2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« SYLVAiN LUC / TRiO SUD | トップページ | (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet »

2005年3月27日 (日)

庭に眠る太古の海

子供の頃から、化石って、なんだかワクワクしました。
夢は考古学者だったけど、お勉強がたりませんでしたぁ。
化石、一つ持ってるのです。
うん、ここらはすごく小さな声で・・・
ある時、外国のすばらしい山の上で、「拾った」・・・。m(__)m
若気のいたり、ってことで・・・。

さて、去年、家を建てたときに天然石の(流行に弱いもので)小さなベランダをつけました。
でへへ・・・あるんです。そこに!!
小さなアンモナイトの化石がぁ・・・すくなくとも、四つはぁぁ!!!
写真のせたいんですけど・・・

雪が消えたので、カーテンあけるたびに、「にんまり」します。
おぉぉ~、お家の庭に、「太古の海があるぅ」




« SYLVAiN LUC / TRiO SUD | トップページ | (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet »

超~私的戯言、じゃれ事(なんでもあり♪)」カテゴリの記事

コメント

TITLE: 写真見せてよ~
SECRET: 0
PASS:
ある時、外国のすばらしい山の上で、「拾った」・・・。m(__)m

笑った!(笑)

小さなアンモナイトの化石がぁ・・・すくなくとも、四つはぁぁ!!!
写真のせたいんですけど・・・

えー、見たい見たい!
写真載せてよー!

新築のご自宅&ベランダ&アンモナイトそれぞれ掲載されることを希望!

ついでにすずっくさんのお顔も希望!(笑)

TITLE: 銀色の円盤の化石?
SECRET: 0
PASS:
つい想像してしまいました・・・。

私たちが地上からいなくなって数千万年の時が流れ、そこには私たちの想像もできない生物が文明を築いていた。
何故か陸地にもかかわらずアンモナイトの化石が4つ・・・。さらに奥へ踏み込むと、透明な箱に入った見た事もないおびただしい数の円盤状の物体。埃を払うと銀色に輝くその物体は、一箇所に集められていた。透明な箱には、何やら絵が書いてあるようで、笛のようなものや箱に糸を張ったような物体を抱えた姿が多いようだ。
これは、かつての地上の支配者だった「人間」というものが、宗教儀式に使っていたものに違いない、と長老は言った。まさか、その円盤を基に「ブログ」などというものが書かれていた事実は、彼らには知る由もなかった・・・。

ウチのCDも化石になる前にたくさん聴いてあげようと思います。でも、次々と新しいCDが出てくるのは、ホント無間地獄のようですね。

TITLE: 化石は物語る
SECRET: 0
PASS:
きっと昔は海だった・・・・・良いですね。
是非お写真拝見したいです。

 以前ギリシャ神話を読んでいた時、友人が「トロイの木馬」は本当にあった事なんだよ」と言いました。
私は「へぇー」と軽く返事をしたら、友人はドイツ人シェリーマンの話を聞かせてくれました。
 
 シェリーマンは子供の頃神話を読んで感動し、もしかすると本当のお話かも知れないと思ったそうです。大人になった彼はお金を貯めて、トロイの木馬の現場となったトルコへ出かけ、発掘捜索の結果遺跡が見つかり、トロイア文明が発見された、と。

 それ以来遺跡や化石の言葉にロマンを感じます。
suzuckさんのお家は以前、多くの船が航海をしていた海があった所なんだ!ともう決定。
素敵な所なのでしょうね・・・・・。

TITLE: Re:庭に眠る太古の海(03/27)
SECRET: 0
PASS:
一ヶ月以上の御無沙汰です。仕事、体調不良でよくありませんでした。そろそろ復活します。
とりあえずご挨拶まで。

TITLE: Re:庭に眠る太古の海(03/27)
SECRET: 0
PASS:

こんにちは。「池澤夏樹」に引き続き、こんどは「化石」につられて、やってまいりました。

子供の頃から、化石って、なんだかワクワクしました。

私も、そうでした。子供の頃は、学研の「科学」、それから「子供の科学」をなけなしのお小遣いをはたいて購読していて、自分は「理系」と思い込んでいたんですね。親にねだった大きな買い物のひとつめが「顕微鏡」、ふたつめが「天体望遠鏡」だったんですけど。しかし、自分が「理系」だというのは、とんだ大間違い。今思えば、たんに、この世界に存在している「不思議なもの」が好きなだけの子供なのでした。

ある時、外国のすばらしい山の上で、「拾った」・・・。m(__)m
若気のいたり、ってことで・・・。

化石が「拾える」って、どこの山ですか、それって?あの私の場合(またまた、ちょっと小声で…)、小学生の時、理科準備室の化石標本の中にあった、「化石の破片」をこっそり「拾い」集めて、お菓子の小箱で、ちっぽけな「マイ標本」をつくって「にんまり」しておりました。どれもこれも、妙なシワの入った石のかけらでしかなくて、とても「化石の破片」には見えないシロモノだったんですけどね。あれ、どこに行ったのかなぁ。すぐに飽きて、捨てちゃったんだろうなぁ。

TITLE: やだよぉ~♪
SECRET: 0
PASS:
Kotaさん

> ある時、外国のすばらしい山の上で、「拾った」・・・。m(__)m

>笑った!(笑)
おぉ、笑われた。お仕事のお疲れがちょっとでもとれました?

>えー、見たい見たい!
>写真載せてよー!
これね、のせないのは一応理由ある。
博学な方がでてきて、
すずっくさん、それは「ただの巻き貝」でっせ。
って、言うと嫌だから。

>ついでにすずっくさんのお顔も希望!(笑)
LP持ってる「おねぇさん」のお顔拝んでどうすんねん。
それより、結婚式で演奏する曲まできまってるんだから・・
「ふぁいとぉ!」
なんか、言ってみますかぁ?

TITLE: 音の化石・・?
SECRET: 0
PASS:
南浦猫麻呂さん

>これは、かつての地上の支配者だった「人間」というものが、宗教儀式に使っていたものに違いない、と長老は言った。まさか、その円盤を基に「ブログ」などというものが書かれていた事実は、彼らには知る由もなかった...。

いいですねぇ~、もちろん、その時の支配者は、「猫」から進歩した猫型ロボット。
あ、生命は遠い昔に滅びちゃったのです。


>ウチのCDも化石になる前にたくさん聴いてあげようと思います。でも、次々と新しいCDが出てくるのは、ホント無間地獄のようですね。

しかし、もしも、音がきけたら、どんな風におもうでしょうね?
私の場所からはたしかに「宗教儀式?(クリスマス)」につかわれた風のアルバム沢山でてきます。

大昔の音、の「化石」みたなものあったら、おもしろいのにね。

TITLE: はじめまして。
SECRET: 0
PASS:
バルバラさん
初めて書き込みしてくださったのに、お返事遅れてすいませんでした。m(__)m

> 以前ギリシャ神話を読んでいた時、友人が「トロイの木馬」は本当にあった事なんだよ」と言いました。
これも、読みましたよ。小学生の頃・・。
ツタンカーメンのお墓の発掘の話とか、恐竜の巣の化石の話とか・・
そうなんです、小学生だった私は、発掘、ってのはなんでもかんでも、憧れてました。
たぶん、一番なりたかったのは、今考えると「ハンター」ってヤツです。
それは、海賊のお宝でもいいし、恐竜の卵でもいいのです。


>suzuckさんのお家は以前、多くの船が航海をしていた海があった所なんだ!ともう決定。
つうか、テラスね。m(__)mベランダ、って二階にあるやつでしたよね?
>素敵な所なのでしょうね・・・・・。
はい、これから素敵な場所にするんだぁ~。
まだ、スカスカで、なんでもできますです。

今、やっと水仙の芽がでてきたところです。
春だ、春・・。

TITLE: あ、お久しぶりでしたぁ!
SECRET: 0
PASS:
エマカズヒロさん
>一ヶ月以上の御無沙汰です。仕事、体調不良でよくありませんでした。そろそろ復活します。
エマさん、お久しぶりでしたぁ。
仕事がお忙しいのは良い事?ですけど、体は気をつけねば・・。

>とりあえずご挨拶まで。
さっそく、私もご挨拶にいかせていただきました。
また、遊んでください!

TITLE: 非日常・・・。
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん
>こんにちは。「池澤夏樹」に引き続き、こんどは「化石」につられて、やってまいりました。
すんません、なんだか、妙なところで意気投合しますよね。

>今思えば、たんに、この世界に存在している「不思議なもの」が好きなだけの子供なのでした。
これは、私も同じです。
日常に潜んでる非日常が大好きなんですよ。
たぶん・・
顕微鏡や天体望遠鏡も好きでしたが、万華鏡なんかも大好きでしたぁ。


>化石が「拾える」って、どこの山ですか、それって?
ええと・・・アメリカの・・・北のほう・・・。
氷河で有名な・・・公園の・・・。
>あの私の場合(またまた、ちょっと小声で…)、小学生の時、理科準備室の化石標本の中にあった、「化石の破片」をこっそり「拾い」集めて、
私は(ここから、小さな声)実験室からは・・・「器具」少しづつ持ち出してはいましたが・・・。
お仏壇のアルコールランプで実験したら、親にばれて全部捨てられました。

TITLE: 拾い物の思い出
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

すんません、なんだか、妙なところで意気投合しますよね。

ふむ。そうですねぇ。ジャズ・ブログのはずが…。万華鏡かぁ。そのへんは、さすが「女の子」ですね。今ちょうど万博やってますけど、EXPO'70の時、パビリオンに足を踏み入れるたびに、なんだか万華鏡に入り込んだみたいでワクワクしたことを覚えています。

お仏壇のアルコールランプで実験したら、親にばれて全部捨てられました。

あはは。そりゃ、バチあたりな。私は、近所に生息しているアリやコオロギやカマキリやカタツムリや何かかやを手当たり次第に「拾って」きてはビンに入れて飼育(監禁)しておりました。で、ある日、カマキリのタマゴから孵化した子供たちがガーゼの穴から逃げ出して、家中が子カマキリだらけに…。親にこっぴどく叱られましたねぇ、あの時は。

TITLE: ほんと!カマキリも一緒!!
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん

>で、ある日、カマキリのタマゴから孵化した子供たちがガーゼの穴から逃げ出して、家中が子カマキリだらけに…。親にこっぴどく叱られましたねぇ、あの時は。

カマキリの卵。
ハンドバッグ(おもちゃの)に入れたまま春を迎え・・
縁側に向かって大行進してるカマキリの赤ちゃんの為に・・・
私は、祖父に「念書」書かされました。(-_-)
いいじゃん、カマキリくらい・・・
って、心でつぶやいてたきがします。
おじいいちゃん、ごめんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39772928

この記事へのトラックバック一覧です: 庭に眠る太古の海:

« SYLVAiN LUC / TRiO SUD | トップページ | (その1)Refiections 2/Thierry Lang Quintet »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ