2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« とっても、驚いたこと。 | トップページ | 月にもの想う。 »

2005年10月15日 (土)

Organ Grooves / Vito Di Modugno

2年?くらい前に、毎日はまっていたアルバム。
イタリアンによる、ファンキーなオルガンジャズ!
ファンキー&グルーヴィは保証しますが、
・・・どっぷりコテコテでないのですねぇ。
アメリカにだって、白人のオルガニストは沢山いますが、
これは、文化の違いとしか、いいようがないのかもしれません。
リーダーがブルーノートを非常に意識してるのは、
選曲やジャケットから伝わってきます。
つうことで、コピペしてきた、作曲者のこしておきますです。

ここで、注目はペットのボッソでしょう!
リーダー作等より、ハードにブロウして、すべての演奏でハイテンション!
とにかく、あきれるほどかっこいい!すさまじい!
もともと、ギターのジッベリーニがからんでいたので探し出したアルバムです。
当然彼の演奏も◎。実に的確なサポート、ソロでほれぼれします。上手い!
リーダーまた出さないかなぁ。
フェニーメンってえ、素敵なアルバムがおきにいりです。

おまけに、余興のように参加してる、
父(たぶん)のアコーディオンも素晴らしい。
う~ん、こういうセンスが身体に自然にはいってるので、
ダンディで、スマートな印象になるのかも。

心からうきうき楽しくなってくる、真冬の必需品。
・・・汗かきながらの真夏ももちろんお奨め!
花咲く春にも、
そして、人肌恋しい、秋にもぴったり♪

調子にのりすぎ。。

1 Backup (Larry Young)
2 Bernie's tune (Bernie Miller)
3 The Cat (Lalo Schifrin)
4 ESP (Duke Pearson)
5 Tres jolie (Vito Di Modugno)
6 Bye bye Blackbird (Ray Henderson)
7 Red mood (Vito Di Modugno)
8 Nick waltz (Vito Di Modugno)
9 Les grelots (Eddy Louiss)
10 I mean you (Thelonious Monk)
11 Don't get around much anymore (Duke Ellington)
12 Little Frank (Vito Di Modugno)
13 Out of the night (Joe Henderson)

Vito Di Modugno - Hammond Organ
Sandro Gibellini - G
Massimo Manzi - Ds
Stefano D'Anna - Ts
Fabrizio Bosso - Tp
#3,9
Pino Di Modugno - accordion 




« とっても、驚いたこと。 | トップページ | 月にもの想う。 »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773173

この記事へのトラックバック一覧です: Organ Grooves / Vito Di Modugno:

« とっても、驚いたこと。 | トップページ | 月にもの想う。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ