2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« 初冬にもの想う。 | トップページ | A Charlie Brown Christmas / Vince Guaraldi »

2005年11月29日 (火)

Distant Star/Bill Charlap

ビルチャーラップ。音楽一家にそだった、アメリカのピアニスト。
以前に、ジーンバートンシーニとの船上ライブがお気に入りだぁ、
って書きました。

結構沢山アルバム出していて、とても全部追いかけられないのですが、
なんとなく、「自分で」美味しそうなところを聴いています。
ジョンゴードンとのデュオや、マイケルムーアとのデュオなども超大好きなので、もっと寒くなったら、まったり、おコタで、、って感じで書くかもしれないけど、、
今日は、おぉぉ、って、かっこいいいヤツ、一枚。

クリスクロスで三枚だしたうちの、一枚。
クリスクロスの作品は、他の二枚も結構好きです。
三枚ともベース、ドラムがちがう組み合わせだけど、ベースの好みは私と一緒だぁ。
これが、シーンスミス、あと、ピーターワシントン、スコットコリー。
みんな、ベース好きです。
このアルバムはドラムがビル様、ビルスチュワートでございますから、
私的に三種の神器がそろったような、アルバムでございます。
「これが、わりぃわけないだろ」って、思っていたら、意外と世間の評判は良くない。ここで、また、悩む。が、、いろいろ、見ていたら、、
それって、ヴィーナスレーベルのせいの気もする。
あれで、ファンになった人には、スタンダードもすくないし、別人のように感じるのかも。。。
私も星降る夜?だっけ?聴いたときは、別人かと、、おもいましたが。。(^_^);

ミュージシャンにだって、いろんな「都合」もあるし、いろいろやりたいこともあるって、わけです。自分のオリジナルだって、録音したいでしょ。
そして、もっと大事なことは、いろんなリスナーがいるってことです。
でも、いろんあリスナーにあわせてると、自分はなくなっていくよね。きっと。
そのへんは、難しいのかもしれませんね。

げげ、また、前置きが長くなっている。。まずい。

彼、最近、本国でも、日本でも人気があるようです。
もう、それはメチャ、タイトなピアノでして、
そのリズム感とううか、そこにその音をおくって、タイミングが凄い、としかいいようがないです。
クリアの音と、3人のインタープレイを満喫できる一枚です。

一曲目ジョンゴードンの不思議なメロディから始まる。
ベースとドラムが加わった瞬間から、イケテル予感。
ちょっと、不気味な雰囲気で、一気に罠にはまってしまう、私であった。
実にクールで繊細。ピアノ、ベース、ドラム、みんないいで~す。
3人とも、すべて決まる。すごい、集中力。
シーンスミス、、かっこいい、、
2曲目、3曲目は、有名なスタンダードが続く、チャーラップの流れるようなメロディライン(ほんと綺麗、ミストーンがほとんど無い)で、スタンダード2曲実に良いしあがり。ビルは長いソロの間も、バックにまわったときも、実に美しい。
2曲あるスタンダード、ただ、歌心だけですませない。歌心の持ち主は、バラードも澄みきった音で、しっとりとした、内省的な演奏を完璧にこなす。
スローテンポでも、絶対ルーズな感じにならず、3人で見事に抒情的な世界をつくりあげていきます。嘘みたいに、濁りのまったく無いピアノ。
5曲目、8曲目は、ビルのオリジナルです。どちらも、短いけれど、緊張度が高く、マイナー曲調と3人のハイテンションなインプロゼーションが絶妙。
どんどん、湧き上がってくる、フレーズ。
しかし、ビルって、お星さまが好きなのでしょうか?
6曲目ジムホールの曲もいいなぁ~。ソフトな感じで、仕上げてますが、静かに語るその口調によどみがく、お見事です。
7曲目シーンスミスの曲、う~ん、、これって、聴いたことある感じの曲。
ここまで、でてくるけど、、曲名が。。。う~ん。。
作曲者当人はもちろんですが、ドラム、サクサク、もう、惚れ惚れ。
最後は静かにゆったりと余韻を残す演奏でしめます。

いいじゃーーーん。

1,Along the Way
2,While We're Young
3,Last Night When We Were Young
4,Here I'll Stay
5,Distant Star
6,Bon Ami
7,'39 World's Fair
8,Starlight
9,The Heather on the Hill

Bill Charlap (P)
Sean Smith (B)
Bill Stewart (Ds)



« 初冬にもの想う。 | トップページ | A Charlie Brown Christmas / Vince Guaraldi »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: チャーラップは
SECRET: 0
PASS:
クリス盤のほうがモダンな感じで好きなわたくしでした。
最近はどうもスタンダードしすぎでね。

TITLE: Re:Distant Star/Bill Charlap(11/29)
SECRET: 0
PASS:
チャーラップはこれがおすすめですか?

そういや、昨日、HMVでキューンとラファロとピート・ラロカのトリオの1960年、スタジオ・プライベート録音が出ていました。

キューンは若すぎて粗くエヴァンスの影響大、でもラファロのファンは必聴かも?

1.Little Old Lady
2.Bohemia After Dark
3.What's New
4.So What
5.So What(Alternate take)

TITLE: 面白いよね。
SECRET: 0
PASS:
naryさん
ナリーさんおチャーラップの記事にとらばってもいいでか。
なんか、古すぎる?

>クリス盤のほうがモダンな感じで好きなわたくしでした。
いいですよね。
なんか、気に入っていろんなの集めました。
最近、ちょっと、ご無沙汰したます。
ヨーロッパなんとかトリオも好きです。

>最近はどうもスタンダードしすぎでね。
スタンダード好きなんですよ。
でも、バランスってものもありますよね。
今度は、ナリーさんが聴きそうにないビルチャーラップいってみたいとおもいまーす。

TITLE: 私は好き。
SECRET: 0
PASS:
longrow1967jpさん
でも、嫌いって、書いてるひともいたから、、、
聴けば、わかる。すごい、かっこいい、、っておもうんだけど。。

>そういや、昨日、HMVでキューンとラファロとピート・ラロカのトリオの1960年、スタジオ・プライベート録音が出ていました。
これ、、しってます。
欲しいのです。
キューンっていうより、ラファロとラロッカ、、
この年代なら、、この二人で聴いてみたい。。
って、、私はおもいました。

TITLE: European Jazz Piano Trio !
SECRET: 0
PASS:
ですね。
私はこれが一番好きかな。
チャーラップは好きなピアノだけど、最近のブルーノート盤は全く買ってないなぁ。
でも先週の土曜にジョン・ゴードンとのDuo盤をやっと入手。
マイケル・ムーアとやっているやつは、未だ発掘できず。
のんびり探します。

TITLE: 1960
SECRET: 0
PASS:
チャーラップの事ではないのですが,キューンの「1960」の話題が出たので,ちょっと失礼します。

先日,これ買いました。キューンが必至になってエバンスを真似ているのが伝わってくる快作だとおもいましたよ。ラファロはきちんと4つビートを刻んでいて,エバンスとの演奏を期待するとちょっと拍子抜けかな。でもまああの演奏です。録音は良いけど,録音時間が短めで,今のCDに慣れてしまった耳には「え,もう終わっちゃたの?」といった印象です。

愛聴盤になるかどうかは,ちょい,疑問かな。

TITLE: TBかまいませんよ
SECRET: 0
PASS:
こちらからもしておきますのでよろしくお願いしま~す。

TITLE: うまくいかないな。。
SECRET: 0
PASS:
黒門町さん
ブログクリスマス仕様にしたいんだけど、
なかなか、色があわない。。
結局、前のまま・・・

European Jazz Piano Trio
それそれ!
これ、いいよね。選曲もいいです。

>でも先週の土曜にジョン・ゴードンとのDuo盤をやっと入手。
わ!それは、感想がたのしみですね。
そりゃ、まったりしまっせ。

>マイケル・ムーアとやっているやつは、未だ発掘できず。
ムーアのアルバムも好きです。
写真の通りの優雅、エレガントなベースでした。
綺麗な音ですよね。

ヤンソン、例のホールにいくんですよね?
>ですね。
>私はこれが一番好きかな。
>チャーラップは好きなピアノだけど、最近のブルーノート盤は全く買ってないなぁ。
>でも先週の土曜にジョン・ゴードンとのDuo盤をやっと入手。
>マイケル・ムーアとやっているやつは、未だ発掘できず。
>のんびり探します。
-----

TITLE: 45年前ですねぇ・・
SECRET: 0
PASS:
クリスさん
今のタイヤなら、ラファロ生きてたかしら。

ちょっと、、私も違う事わすれないうちに。
http://diskunion.net/jazz/news_detail.php?news_id=1& ;uniq_id=994yyyymm=2005-11
これは、知ってました?
日曜日の昼下がりでは、お子さんと奥様のこして出かけにくいかもしれないけど。


>先日,これ買いました。キューンが必至になってエバンスを真似ているのが伝わってくる快作だとおもいましたよ。
キューン、、本人が嫌がってる?ECMの始めの事の作品とか好きなんだけど。。
聴いてみたいとおもいつつ、実際お金出す段階では躊躇してしまったのであった。

>愛聴盤になるかどうかは,ちょい,疑問かな。
了解!
高値でかいとりまっせ。
ユニオン値段に色つけますです。はい。

TITLE: と、、いうことで、
SECRET: 0
PASS:
naryさん
いきなりとらばっておきました。M(__)M
あとから、コメントいれます。

TITLE: チャーラップ好きです!
SECRET: 0
PASS:
が、これはもってません。
僕もビル・スチュアート様の大ファンなので、
これは買わねば! と思います。

チャーラップは日本とアメリカで出している
アルバムの感じが全然違うのがおもしろいですね。

ブルーノート盤では、変なゲストとか入れないで、
トリオで思う存分きかせてくれ! って思います。
(その意味でSomewhereが良かった)
一方、ヴィーナスの日本盤では、スローな曲
ばっかりじゃなくて、熱く盛り上がる曲も
取り上げて欲しい!って思います。
ファンって勝手ですね^^。

TITLE: オーディオのことは、、
SECRET: 0
PASS:
jazzaudiofanさん

よくわかりませんが、、
すごく、クリアな生感覚があるきがします。
って、、わかりませんよね~♪

>ビル・スチュアート様の大ファンなので、
おぉぉ!!一緒!
あのね、ジャズシティのクリスマスコンピ!
これ、ビルがドラムで沢山でてきます。

>これは買わねば! と思います。
ご縁があったら、どうぞ!

>チャーラップは日本とアメリカで出している
>アルバムの感じが全然違うのがおもしろいですね。
きっと、いろんな事情があるのでしょうね。。
そうなんですよね。。
ファンはいろいろ思うことがあります。
人それぞれに。。。
ほんと、勝手な言い分かもしれません。

文句の裏返しは、、、応援歌、、なんですけどね。
ブログ、クリスマスいっぱいならびましたね。
ここでも、紹介したいものばかりです。。感激!
明日から、、12月です。。。

TITLE: Re:ジャズシティ
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>あのね、ジャズシティのクリスマスコンピ!
>これ、ビルがドラムで沢山でてきます。

コレは知りませんでした。
日本でしか手に入らなそうですが、欲しいです!
メンツが凄い・・・^^。

TITLE: あ、、そうかぁ。。
SECRET: 0
PASS:
jazzaudiofanさん

これって、日本盤なのですね。
そう、、とらばしましたが、、すいません、コメント明日いきますね。m(__)m

TITLE: ピーター・ワシントン
SECRET: 0
PASS:
こんにちは
「mirukoの時間」ココログのakeminです。
ピーター・ワシントン(b)、ケニー・ワシントン(ds)、について書いています。よろしかったら見に来てください!
http://blog.livedoor.jp/miruko1/archives/cat_10003770.html

TITLE: はじめまして。
SECRET: 0
PASS:
akeminさん
コメントありがとうございます。

>「mirukoの時間」ココログのakeminです。
すごい!初心者って、ご謙遜なぁ~♪
しかし、いいですね。沢山ライブかよえて。

>ピーター・ワシントン(b)、ケニー・ワシントン(ds)、について書いています。よろしかったら見に来てください!
見せていただきました。
丁寧な文章と、レポート。。また、遊びにいきますね。
クリスマス特集してますから、また、みてね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773184

この記事へのトラックバック一覧です: Distant Star/Bill Charlap:

« 初冬にもの想う。 | トップページ | A Charlie Brown Christmas / Vince Guaraldi »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ