2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« むくどり通信 / 池澤夏樹 | トップページ | One Quiet Night / Pat Metheny »

2005年9月17日 (土)

We'll Be Together Again/ Pat Martino

秋風が吹いて、聴きたくなったアルバムなのですが、なぜかジャケットの中にcdが入って無くて、探しまくっていました。見つかった。。。
静寂と言うの空間に、月光が漂うようなアルバムなのですが、、、昼間でもいいや。

誰もが知ってる、常に哲学してる硬派のギターリストの再登場です。
ギルゴールドスタインのエレピとのデュオです。
1曲、三部構成になってるギルゴールドスタインの曲をのぞくと、素敵なスタンダードをあのパットマルティーノがぁ??って、空間漂い系の演奏がつづきます。
時たま、手癖のように速いフレーズもみられますが、基本的にはぼつぼつ、、と、、ギルのエレピとお互いを確かめ合うような演奏。
そう、「間」、誰が聴いてもこの言葉を思い浮かべる、演奏なのです。
演奏の際に、実際にきこえる音と同じようにきこえない音?っていうようなものが詰まったアルバムなのです。音で埋めることでえられる快感とは無縁のアルバムですね。
と、いっても、あの硬質な音の感じはそのままで、ストイックに向き合う姿もそのままです。極太なサウンドが堪能できます。すげぇ、かっこいいと思う。
でも、こういう人と結婚すると、苦労するだろうなぁ。。。
76年の演奏で、ちょっと、演奏に間のあいたすぐ後の作品で、なんと、イグジットとほとんど同時期の作品なんでよね。

彼らの意識は内側にむけて広がっています。
外にある無限の世界と同じくらい深く果てしない内側の世界。
親密にして、互いの意識と無意識を探り合う抒情の世界。
演奏者と聴き手をうちなる部分で、つなげる不思議な世界なのです。
音は耳から入ってきても、自分の中の人しれない部分と共鳴するアルバム。
秋の夜にぴったりな一枚です。そして、独りで聴くのが最高かと。。

1. Open Road
  Olee/Variations and Song/Open Road
2. Lament
3. We'll Be Together Again
4. You Don't Know What Love Is
5. Dreamsville
6. Send in the Clowns
7. Willow Weep for Me

Pat Martino Guitar
Gil Goldstein Electric Piano





« むくどり通信 / 池澤夏樹 | トップページ | One Quiet Night / Pat Metheny »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 私も大のお気に入り
SECRET: 0
PASS:
こんにちわ。うちのはLP盤(笑)ですが、大のお気に入りです。素晴らしいですよね。今から聴こかいな。

TITLE: LPですか。。
SECRET: 0
PASS:
ケルンコンサートさん
お久しぶりです。おげんきでした?
LPですか、、CDなんですが、写真探すの大変でした。
自分のとちがうんです。
風景写真でした。ケルンコンサートさんのこれといっしょ?

TITLE: Re:LPですか。。(09/17)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>自分のとちがうんです。
>風景写真でした。ケルンコンサートさんのこれといっしょ?

この写真です。私のLPは。あれから、聴こうと思って探したけど見つかりませんでした・・・。確かMuseレーベルだったと思います。

TITLE: このジャケット。。。
SECRET: 0
PASS:
ケルンコンサートさん
ええと、私のもこれといっしょね。
すごく、ぴったりですよね。
なんか、今でてるジャケット自分はピントこないです。

>この写真です。私のLPは。あれから、聴こうと思って探したけど見つかりませんでした・・・。確かMuseレーベルだったと思います。
そう、聴こうと思ったときに見つからないと、絶望的な気分になる私です。
どう?みつかった?

聴きたいアルバム見つからなくて、
探しまくってると、こうやって私の人生は過ぎ去っていくのだぁ。。
と、思ってしまうのでありました。(^_^);

TITLE: Re:このジャケット。。。(09/17)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

どう?みつかった?

見つかりません。涙。

>探しまくってると、こうやって私の人生は過ぎ去っていくのだぁ。。
>と、思ってしまうのでありました。(^_^);

それもまた人生  とでもコメントしておきましょうか。ごめんなさい。

TITLE: 記憶
SECRET: 0
PASS:
ケルンコンサートさん

最近、記憶、ってものにとらわれてます。
パットマルティーノって、記憶を失ってしまった時期がありますよね。
自分のアルバム聴いて、再生をはかるんですが、
考えたら、記憶の無い恐怖って、凄いのだろなぁ。。
って、こわくなりました。

>それもまた人生  とでもコメントしておきましょうか。ごめんなさい。
?ごめんなさい、がよくわからないけど、、、
記憶の事考えると、どっぷり、はまってしまうので、これでお終い。

TITLE: Re:記憶(09/17)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>?ごめんなさい、がよくわからないけど、、、

何か茶化したような書き方だったので・・・。
ところで、Guiterといえば、ジミーレイニーはお聴きでしょうか。30年ほど前にアランドンソン(ds)と組んだトリオのLP(笑)はお奨めです。タイトルは確かmomentum。

TITLE: これは、LPです。
SECRET: 0
PASS:
ケルンコンサートさん
そんなに気をつかわなくていいのですよ。
優しいのですね。
あ、わらったぁ。
私も中古だけど、LPでもってまーす。CDでてるの?
探したとき、CD無かった気がする。
渋い、ニューヨークの秋やってましたね。聴きたくなってきました。
美しいメロディにたいする取り組みが、洗練された彼らしさ、をものがっててます。
ビンにはいってるんだよね
一見色彩とか、、構図とか、、綺麗そうだけど、、
よくみると、、この趣味は。。。うむ~。

私、The Influenceも好きですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773331

この記事へのトラックバック一覧です: We'll Be Together Again/ Pat Martino:

« むくどり通信 / 池澤夏樹 | トップページ | One Quiet Night / Pat Metheny »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ