2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

音楽で拡がる輪

« ノルウェーの空・・ | トップページ | 誠実、ってイメージの見本のような音Kevin Dean »

2004年12月17日 (金)

nguyen leって、なかなかちゃんと読めないのだ・・。

Winter Nights / Al Di Meola
昨日、いきなり寒かったので、頭の中にこのアルバムがうかんでしまった。
朝1は、いろんな意味で境界線を意識しないこのアルバムを堪能した。
そのまま、ギターズ オン ファイヤー等という、フュージョン系のギターのスターがわんさかいるロックな一枚かけましが、ちょっと、気分とちがったなぁ。
しかし、この人達どうやってギターひいてるのだろう・・・

それでも歪なギターの音を求めて、
bakida / nguyen le
をかけようとおもったにの、何故かマイフェヴァリットなサックス吹きで
Steve Grossman With Michel Petrucciani
になってしまいました。
ペトルチアーニは、力強く美しい。
グロスマンは円熟したエモーショナルな演奏・・・。
こういう出会いを一期一会とかって、言うのでしょうね。
でも、お金勘定しながら聴いてしまった・・。

bakida / nguyen le
nguyen leは、パリに住んでいるらしい・・・かなりインテリな感じもする。
身体にベトナムの地が入ってるので、その音楽にもアジアンテイトが入る。
この辺のサウンドは本来私は駄目。日本人の血が逆になんだか、赤面しちゃうから。
でも、このギターとNIELS LAN DOKYのアジアンセッションなんてのは
何故か許せちゃう。
彼ら血の部分で意識するアジア、って事で
あっけらかんとしてるからかな・・。
結構、凶暴なサウンドもあったりするけど、基本的にはメロディアスで
余韻の美しいギターでございます。
そうなんですよ、サウンドはかなり変わってるのですが、
ギターソロはあくまで美しく、素速く。。硬派でっせ。
が、はやびき系に迷いこまない潔さがかっこいい。
一度聴いたら、忘れられないサウンドです。
こりゃ、はっきり好き嫌いわかれますね。
普通はグロスマン好きな人間の好きな音ではないと断言しておきましょう・・、

今日のクリスマスはもちろんこれ!
-------------------------------
Winter Nights/Al Di Meola
-------------------------------

では、良い週末をお過ごしくださいね♪


« ノルウェーの空・・ | トップページ | 誠実、ってイメージの見本のような音Kevin Dean »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1501936/39772881

この記事へのトラックバック一覧です: nguyen leって、なかなかちゃんと読めないのだ・・。:

« ノルウェーの空・・ | トップページ | 誠実、ってイメージの見本のような音Kevin Dean »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ