2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

音楽で拡がる輪

« Waltz For Debby / Bill Evans | トップページ | 一度、やってみたいこと♪ »

2005年3月14日 (月)

ぼっそ、と・・Bosso

イタリアン、ハードバッパーのFabrizio Bossoがお好き♪
って前にかきました。(2004 12/9)
イタリアって国は今とっても熱いです。え?ジャズ。
その中でもボッソは、沢山の人に注目されてるミュージシャンなんです。
なが~~~いフレーズを一気に駆け抜ける彼の演奏は、まさにハードドライビングって、言葉ぴったしです。スッカ、とします。体育会系!
素晴らしいテクニックだけでなく、お姿も良し!!
で、いろんなアルバムにもお呼ばれします。
彼が吹くだけで、なんだか「火の鳥」が無いあがったような華やかさがあるからねぇ・・。
でも、主役食ってるアルバム多数あるんで、これからサイドの引き合いは減るかも。(冗談)

去年の暮れにでた、「Rome After Midnight」。これは彼自身を聴くには文句ない。ほんと、どの曲でも、あきれるくらいかっこいい。あきれてくだしゃい。
メンバーに問題ない事もないけど、ボッソが初めてならこれで、ちょっと驚くのはいいんじゃないですかぁ。ボッソを聴こう、ボッソ。サックスもかっこいいし。

I'll Remember Aprilが入った、De Paula Irioとのアルバム「Four For Jazz」も、ここまでバリバリ吹いてはいないけど、ボッソの追っかけとしては、I'll Remember Aprilの一曲で、ありがとうございましたぁ、って感じです。へなへな・・この曲、絶対かっここいいだろうな、って、思ってはいたけど、聴いたらちゃんとかっこよかった!

イタリアンだし、若いのでいろいろ挑戦も?しているぅ!
De Paula Irio(ギター)とボサノヴァ集出してたりする。彼はあまり器用でないのかもしれないな。中途半端に挑戦するより、ボサノヴァとか、イタリアンソング、とかテーマきめられちゃった方が、良い面が現れるような気がします。
「Once I Loved Chapter One」。De Paula Irioのアコースティックギターは、私は得意でないけど、このアルバムはほんと、柔らかでほんわかいい感じのボサノヴァ集。こんなボッソも素敵ね、って感じ。選曲も良く、うららかな日には良く聴きました。一曲目、曲名間違ってる、っていう、愛嬌?までついてるし・・。

Paolo Di Sabatinoって、ピアノとはイタリアンソング集、ってのも出してるぅ。
そのままズバリ、「Italian Songs」。ちょっと、散漫な感じなのですが、(なんでもぶっこんじゃえ~~って、感じで)ボッソの唄う(吹く)Parole, paroleなんての聴けちゃって、結構楽しい。感情ストレートにムキになってる曲もあって、にんまりしちゃう。もっと、色気が音色になって現れるといいなぁ・・、なんて、先々が楽しみ♪もう、母の気分・・・。

汗飛び散らかした、すぐ後に、優雅にダンスが踊れないタイプなのかかもしれないね。
でも、どんどん経験する事で、そういう事もうまくこなせるようになるのかもしれないしぃ。
まだまだ、まわりをあまり気にせず、突っ走ってる姿が一番かっこいい彼なのですけど・・・
そのうち、恋に苦悩するボッソだって聴けるんじゃないか?って、これからが楽しみで~す。

と、言うことで、ぼっそ、と・・Bossoでした。


« Waltz For Debby / Bill Evans | トップページ | 一度、やってみたいこと♪ »

JAZZ(Grazie Italia )」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:ぼっそ、と・・Bosso(03/14)
SECRET: 0
PASS:

おひさでーす。
Roma After Midnight は私も買って聴きました~♪
好きです。好きです。^^

ロリンズの今年中には発売になる予定のニューアルバムにも
たぶんイタリア民謡が入ってるはず。
イタリアが、熱そうですね。^^

TITLE: こちらこそ、ご無沙汰してます。
SECRET: 0
PASS:
はるろりんずさん

>好きです。好きです。^^
あ、きっと、気に入るだろうなぁ・・っておもいました。

>ロリンズの今年中には発売になる予定のニューアルバムにも
>たぶんイタリア民謡が入ってるはず。
>イタリアが、熱そうですね。^^
え?新譜だすの?体調はいいのですか?
よかったねぇ。

イタリアの唄って、陽気で明るくて、でも哀愁があって・・・
感情表現がストレートでいいよね。
何吹き込むんでしょう・・ワクワクしますね。

TITLE: 私も、ぼそっ、と…Bosso
SECRET: 0
PASS:
こんにちは、Suzuckさん。またまた、Bossoの話題につられてやってまいりました。

なが~~~いフレーズを一気に駆け抜ける彼の演奏は、まさにハードドライビングって、言葉ぴったしです。スッカ、とします。体育会系!

体育会系…かな?うん、まぁ、スカッとはしますね。吹きっぷりがほんとに潔い。
でも、私は、彼が駆け抜けるように吹く音の中にも、とびきりセンチメンタルな響きがあるようにも思えるんですが、いかがなもんでしょ。彼の最初のアイドルだというBrownieのトーンに通じるような。
ちなみに、その後、High Fiveは聞かれました?1枚目の「Jazz Fore More」は、ほんとにいいですよ。BrownieとRollinsのコンボを彷彿させる涙ものです。なんといっても、みんな若いのがいい!50年代のHard Bopperって、みんな20代とか30代じゃないですか。私は、若さゆえに感覚がヒリヒリしているミュージシャンたちが出す「ジャズな響き」が大好きなんです。
それから、今はLuigi Martinale Quartetの「urka」をかけているんですけど、Suzuckさんはお持ちですか?Bossoのワンホーン・カルテット。俗にころぶ寸前のようなオセンチなLuigi Martinaleのメロディが好きなので、愛聴しています。Bossoも、イタリアン・オセンチ魂を炸裂させています。Irio De Paulaのアルバムよりも、ほんとはこっちの方がお気に入り。

素晴らしいテクニックだけでなく、お姿も良し!!

うん。これは、その通り。かっこいいですよねぇ。しかも、実に味のある、かっこよさ。やっぱり、ジャズミュージシャンは、お姿にも「味」がなけりゃいけません。
あ、ちなみに、「Rome After Midnight」の“メンバーに問題ない事もない”と微妙な書き方されてましたが…。私は、ピアノがちょっとアレかなぁという感じです。

TITLE: Re:私も、ぼそっ、と…Bosso(03/14)
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん
>ちなみに、その後、High Fiveは聞かれました?1枚目の「Jazz Fore More」は、ほんとにいいですよ。
すいません。まだですね。
Jazz Fore Moreは、是非きいてみたいんですけど。m(__)m
>ミュージシャンたちが出す「ジャズな響き」が大好きなんです。
これ、いいですねぇ・・。
>それから、今はLuigi Martinale Quartetの「urka」をかけているんですけど、Suzuckさんはお持ちですか?Bossoのワンホーン・カルテット。
あ・・・これ、持ってないけど・・赤面するようなおセンチ好きなんで、これいいかも・・。
二枚は買えないなぁ。他にも欲しいのあるから。
どっちがいいですかぁ?

>しかも、実に味のある、かっこよさ。やっぱり、ジャズミュージシャンは、お姿にも「味」がなけりゃいけません。
はぁ・・そういうことです。まぁ、気が多くてこまりますけど・・。
>あ、ちなみに、「Rome After Midnight」の“メンバーに問題ない事もない”と微妙な書き方されてましたが…。私は、ピアノがちょっとアレかなぁという感じです。
うむ~、コメントはやめておきま~~す。
それかなぁ~、って、感じもありますが・・・
私、オルガンと演奏してるボッソも好きですよ。
しかし、いろんな所にいますよね。
コンぷりって、するつもりもないのですけど・・
気になりますよね。

お金ふっってこ~~~い。

TITLE: おすすめは、ですね…
SECRET: 0
PASS:
Suzuckさん

>二枚は買えないなぁ。他にも欲しいのあるから。
>どっちがいいですかぁ?

やっぱり、まずは「Jazz For More」それから「urka」、というところですね。
私が誰かにBossoを勧めるとしたら、“何はともあれ、まず「Jazz For More」を聴くこと。それで「すごくいい!」と思ったら、他のアルバムもどんどん聴みてよ”と言うでしょう。

「Jazz For More」を聴くたびに、Bossoたちの演奏から「こういう音楽“が”好きなんだ!」という迸りを感じんです。疲れた時なんかに、2曲目の「RONG TIME RAG TIME」(ピアノのJulian Mazzarielloのオリジナル。名曲ですよ)のBossoのソロを聴いていると、涙腺ゆるんだりするんですよ。ああ、生きてるな、誰かが生きてる音がするなぁって。ほんと、オセンチじじーで、お恥ずかしい。

それから、「Jazz For More」でのScannapiecoは、何だかとっても、Grossmanライクな演奏で、ダーティトーン出しまくり。きっと、しびれますよ。その他のメンバーも、とってもブリリアント。とくにピアノがすごくいい。

というわけで、天からお金がふってきたら、ぜひぜひお試しあれ。

TITLE: Re:おすすめは、ですね…(03/14)
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん
>「Jazz For More」を聴くたびに、Bossoたちの演奏から「こういう音楽“が”好きなんだ!」という迸りを感じんです。疲れた時なんかに、2曲目の「RONG TIME RAG TIME」(ピアノのJulian Mazzarielloのオリジナル。名曲ですよ)のBossoのソロを聴いていると、涙腺ゆるんだりするんですよ。ああ、生きてるな、誰かが生きてる音がするなぁって。ほんと、オセンチじじーで、お恥ずかしい。
そうかぁ・・・では、それためしてみますね。
結構、ボッソ絡みで買ってますので、同じメンツはさけちゃったりするのですが・・
天からお金ふってこなくても、月末には口座にふりこみありますから・・
ありがとね。

TITLE: BossoとAsplundのサイトについて
SECRET: 0
PASS:

Suzuckさん

なにやら、押し売りっぽかったかな。首尾よく手に入れたあかつきには、感想をアップしてくださいね。えーと。それから、Bossoのオフィシャルサイトはご存知ですか?かっこいいサイトなんですけど、かなり重いのが玉に瑕。そこで、3曲くらいBossoの演奏が聴けるんですけど、Jazz for Moreからセレクトされていたりします。でも、SuzuckさんのPC、確か音楽が聴けなかったりするんですよね…。一応、アドレスをコピーしときますね。

http://www.fabriziobosso.com/

ついでに、Peter Asplundのオフィシャルサイトのアドレスも貼っておきます。「Lochiel's Warning」がスウェーデンのジャズマガジン(たぶん)で「the best jazz record of the year」に輝いたそうですよ。このサイト、まだご覧になっていなかったら、ぜひ「Miscellaneous」というコーナーをチェックしてみてください。Peterくんにグ~ンと親近感がわきますよ、きっと。

http://www.peterasplund.com/english/start_eng.htm

TITLE: ありがといございま~~す。
SECRET: 0
PASS:
ヨシカワさん

>なにやら、押し売りっぽかったかな。
大丈夫。いつも、いつもって無理ですけど、これは前からきいてみたかったから。
首尾良く、中古でないかなぁ~って、おもってたけど。
そう、音でないんですよ、このマック。
でも、サイトは後で、ブックマークにいれておきます。でへへ。
>「Lochiel's Warning」がスウェーデンのジャズマガジン(たぶん)で「the best jazz record of the year」に輝いたそうですよ。
すばらしい~~~。ばんざ~~い。
かんぱ~~い。

>Peterくんにグ~ンと親近感がわきますよ、きっと。
了解。
ありがとうございましたぁ。
また、新譜だすといいですよねぇ~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39772932

この記事へのトラックバック一覧です: ぼっそ、と・・Bosso:

« Waltz For Debby / Bill Evans | トップページ | 一度、やってみたいこと♪ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ