏教の『 The Heart of Dharma 』ってアルバムからのようです)が永遠と流れる中、「Wise One」のような深く切ない世界が開けそうなサックスはこりゃ、もう、コルトレーンの深淵なるオリジナルバラードのように、さまよえる魂のような音。これが、。これが、超ミスマッチに素晴らしい。私的には、ケニーギャレットのサックスはもろにコルトレーン。下手もの風なイメージは全くない真摯な世界。
Tsunami Songこれは、綺麗な切ないチャーニーズ風のメロディです。この優しいピアノはギャレットなのです。
日本でもおなじみになってきた、「二胡」がテーマを奏でるのですが、そこにチェロ、ハープ、といった糸もの重なり、、ドラ?風の音まで入ってまるで桃源郷のような曲造りになってます。夢の中の出来事のように儚く終わる。

6曲目も、、もう、かっこいいのだなぁ。。男性のヴォイスがかぶさってます。なんでしょうねぇ。。全て準備万端で、リスナーの気持ちが盛り上がってるところで、ケニーギャレットが結構ポップな感じのそろとってます。クールな感じの7曲目、お決まり風の出だしだけどヴォイスに煽られる飛んだ世界8曲目とつづきます。Bobby Hutchersonかっこえぇぇ!

最後は、大騒ぎしめるように、、ケニーギャレットの吹きまくり。絶叫マシンになりつつも、バンド全体で完全燃焼をめざす、、つうか、、こわれちゃいませんでしたか?
ギャレットさま。
宇宙の果てまでいってしまってる感じです。。帰ってこれたのかな?

こうやって、書けば書くほど、、清く正しいジャズファンが退いていくの手に取るように。。わかる!
うむ~、このジレンマはどうしたものか。。
こりゃ、不思議な世界。
頭でどうこう考えず全身で音を浴びる感じで聴くと良いとおもうのですが、、
そう、確かに精神世界を追求しつつ、、東洋的思想にも触れようとこころみた、不思議な世界であるのです。

1. Calling
2. Beyond The Wall
3. Qing Wen
4. Realization (Marching Toward The Light)
5. Tsunami Song
6. Kiss to the Skies
7. Now
8. Gwoka
9. May Peace Be Upon Them

Kenny Garrett Arranger, Sax (Alto)
Bobby Hutcherson Vibraphone
Pharoah Sanders Sax (Tenor)
Mulgrew Miller Piano
Robert Hurst Bass
Brian Blade Drums

Ruggerio Boccato Percussion

Wang Guowel Erhu
Jonathan Handelsman Violin
Neil Humphrey Cello
Susan Jolles Harp

Nedelka Echols Vocals
他、沢山(^_^);

「信ずる者は救われる」、って、わりと簡単に使いますが、、
無宗教な私はかなり、軽い感じで。。
「神様を信じていれば、天国に行ける、常々気が楽だ。。(^_^);」
くらいに、思っていたのですが、、
宗教の「信じる」ってのは、、、
凄い世界だったのですね。。。
衝撃的なものであった。。

三連休ですよね?明日からお天気回復するといいよね。
秋の薔薇を見に行きたい。。



« Beyond The Missouri Sky (Short Stories) / Charlie Haden&Pat Metheny | トップページ | 秋、、深し、、隣は何を。。。 »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: さっそくお邪魔します
SECRET: 0
PASS:
本作はわたし的には今年のベスト10に軽く入るのですが、やっぱり好みの問題で誰が聴いても絶賛するって作品ではないですよね。
聴く人を選ぶというか何というか。
でもコルトレーンを好きな人だったらいちころだと思います(笑)

こちらからもTBさせていただきま~す。

TITLE: って言ったもののTB入りませんね
SECRET: 0
PASS:
朝に他の方にもTBしたのですが、やっぱり入ってませんでしたので、きっとgoo側の問題だと思います。
ご足労お掛けしますが下記をクリックしていただくということでm(__)m

http://blog.goo.ne.jp/narymusic/e/14d5795c014f7041bdaf34e6ed37e0e5

TITLE: え~駄目っすかね。
SECRET: 0
PASS:
naryさん

面白いとおもうけどなぁ。
でも、先鋭的なジャズ好きなひととか、足で踏んじゃいそうだな。

>本作はわたし的には今年のベスト10に軽く入るのですが、やっぱり好みの問題で誰が聴いても絶賛するって作品ではないですよね。
>聴く人を選ぶというか何というか。

むむ、、そんなもんですかねぇ。。
ちょっと、、悩んじゃうなぁ。

>でもコルトレーンを好きな人だったらいちころだと思います(笑)

と、、コルトレーン、、一途な方は。。。
逆に聴かないかもよ。。
うむ~、、、、
悪くないとおもうんだけどなぁ。。
ホント、何度聴いても面白いとおもうのですけど。
私的な奴壺は真ん中。

TITLE: かわりにぃ。。
SECRET: 0
PASS:
naryさん

Hなトラバきてましたよん。(-_-);

TITLE: トラバ,ありがとうございます。
SECRET: 0
PASS:
レス,遅れてすみません。なにしろ仕事に忙殺されております。ふ~。

相変わらず熱く,なが~いレビュー。すばらしです。こちらからもトラバさせていただいます。

TITLE: 御無沙汰しております。
SECRET: 0
PASS:
naryさんもこのアルバムは高評価でしたね。
こうレヴュー書かれてしまいますと、グロスマン信者で貧乏人の私も手に入れなきゃと考えてしまいます。
あぁこうやって、懐とは反比例して、欲しいアルバムが増えていく……。

TITLE: クリスさん、、
SECRET: 0
PASS:
猫屋敷のお嬢さん、、、
ちょっと、、凄いわ。。

>相変わらず熱く,なが~いレビュー。すばらしです。こちらからもトラバさせていただいます。
これさ、長すぎるのは自分でもわかってるんです。
素人の駄文だからねぇ。。
せめて、画面一つにおさめたい。
でも、時間がなくて、推敲しないで、、
そんまま、、書いちゃうと、、こうなるのです。
次回は、、短く!!
知性派に、、変身。。は、、無理ね。

クリスさんも横浜、、いくのですよね?

TITLE: 理事長!
SECRET: 0
PASS:
あらやクリニック理事長、ってばぁ、、、
ご無沙汰、、しすぎです。

>naryさんもこのアルバムは高評価でしたね。

これって、ヤフーつながり?
それとも、表の世界のつながり。。?

>こうレヴュー書かれてしまいますと、グロスマン信者で貧乏人の私も手に入れなきゃと考えてしまいます。

最後のぶち切れ、結構、、気持ちいいですよ。
他の曲は、ギャレット多少おさえて、アンサンブル重視かもしれない。。けど。

>あぁこうやって、懐とは反比例して、欲しいアルバムが増えていく……。
わたしも、、、
っていうか、、いいのです。
もう、、気にしないことにした。
どうせ、、先は、、短いんだから。。

TITLE: 清く正しくないジャズファンは(^^)ヽ
SECRET: 0
PASS:
そそられまくりです~!気合い入ったレビューですねえ~!ジャズ魂とアジアの変さとキャッチーなメロディ、どんなサウンドかと想像中。僕もツボに入りそうな予感がひしひしとするなあ(^_^;)
長いのかな?結構曲数あるけど。70分超えると体力使いそう。
ギャレットはトリオロジー以降のものはトレーン集とソングブックしか聴いてないけど、ちょいイマイチ感ぬぐえなくて今ノンチェックでした。気をつけてみまーす。

TITLE: そそられましたあ?
SECRET: 0
PASS:
せきぐちさ~ん、
これね、ナリーさんとも話してましたが、ツボにはまる人少ないいのかも。
コルトレーンを好き、ってだけでは、駄目かも。
コルトレーンカルテットが好きでも、そこだけに住んでる人には、??かもしれないし、先鋭的で洗練されたシャープでスタイリッシュな音楽好きな人も駄目かも。
ジャズの美味しい部分が赤面するような、大袈裟な感情表現部分にもある、って、思える人は、大丈夫だとおもうのです。
つうことで、耽美系から、フリーまでオッケイなせきぐちさんなら、気に入るかはわかりませんが楽しめるとおもいまーす。

TITLE: M(__)M 忘れてた!
SECRET: 0
PASS:
せきぐちさん

>長いのかな?結構曲数あるけど。70分超えると体力使いそう。
長いです。
76:54なんですよ。
昔のアルバムの二枚分ですね。

TITLE: トラックバックできないですぅ
SECRET: 0
PASS:
 御無沙汰様でございます。
 今年もよろしく御願い致します。
 満を持してこのアルバム、手に入れました。
 ブログにも綴りました。
 スズックさんの記事にトラックバック試みました。でもできませんでした。失敗でしゅ。
 気持ちは完全トラックバックです。
 naryさんの記事も大変勉強になりました。
 naryさんの記事からトラバは出来ませんでしたが、これは止むを得ません。
 ということで、改めて畏敬の念を表する次第でありまする。

TITLE: こちらからは、、できましたぁ。。
SECRET: 0
PASS:
あらやクリニック理事長さん、
御無沙汰でございます。
すずっく的には、このアルバム馬鹿はまりました。
たぶん、去年のベスト10にはいってしまいますです。

> ブログにも綴りました。
見た、見た。
やはり、サックス吹く人の聴き方は違うわねぇ。。
と、、ジョーヘンっていいよねぇ。。
えらく、聴きたくなってしまった。。。あのジョーヘン節って船酔いするよねぇ。。

> 気持ちは完全トラックバックです。
> naryさんの記事も大変勉強になりました。
> naryさんの記事からトラバは出来ませんでしたが、これは止むを得ません。
> ということで、改めて畏敬の念を表する次第でありまする。
この辺が。。。よく、、、わからんのですがぁ。。。
気にせず?ご~♪
こちらからは、トラバできましたよ。
ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

TITLE: イヤァ間違い間違い
SECRET: 0
PASS:
naryさんの記事にはトラックバック「できた」んです。失礼しました。
スズックさんの記事にトラックバックできるかな?再チャレンジです、さっき出来なかったので。

TITLE: あれ。
SECRET: 0
PASS:
あらやクリニック理事長さん

>スズックさんの記事にトラックバックできるかな?再チャレンジです、さっき出来なかったので。

やっぱ、駄目みたいね。
残念だなぁ。

TITLE: よっしゃ、うまくいった。
SECRET: 0
PASS:
トラックバック先のURLを自分のサイトにペーストすると、なぜかコピーしていないURLまで2つくっついてペーストされるという、理解不能のアクシデントが続いていたようです。今回その事実を発見し、余計なものを削除し、見事トラックバック成功です。

TITLE: ほぉ。。
SECRET: 0
PASS:
あらやクリニック理事長さん
ほうほう。。

>トラックバック先のURLを自分のサイトにペーストすると、なぜかコピーしていないURLまで2つくっついてペーストされるという、理解不能のアクシデントが続いていたようです。今回その事実を発見し、余計なものを削除し、見事トラックバック成功です。

みなさま。。。
とくに、ヤフーブログお使いのみなさま。。
そういう、、ことだそうです。
よろしく、お願いいたします。

あらやさま、ご苦労様でした、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773517

この記事へのトラックバック一覧です: Beyond The Wall/Kenny Garrett:

« Beyond The Missouri Sky (Short Stories) / Charlie Haden&Pat Metheny | トップページ | 秋、、深し、、隣は何を。。。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ