2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

音楽で拡がる輪

« Sundance / Bebo Ferra Trio | トップページ | 定まりあって、定まり無いのが花の形・・・ »

2005年5月 3日 (火)

Body & Soul / Alan Pasqua

先日、私は日本で3人くらいのAlan Pasquaのファンの一人だな、なんて冗談をいっていたのですが、(何故か日本での知名度すくないです。違います?)
今日は、Alan Pasquaの書き込みしてくださった方がいらしたので、予定変更でこのアルバムかけました。
このアルバム本人はどうも、選曲でうむ~、ってものらしいのですが、紹介されたアルバムは持ってないし、これもそのうち日記に書こうっておもってたので紹介しちゃいますね。
Alan Pasquaは、アメリカは西海岸の人です。ベテランです。
彼のピアノ印象は、ナチュラルで、軽やかで、そして、叙情豊か。
柔らかなタッチは、アグレッシブな演奏時でもそのままで、とても上手いピアノだとおもいます。繊細で美しいタッチですね。
このピアノをコンピのアルバムなどで聴いたときには、ヨーロッパのピアノかな?って思うようなイメージがあります。
でも、ヨーロッパのこういったピアニストは、演奏のなかにクラシックが見え隠れして、その演奏の厚みや特徴をだしているのですが、
Alan Pasquaの演奏の向こうにみえるものは、もっとポップでポピュラーなメロディや「雰囲気」。
親しみやすくとてもロマンチックなピアノ。そして、色鮮やか。。。
まさに、西海岸的な透明度。澄んだ音色、空間。

エヴァンスの演奏でお気にいりのYou Must Believe In Springから、その特徴がとても良く解るとおもういます。
女性のヴォイスを入れて、スピード感、景色が移り変わる車窓のような感じがするHighway 14なども好き。
情景があふれるような、Barcelonaも印象深い曲です。ベースソロもかっこいい。
本人、選曲したくなっかた?A Whiter Shade Of Paleは、青春を回顧するような客観的な感じがあり、本人の意思に反して私は結構好きでねぇ。。。
べったりしてないのがとても良い。。。
タイトル曲Body & Soulも美しく少し切ない。切ない具合が私の好み。
最後はマイブームが続いてるSmile、ゆったりと叙情たっぷりの演奏です。
ドラムのPeter Erskineはもちろん、ベースのDarek Olesの歌心溢れるソロもすばらしいです。
で、もし興味持つ方がいあたら、メンバー同じMy New Old Friend も考えてみてくださいね。

1,You Must Believe In Spring
2,Highway 14
3,Stella By Starlight
4,Barcelona
5,God Only Knows
6,All The Things You Are
7,A Whiter Shade Of Pale
8,Body & Soul
9,Wichita Lineman
10,Smile
Alan Pasqua (p)
Peter Erskine (d)
Darek Oles (b)



« Sundance / Bebo Ferra Trio | トップページ | 定まりあって、定まり無いのが花の形・・・ »

JAZZ(Born In The U.S.A. )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: パスカお好きですか!
SECRET: 0
PASS:
4人目のファンです(笑)
ちょっと前に渡辺貞夫のバックで来日していましたよね。

ナチュラルで、軽やかで、そして、叙情豊か
仰るとおりで、透明感がある白人のジャズという感じですね。このへんが好みが分かれる所だと思います。

景色が移り変わる車窓
すばらしい表現!M2はまさにその感じです。鉄道の旅に出たい。

パスカといえばアースキンのトリオものも好きで、Live at RoccoやBadlandsにおける叙情もなかなかのものです。アースキンはECMとECM以外では作風がはっきりと違うみたいです。

TITLE: 事務連絡・・
SECRET: 0
PASS:
2重送信してしまいました。このメッセージも含めて削除をおねがいします。

TITLE: Re:事務連絡・・(05/03)
SECRET: 0
PASS:
tar_ksさん
>2重送信してしまいました。このメッセージも含めて削除をおねがいします。

これは、消さないよん。
なんだか、だんだん他人とは思えなくなってきました。
もしかして、異母兄弟?それとも、異父兄弟?

TITLE: まじですかぁ?
SECRET: 0
PASS:
tar_ksさん
>4人目のファンです(笑)
すげぇ~書いてみるモンですね。
五人目も募集中です~~♪

tar_ksさんって、もっと、「芸術的な」感じ(とりようによっては、パスカさまに失礼かな?)がお好きかとおもってました。
>ナチュラルで、軽やかで、そして、叙情豊か
>仰るとおりで、透明感がある白人のジャズという感じですね。このへんが好みが分かれる所だと思います。
そうですねぇ。。。聴きようによってはヤンソンのほうが黒い傾倒があるきがするんですけど。。。
よく言う、アメリカっぽい、っていうの?

>すばらしい表現!M2はまさにその感じです。鉄道の旅に出たい。
褒められたぁ~。
もしかして欧州鉄道の旅ファンだったりして。
あ、TVあまりみないんだっけ?私、この番組は好きですよ。
これって、よく、メセニーの曲かかります。
あ、、番組ちがったかな??

>パスカといえばアースキンのトリオものも好きで、Live at RoccoやBadlandsにおける叙情もなかなかのものです。アースキンはECMとECM以外では作風がはっきりと違うみたいです。
Badlandsもってません。
良い??欲しいとはおもっていますです。
あとね、ETみたいなおテテのジャケットもききますよ。
でも、あれは、メンバー全然ちがうね。
お昼だぁ。。。ではでは。
とっても、うれしい日だなぁ~♪

TITLE: パスクァ
SECRET: 0
PASS:
確かにいいピアニストですよね。
デイヴ・ホランドなどが参加した『ミラグロ』ってアルバムが良かった気が・・・。
あと、このトリオで渡辺貞夫のライヴのバックもやったんでしたっけ。
録音はなかったと思うんですが。
パスクァは70年代後半にトニー・ウィリアムスのニュー・ライフタイムというハードフュージョンバンドでアラン・ホールズワースらとガンガンソロを弾き倒していました。
失礼します。

TITLE: Alanのこと
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん、Alanの特集ありがとうございました。

ここでは新参者ですが、Alanのファン1番は譲れませんな(笑)。自慢タラタラですが、Alanとは友人ですし、LAのRoccoでTrioのライブ聴いてます。さらに「Badlands」はプレス前の曲順と曲名が違うCD-Rをもらってます。というわけで、ファン1番はいただきました。
冗談はさておき、「Highway 14」は私も大好きな曲です。これはAlanの別荘のあるNew MexicoにあるHighwayにちなんだ曲ですが、彼は時々別荘にお篭りして作曲をします。彼はヨーロッパにルーツを持つ人ですが、作品の曲名がアメリカの砂漠やネイティブ・インディアンにまつわるものが多いように思います。なんかその辺が好きみたいです。
僕が知り合った5年前は、Erskine Trioのベーシストは今のDarek OlesではなくDave Carpenterという人だったのでDarekとは面識がありません。ポーランドからやってきて確実にLAジャズシーンの根付いてきているようでし、日本ではGats ProのおかげでAlanより有名かもしれませんね。

TITLE: アラン・ホールズワース
SECRET: 0
PASS:
オラシオさん
>確かにいいピアニストですよね。
オラシオさんって、ほんと間口ひろくて、いろいろしってますよね。
師匠とよぼう。。で、優しいし。

>デイヴ・ホランドなどが参加した『ミラグロ』ってアルバムが良かった気が・・・。
うん、よかったです。ディジョネットもいるし、オールスターってかんじっす。


>パスクァは70年代後半にトニー・ウィリアムスのニュー・ライフタイムというハードフュージョンバンドでアラン・ホールズワースらとガンガンソロを弾き倒していました。

小さな小さな声で。
わたしね。。。ギター好きなんですが。。。
どうもどうも、この人あまり得意でない。
二枚くらいしかもってない。。。。の。


TITLE: 特集かどうか。。
SECRET: 0
PASS:
ふくちさん
でも、少なくても私含めて3人は、ふくちさん以外にお好きな方いますようです。
もちろん、一番はふくちさんがどうぞ♪
私は、三番がいいな~。

>ここでは新参者ですが、Alanのファン1番は譲れませんな(笑)。自慢タラタラですが、Alanとは友人ですし、LAのRoccoでTrioのライブ聴いてます。さらに「Badlands」はプレス前の曲順と曲名が違うCD-Rをもらってます。というわけで、ファン1番はいただきました。
あぁ、、いいなぁ、、、でも英語できないから、私は基本的にお友達は無理なんだなぁ。。。

>冗談はさておき、「Highway 14」は私も大好きな曲です。これはAlanの別荘のあるNew MexicoにあるHighwayにちなんだ曲ですが、彼は時々別荘にお篭りして作曲をします。彼はヨーロッパにルーツを持つ人ですが、作品の曲名がアメリカの砂漠やネイティブ・インディアンにまつわるものが多いように思います。なんかその辺が好きみたいです。
なるほど。
これは、すごく面白いお話ですね。

>僕が知り合った5年前は、Erskine Trioのベーシストは今のDarek OlesではなくDave Carpenterという人だったのでDarekとは面識がありません。ポーランドからやってきて確実にLAジャズシーンの根付いてきているようでし、日本ではGats ProのおかげでAlanより有名かもしれませんね。
あ、そうですね。
その、ガッツある名前とってもインパクトあって、一度聴いたらわすれられないです。
この辺は、オラシオさんからしたら、物足りないくらいなのでしょうが、
私などへぇ~~~って、人ばかりですね。
世界は広い!

TITLE: こんばんは。
SECRET: 0
PASS:
もうだいぶ前にこのレビューを読んで購入して、最近はいつも寝る前のひととき、気持ちを落ち着かせるために聴いています。
アラン・パスクァさんのことは全く知りませんでした。
購入動機を白状すると、ビーチ・ボーイズの God Only Knows が入っていたからです。
パスクァさん本人の意向かどうかは分かりませんが、この曲をジャズ・ミュージシャンがやっているというのはかなり驚きでした。
God Only Knows だけでなく、盤全体が気に入っています。もう手放せません。(^O^)

TITLE: すごく、ホットしましたぁ。
SECRET: 0
PASS:
rollins1581さん
>もうだいぶ前にこのレビューを読んで購入して、最近はいつも寝る前のひととき、気持ちを落ち着かせるために聴いています。
そう、肩に力がはいらず、リラックスできますよね。
素敵なピアノです。沈静効果もあるけど、決してテンション低いわけでないところが、偉い!
ご自分の日記のコメントで、これ買われた、ってかかれてて、ちょっとビビってました。
でも、ふとおもったんですが、ロリンズ好きって、メロディ好きな人多いですよね。


>パスクァさん本人の意向かどうかは分かりませんが、この曲をジャズ・ミュージシャンがやっているというのはかなり驚きでした。
>God Only Knows だけでなく、盤全体が気に入っています。もう手放せません。(^O^)
そう、、聴く側には、、
失礼だけど、関係ないよね。
だって、私も彼が嫌がった、青い影、、やっぱ、好きだもん。
もとは、もっと、ど真ん中、って感じで、なんだか、うるうるしちゃうんだけど、
このヴァージョンは、イヤだったぶん?さらりと演奏してて、それが、また、今の自分に丁度いいんです。
しばらく、日記お休み、ってありましたが、忙しいの?
忙しいのにありがとう。
しかし、160センチで盛り上がれるとはおもわんかったです。。。(^_^)

TITLE: Re:すごく、ホットしましたぁ。(05/03)
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん
>でも、ふとおもったんですが、ロリンズ好きって、メロディ好きな人多いですよね。
 ああ、メロディ好きなんですかね。自分では気づきませんでした。
 でも、歌ものは大好きです。って、やっぱりメロディ好きか。
 Tr.9もいいな、と思ったら歌ものでした。

>しばらく、日記お休み、ってありましたが、忙しいの?
 体調を崩して、長時間座っているのがきつくなってきました。
 しばらく休みますが掲示板への書き込みのお返事などは出来る限りするつもりです。

>しかし、160センチで盛り上がれるとはおもわんかったです。。。(^_^)
 いや、私もです。凄く楽しかったです!
 また盛り上がりましょう!

TITLE: お大事にね。
SECRET: 0
PASS:
rollins1581さん

> ああ、メロディ好きなんですかね。自分では気づきませんでした。
はるちゃんが、書いてましたが大阪にこの秋ロリンズくるようですよ。

> 体調を崩して、長時間座っているのがきつくなってきました。
え?大丈夫なの?
お大事にね。ネットより、からだ!大事ですよん。
> しばらく休みますが掲示板への書き込みのお返事などは出来る限りするつもりです。
うん、マイルス好きなんですよ。って、嫌いな人の方がすくないかもね。

> いや、私もです。凄く楽しかったです!
いまでも、たま~に、あの曲頭の中ながれるんです。
都会の片隅でみつけた、愛一つ、、何故か切ないのだ、これがぁ。

TITLE: Re:Body Soul / Alan Pasqua(05/03)
SECRET: 0
PASS:
9,Wichita Linemanは、どんなアレンジになってますか?最近、自分のブログでもこの曲にフォーカスを当てた投稿をしました。暇な時、遊びに来て下さいね。  http://onban.exblog.jp

TITLE: ありがとうございました。
SECRET: 0
PASS:
jay-graydonさん

>9,Wichita Linemanは、どんなアレンジになってますか?最近、自分のブログでもこの曲にフォーカスを当てた投稿をしました。暇な時、遊びに来て下さいね。  http://onban.exblog.jp

あ、すごい、コアなファンなのですね。
すいません、オリジナルの方はよくしらないで。
で、実は9曲目、私も素敵だとおもったたのですが、このアルバム日本語ライナーついてまして、その方が結構ちゃんとかいてまして、その感想にとても自分も印象が似ていたので、書くのやめたんです。問題あるから抜粋、ってことで、、
彼は、キャンベルのオリジナルのほうも大ファンだったようです。キースジャレットのfacing youと言う、すばらしいソロアルバムにイメージをを重ねて、「牧歌的な」音楽がここにある、って結び方しています。
あ!これなら試聴もできる!
http://videoartsmusic.com/new_release/0404alan.html
ね?素敵でしょ?
今度遊びにいきますね。

TITLE: 実はまだまだ
SECRET: 0
PASS:
ここにもいました、ファンが(笑)
前から書きたいとは思っていたアルバムだったのですが、ようやく手をつけました。
TBさせて頂きますね。

このじわじわ染み入って来るようなサウンド、凄く落ち着きます。

TITLE: わわ~♪
SECRET: 0
PASS:
なおきさん
>ここにもいました、ファンが(笑)
あらら、、、
意外と?大きな輪ができましたね。。。なんちゃって。
10人になったら、ふくちさんにお願いして、
ファンクラブたちあげてもいましょ~♪

>前から書きたいとは思っていたアルバムだったのですが、ようやく手をつけました。
う~ん、そう、、私もそういうのばかりでーーす。
>TBさせて頂きますね。
ありがとうございます。
こちらからも、とらばさせてくださいね。

>このじわじわ染み入って来るようなサウンド、凄く落ち着きます。
そう、、ある時はガンガンに尖ったピアノをききたくなるし、
ある時は、Alan Pasquaのように穏やかなピアノを、、、
自分の心のもとめるままに、自由に、、選ぶ。。

これだから、ジャズファンやめられないっす、、よね~♪

TITLE: あ、、
SECRET: 0
PASS:
なおきさん
明日、コメントかかせていただきます。
今日は、これで。。

TITLE: 僕も
SECRET: 0
PASS:
好きですよ!
なおきさんのところから逆に辿ってきました。
とりあえず好きなアルバムは「ライヴ・アット・ロッコ」、<生パスカ>は2001年に渡辺貞夫さんのコンサート(@ロサンゼルス)で体験しました。日本でも人気が出て欲しいですね。このアルバムも欲しいです♪

TITLE: う~~ん。。。
SECRET: 0
PASS:
jazzaudiofanさん
jazzaudiofanさん
>好きですよ!
わ、何人目でしょう。。

>なおきさんのところから逆に辿ってきました。
あ、ここもトライアングルになってるのですよね。
ジャズで広がる友達の輪、、、輪。。
生パスカいいなぁ~♪
うらやましい!
って、、私、、このDarek Oles、ってベースも好きなんです。
西海岸に出没しますよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39773111

この記事へのトラックバック一覧です: Body & Soul / Alan Pasqua:

« Sundance / Bebo Ferra Trio | トップページ | 定まりあって、定まり無いのが花の形・・・ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ