2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« Lochiel's Warning/Peter Asplund Quartet | トップページ | Fast Company/Uotila,Bergonzi,Calderazzo,Danielsson »

2006年7月15日 (土)

Day is Done / Brad Mehldau Trio

むしむしと湿度の高い日が続いております。。ね?
「かよわい」私が、精神的夏ばて防止に選んだアルバムは、Brad Mehldauの新作です。
リリース的には、すでに旧作なのですが(新譜がでてますが、旧メンバーでの録音だそうです)、一応今のところは新譜ですよね?ちゃうのかな?
秋に来日するのは、この新メンバーなのかな?と、ここで疑問系にしてはいけませんね。
静かなアルバムで、うっとうしい時季を息を潜めるのもいいのですが、カツの入る湿度の少ないアルバムで私的覚醒でございます。

私にとってのメルドーは、毎日聴くようなお気に入りのピアニストとはちょっと違う。上手く表現できないけど、なんとなく、心の中のみたくないものものみてしまうような、、そんな何かがある感じなので、少し、距離感があるピアニストです。
超無機質な感覚が、彼の心奥に深く広がる溝の中をのぞき込まされる感じつうか、、でも、これまた時折みせる美しさなにも惹かれて、全く嫌いにもなれないお方だったのです。
で、このアルバムと、東京ソロは、こうやって、時折トレイにのせて、そのたびに、心を引き締まる感じがなんともいえず快感になっているのです。

全10曲、丁度真ん中に彼のオリジナルがはいる形で、本当にいろんな世界の音楽から選曲してます。

最初の曲は彼が「彼らが表現している閉塞感や虚無感は、僕自身が抱えているものであるから」(クリスさんのブログから拝借m(__)m)とシンパシーを感じてる英国のロックバンドRadioheadの曲。自分で言い切るだけあって、アルバム冒頭から、哀愁あるメロディから展開されてく彼の世界は、刃物の上を素足で歩くような痛みすら感じ、、いきなり両腕をつかまれてぐぃっと、無理矢理彼の世界にひき込まれる。。
と、一転、、2曲目は、バカラックのバラードを優しく素直に弾く。まるで初めてのデートで何を話していいのかわからない青年のような、無垢で、木訥とした感じすらする。こういう体験で、女性は結婚を決意しちゃったりするんだよねぇ。。
ソロのビートルズナンバーを挟んで、Nick Drakeという人のフォークナンバーらしいのですが、ドラムのたたき出すロック感覚のビートにのって、ベースにテーマとらせ、互いに交錯しながらメルドーの世界へ引きずり込んでいき、例のメルドー印ともいう右手左手の対位法的アプローチもまじえ、上り詰めていく、このアルバムで私的にかなり好きな演奏。9分を超える演奏なのですが、これだけ何度も聴き直しちゃいたくなります。壊れそうで、壊れない、落ちそうで、落ちない、、危ない橋を渡ってるような、際のもの感も随所にあって、かなり好き。
元唄ヴァージョンは、、どんな感じなんでしょうね。。想像がつきませんです。

と、オリジナル2曲つづきます。
まずは、感情を排して、疾走感にスリルとサスペンスもとめるようなメルドーらしいオリジナル曲、と、、なな~んと、ボッサのリズムで、妙な音楽的なゆれのあるメロディのTurtle Townなんてのもあり、やっぱ、この人、ただもんじゃない気がします。

再びビートルズナンバーでは、時折、彼らしい不気味な音をまじえながらも、曲のかわいらしさを素直に?強調しつつも、ただの綺麗なワルツにならん演奏。
メルドー的、ラテンパッションを感じるクリスチークの曲を経て、サイモンの曲です。ベースソロからはじまるこの演奏も私のお気に入り。途中、がんがん上り詰めていって、パーカッシヴで暗い彼のソロがピリピリと効いて、そのあとバンドサウンドでなだれ込んで瞬間三位一体状態は、我が愛しのサイモンさまも、、まぁ、お許しくださるでしょう。。
最後を飾るのはなんと、このアルバム唯一の?ジャズスタンダード。ジュリーロンドやアニタもうたう哀愁あるマイナーなメロディが素敵な曲でしたねぇ。。
力強いタッチで、おもいっきりジャズフィーリングたっぷりな演奏でブルージィな余韻でジ・エンド。
最後にこういう曲、そして彼としたらオーソドックスな演奏をもってくるあたりも、、、やっぱ、一筋縄でいかんです。

彼と私の距離は、アルバムをかけるたびにミクロン単位だけど、確実に縮まってるきがする。
手に入れて半年以上たっても、その関係は現在進行中。。。
いつか火花がちる関係になるのかしら?

1. Knives Out
2. Alfie
3. Martha My Dear
4. Day Is Done
5. Artis
6. Turtle Town
7. She's Leaving Home
8. Granada
9. 50 Ways To Leave Your Lover
10. No Moon At All

Brad Mehldau (P)
Larry Grenadier (B)
Jeff Ballard (Ds)


新潟は朝から大雨だったり、天気が悪い。
こんな中、新潟ジャズストリートが今日明日の二日間あります。
いけそうで、、いけない、、いろんな時間との戦い。。どうなるかしら?



« Lochiel's Warning/Peter Asplund Quartet | トップページ | Fast Company/Uotila,Bergonzi,Calderazzo,Danielsson »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: トラバありがとうございました
SECRET: 0
PASS:
こちらのトラバさせていただきますね。

新潟ジャズストリートは今日明日ですか。
雨で大変そうですね。
私の方(南郷ジャズフェス)は来週土曜日。
やはり雨が心配です。
例年なら今ごろ梅雨明けしているんですけどね。

TITLE: あ、
SECRET: 0
PASS:
naryさん
即レスだわ。(^_^);

>こちらのトラバさせていただきますね。
さっそく、ありがとうございました。
南郷ジャズフェスですか。
何年か前に、アレキサンダーきましたよね。。
その時の逸話を、リンクしてる人におしえてもらいました。
今年は誰がくるんだったろう。。

>新潟ジャズストリートは今日明日ですか。
>雨で大変そうですね。
基本的に、ライブハウスでしますからね。
南郷は、野外コンサートですよね。
天気心配ですね。楽しいといいですね。
どうやら、往復の車の中での準備はばっちりみたいだわ。

TITLE: 南郷ジャズフェス
SECRET: 0
PASS:
私のところで前宣伝しています。
よろしかったらご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/narymusic/e/b9b84e366f7fa169072105bf47e7bbc8

TITLE: ジャズストリート
SECRET: 0
PASS:
いってきました♪
夕方、滝のような雨で、途中で引き換えそうかと思いましたが、行ってきました。サンダルが雨水で重いっす。
各店内は盛り上がっていて、おもしろうございました。いやー、こんなにジャズ人口がいるのか~と驚きました。各店、満員で立ち見なんですよねぇ。

デュークエリントンメモリアルとかで、演奏されていた「イン・ア・メロウトーン」が耳に残ってます。お勧めの「イン・ア・メロウトーン」なんてありますか?

TITLE: 南郷ジャズフェス
SECRET: 0
PASS:
naryさん
>私のところで前宣伝しています。
そうでしたね!

>ジョージ・コリガン・トリオ・フィーチャリング・マーク・ターナー&トニー・ラカトシュ
これ、聴きたいな、っておもったのでした。
感想楽しみにしてます!

TITLE: ジャズストリートいったんですね!
SECRET: 0
PASS:
moguさん
>いってきました♪
おぉぉ!!
昨日はそんな元気はなかったけど。。
今日の夕方に、、すこしだけ、、時間がとれれば、、
夜は、無理だなぁ。。
明日も休み、なのにね!

>各店内は盛り上がっていて、おもしろうございました。いやー、こんなにジャズ人口がいるのか~と驚きました。各店、満員で立ち見なんですよねぇ。
でしょ?でしょ?
いるんですよね。
たぶん、「さくら」はあまりいないきがします?
こういうイヴェエント、、いかなくちゃ、熱さはつたわってこないよね!
一時間でいいから行きたい。
でも、駐車場がなくなってこまってる。


>デュークエリントンメモリアルとかで、演奏されていた「イン・ア・メロウトーン」が耳に残ってます。お勧めの「イン・ア・メロウトーン」なんてありますか?
どうなんでしょ?
私、かなり偏ったききかたしてますからねぇ。。
好きなジョニースミスが弾いていてお気に入りですが、、
ものすごく、甘いトーンで女性泣かせですが、、
cdでてないとおもいます。。
他、、今はうかばないです。

TITLE: メルドー
SECRET: 0
PASS:
メルドーさんメインのアルバムは持っていなくて、「これメルドーさんのピアノだ」とはっきり判るほど詳しくなくて、でも気が付いたらメルドーさんが参加しているアルバムは数枚持っています。

どれもお気に入りで良く聴く物ばかりなんですが、バックで演奏しているときも前面に出過ぎないのに、しっかり存在感がある、、、そんな感じです。
(Kurt Rosenwinkel の DEEP SONG が好きなんですが、The Cloister や Brooklyn Sometimes の二人の演奏が・・・なんか、もう、ゾクゾクきます)

すずっくさんが Brad Mehldau のこと書いている感覚、すごくわかる感じがします。なんか無機的なんだけど一瞬ひんやりと心の繊細なところに触れてしまうような。

ボッサのリズムで、妙な音楽的なゆれのあるメロディのTurtle Townなんてのもあり

これは、凄く聴いてみたい。ボッサのリズムって、ちょっと意外。

あーまたアルバム欲しくなってしまいました。

TITLE: 駐車場
SECRET: 0
PASS:
うん、ほんとに行かなきゃわかんない。楽しかった!
今日、いけるといいですね。

もしいけるのなら、駐車場の時間余裕を見たほうがいいです。昨日は雨の中、探すの大変でした。(なにせ、セール&ジャズストリート中)

TITLE: あった!
SECRET: 0
PASS:
IN A MELLOW TONE,あったあった。(尋ねておきながらすいません)
BOHUSLAN BIG BAND
FYRA KUNGAR,EN DAMBOHUSLAN BIG BANDに入ってました!まだまだ降る降る雨を吹き飛ばすくらい心踊る演奏で、運転しながら演奏にどっぷりはまり、気がつけば後ろの車に煽られてました。反省。安全第一。

TITLE: トラバありがとうございます。
SECRET: 0
PASS:
遅ればせながら逆トラバさせていただきます。
なかなか平日は忙しく,この連休も休めたのは今日の午後だけという,相変わらず多忙な毎日です。

新潟ジャズストリートが今年も沢山の協賛が得られて,開催できたことに嬉しく思っています。
A7もフラッシュもスワンも,みんな頑張っているんですね。意外に新潟って,ジャズ人口多いかもしれませんね。

メルドーのこの「day is done」ですが,流石に最近は都内の中古店で沢山流通しているのを目にします。ちょっと寂しかったりです。中古屋に流すような陳腐なCDではないと思うのですが。

TITLE: M(__)M
SECRET: 0
PASS:
TICKさん
お返事遅くなってすいません。
連休はいかがおすごしでしたか?
薔薇雨、連休前に反応しようとおもいましたが、認証の文字?いれるところで、はねられます。

>メルドーさんメインのアルバムは持っていなくて、「これメルドーさんのピアノだ」とはっきり判るほど詳しくなくて、でも気が付いたらメルドーさんが参加しているアルバムは数枚持っています。

いやぁ、時代の寵児ですからね。
まだ、若いし、これからも楽しみな人ですよね。
この中にでてくるように、特別お気に入りで集めてわけでもないのですが、なんとなく、リーダー作、、もってます。(^_^);;

>どれもお気に入りで良く聴く物ばかりなんですが、

サイド、、カートとか、ジョシュアとか、私的ニューヨークの憂鬱、ってカテゴリーのあたりで出入りがありますよねぇ~。
こんなヤツなんで、サイドで一番聴いたのは、ブレッカーのアルバムとバーンスタインのアルバムかな?
ディープソングもカートが新譜ださないうちに!って、思いつつ、、今にいたるぅ。

>すずっくさんが Brad Mehldau のこと書いている感覚、すごくわかる感じがします。

ありがとうございま~す。メルドーって、なんか素晴らしいテクニックの事をよくとりあげられるけど、なんか、ぼっつん、ぼっつん、弾くシングルノートに心の内をみるような気がしまーーす。
そう、サイドでのバラードとか、、めちゃ、綺麗ですよね。。

>これは、凄く聴いてみたい。ボッサのリズムって、ちょっと意外。
Turtle Townってタイトルもなんだかな、なのですが、、
私はこの曲聴いてると、竜盤目竜脚類のでかい恐竜が都会の街の中を首としっぽをゆらゆらさせながら散歩?してる姿がうかんできます。。(^_^);;
つうことで、クリスさん情報では、中古も随分でてきてるって!

TITLE: あの駐車場、、
SECRET: 0
PASS:
moguさん

なくなったのは、私はかなり痛いです。
先日、、うまれてはじめて立体駐車場つうのに、、とめましたぁ。

moguさん
結局いけなかったのです。
あの日、午後、突然の雨にびしょびしょになってしまって、夕方からシャワーして着替えて、って力がなくなってしまったんですね。

>IN A MELLOW TONE,あったあった。(尋ねておきながらすいません)
いえいえ、、
そもそも、私にエリントンナンバーつうのを振る、ってのも(^_^);
と、、いいながら、実はビリーストレートホーンの曲大すきです。はい。

>BOHUSLAN BIG BAND
>FYRA KUNGAR,EN DAMBOHUSLAN BIG BANDに入ってました!
あ、そうだねぇ!お手内にあってよかったですね!!
私、車でcdに聴き入っていて、前のトラックに「ごつん」したことあります。
注意一秒、、怪我一生。。

TITLE: お忙しそうですねぇ。。
SECRET: 0
PASS:
クリスさん

お忙しいのにありがとうございます。
医師に充分な休日をとれないようにしておいて、、
今更、医療の充実とかいってもねぇ。。
どんどん、マイナー科志望の先生が増えるいっぽうですよねぇ。。。

>新潟ジャズストリートが今年も沢山の協賛が得られて,開催できたことに嬉しく思っています。

でも、私はいけなかったんですよぉ。。
こんど、新潟ジャズ喫茶めぐり、ってしてみたいな。。
でも、写真なんて恥ずかしくてとれませんねぇ。。

>A7もフラッシュもスワンも,みんな頑張っているんですね。意外に新潟って,ジャズ人口多いかもしれませんね。
地元の新聞に以前そんなことがかいてありましたよ。
クリスさんって、どのへんに住んでらしたのでしょうねぇ。。

>メルドーのこの「day is done」ですが,流石に最近は都内の中古店で沢山流通しているのを目にします。ちょっと寂しかったりです。中古屋に流すような陳腐なCDではないと思うのですが。

こうやって文章にして、クリスさんメルドー好きなんだなぁ、、ってよく分かりましたよ。
にんまりする、反応場所ってのが、「あ!」って思うところばかりだったです。好きなんですねぇ。

TITLE: Re:M(__)M(07/15)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>お返事遅くなってすいません。

とんでもありません。

>薔薇雨、連休前に反応しようとおもいましたが、認証の文字?いれるところで、はねられます。

実は自分でもよくはねられますw。認証の文字 I と l とか p と q とかわかりづらいというのはあるのですが、なかには「絶対読めねーよ!」と思えるものもあったり (^-^;)

>ディープソングもカートが新譜ださないうちに!って、思いつつ、、今にいたるぅ。

カートのディープソングは凄く聴きました。いや今でも聴きます。後は、よくきくのはジョンスコのワークスフォーミーかな、、、最初注目してなかった楽曲が、何度も聴いているうちに「お、このピアノ、素敵だ」という発見もあります。

>ありがとうございま~す。メルドーって、なんか素晴らしいテクニックの事をよくとりあげられるけど、なんか、ぼっつん、ぼっつん、弾くシングルノートに心の内をみるような気がしまーーす。
>そう、サイドでのバラードとか、、めちゃ、綺麗ですよね。。

うまく表現できないですが、メルドーさんのピアノ
「ひんやり」した感じがして、リリカルで、そのまま虚空に消えてしまいそうなフレーズに、ゾクゾクくることがあります。

>つうことで、クリスさん情報では、中古も随分でてきてるって!

週末あたり、探してみまーす。

TITLE: あ!
SECRET: 0
PASS:
TICKさん
お返事ありがとぉ。うれしい!
と、、ばたばたしてるので、お返事明日ちゃんとしますね。
ごめんんさいね。

TITLE: 不思議ですね。。
SECRET: 0
PASS:
TICKさん

昨日どうもぉ!

>実は自分でもよくはねられますw。認証の文字 I と l とか p と q とかわかりづらいというのはあるのですが、なかには「絶対読めねーよ!」と思えるものもあったり (^-^;)
う~ん、ちゃんと読めたとおもったのですが。。。
また、挑戦してみます。

>最初注目してなかった楽曲が、何度も聴いているうちに「お、このピアノ、素敵だ」という発見もあります。
あります!ありますよね~。
そう、何度も聴いてるうちに違う発見って確かにありま~す。

>「ひんやり」した感じがして、リリカルで、そのまま虚空に消えてしまいそうなフレーズに、ゾクゾクくることがあります。
彼、難しすぎて何を言いたいのか、わからないときもあったりして、すべてをうけいれられるともおもえないのですが、それが彼流の自己表現なんだからしかないんだろうな、とも、おもえてしまいます。
中古で安く手に入るといいですね。

TITLE: 僕も・・
SECRET: 0
PASS:
僕もこの作品はメルドーのアルバムの中ではすんなりはいってきてくれたものです。なんででしょうか。
選曲なんかはロック畑から、っていうのは変わってないし・・。Introducing以来久しぶりに何にも考えなくても聴ける作品でした。
最後の3曲の流れなんか最高ですね。
TBありがとうございました。僕からのTBうまくいくかな?

TITLE: こんにちは
SECRET: 0
PASS:
とっつぁんさま、イイお天気ね。

>僕もこの作品はメルドーのアルバムの中ではすんなりはいってきてくれたものです。なんででしょうか。

メルドーって、かなり技巧的なんだけど、これは聞き慣れたメロディが難解さを和らげてるからじゃないですか。
それと、メルドーの中の空虚な部分の露出が少ないつうか。。

>選曲なんかはロック畑から、っていうのは変わってないし・・。Introducing以来久しぶりに何にも考えなくても聴ける作品でした。

時々、すごく聴きたくなるんですよ。

>最後の3曲の流れなんか最高ですね。

って、今はiPodに入れてなくて聴けないんだけど。

>TBありがとうございました。僕からのTBうまくいくかな?

最近は好調です。
ばっちりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773479

この記事へのトラックバック一覧です: Day is Done / Brad Mehldau Trio:

« Lochiel's Warning/Peter Asplund Quartet | トップページ | Fast Company/Uotila,Bergonzi,Calderazzo,Danielsson »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ