2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« TEMENOS / Lars Jansson ・ Bohuslan Big Band featuring Paolo Fresu | トップページ | はじめてのJAZZ。 »

2005年5月 9日 (月)

our standars / Joey Calderazzo Lars Dannielsson Jacek Kochan

ワルシャワでのスタジオ録音です。一応、3人の名義なのじゃないかなぁ。。
オラシオさんから、ふられて、(ドラムがポーランドの人です)うむ~、って迷ったのですが、迷った理由は簡単です。
どうだ、これをどうしても聴いてくれ!!
って盤でも、、、ないかも、って感じなのですね。
うん、どうもドラマー以外は知らない内に?アルバムとなちゃったようです。
前にそうに聞いたきがするのですが、今、確かめてないので違ったらごめんなさい。
確かに全体としては散漫な感じは、あるんだけど。。
ただ、アルバム的な完成度は低いかもしれないけど、聴かせ所がないわけではないともいます。私は、結構思い出したようにきくのです。おもしろいもん。

私が持ってるのは、当然!ダニエルソンが居るから、(追っかけですから)そして、イタリアの伊達男、ジョーイ・カルディラッツォが居るから。
Calderazzoは、私の好きなイタリアのピアニストらしく、情熱の嵐と哀愁のささやきの両方を持ち合わせてるので、なかなかお気に入りなのです。
躍動感も、メリハリもあり、その演奏は単純のようで複雑。
ブレッカーのところで演奏したりしてるので、知ってる人は多いですよね。
そのジョーイやダニエルソンが実に、のびのびと演奏してるきがします。
人はそれを好き勝手、ともいうかもしれない。。。m(__)m

オリジナルの曲は、フリーって言うより、スタジオでミュージシャン達が戯れちゃってる時の音楽に題名つけたか?みたいな感じが無くは無い。。。
でも、Our Standardsと名付けられた曲などはそれぞれの奔放な自己主張が反発しながら、いわゆる結果とならない結果を向かえていくおもしろさに、一発勝負のスリリングな感じが楽しめたりする。
スタンダードにおいても、Calderazzoらしい暴れぶりも堪能できたりするし、
黒い瞳をうるうるさせた、耳元でのささやきもたのしめたりする。
Where Is My Duck?のダニエルソンのソロを前フリのようにいきなり怒濤のFootprints に突入したり、自由な形で演奏に望んでるのがファンとしてはうれしかったりする。
そして、My Shinning Hourのダニエルソンのソロも素敵だから、
それだけでもう良いとおもったりしちゃうアルバムなのでした。。。。
最後の三拍子?のStella by Starlightもいけてたりする。。。

ん?これじゃ、誰も聴こうとおもわないかな。。ま、独り言ってことで。

1. Prenatal Air
2. Where Is My Duck?
3. Footprints
4. Our Standards
5. There Is No Greater Love
6. We Also Like Big Womem
7. My Shinning Hour
8. Wake Up Call
9. Stella by Starlight

Joey Calderazzo (p)
Lars Danielsson (b)
Jacek Kochan (ds)



« TEMENOS / Lars Jansson ・ Bohuslan Big Band featuring Paolo Fresu | トップページ | はじめてのJAZZ。 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

TITLE: おうっ!
SECRET: 0
PASS:
いや、実はこれ聴いたことはないんで・・・・・。
データだけ知ってたので一応書いてみたんですが、さすがSuzuckさん、当然チェック済みですか。
内容あんまり良くないみたいですね。
コハンのドラムはアクが強いので、そこらへんも厳しいのかも知れません。
私は、完成度が低くても無性に何回も聴きたくなるアルバムのことを「スルメアルバム」と呼んでいます。
そういえば3拍子のステラって、ハービーの『トリオ'77』というアルバムでロンとトニーとやってます。
それもなかなかいいですよ!
失礼します。

TITLE: わっ!
SECRET: 0
PASS:
オラシオさん

>データだけ知ってたので一応書いてみたんですが、
ここが凄いです。
情報収集力、すごいですよね。

>内容あんまり良くないみたいですね。
と、言い切ってるわけではないのですけど、、、
私としたら、これがダニエルソンやジョーイを聴く一枚かぁ、って
おもわれちゃうとなぁ。。。なんて、思いながら書いちゃったので、なんか、変な紹介になりましたね。
煮え切らない日記だったね。

>私は、完成度が低くても無性に何回も聴きたくなるアルバムのことを「スルメアルバム」と呼んでいます。
うん、私は完成度高いアルバムでもスルメ、ってある。
すごく、いいアルバムでも、何故かそういう時もあるんです。

TITLE: Re:our standars / Joey Calderazzo Lars Dannielsson Jacek Kochan(05/09)
SECRET: 0
PASS:
このピアノ・トリオも要チェックですね。

Bエヴァンス、Oピーターソン、Hハンコック、Kジャレット、Bメルドーと同時に追いかけてきて、今のところ時間も財布も一杯一杯なのですが、飽きてきたらすずっくさんが紹介してくださったこういうものにも手を出したいです。

そういえばN市の巷ではチック・コリア来日公演の話で盛り上がっていますよ。今回はアコースティク・バンドかしら?(行けませんが・・・)

TITLE: Joey Calderazzo
SECRET: 0
PASS:
longrow1967jpさん
良いピアノですよん。
>このピアノ・トリオも要チェックですね。

>Bエヴァンス、Oピーターソン、Hハンコック、Kジャレット、Bメルドーと同時に追いかけてきて、今のところ時間も財布も一杯一杯なのですが、飽きてきたらすずっくさんが紹介してくださったこういうものにも手を出したいです。

キースは飽きないとおもうよぉ。
でも、お口直しに?(結構へびぃだけど、いいかも)
本当は路線的には、違うところを勧めたいきもしますが、
ここは一発私の好きなボラーニとかいかがですかぁ?
って、お金は天下のまわりものです。。。

ウエスいいよね。
ロードソングって、たまに死ぬほど聴きたくなるんですよん。
一緒に躍ろう。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773108

この記事へのトラックバック一覧です: our standars / Joey Calderazzo Lars Dannielsson Jacek Kochan:

« TEMENOS / Lars Jansson ・ Bohuslan Big Band featuring Paolo Fresu | トップページ | はじめてのJAZZ。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ