2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

« ノヴァコフスキ・アンジエイさんのクリスマスのお人形 | トップページ | 初冬にもの想う。 »

2005年11月22日 (火)

My Favorite Things / Thomas Clausen

リンクしていただいてる「ジャズCD 大当たり! 大ハズレ!」って恐いブログ運営してる(嘘)南浦猫麻呂さんは、とってもまじめな清く正しいジャズのリスナーだ。。。風の噂じゃ、ペットも吹くらしい。。。
何を血迷ったのか、私とリンクしちゃってる。。。とても偉い人だ。。。
「☆二つ!」、とか叫んでるので、すげぇ、恐い人かとおもってたら、とても優しい。でも、遠目に私のイケメン好きがどのくらい本気だか、研究してる節はある。。。。(その研究の成果はまだまだ、、甘い!☆一つ!)

10日くらい前に、あ、呼ばれてるな~、って気がした。(以心伝心ね~)
デンマークのトーマスクロウセンが「イケメンか否か」、、、
私の意見をききたいらしい。。。。ん、もぉ、、誤解だってば。。。。
結論から言うと、クロウセンは「好みの顔」ではない。。
でも、1280円で仕入れたアルバムが有るのこの機会に紹介しちゃおう。。。
と、おもいましたぁ。

デンマークのピアノ弾きといえば、カールスティンダール、キャスパービヨームなんて浮かぶのでありますが、トーマスクロウセンはもうちょっと年上、ベテランなのでありました。
と、、彼のリーダーをこれ一枚しかもってないのです。
エヴァンストリビュートなどだしてる自他共に認める?エヴァンス派、っていうものらしいのですが、巷を圧巻してる透明感や北欧風、みたいな期待で買うとちょっと違うかもしれません。
わりとハードに自己主張していて、力強いタッチで少し重たい雰囲気も持ってるきがします。まじめな感じ。インテリな感じも強い。
エヴァンスの知的な部分を継承してるかな、、と、ときたま見せるエヴァンス!って感じの美しいフレーズにエヴァンスを敬愛し取り入れてるかな、っておもうけど、、、
時代は、、「透明感や耽美的、北欧風」などのピアノがあふれていますので、むしろエヴァンスを消化して自分の世界を表現していこうとしている「努力」のほうが際だっているきがします。

トリオのベースは、これまたデンマークの大御所Jesper Lundgaard。
そして、ドラムがヤコブカールソンのバンドのドラムPeter Danemo。
昔、Jesper Lundgaardを拾い集めていた時があったので、それで拾ったのと、泣けそうな曲が多いかな?って思ったんだとおもいます。
インタープレイにも期待がもてるというものだし。。

12曲中半分が彼のオリジナルではありますが、そのオリジナルもスタンダードをモチーフに作られた曲もあり、センスのいい仕上がりとなっています。
1曲目枯葉をベースにしたなかなかかわった曲からはじまります。
その後も、よく知ってるスタダードがでてきますが、いろんな意味で聴き手には新鮮感覚でたのしめるようになっています。
3連ちゃんで好きな曲が続くのですが、2曲目のCマイナーなステラも、かなりモダンなタッチでドラムも唐突にエキサイティングだったりする。
ジャズにはまるきっかけとなった、大好きな虹の彼方も、なんだか、ゴージャズでおしゃれ、今度はベースがだまっちゃいない。。世界中がレモンドロップだらけになりそうです。
悩殺3連ちゃんの最後は、マイフェヴェ。3曲の中では一番好きな演奏です。クロウセンのアドリブがぴかっとひかる一曲かと。。

どの曲も工夫やしかけが見られる、個人的にはもっとゆったりした感覚がほしいなぁ~、なんて思わないでもないのですが、聴き始めると結構はまってしまうのでありました。
8曲目には、エヴァンス派の「落としぶた」、ポールブレイにささげた陰鬱な雰囲気の曲もありなかなかいい感じです。オリジナル悪くない。つうか、ちょっと翳りのあるオリジナルの雰囲気がこの人の素顔なきがします。10曲目の暗いワルツも好きです。

ベースとドラムのお仕事もいい感じ。もともと、ルンゴーは黙っていられるタイプではないけど、
ドラムもわりと密度の高い中をセンスよく、頑張ってる。う~ん、このドラムも好き♪うん、文句なく合格。
ルンゴーは、いつものように正確な音程、かっちりしたリズム、
・・饒舌なソロと、ポイント決して外さない演奏です。

1,Leaves
2,Stella by Starlight
3,Over the Rainbow
4,My Favorite Things
5,Teqora performed
6,Jasmine performed
7,Deep in Your Heart
8,Ballad for Bley
9,Things You Are
10,Alone 2
11,If Your Are But a Dream
12,Playtime

Thomas Clausen - Piano
Jesper Lundgaard - Bass
Peter Danemo - Drums

ところで、黒猫殿、、雪国のおなごは、白いにきまってるじゃん。。




« ノヴァコフスキ・アンジエイさんのクリスマスのお人形 | トップページ | 初冬にもの想う。 »

JAZZ(Flight to Denmark)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: なるほと・・・
SECRET: 0
PASS:
イケメン度だけではなく、年齢も加味されるのかー。
先日のカーステンダールのコンサートを見て思ってんですけど、デンマーク人って、どんでもなくデカそうですよ。多分、クロウセンも・・・。
研究家として(?)お伺いしますが、デカイというのは好みに影響するんでしょうか?

それにしても1280円でゲットとはスゴイ仕入れルートですね。

TITLE: これ,僕も大好きです。
SECRET: 0
PASS:
このアルバム,そのうち記事書こうと思ってました。

トーマス・クロウゼンのあまり評判は良くないアルバムで,ブラジル物が2枚あるのですが,これが結構好きです。不思議なフワフワ感があり,夏になると聴きたくなるんですよね。決して傑作ではないですが,超個人的愛聴盤であります。

TITLE: う~~ん、、
SECRET: 0
PASS:
南浦猫麻呂さん

デンマークもバイキングの国なのではないですか?
あの人達、(バイキング子孫達)大きいよね。
で、北欧4国の一つですが、一番南だし、
やっぱ、ちょっと雰囲気違うのかもね。

殿方の好みに、体の大きさは、どうかな。歳もどうかな。
はぁと、よ、はぁと!
3人の中では顔、、やっぱ、ダールが微妙に、、好き。。
って、、また、誤解をむでしょ!!

TITLE: 超個人的。。
SECRET: 0
PASS:
クリスさん

私はこの言葉だけで、ブログやってるかも。。

>このアルバム,そのうち記事書こうと思ってました。
わ、そうなんですか。。。
クリスさん、レビューちゃんとしてるから、楽しみです。
私、もっと短く、整理整頓した文章にしたいのですが。。
こんなんでよければ、その節はとらばしてくださいね。
ヤンソンは、とらばしますね。

>決して傑作ではないですが,超個人的愛聴盤であります。
私も、基本的にそういうつもりで、ここで戯言いっています。
なんか、世間に評判いいものもあるのですが、
まったく、相手にされてないものでも、独りではまってる事が多いので、
このブログはそんなはけ口かもしれませ~ん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773186

この記事へのトラックバック一覧です: My Favorite Things / Thomas Clausen:

« ノヴァコフスキ・アンジエイさんのクリスマスのお人形 | トップページ | 初冬にもの想う。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ