2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

音楽で拡がる輪

2017年8月13日 (日)

想い出の『夏の新潟ジャズストリート(7/15)』

1ヶ月近くたってしまいましたが、夏のジャズストリートの想い出を走馬灯のように。
なんて、、ようは、、あやしい記憶の糸をたぐってたぐって、、たぐって、、、。

Nori & The Maguire Twins @ ジョイアミーア

Nori__themaguiretwins

Nori Ochiai (p) Alan Maguire (b) Carl Maguire (ds)

エリントンの「Take the 'A' Train」から始まった「Nori & The Maguire Twins」。
A列車とうのは、ニューヨク市の地下鉄?のA線の名称だそうで、ニューヨーク帰りの流麗なピアノの音に誘われて、まさにノリノリの「Take the 'A' Train !!」。
ベースのアランのアレンジしたスタンダード、彼のオリジナル、Nori Ochiaiオリジナルも挟んで、二時間枠をノンストップで演奏。「Melting Chocolate」って、Nori Ochiaiオリジナル素敵でしたね。

軽妙洒脱、流麗なピアニストとジャズの伝統をしっかり学んできたパワー溢れるマグワイア兄弟。思索的でメロディアスなベースのアラン、好奇心旺盛で超積極的アグレッシヴなドラムのカール。
3人の丁々発止の聴き応えある演奏に観衆もやんや。
思考回路がアメリカ的に繋がって、互いの主張をよくよく聴きながら大きな懐で演奏をしあげていく♪
ジャズストリートの始まりにぴったり、アメリカの空気を感じるエキサイティングなピアノトリオでした。
お母様が日本人のメンフィス生まれの双子の兄弟「The Maguire Twins」をお忘れなく!


器の長沢クインテットに行ったら 満員御礼で入れず。。
三吉で昼ごはんにしました。もちろん、冷やし中華です。笑

MAKI&YAYOI with 佐藤文孝トリオ@マキ

Makiyayoi

(写真がピンボケしかなくて、弥生さまのFBからいただきました。m(_ _)m)

MAKI(vo) 佐藤弥生(vo) 佐藤文孝(p) 長野賢一(b) 目黒与志男(ds)

ツインヴォーカルのハーモニーが素敵な地元の姉妹のユニットへ。
で遅れちゃったんで、後ろの方のテーブルに相席させてもらいました。
ちょうど、2人がノリノリで息もぴったりでスキャットしているとこでした。
それぞれのソロタイムもとられています。
伸びやかな高音が可憐な弥生ヴォーカルで、どちらかというと、、ポップス系の歌が似合う感じ。
力強く低音がよく響くMAKIヴォーカルは、MAKIヴォーカルはジャズ系の歌が似合いますね。
もちろん、カテゴリーを越境して、2人の個性を合わせたデュオタイムもそれぞれのソロタイムも個性がでて楽しい!
サポートメンバーも素晴らしく 華麗なピアノ、歌心あるベース、適音適所のドラムとリラクゼーションたっぷりなライブでした!
あとでわかったのですが、前方にはお知り合いがいっぱいいたようです。

賑あう古町から東堀通りへ移動。

竹腰肇トリオ@カワイコモドホール

Takekoshi

島田博志(p) 竹腰肇(ds) 平松徹也(b)

ここのピアノは、さすがカワイのホールだけあってとても綺麗な音の良いピアノです。
でも、天井が高くて2方がガラス張りなので、、とってもよく響きます。響くというか、、ジャズだと残響音に近い響き方。

元ラガーマンのピアニストは、リリシズム溢れる綺麗なフレーズが満載。でも、秘めた?パッションがすごいっ!そして、ベースの変態オタクフレーズも聴きもの。
で、ドラマーのリーダーの美学に基づく、マニアックな選曲と演奏です。
欧州ジャズの好きな人にはたまらない選曲と演奏だと思います。
彼は、ドラムのコントロールもハイレベルで。あの環境でもドラムに工夫してアグレッシブに攻めてました。
「Ambleside」のドラムソロ、かっこよかったですよっ!

新潟のジャズストリート初出演より毎回毎回楽しみにしているピアノトリオです。
「In A Sentimental Mood」の出だしなんて、もう、涙モノ。
おまけに、大好きな「Your Song 」が入っていて、この満足感は半端ないのでした。
セットリストがでてました。どう?泣ける?マニアックな選曲でしょ?
Eric Von Essenの「Silvana」を久しぶりに聴きました。すっごく よかったですよ。

セットリスト
In A Sentimental Mood (Duke Ellington)
Olivia (Silvio Rodríguez,arrenged by Bobo Stenson)
Silvana (Eric Von Essen)
Your Song (Elton John)
Ambleside (John Taylor).
Never Let Me Go (Ray Evans,arrenged by Helen Sung)
Tones for Joan's Bones (Chick Corea)

この日は、ここで単独行動がおしまい。。
待ち合わせに、少しだけ時間があったので古町のストリートを聴きに。


Bossa Demais @ 古町六番ストリート

Bossa_demais


Mello(g,vo) Kitti横倉(g)

なんと、私のご贔屓中のご贔屓のユニットがストリートでのライブでした。
本来ならば、この日の夜の演奏を聴きに行きたかったのですが、、まぁ、予定が変わったのです。
相変わらず、アンニュイな演奏、ソフト&クール。
巧いギターと癒しのヴォーカルがばっちりはまります。
毎回、MCをどうにかできないのだろうか?って、思っていたのですが。。
今回は、ご本人曰く「こころのたびぽい」というMCノートを作ってきて、曲、歌詞の解説を見事にこなした。。(褒めすぎかも)
本当に良いユニットで、聴けてよかった!ストリートに爽やかな風を感じました。
セットリストがでていた。全部聴きたかったな。

セットリスト
Ela e carioca / Desafinado / A felicidade / Desde que o samba e samba / Each and everyone (ETBG) / Satin doll / Wave / Hey nineteen (Steely Dan) / Rosa morena / Ipanema


この後は、ダーリンと待ち合わせして、、もう一箇所聴いて呑みの時間に!
2日目もあります。。(いつになるかな。。)

んじゃ、退散♪

2017年8月 8日 (火)

夏の休日に… 『Naja / Inspired Guitar Duo (Yosuke Onuma Kazuma Fujimoto)』

Naja


なが〜く生きてると、、時々、クリスマスプレゼントのようなアルバムがリリースされることがある。
まさに、このアルバムがそれっ!
大好きなギターリスト、小沼ようすけと藤本一馬。この2人のデュオアルバムがでるなんて。。天にも登る嬉しさ。
ジャズギターリスト小沼ようすけとorange pekoeのギターリストでジャズやワールドミュージックを昇華した藤本一馬。
共通点は、サーフィンだそうで、海が繋げたご縁。
藤本が7曲、小沼が4曲、ストーンズのカバー曲で、12曲。

オープナー「Arpeggios For The Rain」は、タイトルそのまま甘い匂いの雨のギターアルペジオ。
二台のギターが戯れる「Rain Forest」。密度の濃い自然の中に。
2人の想いや関係がそのままタイトルになったような「Earth and Ocean」。互いにインスパイアされながら次々に場面を変えていく様子が本当に楽しそう。一音、一音が生々しい感じで録音されていて、そこにいるのではないかと思ってしまうほど。
神秘的なイメージが膨らんでいく「Photosynthesis」。大きく深呼吸したくなります。
ギター小僧の本音が聴ける「Tough Road」。ロックの尖った主張もかっこいいです。はい。
こんな美しい愛しいメロディがこの世にあるなんて…なんたる幸せ「The River of memories」。
ストーンズの「Paint it Black」。あの物悲しいメロディから広がる2人世界はモノクロームな美しい世界。
民族音楽をサンプリングした「Dryades」は、ほとんど即興の世界だそうで。エキゾチックな世界です。
ボディパーカッション?も入る「For The Beats」。異国の鳥の鳴き声をメロディ化したことから始まった曲。いろんな技術を酷使した様々な音が聞こえる賑やかな空間。
月の光と揺れる海面に映し出される光景、静かでメロウな夜の時間「Mirror Moon」。
胸にキューンとくる音の並ぶ「coyote」。郷愁、哀愁、美しい星空。
終演は森の泉のようなアルペジオ「Arpeggios For The Forest」。


互いの一音に耳をすませ、想像力を膨らませる。その即興性や臨場感ある音がセッションのようでわくわくする。
音楽に惹かれあい、地球や宇宙、この世界を大切に想う心で通いあう繊細で美しい世界。

癒しの時間です。ギターの好きな人はもちろん、ナチュラリストにも。


1.Intro : Arpeggios For The Rain(Kazuma Fujimoto)
2.Rain Forest(Kazuma Fujimoto)
3.Earth and Ocean(Kazuma Fujimoto)
4.Photosynthesis(Yosuke Onuma)
5.Tough Road(Kazuma Fujimoto)
6.The River of memories(Kazuma Fujimoto)
7.Paint it Black (Jagger/Richards ※ Cover )
8.Dryades(Yosuke Onuma)
9.For The Beats(Yosuke Onuma)
10.Mirror Moon(Yosuke Onuma)
11.coyote(Kazuma Fujimoto)
12.Closing :Arpeggios For The Forest(Kazuma Fujimoto)

Yosuke Onuma 小沼ようすけ (g)
Kazuma Fujimoto 藤本一馬 (g)

今日のおまけは、レーベルのPVです。

自然をテーマにしたアルバムでしたが、アルバムタイトル「Naja」は
「ネイティヴ・アメリカンの言葉で三日月や子孫繁栄などを意味するスピリチュアルな言葉」
なんだそうです。
全てが繋がっていくわけですね。

んじゃ、退散♪

2017年7月30日 (日)

心に染み渡る音 『Delicia / Aska Kaneko & Masaki Hayashi』

Delicia / Aska Kaneko & Masaki Hayashi
〜喜びの音 一瞬の中に 永遠の向こうに〜

Delicia


友だちが教えてくれて、オススメしてくれたアルバムがやっときた。
ヴァイオリニストで作曲家の金子飛鳥とピアニストで作曲家の林 正樹という黄金コンビが、購入型クラウドファンディング・サービスで支援をつのりリリースした作品。
普通に購入したので、やっと届いた。
タイトルは、ケルトの言葉で「歓び」を意味するそうです。
私は、ライナーの中に書かれてる副題?『喜びの音 一瞬の中に 永遠の向こうに」がとても好き。
カバーアートも最高ですよね。

オープナの「モモノヒト」。Grotrian-Steinweg223という伝説のピアノの美麗な音に胸がときめく。優しいヴァイオリンの響きに世界が変わる。
言葉の響きのままの「うらうら」。秘めたエネルギーを垣間見る「風神雷神」。
天国に通じる扉「Afterglow」。あっちとこっちの渚「うつつか」。
ここちよい明るさ「ひねもす」。
「Torre delle Stelle」、サルディーニャ島の記憶、想い出のようです。私の一番行きたいところなんだけど、こんな素敵なところなんですね。。
穏やかに「まるで僕らの愛のようで」。終演は朝露の一滴のような「永遠の1秒」。

クラシカルでアンビエントな美しい音の集い。
人ととして生まれたのだもの、いつも心にこういう気持ちを持っていたい。
心に染み渡る音。


1. モモノヒト
2. うらうら
3. 風神雷神
4. Afterglow
5. うつつか
6. ひねもす
7. Torre delle Stelle
8. まるで僕らの愛のようで
9. 永遠の1秒

金子飛鳥 Aska Kaneko (vin)
林正樹 Masaki Hayashi (p)

今日のおまけは、オープナーの「モモノヒト」

んじゃ、退散♪

2017年7月29日 (土)

ビターテイストな抽象画  『Initiatives / Jean-Christophe Cholet 』

Initiatives


フランスのベテランピアニスト、ジャン・クリストフ・ショレ。日本でもティエリー・ラングのリズム隊と組んだアルバムが人気の気品ある端正なタッチのピアニスト。今回のフランス人メンバーとの新譜も欧州叙情派らしい味わい。全曲、オリジナル。

オープナーは、端正で翳りのあるピアノが堪能できる「Lili 」。瑞々しい感性と3人の息のあった演奏。誠実、丁寧なベースソロが印象的な「Cahire 」。
暗く硬質な「Le Hauban Part I」、躍動感と切れ味の良い「Le Hauban Part II 」。ドラムのアクションが効果的。抽象的でダークな雰囲気「Nonobstant 」。
柔らかななメロディ、リリカルな演奏、ボーイングも効果的な「Middle Of Nowhere」。
ボーイングが大きな空間をつくりだしている「November Song Part I 」。繊細な感覚、疾走感ある「November Song Part II」。抽象的でビターな感覚の「Xingang Road」。
長閑で優しいメロディ、煌めく演奏「Petihomme」。
ドラムとベースが活躍するスリリングな「Le Coeur Qui Mue」。
3人のゆったりした会話「Ronan 」。
終演は、「Minimal Story」。叙情的で陰影ある演奏でで余韻に浸る…。

ダークでビターテイストな感覚。硬質で透明感あって叙情豊か。
抽象的な光景が多く甘さはあまりないのですが、洒脱で繊細なやりとりは欧州ピアノトリオの王道ね。

1. Lili
2. Cahire
3. Le Hauban Part I
4. Le Hauban Part II
5. Nonobstant
6. Middle Of Nowhere
7. November Song Part I
8. November Song Part II
9. Xingang Road
10. Petihomme
11. Le Coeur Qui Mue
12. Ronan
13. Minimal Story

Jean-Christophe Cholet (p, el-p)
Gildas Boclé (b)
Quentin Cholet (ds)

今日のおまけは、ご本人があげていた新譜のトレーラー。

んじゃ、退散♪

2017年7月26日 (水)

哀愁と洗練  『Brothers / Adam Bałdych & Helge Lien Trio』

Brothers

ポーランドの鬼才ヴォイオリニスト、アダム・バウディフの新作。前作「Bridges」と同じくノルウェーを代表するピアニスト、ヘルゲ・リエンのトリオとの作品。そして、ノルウェーの重鎮サックス奏者トーレ・ブルンボルグが3曲に参加!「Hallelujah」以外は、彼が作曲。亡くなった弟の思い出に捧げられたアルバム。簡潔なタイトルに想いを強く感じます。

オープナー「Prelude」は、まるでレクイエムのような切ないメロディ。ピアノとの短いデュオは、シームレスに2曲目「Elegy」に。ドラムとベースが入って壮大な広がりに。ピアノの音色・フレージングの美しさに動きが止まる。温もりを感じるヴァイオリンの音、ダイナミクスをコントロールし赤裸々に感情を表現していくヴァイオリンと一体化した演奏。
牧歌的な中に光を感じる演奏「Faith」。
ヴァイオリンがメロディをピチカートで奏でる「Love」。優しい可愛いメロディ。
ピアノソロで始まる「One」、やがてトーレが加わりその哀愁ある深い音が別世界へ誘う。
「Brothers 」ドラマチックな展開と様々な技法をつかった演奏は圧巻。
そして、レナルド・コーエンの名曲「Hallelujah」。静粛に深淵に神聖な面持ち。
サックスとヴァイオリンが重なり溶け合う「Shadows」。心に穏やかな風が吹く。トーレはまるで風になったようにメロディアスなソロを。終演はオープナー「Prelude」に対する「Coda 」だろうか。最後の最後まで静かなる心の内に哀愁をもって幕が降ります。

哀愁ある素朴なメロディが心に染みる。
バウディフの楽器のコントロールの秀逸さもちろん、彼の垢抜けたアンサンブル・ハーモニーでメンバー各自の素晴らしい相乗効果が堪能できるはずです。
そして、改めて、ヘルゲ・リエンのピアノの表現力の見事さを感じました。

1. Prelude
2. Elegy
3. Faith
4. Love
5. One
6. Brothers
7. Hallelujah
8. Shadows
9. Coda

Adam Bałdych (vln, renaissance vln)
Helge Lien (p)
Frode Berg (b)
Per Oddvar Johansen (ds)
Tore Brunborg (sax) # 5,6,8

今日のおまけは新譜の音源が見つからなかったので、前作にあった「Polesie」

んじゃ、退散♪

2017年7月21日 (金)

ピアニストに多彩に追随できる 『Reis Demuth Wiltgen @ Cotton Club (7/19)』

Reis Demuth Wiltgen @ Cotton Club (7/19)
Michel Reis (p) Marc Demuth (b) Paul Wiltgen (ds)

Reis1



ルクセンブルグ出身のミュージシャンたちのライブ。
去年、前橋でピアニストと日本の若手ミュージシャンのライブを聴いて打ちのめされたんです。。
なので、行きたいと思っていたのですが、諸事情あって新幹線チケットはとったものの、、予約はギリギリとなりました。

昼ピットでも大騒ぎしてからの、到着だったので、、すでに開場。
でも、真ん中のトリオの見やすいいい席があいてました。ラッキー♪

オープニングは新譜と一緒で「Small Talk」。
いやいや、やはり饒舌。これぞ、息のあった演奏というのでしょ。。
「The Story of You and Me」、「シネマティックな旋律と美しいハーモニー」のキャッチが頭をよぎる。綺麗なメロディにうっとりと身を委ねる。よどみなく溢れ出る透明感あるフレーズ。寄り添うドラムとベース。
反復されるリフと一緒に遠い世界につれていかれる「Joule’s Last Glimpse」。ピアノ主導権を持ちながらも、ベースとドラムがそれに様々に反応して緊張感、高揚感を高めていく。特に、ドラムのアクションはピアノと超呼応していてお見事!怒涛のインタープレイ!!

その後も3人の演奏は呼応しあう。基本ピアノとドラムがガンガン世界を広げる展開が多く、ベースもしっかり力強いプレイで反応。しかも、ベースソロは非常にメロディアスで叙情的、また、ピアノと並行して別な旋律を奏でるなど功労賞!この怒涛の演奏の影の立役者。あ、彼の曲も好きです♪
順番はわからなくなってるのですが、「Me Dire」の曲の初めで、ちょっと長めのピアノソロの部分があったのですが、内部演奏も交えながら、はっきりくっきりと感情が表現された演奏で衝撃的でした。ソロピアノももっと聴いてみたいですね。力強く、美しかった。。
最後は、疾走感溢れる「Cross Country」。最後の最後まで三位一体のハイテンションの演奏。しかも、アンコールにも「すっごく短い曲ね」って、ユーモアたっぷりに応えてくれて本当にありがとうございます!m(_ _)m


ピアニストの持っている多彩な顔をあらゆる角度から追随できるベースとドラム!!
美しい旋律に酔うだけでなく、怒涛のインタープレイも堪能できるハイレベルなトリオ演奏でした。
ファーストセットなのに、すぐにサイン会も開いてくださって、サインと写真がゲットできました。
語学力ゼロな私なので、この感動を伝えることができなかったけど。。m(_ _)m

皆さまへのおっそわけは、新譜のトレラーを。

もともと、夏の暑さに弱いのですが、、この夏はいつも以上に夏バテ。
仕事もブログも、、まったくすすみません。。今日も、午前中に病院の定期検査と診察から帰ってきて、、昼寝してしまった!!
悲しいかな、、大好きなジャズストリートの面影も遠くになってきた。。

んじゃ、退散♪

2017年7月15日 (土)

今日と明日は「第30回新潟ジャズストリート」が開催されます!

第30回新潟ジャズストリート @ 7/15(土)7/16(日)
  ~デューク・エリントン・メモリアル~

Njs30


今日と明日は「第30回新潟ジャズストリート」です。

各日1000円のフリーパスチケットで音楽三昧です!
今年は、土曜日は青、日曜日は赤のチケットです。(紛らわしさを無くすためですって)
中学生以下は無料ですよ♪

「新潟ジャズストリートHP」

7月の9日には無事にプレイベントも終えています♪

無料会場もあり、新潟の街中は音楽があふれます。
ゆったり、のんびり好きなミュージシャンを聴くのも愉しい!
綿密に計画を練って各会場をはしごするのも愉しい!!
普段、敷居が高いとおもっているライブハウスでのジャスライブだってたくさん聴けちゃいます!!!
いろんな聴き方ができます。1000円ですから一ヶ所でも十分満足!
生ジャズ体験のはじめの一歩にもぜひどうぞ♪

「タイムスケジュール」

音楽ファンの方、ジャズが中心ですがジャズだけではありませんよ。
ぜひぜひ、スケジュールをチェックして会場へ!!
会場で、当日もチケットは販売しています。


私は、次第に遠方からの知り合いのミュージシャンのライブが多くなってきまして。。
制限時間内で行きたところを全部回るのは難しい状況となっています。
これを、嬉しい悲鳴というのでありまするね♪
冬は参加できませんでしたので、、大変楽しみです。
今日は昼間だけですが、明日は終日ジャズ三昧??の予定です。
では、会場で!

んじゃ、退散♪

2017年7月13日 (木)

ゆったりと風が吹く 『Gratitude / Dayna Stephens』

Gratitude


2014年のバラード集『Peace 』とメンバーは全く同じ。ブラッド・メルドー、ジュリアン・レイジ、ラリー・グレナディア、エリック・ハーランドという豪華メンバーとの作品。
情報不足で、リリースを見逃し、遠くから飛ばしたんで今頃のアップです。
実際のCDにも録音の日時の情報がほとんどなくて、ちょっと、不思議。。
彼とジュリアンの曲が1曲づつと、ビリー・ストレートホーンをはじめ、アーロン・パークスやパット・メセニー、レベッカ・マーティンなど、幅広い選曲です。

オープナー「Emilie」のメロディアスなソロ。テクニックはもちろんなんだろうけど、歌心があってゆったりした心持ちに。途中、メルドーとダイナのやり取りはなかなか面白い。
アーロン・パークスの「In A Garden」。ちょっと暗めの静かな曲。ギターの響きが綺麗な空間を彩ってます。ベースソロにもうっとり。
ゆったり静かに時が過ぎる前半、中盤からのアグレッシブなソロを支えるハーランドのドラムがカッコい「Amber Is Falling 」。
ジュリアンらしいカントリー風なワルツ「Woodside Waltz」、メルドーはホンキートンクピアノで。
メセニーの「We Had A Sister 」、思いっきり風情のある演奏で。メルドーが美しい。
彼のオリジナル曲「The Timbre Of Gratitude」にみせるジュリアンの叙情。
「 Isfahan」、ジュリアンが軽妙に絡んでいく。
レベッカ・マーティンの曲「Don't Mean A Thing at All」もジュリアンの美しいソロが聴ける。レベッカは、ラリー・グレナディアのパートナーですしね。いや、いい歌ですよね。
終演は、バックに電子音が流れる「Clouds 」。ハーランドのドラムがカッコ良すぎます。。

全体に静かな流れ。際立つのはデイナ・ステファンズの歌心。
ゆっくりと、疲れた心身に沁みていきます。。
ゆったりと風が吹きます。

1. Emilie
2. In A Garden
3. Amber Is Falling
4. Woodside Waltz
5. We Had A Sister
6. The Timbre Of Gratitude
7. Isfahan
8. Don't Mean A Thing at All
9. Clouds

Dayna Stephens (ts,bs,EWI,synth,b#9)
Brad Mehldau (p,tack piano#4)
Julian Lage (g)
Larry Grenadier (b)
Eric Herland (ds,cymbals)

今日は、おまけに丁度いい音源がありませんでした。。

んじゃ、退散♪

«超絶嵐吹き荒れる 『Moments Captured / Alex Sipiagin』

最近のトラックバック

無料ブログはココログ