2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

音楽で拡がる輪

« Upojenie / Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny | トップページ | 庭に眠る太古の海 »

2005年3月25日 (金)

SYLVAiN LUC / TRiO SUD

Sylvain Luc - G
Ande Ceccarelli - Ds
Jena Marc Jaffet - B
Moon Riverの入ってるSUDの一枚目はNight in Tunisiaからはじめるのですが、初めて聴くギターだったけど、すぐにファンになってしまったです。
ベースもドラムもベテランでしっかりサポートしてるし、何よりギターが好きです。
うん、ベースも非常にうたっていていいです。はい。
彼のギター、ちょと不思議な異国情緒がただよいます。
一見、優しく繊細な感じですけど、聴いてると結構強気のフレーズ満載。
ギターに自信あり、ってやつでしょうか。面白い。

だから、二枚目の邦題アルハンブラの想い出を見つけたときも、私がいつも中古に払う金額より高かったけど、すぐに拾ってきました。
不思議な異国情緒のルーツは、生まれ故郷南フランスのバスク地方、っていうのにあるよう・・。ここで、彼の家族達はバスク音楽を演奏する人達のようです。
でも、ロックも好きだし、ブラジル音楽も好きだし、
当然、ヨーロッパでは絶大な人気をほこるジャンゴにだって、いっぱい聴いたのでしょう。でも、ギターには、あまり、出てこないとおもうのですけど・・。
いろんな音楽の中で育って・・そして、ジャズともめぐり逢った・・って、感じのようですよね。

ホント不思議な歌心ある。当然何曲か入ってる彼のオリジナルも、ナチュラルな輝きをもった魅惑的な曲になってます。彼の心の中では、常にこんな音楽が流れてるのか、一つラインがあるようにおもえます。生まれた土地のメロディなのだろうか?
一曲目、軽快なテンポではじまるJorduを聴いて、もう、ワクワクしちゃいました。二枚目も一発でノックアウト。(^_^);
バラードで演奏のPeaceなんても意外だけど素敵だし・・。
最後のRecuerdos de la Alhambraでは、トレモノを使わずに、見事に叙情豊かなアルハンブラでございます。(トレモノ聴くと脳みそが揺れちゃうので助かります)夕闇にけむるアルハンブラ宮殿。ものすごい、テクニカルな事してるとおもうのですが、そういうことを感じずゆったりと胸にしみる演奏でした。

不思議な歌心をもった、ファンタジックなギターをどうぞ。
1.Jordu
2. Les Amants D'un Jour
3. Xarmegaria
4. Out Of The Night Came You
5. Eraldi
6. La Complainte De La Butte
7. Pata Pata
8. Could It Be Magic
9. Peace
10. Brazil
11. Irdir
12. Don't Tell Me
13. Recuerdos De La Alhambra
ところで、全編アコースティックギターだとおもうのですが、写真なんだか、変なギターなんです。Godin、ってありますです。
違うのだろうか?・・・・。




« Upojenie / Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny | トップページ | 庭に眠る太古の海 »

JAZZ( A Paris !)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: ギターの世界はヤヤコシイぞ~
SECRET: 0
PASS:
すずっくさん、こんばんは。
私もSYLVAIN LUC好きでーす。って、ANDRE CECCARELLIのファンだからLUCのアルバムも買うようになったんですけどね。

ところで、全編アコースティックギターだとおもうのですが、写真なんだか、変なギターなんです。Godin、ってありますです。
違うのだろうか?・・・・。

ゴダンはエレクトリック・アコースティック・ギターだそうですよ。普通、アコースティック・ギターはマイクで音を拾ったり、小さなマイクを取り付けるのですが、このエレアコっていうのは、アコースティック・ギターに最初から、マイクが内臓され、エレキのようにシールド線一本で音を大きく出来るということです。要するにゴダンはアコースティック・ギターに分類されるということですね。
ちなみにセミアコはエレキに分類されるんだそうで、なんともヤヤコシイ話です。ギター弾きの人に教えてもらったので、間違いないと思います。
ギターって、フルアコとかセミアコとかいろいろあるようで、弦もナイロンとかスティールとかがあって、何がなんだかサッパリ。それぞれ音色が違うんでしょうけど、シロートには分からん世界です。

TITLE: ほんとうですよね~。
SECRET: 0
PASS:
アーティチョークさん

>私もSYLVAIN LUC好きでーす。って、ANDRE CECCARELLIのファンだからLUCのアルバムも買うようになったんですけどね。
私は、、なんだっただろう?
ラグレーンつながりかな。。うむ~。。

>ゴダンはエレクトリック・アコースティック・ギターだそうですよ。
だはは、もう、この時点で、ギター弾き以外は、あれれだよね。
彼らはさ、セミアコとか、フルアコとか、そんなネイミング昔からだからなれちゃってるんだろうね。
とっても、詳しい説明ありがとうございました。
でね。。許してね、、これさ、少し教えてくれた人がいたの。
でこか、、コメントにあるんだけど、、
何処だか、、わからんのです。。すいません。
ちゃんと、ほろーしてなくて。
でも、すごく、詳しくおしえてくださって、どうもありがとうございました。

あ、ギター弾きが友達にいるの?
ここにもギター弾き、結構、いるんだよ。

>ギターって、フルアコとかセミアコとかいろいろあるようで、弦もナイロンとかスティールとかがあって、何がなんだかサッパリ。

私は、、シャドーギターしか、、しませんのでぇ。。
ええと、空気かきまぜますです。はい。
音楽、、じっとして、、聴いてられない人ですう。

しろーと、は、、音は専門家にまかせて、、その音で雰囲気だけたのしむ、、シャドーギター!!
これに限ります。安いし。。
お財布に、、やさしい。。わぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39772929

この記事へのトラックバック一覧です: SYLVAiN LUC / TRiO SUD:

« Upojenie / Anna Maria Jopek & Friends with Pat Metheny | トップページ | 庭に眠る太古の海 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ