2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

音楽で拡がる輪

« クリスマスにもの想う。 | トップページ | Round About Roma / Stefano Di Battista »

2005年11月 7日 (月)

Line on Love / Marty Ehrlich

アーリック(アーリッヒ?)の独特な叙情感ただよう世界が全面的に押し出されてて、基本的には美しい4ビートジャズ。叙情あふれるアルバムですね。
甘さはないけど、緊張感あふれそれでいて
いっぺんにはまってしまいました。
共演するメンバーによっては、私は頭痛くなるサックスだったりするのですが、リーダー作はぎりぎりオッケイなことがおおいです。
これも、ずいぶんよくききました。
 
作品はすべて、彼のオリジナルで、アグレッシブにアルト、バスクラを鳴らしておりますが、難解な感じは全くなく唄いまくり♪
甘さはないけど、緊張感あふれそれでいて、彼の中のアヴァンギャルドな一面とバランスを保つような美しい叙情感に満ちた一面が大アップ。
ピアノ硬質ですがすごい綺麗!この人も、私的には恐いお兄さま達との演奏が多くて手があまり伸びないのですが、、、
各ソロも聞き応えあるのですが、バンドとしてのパフォーマンスもとても高いもだとおもっています。

ティボーンの静かなピアノではじまるHymn、となずけられたバラード。
不思議なメロディをアルトで、丁寧になぞると、そこから、繰り広げられる世界は強く、はっきりとした意志のある音で、朗々と湧き上がるフレーズを重ね、天を仰ぎ、嗚咽し、一つ抜けたところで地上に舞い戻ってきます。
続く2曲目は一転して、全員でハードバピッシュにせめまくる演奏を楽しめる曲でアーリックの怒濤のブロウとドラモンドのドラミング、ケニーカークランドばりのティーボーンのピアノなどで、何度聴いてもワクワクしてくる。
バスクラで、神秘的に不思議なムードをただよわせる6曲目バラードも好き。
あ、アップテンポで最初から、アルトでアーリックがアグレッシブにメロディアスにスィングしまくり、ティーボーンが切れそうにソロをとお4曲目もお気に入りであった。。
ちょっと挑戦的な歌い出しでドラモンドとのデュオではじまる、5曲目も好きだなぁ。。ちからいっぱいテーマ吹いた後、よぉ、ってかけ声いらたくなりますです。

とにかく、どの曲一つとして、聴き手に媚びることなく、アーリックの世界をティーボーン、フォーマネク、ドラモンドが一緒につくりあげています。

1.Hymn
2.Like I Said
3.Line on Love
4.Julian's Theme
5.Turn Circle and Spin
6.Solace
7.St. Louis Summer
8.Git Go


Marty Ehrlich - As,Bcl
Craig Taborn - P
Michael Formanek  - B
Billy Drummond  -Ds

検索してたら、新譜がでてました。。。
世の中の動きにまったくついていけませんです。
誰かたすけて。。


« クリスマスにもの想う。 | トップページ | Round About Roma / Stefano Di Battista »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: アーリッ
SECRET: 0
PASS:
ヒでしょうね、やっぱり。
確かドイツ系スイス人なんでしたっけ?
はっきりしたデータ忘れちゃいましたが・・・・。
彼はエンヤ・レーベルから意欲作をたくさん出していますよね。
ピーター・アースキンとのコードレストリオもありました。
フォーマネクとは結構共演しているみたいですよ。
ところで、アンナ・マリア・ヨペク、HMVで調べたらまた新譜出てるみたいですね。
ポーランドジャズも知らない内にどんどん新作出るので、もうフォロウし切れない・・・。
誰かたすけて。。です(笑)
失礼します。

TITLE: 毎度、ありがとうございま~す。
SECRET: 0
PASS:
オラシオさん

>ヒでしょうね、やっぱり。
わ、アーリッヒですか。。m(__)m
でもって、スイスの方なのですかぁぁ。。。m(__)m

>彼はエンヤ・レーベルから意欲作をたくさん出していますよね。

そうなんですよぉぉ。よそさまでは結構尖ってるイメージのアルバム多いのですが、これはとっても私向け。
私、恐いの嫌いだもん。

>ところで、アンナ・マリア・ヨペク、HMVで調べたらまた新譜出てるみたいですね。
え!!!!また??
すずっくのところには、ヨペク?さまのクリスマスきました。
楽しく聴かせていただきましたが。。。知らない曲ばかりだったぞな。。。もし。。

>ポーランドジャズも知らない内にどんどん新作出るので、もうフォロウし切れない・・・。

最近、なんだか、駄目なんです。
なんか、心にハードルできちゃっていて。。。
ハードルを前に、柔軟体操中、、って感じ??
そのまま、リタイヤしないように、このアルバム書き込んでみました。
コメントありがとうございました。
あ、、新しい企画も、進行中ですよね!

TITLE: アーリッヒでしたか
SECRET: 0
PASS:
まあどっちでもいいんですけど。
私このジャケットどこかで見たような気がしていたのですが、すずっくさんの所だったのですね。
墨で書いたのでしょうが日本人なのに意味分かりません(苦笑)

それはさて置き、音楽は感性のものなので人それぞれ好き嫌いが出てきて当然だと思いますよ。
気にせずどんどんTBお願いします。
こちらからもTBさせてもらいますね。

PS アーティチョークさんと3ヶ月ぶり(?)にやりとり出来て良かったですね。(^^)

TITLE: ええと、
SECRET: 0
PASS:
naryさん
まじで、☆が3つくらいなアルバムより、感激しております。はい。

>墨で書いたのでしょうが日本人なのに意味分かりません(苦笑)
これはね、「愛」「LOVE」を一筆書きにしたものですよ。

嘘。

>PS アーティチョークさんと3ヶ月ぶり(?)にやりとり出来て良かったですね。(^^)
うん、よかったです。
なんか、すっきりしました。
これも、ナリーさんのおかげなので、コンドレッリをトラバして、、感謝します。
どっか~~ん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773193

この記事へのトラックバック一覧です: Line on Love / Marty Ehrlich:

« クリスマスにもの想う。 | トップページ | Round About Roma / Stefano Di Battista »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ